フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 無実を理由とする控訴はできない | トップページ | 妻はなぜデリヘルへ »

2009年7月15日 (水)

他人に殺されるなら自分の手で殺して自殺する

sevenonefive日(水)

 前夜22時過ぎに、頭痛騒動のときの残りのアモバン0.75mgを半欠け飲んで寝た。2時頃に目が覚め、もう半欠け飲んで寝た。ハッと気づけば8時15分。いけねっ!
 裁判所へは間に合ったものの、どういうわけだか、傍聴中しばしば、尋常でない眠気に襲われ…。

clip 9時55分から東京地裁711号法廷で、7月1日に第1回を傍聴した「公然わいせつ」(酒飲んで人生狂った、酒は怖い)の判決。
 懲役4月、未決10日算入…。
 求刑は4月だった。前科は罰金刑だけのはず。厳しいぞ…。
 と思ったら後があった。執行猶予3年
 なぜ10日算入だったのか。そこを口にしては、味ない、味ない(『鬼平犯科帳』より)、なんつって。coldsweats01

clip 11時までとくに傍聴したいのはない。アレは確か今日が4回目くらいのはず…と地裁532号法廷(水野智幸裁判官)、10時~10時30分で入ってる「道路交通法違反等」へ。
 論告の最中だった。免停60日の期間中に運転して無免許で罰金20万円&取消処分となったが意に介さず、壊れたアンダーミラーを外して車内に放置し、中型貨物(ダンプ。任意保険なし)を運転し続け、そうして、信号交差点を15~20キロで右折する際、左方から右方へ横断歩道を横断してきた女性の自転車に衝突、自転車もろとも転倒させ、外傷性頭蓋内損傷で死亡させた…と検察官。求刑は懲役4年
 弁護人は弁論で、衝突していない、と言っていた…。
 本件の真実がどうだか知らないが、一般に警察は、立てたストーリィに必要な証拠だけ集め、ストーリィの邪魔になる証拠は、たとえあっても集めない、集めてしまったなら捨てるわけで…。
 弁論はまだまだ続きそうだったが、10時30分、出るっ。

annoy じつは10時から東京簡裁534号法廷に「道路交通法違反」の新件が入っていたのだsign01 傍聴ノートには記載があるのに、手帳に書いてなかった、大馬鹿野郎っsign03 しかしまぁ、無免許酒気帯び)の身柄事件であること、判決は次回になったことを、マニア氏から教わった。ありがてえっ。

clip 11時から地裁706号法廷(秋吉淳一郎裁判官)で「脅迫」の新件。
 歌手の倖田來未さんに対し殺害予告をしたと報道された事件だ。完全に私の専門外なのだが、殺害予告はインターネット上で行われており、ネットの犯行予告はなるべく押さえておこうと思ってるので…。
※ 「來未」は「きみ」でも「くるみ」でもなく「くみ」と読む。ちなみに「倖田」は「こうだ」。親切でしょ。うふ。

 10時31分、法廷は施錠されており、だ~れもいない。
 10時32分、黒い服装の男女4人が来た。706号の開廷表を見て一般待合室へ。1人の背広に弁護士バッヂ。弁護人と、被告人の家族か何かなのだな? 所在なげな所作の青年がいるが、彼が被告人?
 そう、彼が被告人だった。被告人席についてからの様子が特徴的だったのでメモし、「ちょーっと自閉症なのだな?」と印象をメモした。

 この裁判、簡単にレポートしようとしても長くなりそう。
 事件の発端は、例の「羊水」がどうとかいう倖田さんの発言、に対する“祭り”だったように、私には思えた。
 捜査段階の供述聴取にこうあるという。
「被害者(倖田來未さん)が他の人に殺されるのであれば、自分の手で殺して、自分は自殺したい…(と思った)」
 自閉症で「学力は小学校高学年程度」の被告人は、無責任な“祭り”の熱狂にあおられた、そういうことのように思えた。
 どうやら、マズイことを書いたと気がつき、取り消す投稿等をしたらしい。貯めた100万円を賠償に充てる意思もあるらしい。しかし起訴された。せっかく13年間勤めてきた会社を辞めることになってしまった。可哀想に…。
 求刑は懲役1年。12時閉廷。

restaurant いっしょに傍聴していた毒人参。さんと、地下のそば食堂へ。私はかけそば大盛り290円。毒さん、食べるの遅っ! 私が早いの?

 地裁711号法廷(20席)に13時30分から「脅迫、威力業務妨害」の審理が入ってるのだが、どうせ14時前に出なければならないし、続けて14時30分から「強制わいせつ」の新件が入ってるので、今日はこの法廷はあきらめ、最初から覗きもしないことに。←意味不明? 東京地裁(の刑事)の傍聴の現場を知らなければ、到底ご理解いただけないだろうと思う。ま、タイヘンなことになってるんですぅ。

clip 高裁410号法廷の前に、けっこう人が。なに? 13時15分から、見覚えのある女性氏名の「殺人未遂」の控訴審判決。なんとなく傍聴することに…。
 見覚えがあるも何も、5月13日に証人尋問(2人)と被告人質問を傍聴した事件だった。
 判決は、原判決破棄、懲役6年、原審における未決60日算入、押収してある包丁1本没収、訴費不負担
 原判決の量刑を金谷暁裁判長は言わなかったが、もっと軽かったようだ。

clip 早めに地裁409号法廷(室橋雅仁裁判官)に入ると、13時30分からの「住居侵入、窃盗」の判決の途中だった。
 手指2本に刺青のある、ちょっと見、悪そうな被告人。侵入盗の被害品には女性下着も含まれ、被告人の携帯電話の写真に被害女性の下着が写っていたそうだ。
 累犯前科2、前刑出所後わずか1カ月余りの犯行だそうで、懲役1年10月、未決20日算入、訴費不負担
裁判官 「手紙を見せてもらいました。字が、とてもきれいな字でした。こういうきれいな字を書く人が…」
 これを“陳腐なおだて”と言ってはいけないと思う。

clip 続いて14時から、7月8日に第1回を傍聴した「住居侵入、公然わいせつ」(女装で陰茎露出)の判決。
 主文を言い渡す頃には、ぎっしり満席になった。
裁判官 「主文、被告人を懲役8月に処する。主文は以上です」
 服役複数回。前刑出所後、間もない犯行なので、実刑は避けられない。
裁判官 「こういう犯罪は、くり返す人もいるので、あなたがそういうことのないよう信じてますからね」
被告人 「はい」
 14時09分閉廷。

chick 締切り原稿もある、これで帰ろうかどうしよう、と悩んでるうち、1階でユキさんに会い、「悩んだときは傍聴しなさい。締切りなんか平気よ」と言われ(すみませんウソですぅcoldsweats02)、傍聴魂を奮い立たせ…。 

clip 14時30分から地裁419号法廷で「道路交通法違反」の判決。
 無免許で罰金前科1犯。免許取消処分後も車を保有し続け、仕事上度々運転し続けた挙げ句の無免許運転。それも得意先への挨拶回りのため…。
 懲役5月、執行猶予3年、訴費負担
 罰金前科1犯だとすれば、相場より重い。

clip 15時から地裁432号法廷(水野智幸裁判官)で「常習累犯窃盗」の新件。
 被告人(身柄、拘置所)は住所不定、無職、51歳。私が言うところの、のけ反り系。
 服役前科3犯。過去に働いていたことのあるレストラン(ネット検索するとビッグチキンカツ定食600円。旨そうっ!)へ巧みに忍び込み、冷蔵庫から牛肉3切れと鶏卵3個、660円相当を窃取、無人の店内で、少なくとも黒胡椒とマーガリンを使ってフライパンで焼いて食べる、ということを10回くらいやり、ある日、寝込んだところを発見された…。
 仮釈放から3カ月、刑の終了からは2週間。つまり刑期を2カ月半残して仮釈放になったわけだね。
 求刑は懲役3年
 弁護人(よく見る白髪のお年寄り。仕草が若干ぞんざい)は、被害品はいずれ調理してお客に出すもの、660円、10回やったって6600円…そっ、そんな弁論、被害者が聞いたら怒るんじゃないか。しょうがないのか。

clip そして16時から高裁506号法廷(中山隆夫裁判長)で、5月27日に第1回を、6月15日に第2回を傍聴した「傷害、道路交通法違反、危険運転致傷」の判決。
 傷害は、被告人の車の進行を阻止しようとした被害者(その車の持ち主?)が前部にいるのに発進させ、足を轢いたというもので、故意を否認。道交法違反と危険致傷が何かは分からなかった。
 控訴棄却、未決120日算入
裁判長 「30万円の追加弁償をしたとしても、原判決の懲役2年6月が重すぎて不当とは言えない」
 被告人(身柄、拘置所)は、なんだか当事者感のない、妙な感じの若者に見えた…。
 16時17分閉廷。ふぅ。

人気ブログランキングへ 7月15日23時20分現在twoone位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない 裁判員制度はいらない
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

« 無実を理由とする控訴はできない | トップページ | 妻はなぜデリヘルへ »

刑事/色情犯」カテゴリの記事