フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 光が当たっても当たらなくても | トップページ | 日本版『俺たちに明日はない』 »

2009年5月23日 (土)

5対4でぎりぎり有罪を連想させるブラックな図案

裁判員制度切手を発売=日本郵便
 裁判員制度の開始に合わせ、郵便事業会社(日本郵便)は21日、制度の理解や関心を深めてもらおうと、「裁判員制度スタート」と題した切手を発売した。
 1枚80円で、計1000万枚を発行。裁判員と裁判官を表す2つの円が交わった裁判員制度のシンボルマークが描かれたものと、公正や正義を示すてんびんに9羽の鳥が宿った図柄の2種類があり、9羽は6人の裁判員と3人の裁判官を表すという。

 と5月21日付け時事通信。
 画像は、某マニア氏が東京中央郵便局(じゃないらしい)で記念スタンプを押して送ってくれたもの。ありがとね~。heart04
P1030165
 郵便事業会社、私ゃよく知らないんだけど、会社っていうからには、民間企業なんでしょ? 民間企業が、国の特定の制度について、国民(お客さん)に理解や関心を深めてもらう目的で、何かを発売するって、そういうのアリなんだ~。
 てぇことは、裁判員饅頭、評議モナカ、懲役パフェ、なんかを発売するのもアリなのかな?

 ところで、鳥(たぶんインコ)のほうの切手は、これはマズイっしょ。
 だって、有罪と無罪、どっちに何羽が乗ったか、その数はsecret評議の秘密secretであって、「秘密を漏らしたときは、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する」(裁判員の参加する刑事裁判に関する法律第108条第2項第2号)なんだから。
 加えて、この図案は、five羽が乗ったほうが下がり、four羽が乗ったほうが上がってる、つまりfivefourでのぎりぎり有罪を連想させる。four羽は無罪意見だったのに、ぎりぎり有罪で、結果死刑に、あるいは無期懲役になりましたって、ブラックすぎるょ、ねぇ。shock

 ちなみに、fivefourでの無罪はどうか。
 one人でも無罪意見があれば無罪とすべきであり、全員が疑う余地なく有罪意見でなければならない、それが裁判ってものの基本のはず。陪審裁判を描いた『12人の怒れる男』ってのはそういう映画なんだよね?

12人の怒れる男(DVD) ◆20%OFF! 12人の怒れる男(DVD) ◆20%OFF!

販売元:ぐるぐる王国 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

 そういう考え方だと当然、犯罪者を逃がしてしまう場合も出てくる。
  flag10人の犯罪者を逃がしても、1人の無辜(罪のない人)を処罰しない。
  flag犯罪者を全員逃がさないために、無辜も処罰するのは仕方ない。
 どっちをどういう覚悟でlibra選択libraするのか。
 犯罪者は絶対逃がさず、無辜を処罰することも絶対ない、そんなのムリだょ。真実が何か分からず、出てきた証拠は有罪にも無罪にも解釈し得る、そういうことはいくらでもあるんだから。
 そういう議論すら全く聞こえてこないまま、裁判員制度になればきっと裁判が社会が良くなるよと浮かれ騒いでる、おかしいと思う。
 「忙しい日々の中で/不安もあるけど/今は前を向いて/進んでみよう」とか支援のロックを…って、国が推し進める制度を支援して、そんなのロックと言えるんかいっpoutと思う。

        flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

人気blogランキング ←5月23日21時50分現在、週間INが290でtwozero位~happy02

 「仙波敏郎さんを支える会 掲示板」ができたよ~sign03

現職警官「裏金」内部告発 Book 現職警官「裏金」内部告発

著者:仙波 敏郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 光が当たっても当たらなくても | トップページ | 日本版『俺たちに明日はない』 »

裁判員制度」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。