フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 他人に殺されるなら自分の手で殺して自殺する | トップページ | 未成年者誘拐! 追起訴続行 »

2009年7月16日 (木)

妻はなぜデリヘルへ

sevenonesix日(木)

 9時43分頃、裁判所の正門にさしかかったところで、ぎょっsign03
 玄関に、おそらくは50人を超える列がsign03
 直ちに踵(きびす)を返し、ぐるっと回って東側へ急ぐ。途中小走りを交え、約3分で裁判所に入れた。これからは、正門の利用は最初からあきらめたほうがいいのか…?
※ 一般が通常時出入りできる玄関は、西側(正門)と東側(家裁、弁護士会館側)にあり、西側は地下鉄駅に近く、貸し切りバスが発着し、傍聴券の交付所があるため、混雑する(場合がある)のだ。

clip 9時50分から東京地裁828号法廷で、7月9日に第1回を傍聴した「公然わいせつ」(電車内で陰茎の先っぽを2~3cm)の判決。
 2分ほど前、入ろうとすると、制服の女子高生(かな?)が数人、ぞろぞろ入るところ、中(20席)はほぼぎっしりsign03 男子学生風3人を除いて、全部女子高生sign03 しっ、信じられないsign03
 ムムッ、ムリヤリにでも座ってやるっsign03 との勢いで入ったら、引率の女性が、もう一杯だから出ましょう(様子のおかしいオヤジが来たから逃げましょう?sad)旨言い、するとその数人は全員出た。
 そして、なんたる奇跡、いちばん奥の端っこが1席、空いてたsign03
 彼女らは空席を残してなぜ出たのか。孤立を嫌い、群れて行動する習性から…かどうか知らないけど、とにかく奇跡だ~。
 東側玄関へ急ぎ、裁判所名物のサウナ・エレベータで蒸され、女子高生らでほぼぎっしりの傍聴席を見てキィ~ッとなって吹き出た汗を(隣の女子高生は「わ~、変なオヤジが来た~!」と思ったろうね。うふふ)、持参のハンドタオルで拭きつつ…。

 判決は、懲役5月(求刑6月)、未決10日算入、訴費不負担。
 9時55分閉廷。

clip わりと近くの地裁815号法廷(前田厳・大村陽一・恒光直樹裁判官)で「道路交通法違反、覚せい剤取締法違反、(訴因変更後の罪名:覚せい剤取締り法違反、関税法違反)」の判決。
 共犯者らと昨年12月に、韓国経由で覚せい剤921.2gを密輸した容疑で逮捕されたと、今年3月に報道されてる事件だ(←リンク先では「無職」の「22歳」)。

 被告人(身柄、拘置所)は、坊主頭でがっちりした大柄。オレンジの洒落た長袖シャツ(襟のボタンは2段)に、いかにもヤクザ風な光沢のある黒ズボン。これで22歳か23歳とは。
 ヤバイ物が入ってるとしか考えられないスーツケースを、「持ち帰るだけで15万円」との話で運んだんだそうだ。
 「道路交通法違反」の部分は、無免許3回。3回とも物損事故を起こし、3回目は逃げて報告義務違反も。その無免許は、聞き取れたところによれば、昨年2月と3月と7月。ということは…?

 懲役6年、及び罰金200万円、未決100日算入、罰金を完納できないときの体刑換算は1日1万円、覚せい剤3包没収、訴費不負担。

clip 10時30分から同じ法廷で、5月14日に結審した「威力業務妨害」(2chでの犯行予告)の判決。
 懲役2年、執行猶予4年、訴費負担。
 どうやら、2ch上で「チキン野郎」とか匿名の煽動者(“アオラー”?)に煽られ、犯行予告に相当する書き込みをした…という側面もあるのかな? 
 そのうち、才気走った検事の提案で、匿名掲示板での煽りを「教唆」か「幇助」で逮捕し、大きく実名報道させるってこと、あるかもしれないね。
 ちなみに岩波新書の『刑法入門』の、「幇助」の解説にこんな部分がある。

 …だけでなく、罪を犯す意思を維持し、強めること(これは心理的幇助です)も認められます。幇助は犯罪の実行を助け、犯行を促すことで足りるとされており、援助がなければ罪を犯すことができなかったというようなことは必要ないと一般に考えられています。

刑法入門 (岩波新書) Book 刑法入門 (岩波新書)

著者:山口 厚
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ちょうど11時閉廷。

clip 11時から地裁403号法廷(楡井英夫裁判官)で「業務妨害」の新件。
 まっしぐらに行ったが、冒頭陳述が始まるところだった。20席の傍聴席は3分の1も埋まってなかった…かな。
 被告人は女性。保釈中。マニア氏にあとで聞いたところによれば29歳。
 要するに、子どもが欲しいのに夫がかまってくれず、店舗型のデリバリーヘルス(母乳・妊婦専門の風俗店)へ無言電話を412回もかけ、逆探知で突き止められた、というもの。
 夫は法廷へ来ず、書面の提出もない。傍聴席から聞く限り、いったいなぜ結婚したのか、そこが謎だった…。

 「母乳・妊婦専門」はわかるが、なぜデリヘルなのか。無意識のうちのSOS発信、日常破壊願望に加え、セックス願望もあったのかも。
 じつは私は便利屋でアルバイトしていた頃、もっと若い主婦から不可解な依頼を受け、その主婦が住む団地へオートバイで行ったら、「夫が裏切り続けるので自分も一度だけ夫を裏切りたい」と言われたことが…。

 求刑は懲役1年6月。
 直ちに判決。懲役1年4月、執行猶予3年、訴費負担。
 2月減らしたのは、被害店へ50万円の被害弁償をしたゆえだろう。
 12時00分閉廷。

sleepy 今日は1人でかけそば大盛り290円。8階の一般待合室で20分ほど仮眠。

clip 13時15分から東京簡裁826号法廷で、7月2日に第1回を傍聴した「道路運送車両法違反」の判決。
 罰金20万円、未決勾留日数中22日を、1日5000円換算で算入。訴費不負担。

clip 13時25分から簡裁728号法廷で、7月9日に第1回を傍聴した、気になる「窃盗」の判決。
 懲役1年6月、執行猶予3年、訴費不負担。

annoy 今日は15時から地裁409号法廷で「道路交通法違反等」の新件がある。それまでどうしよう。簡裁826号法廷で「傷害」の新件。地裁416号法廷で「覚せい剤取締法違反」の新件。
 後者は、被告人氏名が「■■ちゃんこと■■■■」となっており、「…こと」は多いけれども「ちゃん」は初めて。もしかして、新宿2丁目方面…?
 えぇい、728号法廷からは遠いが、そっちへ行ってしまえ!

 13時30分頃、416号法廷のドアを開けると、まだ始まってなかった。ほっ。
 ところが、広いほうの法廷なのに、ぎっしり満席sign03 ドアには満席札がsign03
 見渡したところ、女子高生と学生風が多数。
 『裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)』によれば窃盗の次に事件数が多い覚せい剤、それも、検索した限りではノーヒットの被告人なのに、広いほうの法廷なのに、ま、満席って…。
 これは完全に私の予想外。
 どの事件の法廷が埋まるか、もう読めない…。

subway あまりのショックに呆然! ドアの外でずるずると崩れ落ち、嗚呼、還らぬ人となりました。ってオイッ!
 このチャンスを活かし、直ちに帰ることに。

sun そろそろ裁判所の各部、各係は夏期休暇に入る。判決期日がばんばん入ってるのは、言うまでもなく、その前兆だ。
 もうすぐ、開廷はがくんと減る。同時に、学生・生徒諸君は夏休みに入り、8月3日には東京地裁の裁判員裁判が始まる。
 昨年以上の“傍聴人密度”の高さが予測される。ひぃ~!
 今年3月末に更新工事が終わったあの低層階用エレベータの遅さと暑さは、良い具合にイライラを煽るかも。そのうちトラブルが起こるんじゃないか…。
 と思いつつ電車に乗ってたら、裁判所で何か起こったとの報せが…!

typhoon てゆっかさ、“傍聴天気予報”ってあったらどう?
 南の海上に熱帯性傍聴低気圧が発生し、ゆっくりと北上しています。明日の東京地裁、色情系の満席確率は100%、薬物系は午前40%、午後は60%でしょう。女子高生前線が貸し切りバスで南下しており、簡裁地方も含め局地的な集中満席にご注意ください。熱海簡裁、下田簡裁は引き続き0%です。
 傍聴予報士? ほんとに国家試験に合格したのか? 当たらねーなぁ、なーんて。

人気ブログランキングへ 7月15日23時20分現在twoone位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない 裁判員制度はいらない
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

« 他人に殺されるなら自分の手で殺して自殺する | トップページ | 未成年者誘拐! 追起訴続行 »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

telephone電話ボックスは赤煉瓦側にあります。
裁判所と赤煉瓦の間の歩道は、
「立入禁止」とか書かれた黄色いテープが張られ、
歩行者はtwo号館側の歩道などに迂回させられていました。

秦野真弓 様

 「司法非常時」、うまいことを言いますね~。
 そんな秦野さんから貴重な情報をいただける私は幸せ者です。

 17日(金)の夕方も、裁判所で何かあったそうで。いっつも、私が帰ったあとですね~。
 って、これ以上、専門外のことに関わらせまいとする、ご先祖様のご配慮なのかも。

 もうすぐ旧盆ですね…。

名前 様

 ええ~っ、あと20分かそこら、裁判所でうろうろしてれば、その騒ぎに出くわしたわけ!?
 人生の多くの部分はそんなタイミングに左右されていくもんだろうと思うけど、それにしても、びっくり。

 リンク先の報道に「裁判所合同庁舎前の電話ボックス」とあるが、そんなのあったっけ。
 裁判所から霞が関駅(の出入り口)へ行く途中には、確実にない。
 桜田門駅へ行く途中に? 赤れんが館との間あたりに、あったかなぁ、思い出せない。

 20年くらい前は、赤れんが館と霞が関駅との間に、確かに電話ボックスはあった。
 赤れんが館の前での、ある抗議行動が排除されるとき、見物人の私も排除されそうになり、電話ボックスに入ろうとしたら、「禁止だ!」とか言われて阻止された記憶がある。それかなぁ…。でも、あれは、遠い記憶によれば、霞が関駅の近くだったような…。
 明日、確認すればいいんだわね。

 電話ボックスの存在と場所はともかく、報道からは、その女性は裁判所に不満があったのかな? と推測されるけど、そのへんが報道されることは、ないんだろうねぇ…。

 いつも貴重な情報をありがとうございます。
 入管関連の行政訴訟は多いですが、私はさっぱりわかりません。が、杉原則彦裁判長によるその提案は、びっくり仰天なことなのだろうな、とは想像できます。
 なんだか、杉原さんが次にどこへ行くのか、もしや退官するのか、気になりますね。そういう話じゃなく、純粋に、当該事件にはそういう提案がふさわしかろう、と思ったのかもしれませんが。

 「コーセイヨウケンテキコイ」は、構成要件的故意のことですよね。構成要件は、まぁ大ざっぱにはわかりますが、「…的故意」とくっつくと、私もなんだかさっぱりですぅ。sweat01

 結婚については、私のような者が38歳でなぜ結婚できたのか、ふり返ればまったく謎です。あんまり気にせず、己の道を進むのが良いような気がします、わかりませんけど。

 「17時前の東京地裁1階の騒ぎ」、その前に私は地下鉄に乗って帰ったんで、何も分からないんですよ。

昨日(7月17日)の17時前の「東京地裁一階ロビー」での出来事は、下記の資料にあるとおり、「大事件」にはならなくて、本当に良かったです。しかし、昨日は、凄い数の警察官さん達でしたね。改めて「libra裁判員制度導入直前における,司法非常事態」を感じました。こんな時期に(お立場は異なっても)、delicious今井亮一さんとともに、裁判を傍聴できる喜びを感じます。さて7月14日付けで、法務省は「裁判員制度導入直前の、バックホーム体制の下,最強の布陣を敷く為か??」幹部の総入れ替えともいえる、大規模人事異動を行いました。もう、a法務事務次官さんも・b入国管理局長さんも・c人権擁護局長さんも,総入れ替えです。尚「私の傍聴専門分野??」とも言える「smile民事・行政部門の法務省幹部さん」は温厚な人柄の方々が、着任されました。例A:国が関わる裁判の責任者(=法務省大臣官房訟務総括審議官=旧・法務省訟務局長)は、東京地裁民事23部のdelicious須藤典明・裁判長を抜擢。須藤裁判長は、面白い裁判官でした。「証人調べを終えた証人」を再びバーの中に、招き入れ、再び尋問したり。判決言渡後、代理人弁護士の質問に答えたりしていました。
例B:政府が国会に提出する、法律案の事務責任者(=法務省民事局長)には、やはり温厚な、delicious東京地裁民事6部・原優・裁判長が抜擢されました。次回の総選挙で自民党が政権とるか?民主党が政権とるか?私には、わからないけれど、温厚なdelicious原優・法務省・新民事局長さんなら、どちらにも対応できる、筈です。というわけで、この司法非常時に、今井さんと共に、傍聴活動できて、私は嬉しいです。 資料:7月17日、午後5時前の、東京地裁での出来事==→スイマセン!リンクに失敗しました。ロクにOA操作もできない癖に、さも偉そうな事を述べ、申し訳ありませんでした。今日は夜勤ないし、フトンかぶってもう寝よう。

> と思いつつ電車に乗ってたら、裁判所で何か起こったとの報せが…!

昨日メールした件は、これdownでしたsign03

FNNニュース: 東京・千代田区の裁判所合同庁舎前で中国出身の26歳女性が灯油かぶる 警察官が保護
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00159232.html

今井亮一さんのブログを拝見していると、東京地裁ではもう,1日のうち、数えられないくらい、大きな出来事があること、痛感いたします。私にとっても(今日7月17日)は、大きな出来事が2つありました。A:ひとつは、東京地裁・行政部・民事38部・杉原則彦裁判長さんによる「入管訴訟・当事者尋問後の『和解』勧告です。途中から,当該・人証調べを傍聴したので、正確でないのですが…。どうも、外国人が原告の退去強制令書発布処分取消請求事件≒外国人強制退去系入管訴訟・当事者尋問のようです。人証調べが終了し、わりと長い合議のあと、杉原裁判長さんは「libra第三国出国方式による解決」を提案し,「被告・国側・指定代理人さん」に,第三国大使館と交渉する事を提案してました。さあ双方にとって大変な提案です。libra原告側・難民弁護団さんにとっては、当該原告さんが「日本に居られない」ことを示す提案ですが、完全敗訴よりは、ずっとマシです。一方、libra被告・国側さんも、不法入国された方々が、日本から、ひとり減る代わりに、困難も予想される、第三国・大使館との折衝が必要になります。杉原則彦裁判長、最近、なんで、こんな良く、なったのでしょう?杉原則彦裁判長は2006年4月1日・現職に着任。そう…そろそろ異動の季節ですね。「最高裁主計課長」のキャリア、生かし、私は裁判員制度を「予算面からバックアップ」して欲しいです。特に「難しい事を易しい言葉で伝える義務を負う、国選弁護人の報酬」を、もっとアップして欲しいです。※※私もたまには、刑事裁判をも傍聴しますが、この前、弁護人が、「pout?コーセイヨウケンテキコイ???」とか言い出し、全く意味がわかりませんでした。heart03私はモテないタイプ!一生独身と心に決めています。もう誰かに「heart01攻勢的な恋」は抱きません。
B:もうひとつの出来事は、1日の楽しい傍聴を終えた後の、あの「17時前の東京地裁1階の騒ぎ」。一体何があったのですか??

この記事へのコメントは終了しました。

« 他人に殺されるなら自分の手で殺して自殺する | トップページ | 未成年者誘拐! 追起訴続行 »