フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 被害者を殴ったと誰も言わない傷害事件 | トップページ | 恐怖の傍聴地獄、再来! »

2009年6月 5日 (金)

千葉刑務所にはまだ守大助さんが!

6月4日(木)

 10時~    東京地裁806号法廷 詐欺 審理
 11時10分~ 東京高裁720号法廷 傷害、器物損壊 第1回
 11時30分~ 東京高裁410号法廷 脅迫 判決
 13時05分~ 東京簡裁826号法廷 窃盗 判決4件
 15時~    東京地裁803号法廷 器物損壊 被告人質問

 「詐欺」は、見応えのある力士の結婚詐欺と、マニア氏から聞いていた。
 「傷害、器物損壊」は、先日法廷内の「脅迫、証人威迫」で実刑判決を受けたばかりの被告人の、その前の事件の控訴審第1回だ。また暴れるかも。
 「脅迫」の一審は東京地裁。傍聴してる。
 「器物損壊」は、第1回と第2回を傍聴しており、波乱が予想される…。

 しかし裁判所へ行かなかった。朝7時に起きてたのに、行かなかった。
 なぜsign02
 3時間しか寝てない…。締切り原稿が進んでない…。そういうなかで傍聴スケジュールを見てみれば、ぜんぶ、交通違反とは関係ないじゃん。ぜんぶ、時間が空いたときに傍聴しようと思ってる罪名ばっかじゃん。初心にかえれ。
 でもって、今日はまた地域の当番。15時前には裁判所を出なければならない…。
 月~金のうち、せめて1日は休みたい、と前から言ってたじゃないか…。
 それで、すぱっとヤメたわけ、裁判所行きを。
 後悔してる? うん、後悔してる。でも時間は戻らない。要するに、だらだらしないで原稿を書き、早く寝ればいいんだよね。crying

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 足利事件
 報道では、冤罪をつくったのも救済した(する)のもDNA鑑定の精度による、という流れへいってるようだけど、そうなの?
 科警研の鑑定部門は、「科学」の文字は冠していても実質は、警察の検挙(逮捕)を正当化するための、警察の機関にほかならない。鑑定結果を「一致」のほうへネジ曲げたとか、そもそも検体資料がデッチ上げだとか、なかったの? 「北陵クリニック事件」を見るなら、そこを疑わざるを得ない。

 仮に、そういう疑いはなく、ズバリDNA鑑定の精度が飛躍的に向上した結果として、今回の雪冤(せつえん)があるとすれば、飛躍的な向上という特異なトピックがなければ、菅谷利和さんはまだ刑務所にいたわけだ。
 特異なトピックに恵まれず、今も刑務所で服役している受刑者、死刑の執行に怯えている死刑囚、すでに刑を執行された死刑囚は、たくさんいるんじゃないか。

 そもそも私としては、今回の菅谷さんの釈放は、ちょっと前の痴漢の逆転無罪と同じく、裁判員裁判を目前にしての最高裁・法務省のパフォーマンス…の臭いを感じてしまう。
 「これだけの無実の証拠があって、有罪の証拠がこれだけ怪しくて、なぜ有罪なんだ!? なぜ再審開始が決定されないんだ!? なぜ検察はそこまで抵抗するんだ!?」ということは、いくらもあるのだから。

 菅谷さんは6月4日、服役先の千葉刑務所を出た。
 千葉刑務所には、まだ守大助さんがいる…。

魔力DNA鑑定 足利市幼女誘拐殺人事件   [本] 魔力DNA鑑定 足利市幼女誘拐殺人事件 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

人気blogランキング ←6月5日9時00分現在、週間INが270でtwofive位~happy02

        flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) Book 裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) 

著者:高山 俊吉
販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 被害者を殴ったと誰も言わない傷害事件 | トップページ | 恐怖の傍聴地獄、再来! »

日記」カテゴリの記事

コメント

秦野真弓 様

 刑務所、拘置所に拘束されている人が起こす民事裁判はときどきありますが、証人調べって! へぇ~、珍しいものを傍聴しましたねぇ! そういうのは、出頭は代理人弁護士だけだったんでしょうか。

 テレビ電話による尋問は、もう10年以上前、横浜地裁での運転免許の行政処分の取消請求で見ましたよ。たしか北海道の警察官を尋問したんだったか。原告敗訴で、テレビ電話代、1万何千円だったか、訴訟費用に含まれてましたよ。高いっ! と思いました。今の料金はまた違うんでしょうねぇ。

 グレーのスーツ、法服を脱いで裁判をやる場合、グレーでいこうという内部の申し合わせがあるなら、面白いですねぇ。原告勝訴の心証をもってラウンドデーブルに着くときは、白のスーツで…そりゃないっすか。

 いろいろと貴重な情報をありがとうございます。

千恵子 様

 リンク先に凝っておいでなのですね。「詐病」のリンク先にある「虚偽性障害」、勉強になりました。人間って凄いですね。
 今後ともよろしくお願いします。

おひさしぶりです。今日の短歌に、リンクを貼らせていただきました。ありがとうございます。

今井さん、お元気ですか?私は明日開催の「日本裁判官ネットワーク大阪例会」参加の為、本日からsmile大阪入りしています。今日、libra大阪地裁・大阪高裁に傍聴に行きました。勿論、刑事裁判より、lovely民事裁判の方に興味あります。なんと今日「拘置所内で適切な医療を受けれなかった、元被告人さんの国賠訴訟・鑑定人証人尋問」が行われました。しかも法廷はdelicious「まあるい円卓型のラウンド法廷!法段もナシ!」しかも、証人尋問は「東京の裁判所に出廷した、『原告側に有利な意見書を作成した学者』に対する 『bullettrainテレビ電話尋問方式』でした。」テレビ電話で証人尋問なんて、民事は面白いですね。しかも、大阪高裁民事9部の裁判官さん達は「法服」を着用していません。通常なら右陪席主任に座る、libra永井尚子裁判官のグレーのスーツが似合います。アレっ!部総括判事の松本哲おう裁判官(元和歌山地家裁所長)も、本来,左陪席の岡口基一裁判官も、グレーのスーツ!あっ!そっか!裁判官さんって、もともとグレーな物を「白か黒か?」決着をつけるのが商売でしたね!本件みたく 1.刑務官さんからの「拘置所内で厳しいコーチ」も致し方ないけど⇔2.拘置所内で必要な医療を受けれなかったとすると問題ですね。民事裁判は難しいけど面白味ありますね。lovelyさて、私は今日、大阪市西成区内の一泊1800円の旅館に宿泊。刑事施設と異なり大変快適です。菅家さん、釈放されて本当に良かったな。

この記事へのコメントは終了しました。

« 被害者を殴ったと誰も言わない傷害事件 | トップページ | 恐怖の傍聴地獄、再来! »