フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2ちゃんねるでの犯行予告8件 | トップページ | 月収280万円、養育費は月2万円? »

2009年6月10日 (水)

65歳の売春婦

求刑を誤解、判決言い直し 秋田地裁で裁判官ミス
 秋田地裁で8日にあった窃盗事件の判決公判で、裁判官が2人の被告にいったん主文を言い渡した後、検察側の指摘で求刑を誤解していたことに気付き、判決を言い直すミスがあった。
 秋田地裁によると、担当した馬場純夫裁判官は、2人とも懲役2年6月とした検察側の求刑を、懲役1年6月と誤解。判決理由を述べている途中、検察側が不審に思って指摘し、間違いが発覚した。
 約30分の休廷後、馬場裁判官は最初の懲役1年2月と懲役1年6月、執行猶予4年の判決を撤回。「求刑年数を誤解し、2人には迷惑を掛けた」と被告に謝罪し、あらためて懲役2年と懲役2年、執行猶予4年と当初より重い判決を言い渡した。
 求刑公判は5月25日にあり、検察側は口答で論告求刑し、文書は提出していない。地裁の事件記録には求刑懲役1年6月と記載されていた。地裁は「事実関係を調査した上で、どの過程で間違いが起きたかを整理したい」と話している。

 と、6月9日付け河北新報、の一部。太字は今井。
 うわぁ~sign03 なんてバカなことをsign03 と思う。
 私がバカだと思うのは、検察官…というか法務省の方針だ。

 論告求刑も、冒頭陳述も被告人質問も証人尋問も最終弁論も最終陳述も、口頭で述べたことを、声の調子や表情などとともに聴き取り(感じ取り)、それらを思い出しつつ、それらが文書になったものをじっくり読んで、吟味、判断する…それが従来の裁判手続きといえる。
 ところが裁判員裁判は、国民は文章を読むのが苦手であることを前提とした、短期間の印象勝負の裁判ということができる。だから裁判員裁判の法廷には大小10個の液晶モニターが設置されてもいる。
 秋田地検の検察官は、そんな裁判員裁判を模して論告求刑をやったわけだ。

 これ、書記官が書き取り間違えたんじゃなく、検察官が言い間違えたのでは? と思った人もいたろうか。
 いや、書記官は、証人尋問とかでなくても録音してるようで、約30分の休廷の間に、その録音を再生してチェックしたんじゃないかな。
 裁判員裁判では、証人尋問などを録画し、疑問が生じたときは録画を再生できるから大丈夫、といわれてるけど、手元の書面をすぐにぱらぱらめくるのと、録画を再生するのとでは、まったく違う。秋田地裁と同じような、あるいはもっと深刻な“ミス”が、どんどん起こってくるんじゃないかな…。

        flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) Book 裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫)

著者:高山 俊吉
販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判長!話が違うじゃないですか-国民に知らされない裁判員制度の「不都合な真実」 (小学館101新書) Book 裁判長!話が違うじゃないですか-国民に知らされない裁判員制度の「不都合な真実」 (小学館101新書)

著者:池内 ひろ美,大久保 太郎
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

6月9日(火)

clip 9時40分から東京簡裁534号法廷(武内晃裁判官)で「自動車運転過失傷害」の判決。
 これが少なくとも4回目の公判のはず。私は一度も傍聴してなかった。
 罰金50万円。否認らしいのだが、何をどう否認したのか、よくわからないまま、9時45分頃に出て…。

 9時50分から東京地裁714号法廷(菱田泰信裁判官)で、6月2日に第1回を傍聴した「傷害」の判決。
 ところが、ないsign02 傍聴ノートをよく見たら、9時50分は弁護人が差し支えで(だったかな)、15時20分となってるではないか。だったらさっきの判決理由を最後まで傍聴すりゃよかった、俺のバカ野郎っsign03

clip 10時から地裁802号法廷(佐藤晋一郎裁判官)で「自動車運転過失致死、道路交通法違反」の新件。
 昨年12月27日発生の、飲酒ひき逃げ死亡事故。
 注意義務は果たしていたと、過失を否認。

 事件の内容とはべつに、弁護人が検察官請求の書証を一部不同意にするとき、「この箇所のあとからこの箇所の前まで」と書面にして出すことをせず、口頭で「え~と、××のあとから…」と行数や文字数を数えながら長々口頭で述べだしたり、「××の部分は不同意」と、裁判官に見せたくないはずの部分をわざわざ言って不同意部分を特定したり、そういうのが最近、気のせいかよく目につく…。

 一部不同意のぶんは留保とし、同意証拠だけ要旨告知して、枠は12時までなのに10時50分閉廷。
 これでもう午前中は私は予定がない。どうしよう…。

clip 11時から地裁727号法廷(平出喜一裁判官)で「売春防止法違反」の新件。
 これだけ裁判所へ通っていながら、この罪名を傍聴するのはまだ5回目だ。

 10時53分頃、法廷へ行くと、傍聴席(20席)はもうだいぶ埋まってた。中年男(って私もばりばり中年男かcrying)に挟まれた席しかなく、そこに座ってみたが、窮屈で暑苦しい。えーい、もぅいいや! 出る!
 出ると、727号法廷への通路に、老婆と言っちゃ申し訳ない、だいぶ年配のご婦人がいて、そのご婦人がなんつーか、不思議な気品があるっつーか、素人じゃねぇな? 江戸時代から続く老舗売春宿の、何代目かの女主(おんなあるじ)? みたいな。とにかくね、なんとも言い難い素敵なスーツのご婦人がいて(靴を履き替えてたかな)、もしや、このご婦人が被告人? 少なくとも関係者であることは間違いないだろ! と法廷へ戻ったの。出たり入ったり忙しい奴だ! pout
 すると、傍聴席から2人の若めの男が立ち、バーの中へ。修習生だったんかーい! 諸君はバーの中に席があるんだから、たった20席の傍聴席を埋めるな~!
 すかさず、空いた端っこの席へ。端っこに座れれば、満席でもブーブー言わない私。えへっ。lovely

 先ほどのご婦人がバーの中へ。うわぉ、やっぱ被告人だったのかsign03
 と思ったら違った、弁護人なのだったsign03
 被告人は、身柄(拘置所)。女性、65歳。
 子ども2人を連れて、DV夫から逃れ、生活が苦しくて売春を始めた、それから20年、売春を斡旋する店、そこで働く女の子、遊客から乞われ、2006年から継続して売春の周旋をやってたんだという。
 例によって、
「売春はなぜいけないと思うのか」
「法律を犯すからです」
「なぜ法律で禁止されてるのか」
「いけないことだからです」
「なぜいけないのか」
「法律で禁止されてることだからです」
 というふうなやり取りもあった。
 やった(やろうとした)のは周旋だけではないようで、傍聴本を書くなら、ワタシ的には是非収載したい事件だった。いろんな意味で良い裁判だった。
 直ちに判決。懲役1年6月、執行猶予3年。12時22分閉廷。

clip 地下の藪伊豆でかけそば大盛り290円を食べて、13時15分から簡裁728号法廷(岡野清二裁判官)で、2月10日に第1回を、4月14日にたぶん第3回を傍聴した「脅迫」(ダイナマイトを30本)の、たぶん第5回、判決。
 罰金10万円。主文だけ聞いて…。

clip 非常階段と廊下を走り、13時20分から簡裁826号法廷で、5月26日に第1回を傍聴した「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反」(キャバクラの客引き)の判決。
 罰金30万円。訴費不負担。この判決理由も聞かず…。

clip 13時30分から地裁815号法廷(前田巌裁判長)で、1月13日の第1回と、その後は2月16日と5月14日に傍聴した「威力業務妨害」(2ちゃんねるで犯行予告)の、論告・弁論。
 広い法廷に、傍聴人は合計10人くらい。なんだよ~。
 求刑は懲役2年。この種の事件の相場は1年6月のようだが、本件は追起訴もあるんで2年なんだろう。
 それにしても、なんでこの事件、途中から合議になったのか。被告人は保釈後、2ちゃんねるに再び投稿し始めているらしく、そのへんが関係したんだろうか。
 次回判決。14時21分閉廷。
 15時20分まで、どうすごそう…。

clip 14時30分から東京高裁710号法廷(安廣文夫裁判長)で「道路交通法違反」の控訴審判決。被告人は珍しい姓。近い姓の人が、民事のほうの書記官(だったかな)にいるよね。頭の文字は「七」。
 服役前科6犯。直近の2犯は、酒気帯び&業過(懲役10月)と、無免許&酒気帯び(懲役5月)。
 本件は無免許&酒酔い。駐車場内で他車に衝突し、3秒直立できなかったとか。
 原判決は懲役1年。量刑不当の主張。
 控訴棄却、未決20日算入。訴費不負担。
 終わって、被告人が言った。
被告人 「あのぅ…裁判長、自分、耳が遠いので…」
裁判長 「もうちょっと前へ…」
 被告人は、書記官の机(つか構造物)の際(きわ)へ。
裁判長 「主文はネ、本件控訴を棄却する。一審では未決は何日入ってたかな?」
被告人 「10日です」
裁判長 「控訴を申し立ててから20日を…。さっき言ってたのは、あなたの前科の関係。 酒酔いだし、あなた、前科の関係からもう実刑しかあり得ない」
 などと…。

 14時36分、小廊下へ出ると、大廊下を挟んだ向かいの小廊下に人が数人。なんだ? 行ってみると、14時45分から判決が何件か続いてた。

clip 14時45分から高裁717号法廷(阿部文洋裁判長)で「詐欺」の控訴審判決。
 物置の扉を修繕するから、草刈り機を買うから、と団地の自治会費を4回にわたり合計20万円受け取り、何もせず自分の生活費に充てた…という事件らしかった。物置の扉を修繕するとは言ってない、草刈り機は買うつもりあった、カネは返すつもりだった、と事実誤認の主張。
 原判決は懲役1年。控訴棄却。
 何の事件でか聴き取れなかったが、2006年12月に懲役6月、保護観察付き執行猶予4年の判決を受けており、本件はその猶予中の犯行なのだそうだ。

clip 続けて14時50分から「強盗」の控訴審判決。
 定職に就かず借金があり、泥棒や強盗をしても返済するよう闇金から迫られ、警棒、スタンガン、モデルガンを用意し、マスクをしてジャンパーのフードをかぶり、店員にモデルガンを突きつけ強盗。3万4000円を強取。追いかけてきた店員に対し、スタンガンを放電。しかし店員は通行人の助力を得て逮捕(私人逮捕)したんだそうだ。前科なし。
 懲役2年10月の原判決は重すぎて不当、との控訴趣意。
 控訴棄却、未決30日算入。

救助用工具の必需品。番線カッター(ボルトクリッパー) 救助用工具の必需品。番線カッター(ボルトクリッパー)

販売元:TSSP 防犯、防災専門ショップ
楽天市場で詳細を確認する

clip 続いて15時から「器物損壊」の控訴審判決。
 建物の窓ガラスに番線カッターを投げつけて割ったんだそうだ。被害額は1万3000円。累犯前科1犯(出所後2年足らず)。
 割った窓ガラスは、重要文化財の一部? 報道された事件だった。弁護人の眉が「星飛雄馬」のようだった…。

タイトー 巨人の星 大リーグボール 養成ギプス(U4837) タイトー 巨人の星 大リーグボール 養成ギプス(U4837)

販売元:でじたみん 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

 大傍聴人養成ギプス、とか言ってみる…。

clip 15時20分から地裁714号法廷(菱田泰信裁判官)で、9時50分からではなかった「傷害」(隣人の騒音に腹を立て)の判決。
 本件と同様の前科はあるが10年経過しているので、と懲役1年、執行猶予4年、押収してある包丁1本没収、訴費不負担。

 もう15時27分なのに、なーんか人が去らない。少し去って、さらに入ってくる。何なの? どんな事件かだけ、ちらっと見て、帰ろうか…。

clip 続けて15時30分から「詐欺」の審理。
 証人(被告人の父親)尋問と被告人質問と、論告・弁論。
 被告人は同じ詐欺の被害を受けたことがあり、だったらなんで被害者の痛みがわからないのか、と菱田裁判官はしきりに言ってた。そうだそうだ!
 ところが、被告人氏名で検索すると、これは報道された事件で、それによると、「携帯電話のICカードを運ぶ仕事で60万円渡す。ついては預託金6万円が必要」というふうな手口らしい。とすれば、振り込め詐欺などを支援する“闇仕事”につられての、いわば自業自得の被害…じゃないのか。そんな被害者の痛みをわかれ、と菱田さんは言ってたわけ? 第1回を傍聴してないんで、軽々に批判するわけにはいかないが。
 結局帰れず、16時13分頃閉廷。

 あ~、疲れた~。4時間しか寝てないのだ。しかしまだ、警視庁へ寄らねば。
 パーメ・パーチケと、レッカー移動と、駐車取締支援要員に関連して、1件開示を受け、2件開示請求。
 帰宅後たまらず1時間半ほど仮眠。某弁護士さんに頼まれた急ぎの作業を翌3時頃まで。これは私の勉強にも大いになるので…。

人気blogランキング ←6月10日23時10分現在、週間INが300でtwoone位~happy02

« 2ちゃんねるでの犯行予告8件 | トップページ | 月収280万円、養育費は月2万円? »

刑事/色情犯」カテゴリの記事