フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 犯罪の起訴が激減? | トップページ | 裁判所の女子トイレで覚せい剤 »

2009年6月30日 (火)

無差別殺人犯の目つき

6月30日(火)

 10時からの「公用文書毀棄」の新件はパスして…。

clip 10時51分頃、東京地裁816号法廷(前田巖裁判官)に入ると、10時からの「商標法違反」の新件の、裁判官からの被告人質問が終わるところだった。
裁判官 「なんでこんなことをしたのか…」
被告人 「(通訳を介してたぶん中国語で) 周りの人がみんなやってて、大丈夫なので…」
 それこそ、万国共通の、ありがちな犯行動機だろうと思う。
 被告人(背の高い女性)は、留学生として日本へ来て、大学院を卒業、日本で就職して働いていたが、会社が倒産、次の就職ができず、中国のサイトで購入したニセブランドのボクサーパンツ(正規品は1枚約5000円)を、1000円~1500円で“モバオク”で販売していたとか、どうもそんなふうなことらしい。
 求刑は、懲役1年、&新宿署で保管中のボクサーパンツ365枚の没収…。

clip 5分ほど遅れて、11時からの「道路交通法違反」の新件。
 被告人氏名でネット検索すると、経済事件方面でヒットするので、その方面が何か垣間見えればと、傍聴してみたのだ。しかし、よく分からなかった。
   1996年3月  無免許運転で懲役3月、執行猶予2年
   2002年10月  無免許で罰金20万円
   2006年5月  無免許で罰金20万円
   2008年4月  無免許で罰金25万円
   2009年1月  本件無免許運転
 ということらしかった。1996年3月の件は、それ以前に2回くらいの罰金がなかったとすれば、何か他のこともからんだ(しかしそっちは起訴されなかった) よっぽど悪質な事件だったのかしら、と想像される。
 被告人(在宅)は61歳で、“のけぞり系”。求刑は懲役5月。
 証人尋問は5分程度、被告人質問も約8分間で、11時33分閉廷。

sleepy 途中、どうにも眠くなり、閉廷するや、そばの一般待合室で座って寝ることに。なんと12時15分まで寝てしまった。
 そして地下で、かけそば大盛り290円。

sandclock 13時30分から地裁722号法廷で、「威力業務妨害」(また2ちゃんねるでの犯行予告)がある。
 しかしその前に、13時20分から713号法廷での、第1回が5月18日、第2回が6月15日だった「傷害(&暴行)」の判決を見届けておきたい。1分前に始まって3分で終われば、いや、定刻に始まって5分かかっても、余裕で間に合うだろう、今日は13時30分から、725号では報道された被告人の「殺人未遂が、420号では報道された「商標法違反が、801号では女性被告人の「昏睡強盗、窃盗」があるし。

clip 13時05分、713号はもう施錠が解かれた。よし。
 まだガラガラの傍聴席に座っていると、若い男女が来てバーの中に入り、男性のほうは弁護人席へ。女性(若い美人系)のほうはバーの外で出された。ん? 黒いジャケットと黒いスカート、しかし手ぶら。何者?
 13時13分、身柄(拘置所)の被告人が来た。男性だ。ふてくされたようにも見える、なんか悪そうに見える…。あれ? 「傷害(&暴行)」の被告人は女性(売春婦)だょ。刑務官が順番を間違えたのか?
 そうじゃなかった。廊下の開廷表を見ると、13時15分から被告人が2人(男女らしい)の「覚せい剤取締法違反、大麻取締法違反」の判決があるのだった。
 13時15分、その判決が始まらない。
 13時16分、もう1人の弁護人が来て、弁護人席へ。そして、さっきバーの外へ出された女性が被告人席へ。あーっ、そういうことだったのか。
 13時20分、まだ始まらない。これじゃあ、「傷害(&暴行)」を傍聴できないかも、くっそぅ、早くしてくれ!
 13時21分、ようやく福崎伸一郎裁判官が登壇。
 女性被告人のほうは懲役1年2月、執行猶予3年。男性被告人(25歳)のほうは、「麻薬及び向精神薬取締法違反」の猶予前科から1年ちょいの本件犯行だそうで、懲役1年6月、未決20日算入。両名が持っていた覚せい剤1袋、大麻1袋没収。
 言い渡しが終わって女性が男性をちらっと見たのが13時27分。私は飛び出し…。

clip 13時30分から地裁722号法廷(平出喜一裁判官)で「威力業務妨害」の新件。
 被告人は保釈中。黒いスーツで、だいぶ緊張している風。そのせいももちろんあるのだろうが、傍聴席から見えた印象だけで言えば、悪そう。目付きがヤバイ。
 高校の頃から「ポスタル」という無差別殺人をテーマとしたゲームにのめり込んでおり、4月12日、自宅からパーソナルコンピュータを操作して2ちゃんねるのスレッドに、「休日の新宿か赤坂サカスに血のアメ(※雨ではなくアメ)を降らせてやる」などと書き込み、赤坂サカスの警備を強化させるなど業務を妨害したんだという。

 被告人は大阪在住で、東京へ来たことはなく、「新宿」も「赤坂サカス」も単に東京で知ってる(聞いたことがある)場所だったに過ぎないんだという。書き込みは、つい悪のりでしたに過ぎず、逮捕されるとは全く心配してなかったんだという。
 そうして逮捕される若者が、続々といる…。
 逮捕され法廷へ出て来てから悔いても遅い。2ちゃんの“常識”は外では通用しないのだと、中学校あたりでしっかり教えればいいのに…。

 被告人質問を聞くと、普通のマジメそうな若者だった。ヤバイと見えたあの目付きは、高校の頃からのめり込んでいたという無差別殺人ゲームによりつくられた、無差別殺人犯の目付き? そんなことを妄想した。
 求刑は普通に懲役1年6月。14時25分閉廷。

clip 14時30分から地裁408号法廷(髙木順子裁判官)で「著作権法違反」の新件。
 「海外に住む日本人向けにネットで日本のテレビ番組を無断で配信した」という事件。被告人は身柄(留置場)で、始まる前から、傍聴席(20席)の誰かを見て涙ぐんでた。
 甲は30号証、乙は12号証まで。7月中旬に追起訴が予定されてるという。
 早く開示してほしいと弁護人。
検察官 「努力しますが、なにぶん記録が多いもんですから」
裁判官 「どれくらいありますか」
検察官 「段ボール3箱分…」
 次回期日を8月と決めて、15時10分閉廷。

cafe 次は16時30分から。だいぶ時間が空く。久しぶりに会ったユキさんと地下でお茶をして…。

clip 16時30分から地裁409号法廷で、5月19日に第1回を、6月23日に第2回を傍聴した「器物損壊」(車の騒音、振動に長年悩まされ、区役所、警察、国交省に訴えたがどうにもならず、路面に釘を埋めて…)の判決。
 懲役2年、執行猶予4年。16時35分閉廷。

punch 17時から弁護士会館で「裁判員制度はいらないsign01大運動」の会議。
 と思って行ったら、誰もいない。場所も日にちも間違えてた。うぅ。

人気ブログランキングへ 7月1日9時20分現在、週間INが340でoneseven位~happy02

        flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) Book 裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) 

著者:高山 俊吉
販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 犯罪の起訴が激減? | トップページ | 裁判所の女子トイレで覚せい剤 »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事