フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の27件の記事

2009年7月31日 (金)

傍聴人は来る 被告人は来ない

 「松本死刑囚弁護人、業務停止1カ月 控訴趣意書提出遅れ」と7月31日付け朝日新聞。
 記事を読むと、「控訴趣意書くらい期限内に出せばいいじゃん。出さないって話になんない」との印象を受けるかもしれない。が、私の印象はちょと違う。なぜなら私は、某氏から情報をもらい、その懲戒に係る対象弁護士の審尋」(4月10日)をじつは傍聴してたのだ。

seventhreezero日(木)

 10時からの「殺人」の第2回公判は、それは私の専門外だから、ユキさんとか専門の方(もう「傍聴マニア」ではなく「裁判監視人」とか呼ぶことにしようか、思案中)にお任せするとして、同じ10時から「道路交通法違反」の新件が2件、地裁であった。
 この2件をいずれも傍聴せず、11時15分からの簡裁の「器物損壊」の新件へ行く自分…。そりゃ押せ押せの事務処理があったとはいえ、これでいいのか…。

 11時ちょい過ぎに簡裁728号法廷(岡野清二裁判官)行くと…。

clip 10時30分からの「窃盗」の新件の、裁判官からの被告人質問が終わるところだった。そして論告・弁論。
 ブロン顆粒の万引で罰金20万円の前科あり。本件はその半年後のブロン顆粒6箱の万引。月収30~40万円、預貯金等十分にありながら、カネを払うのがもったいないから万引したのだという。
 求刑は懲役1年2月。

◆せき、たんに3つの成分◆エスエスブロン「カリュー」18包※指定【第(2)類医薬品】 ◆せき、たんに3つの成分◆エスエスブロン「カリュー」18包※指定【第(2)類医薬品】

販売元:オレンジ薬店ネットストア
楽天市場で詳細を確認する

 これup、顆粒をなぜ「カリュー」と表記するのか。ネット検索に引っかからないように? この被告人が万引したのは、カネがないから、ではないのでは?

clip 続いて11時15分から「器物損壊」の新件。
 今年2月末、以前の勤務先の社長のセドリックの、リアウィンドーガラス等をコンクリートブロックで叩き割る等し、損害額22万2117円。そのことは黙ったまま、3月初旬の「恐喝未遂」(ATMのところでカネを取ろうとした。自首)により5月中旬に前橋地裁で懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受け、釈放されてからしばらくは実家にいたが、職探しに上京、職は見つからないまま所持金380円となり6月、「器物損壊」について自首。
 直ちに判決。罰金10万円、満つるまで算入、訴費不負担。11時56分閉廷。

restaurant 地下で、未練がましくA定食460円の主菜を確認したのち、隣の藪伊豆で、かけそば大盛り290円。

wobbly 13時ちょい前、13時10分から「詐欺」の判決が入ってる地裁401号法廷へ。
 すると、20席の傍聴席を可愛い私服の女生徒(女学生?)が、ほとんど埋めてた。でも空席がけっこうあるょ、と思ったら、そこには可愛い荷物があり、すでに完全に満席。あぁ、さっき女子トイレからキャーキャー声が聞こえたのは、この荷物の…。
 午前中から、「学生が多いな~。恐怖の夏休みが始まったんだな~」と思ってたけど、始まったんだな~。

 別の法廷で13時10分から別の判決があったが、なんかもう気力が萎え、1階喫煙所へ…。

clip 13時25分から簡裁534号法廷(武内晃裁判官)で「窃盗」の判決。
 被告人(身柄、留置場)は、ピンクのTシャツがはち切れそうな過肥満の女性。
 懲役1年10月、未決10日算入、訴費不負担。武内裁判官はいつも主文以外なーんにも言わない。認定した事実はもちろん、量刑の理由すら言わない。

sleepy 続いて13時30分から「窃盗未遂」の審理。
 審理ってことは、もしや、と傍聴するつもりだったのだが、「窃盗」の判決の途中で、次の事件(つまり「窃盗未遂」)の被告人を連れてきた留管の警察官が奥のドアを開け、年配の被告人がちらりと見え、あぁ、これはたぶん私が傍聴したいタイプの「窃盗未遂」とは違うな、と思い、かつ、脳内に睡眠物質が満ち始めた感覚があり、審理が始まる前に退出。
 7階の一般待合室へ移動し、しばし仮眠。そんな段取りよく寝られるもんか、と思ったがぐっすり寝てしまう。

clip 14時から地裁715号法廷(中島経太裁判官)で「道路交通法違反」の判決。
 第1の無免許運転で警察からの再三の呼出に応じず、2年以上放置。そして第2の無免許運転で捕まったとき、知人の氏名を騙るなどした…。「有印私文書偽造」の罪名がないってことは、キップや調書へのウソ署名にまでは至らなかったのか…。
 懲役5月、執行猶予3年。
 同種罰金前科についての言及はなかったが、この量刑は同種罰金前科2犯ありの無免許1件の相場だ。ありで無免許2件なら、懲役6月でおかしくないんじゃないか。てぇことは、なしなのか。なしで懲役5月、執行猶予3年は重い…。
 14時4分閉廷。

clip 再び地裁401号法廷へ。
 401号法廷は、13時30分から「覚せい剤取締法違反」の新件が入ってる。覗き窓から覗くと、さっきの女の子たちでぎっしり…いや、端っこが1席、空いてる。
 私が傍聴したいのは14時30分からの「道路交通法違反、公務執行妨害」だが、座れるときに座っておかねば…。

 「覚せい剤取締法違反」は、前科8犯、うち7回服役、京都刑務所を出所後1年半ほどで、新宿へ行ったとき売人から声をかけられ魔がさして…。被告人は70歳だという。
 求刑は懲役4年。
 14時14分閉廷。女の子たちはぞろぞろ出て行った。

clip 14時30分から「道路交通法違反、公務執行妨害」の新件。
 栃木県の採石場で、定量9250kgのダンプに9905kg超える1万9155kgの砂利を積載し、神奈川の生コン業者へ届ける途中、パトカーから停止を求められ、逃げたが、多摩川の橋を渡った先の信号で停止、警察官がダンプ運転席の脇のハシゴを登って荷台を確認したところ、そのままの状態で被告人はダンプを発進させ、警察官の肩を右手で押すなどしながら252m走った…。交通違反以外、前科前歴なし。
 私は以前、栃木を拠点するとダンプを取材したことがある。公判に出てきた氏名、業者名等を、関東ダンプ協議会栃木支部は知ってるかもしれない。何より、過積載が公判廷へ出てきたの(を見るの)は初めて。
 ところが、さっきの仮眠では全く足りなかったようで、だいぶ居眠りしてしまった。傍聴ノートの文字がひどいことになってる。
 求刑は懲役1年…。懲役1年は公務執行妨害の相場。過積載のぶんは公妨に吸収された形になるのか…。
 と思ったら、懲役1年、および罰金7万円。7万円は満つるまで算入になるんだろうか。
 15時34分閉廷。

annoy 途中、居眠りから覚めて壁の時計を見たとき、15時20分頃だった。15時20分から地裁727号法廷で、7月21日に第1回を傍聴した、傍聴ミステリーを感じさせる、どうも気になる「道路交通法違反」(無免許)の判決がある。だが、401号から727号へはたぶん4分くらいはかかる。もう間に合わない。いったい俺は何をやってんだsign03

clip 早めに簡裁728号法廷へ入ると、検察官が怒っていた。15時10分からの「住居侵入」の新件の、被告人質問の途中だった。
検察官 「あなた、やましいことしてる気があるから、びっくりしたんだろ。今この場になっても、トイレを借りるつもりだったと言い張るのか!」
被告人 「あのときゃほんとにもうトイレ借りたい一心で…」

 急な腹痛で大便を我慢できず、チャイムを鳴らして留守だとわかったのに、あえて脇へ回り込み、風呂場の窓から、靴を脱げば靴下が濡れるからと土足のまま室内に侵入。発見されるや、トイレを貸してくれとは言わずに逃げ、逮捕後、大便をしたのは5時間後…。「窃盗」(罪名は窃盗だが実質は侵入窃盗)の服役前科あり…。
 求刑は懲役10月。

 16時までの予定のその「住居侵入」が終わったのが16時09分。続いて16時から「窃盗」の判決、の予定。
 ところが弁護人が来ない。ならば16時05分からの「傷害」(それが私が傍聴したかった事件)の論告・弁論を先にやろうかと、「窃盗」の被告人(身柄、拘置所)はいったん地下へ降りた。
 ところが、すでに16時10分をまわってるのに「傷害」の被告人が来ない。
 結局、16時14分に「窃盗」の弁護人がきて、「窃盗」の被告人が地下から上がってきたのが16時18分…。

clip で、「窃盗」の判決。
 懲役2年2月、未決10日算入、訴費不負担。
 両指先をピシッと伸ばして直立する被告人(身柄、拘置所)は、窃盗、常習累犯窃盗の前科が多数あり、前刑出所後、数万円の作業報奨金が尽き…。

clip それが16時21分に終わり、弁護人と検察官が交代。
 しかし、16時05分からの「傷害」の被告人は来ない。雪は降る、あなたは来ない
 召喚状を出すことにして、16時35分閉廷。

人気ブログランキングへ 7月31日18時10分現在twoone位~happy02  

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない 裁判員制度はいらない
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2009年7月30日 (木)

500人減るはずの警察官が121人増えた?

9年で警察官2万人を増員 負担人口の目標達成
 全国の警察官の人数は25万3682人(今年4月1日現在)で、相次ぐ不祥事を受け増員が始まった9年前に比べ2万892人増え、警察官1人当たりの「負担人口」は557人から509人に減少し、ほぼ目標を達成したことが29日、警察庁のまとめで分かった。
 1999年に発覚した神奈川県警警部補の覚せい剤使用もみ消しなどを受けて国家公安委員会が発足させた警察刷新会議が2000年7月にまとめた緊急提言で、監察の強化などとともに、負担人口が500人程度になるよう増員を求めていた。
 警察庁によると、増員数の部門別では、犯罪対策に重点を置き「生活安全・刑事・組織犯罪対策」に1万1695人。空き交番対策などで「地域」は6386人、収容者が増えた「留置管理」は2974人、被害者支援などを担当する「総務・警務」が1264人。
 駐車違反取り締まりを民間委託した「交通」は121人増にとどまり、過激派対策や大型の警備が減った「警備」は唯一、1548人減った。
 勤務場所別では、第一線の警察署が1万4903人、組織犯罪対策部門などが新設された警察本部が5989人。
 警察庁の安藤隆春長官は「財政削減が進む中、治安に対する配慮から増員が認められてきたが、諸外国の負担人口は300~400人台で、まだ十分ではないと思っている」と話した。

 と7月29日付け河北新報。太字は今井。

 ぎょっsign03 いよいよ私の記憶は破滅的に壊れてしまったのか。深い不安を覚え、急ぎ引っ張り出してみたょ、2004年4月8日の参議院・内閣委員会の議事録。まさにその、駐車違反取締りの民間委託、の法案が出てきたときの議事録を。
 ほっ、壊れてなかった。警察庁の人見信男交通局長の答弁に、こうある。太字は今井。

 …約五百名程度の人員合理化がなされるものと、可能なものと、こう見込んでおるところでございます。

 民間委託により合理化された500人くらいの警察力を、重大犯罪の捜査へ振り向けたい、と言って駐禁取締りの民間委託は導入されたのだ。
 ところが、121人増。はあ?
 620人ほど増やすはずだったのが、民間委託による人員合理化により、121人増にとどまった…と考えれば、べつにおかしくないのか?

 ちなみに、2004年4月8日の参議院・内閣委員会で交通局長は、駐禁取締りに充てられいる警察力は、取締りに要する時間で割ると、約1200人相当とも答弁していた。

となりの駐車監視員 Book となりの駐車監視員

著者:松木 和哉
販売元:太田出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

run ということで、29日(水)は裁判所行きをサボったょ。
 14時頃、汗まみれで起き、腹ぺこの状態で有酸素散歩約1時間。
 腹ぺこで有酸素運動をやると、体が自動的に、蓄えてる何かを分解して血糖値を上げ、だから空腹を感じなくなり、デブは痩せる、のだそうだ。
 ま、たまに、分解がうまくいかず血糖値がぐんぐん下がるのか、膝や肘ががくがくして全身から力が抜け、動けなくなってしまうんだけどね。

cloud 今日はだいぶ夏っぽい雲だった。高さ、大きさ、色、形、見た目の密度、流れの速さ、いろんな雲があって、飽きない。
 雲見坂(くもみざか)小次郎、宮本雲見斉(うんけんさい)なーんて、時代劇に登場してるのかな。雲見温泉というのはあるそうな。

人気ブログランキングへ 7月30日7時10分現在twozero位~happy02  

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない 裁判員制度はいらない
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

2009年7月29日 (水)

危険運転致傷 ことさら信号無視を誘うもの

seventwoeight日(火)

clip 11時から東京地裁420号法廷(安藤範樹裁判官)で「危険運転致傷」の新件。
 2007年11月3日の午前6時45分頃、新宿区内のある交差点を中型貨物で通過する際、いつものタイミングなら青のところ、救急車に道を譲ってタイミングが遅れ、赤になったのに、もともと交通量の少ない場所だし祝日の早朝だから大丈夫だろうと、赤色灯火をことさらに無視し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる30~40キロの速度で進行、右方からきた大型自二と衝突、加療7カ月を要する右尺骨粉砕骨折等の傷害を負わせた…。

第二百八条の二  アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させ、よって、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に処する。その進行を制御することが困難な高速度で、又はその進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させ、よって人を死傷させた者も、同様とする。
 人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転し、よって人を死傷させた者も、前項と同様とする。赤色信号又はこれに相当する信号を殊更に無視し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転し、よって人を死傷させた者も、同様とする。

 被告人は、「判断を間違った」と何度も述べた。「迷った挙げ句の判断だった」とも述べた。
 判断? そりゃ違うんじゃないか。が、弁護人も検察官も、そこをぜんぜん突っ込まない。
 やがて、検察官による被告人質問の途中で裁判官が口を挟んだ。
裁判官 「被告人は判断と言いますけど、信号を守るかどうか、判断に迷うところじゃない」

 もう1つ、検察官は、信号をことさら無視したことは過去に1度もないのに、なぜ今回に限って、と突っ込み、被告人はどうにも答えられない、というシーンがあった。
 私はその理由は明らかなように思える。その信号は、赤で待っても、人も車も交差することのない、いつもムダな信号だったのではないか。
 たしか『月刊交通』だったか、最近読んだ何かに、ムダな赤信号は信号無視を誘うことになるからそこんとこ注意すべし、という主旨の交通管理の話があった。そういう運転者の心理を、警察自身もわかってるんだなぁ、と印象に残った。
 求刑は懲役3年。12時08分閉廷。

restaurant 地下の食堂のショーウィンドゥでA定食460円を見て、やっぱ蕎麦にしようかとウロウロしてたら、ユキさんにばったり。いっしょにかけそば大盛り290円。

pout 地裁408号法廷へ行ったら、「威力業務妨害」の審理は13時15分からではなく14時15分からだった。また間違えた。
 ならば、と8階へ行くべくエレベータへ。4基のエレベータのうち1基が、上行きボタンに反応して現在の階数を表示した。3階。すぐに4階へ上がってくるのか。いや、2階、1階とゆっくりゆっくり下がり、地階まで行った。
 裁判所のエレベータは、もちろん、すぐに来ることもあるが、今回のように最も遅く到着する箱が反応することが、ごく普通にある。最も早く到着する箱を反応させる、というシステムが組み込まれていないのかと、いつも疑問に思う。
 しかも、おそろしく動きが遅い。異様に待たせるから待ち人が溜まるせいもあるんだろう。
 階数表示の数字が1つ変わるのにどれくらいかかるのか、と798円の腕時計を途中から見たら、2→33→4は、それぞれ22~23秒だった。
 ようやく来た箱は、満員に近い状態。8階まで各階に止まった。4階で乗ってから8階で降りるまでに1分45秒くらいかかった。
 鈍い、遅い、暑い、3拍子そろった、この裁判所名物のエレベータは、最初からこうだったわけじゃない。以前はもっとしゃきしゃき動いてた。ところが、長い長い長い工事の末、今年4月からこれになったのだ。工事の目的は?
 最高裁から提供を受けた文書によると、「平均待ち時間及び60秒以上長待ち確率」を低減させるためなんだそうだ。ぽか~~~ん。

clip 13時10分から地裁802号法廷(佐藤晋一郎裁判官)で「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反」の判決。
 13時30分からの新件を傍聴する前にちらっと…と誰もが考えるのか、13時00分頃、法廷の前にはすでに10人近くいた。

 だが、被告人が来ない。弁護人が診断書(の原本)を提出。被告人は感染症とかで、高熱もあり、症状重篤、5日間の安静を要するんだそうだ。
 刑事13部がか佐藤裁判官がか、来週から非開廷(つまり夏期休暇)になるそうで、次回を8月24日と決めて13時11分閉廷。

run 13時30分からの地裁412号法廷の「自動車運転過失傷害」へ行こう、と大廊下を歩き始めたら、810号法廷の前に人がたくさんいた。
 なんだろ。「強制わいせつ」の新件だった。
 あぁ、近頃「強制わいせつ」をぜんぜん傍聴してない。810号は広い法廷。待ち人はまだ大した人数じゃない。こういう機会でもないと…。

clip 13時30分から地裁810号法廷(半田靖史裁判官)で「強制わいせつ」の新件。
 あとからあとから傍聴人が来て、満席に近い状態になった。

 被告人は非身柄。被害者(女子中学生13歳)の調書によれば「背の高い人」「禿げたおじさん」。
 朝7時半前のラッシュの電車で、被害者の後方から臀部を撫で、パンツの中に手を入れ、性器に指を入れた(陰部の中では特に指は動かさなかった)のだという。
 同種罰金20万円の前科あり。そのとき妻にバレ、二度としないと誓ったのに、なぜまたやったのか。
被告人 「なんていうか、そういう状況(駅で雪崩れのように人が乗り込んできて被害女性と密着する状況)になったとき…女性が避けてないからいいや、ラッシュの中なんでこれくらいいいやと…」
 それを被告人は「とても卑怯で利己的な考え方」と言った。
 痴漢はもちろん、万引も飲酒運転もギャンブル依存も、そういうところがあるんだろう。

 とか思いつつ、また居眠りしてしまい、求刑を聞きのがした。あとで半ズボンのおじさんから懲役2年と教わった。閉廷は14時27分。

clip 14時15分からの、7月10日に第1回を傍聴した「威力業務妨害」の第2回公判(今日は追起訴から)へ、行ってみた。
 こっちは20席。だいぶ埋まってた。人と人との間の席しかなかった。
 被告人の母親と兄の証人尋問をやることになり、母親の尋問が始まったところで、私は咳の発作が出そうになり、退出。座ってすぐ出て、迷惑なオヤジでごめん。

 発作は治まったが、なんかもういいや、帰って寝よう…。

phoneto デジカメが壊れた件、ヨドバシカメラに修理に出し、昨日引き取りに行ってきた。
 その際、携帯電話を店側の装置にかざすと何かがどうにかなり、とにかくポイントが2%アップするサービスがあると聞き、そのサービスを受けられるよう携帯電話を操作してもらった。
 普通にたまっていたポイント(数百円)と、修理ポイントとかいうものとで、6千数百円の修理代が3千数百円で済んだ。へぇ~!

人気ブログランキングへ 7月29日6時50分現在twozero位~happy02  

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

追記: この記事のコメント欄に「伊藤顕裁判官」とあるのは「伊東顕裁判官」の誤記です。すみません~!

2009年7月28日 (火)

北日本新聞と朝日新聞の歴然たる差

 あら~、7月27日付け北日本新聞の世論調査ったら!
   ・参加したい 
   ・参加してもよい
   ・あまり参加したくない
   ・参加したくない
   ・わからない
 なんとスッキリした選択肢。世論調査ってのは、こうじゃなきゃねぇ。
 ただ、こういう選択肢だと、結果は想像がつく。
 当該世論調査の結果はこうだ。 
   ・参加したい               4.8%
   ・参加してもよい        13.0%
   ・あまり参加したくない 27.2%
   ・参加したくない         46.0%
   ・わからない               5.9%
 どういじくっても、裁判員裁判第1号が始まる8月3日を前に、「一定の理解は得られた」と法務省に言わせることができない。
 そこで、
   ・義務であるか否かにかかわらず行きたいと思う
   ・義務であるからなるべく行かなければならないと思う
   ・義務だとしても行くつもりはない
 こういう選択肢にして、いちばん多いに決まってる2番目を、1番目に足し、「裁判員、呼び出されたら「応じる」7割 内閣府調査」とかいう見出しで報道させたわけだねぇ。

 これだけ義務義務と強調したうえで、こんな妙ちきりんな選択肢にしても、いちばん選んでほしくない、かつ選びにくいはずの3番目を、25.9%もの人が選んだわけだ。あらま~。
 だから、ある意味、破壊力、インパクトとしては、内閣府の世論調査のほうが大きいかもしれない。その選択肢をそのとおりに報じるなら。

 北日本新聞も、内閣府の世論調査のことは報じていて、しかし「裁判員候補者25%「行かない」 内閣府世論調査」という見出しにしたうえ、「国民の間に裁判員への抵抗感が依然、根強いことをうかがわせた」と素直に評価してる。
 北日本新聞と朝日新聞の、この歴然たる差。こういう差が簡単にわかるのは、インターネットのおかげだよねぇ。

 とうもおかしい…。朝日新聞のなかに、最高裁・法務省の裁判員制度を推し進める特定の人物と、ものすごく親しい幹部がいるんじゃないのかな、と私は想像してる。
 もう10何年か前、警察のための世論誘導であることが明らかな連続記事があって、そのとき、警察べったりの幹部がいるのだと聞いた。その幹部のことが、最近なにかの書籍に実名で取り上げられてて、やっぱり有名だったんだ、と思った次第。

 この爆笑の内閣府世論調査に、一部新聞(いや大部分?)の報道ぶり…。これは裁判員制度の1つの大きな特徴といえると思う。そもそも、やらせタウンミーティングにウソのパブ記事により、全国の新聞社をいわば“共犯関係”に陥れた、そこから制度推進は始まっているのだから。
 その“共犯関係”がなければ、今回の内閣府の世論調査について「こんなバカげた選択肢の世論調査があるか」と、私なんぞがくどくど書くまでもなく、各社社説で取り上げてたかもね。

官僚とメディア (角川oneテーマ21 A 62) Book 官僚とメディア (角川oneテーマ21 A 62)

著者:魚住 昭
販売元:アスキー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

seventwoseven日(月)

 月曜は簡裁の開廷がない。けど、10時30分から東京高裁で、教え子の「裸の写真を撮影したなどとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の罪にも問われ、東京地裁で懲役1年8月の実刑判決を受け」たあとで、同じ女子生徒と「わいせつな行為を繰り返したなどとして、児童福祉法違反の罪」により、なんと東京家裁で懲役3年4月の判決を受けたという被告人の、控訴審第1回があった。それってどういうことなの? 傍聴したかった。
 しかし、締切り原稿があってあきらめた。
 だったら今日はもう休もうか…。
 いやしかし、あの被告人がどうも気になる…。

clip 13時ちょうどから東京地裁409号法廷(室橋雅仁裁判官)で「自動車運転過失致死傷」の判決。
裁判官 「被告人を禁錮2年に処する…」
 そのあと、裁判官は数秒おいた。実刑か、と懲りさせて執行猶予を付けるんだろうか。いや、違った。
裁判官 「…主文は以上です」
 首都高速・中央環状線の第2通行帯を、13トンの事業用大型貨物を運転し、いつもの習慣で車間距離を空けず、時速75キロくらいで、前の大型貨物に追従、進行していたところ、前の大型貨物が第1通行帯へ車線変更し、第2通行帯は前方で工事中であることを認めたが、狼狽のあまり回避措置をとるのが遅れ、標識車に衝突、工事の現場にいた2人を死亡させ、2人に重軽傷を負わせた…。
 13時10分閉廷。

 さっき傍聴席にいた遺族らしき上品な感じの女性2人が、エレベータを待っているところへ(裁判所のエレベータはおそろしく遅いのだ)、被告人と、おそらくはその母親たちが来て…。

clip 13時30分から――原則月曜は開廷がないのに――東京簡裁534号法廷(木田正彦裁判官)で、7月22日に第1回を傍聴した「器物損壊」(公衆電話ボックスの受話器の破壊)の判決。
 罰金10万円、満つるまで算入、訴費不負担。
 今日はこれがどうしても気になり、出てきたのだ。
 13時33分閉廷。

clip 13時30分から地裁813号法廷(藤井敏明裁判官)で始まってる、6月15日の第1回を迷わずあきらめた、報道された「名誉毀損」(被告人は自衛官)の、たしか第2回公判へ行ってみた。
 追起訴分なのかな、検察官が書証の要旨告知をやっていた。
 法廷が広く、エアコンか電子機器かモーターの唸り音が大きく、女性検察官が下を向き、垂れた髪で顔を隠して小声で述べるので、よくは聞き取れなかった。
 そして父親の証人尋問と、被告人質問。
 被告人は潜水艦乗りで、被害女性の何に強い怒りを抱いたのか、興味深い事件だった。
 検察官からの質問が始まったのが14時24分。
 14時35分、次の事件があるので、続行。次回は論告・弁論まで終えることに。

 弁護人は、懲役刑だと執行猶予付きでも失職するので罰金刑に、と弁論するんだろうか。
 しかし執行猶予付き懲役刑とされ、控訴審で原判決破棄、罰金刑となった、やはり自衛官の事件を傍聴したことがある。
 どうなんだろう、こういうのは、あらゆる情状立証を尽くさずに一審で懲役刑を受けておき、控訴審で…という作戦もあり得るんだろうか。ほんとは絶対ダメなんだけど、特別にギリギリ許してもいい場合、一審ではダメとして震撼させ、控訴審を争う負担をお灸として…という“連携プレー”が裁判所的にはあるように思うんだが。

sleepy もう帰ろう。帰って寝よう…。

人気ブログランキングへ 7月28日21時20分現在onenine位~happy02  

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない   裁判員制度はいらない
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2009年7月27日 (月)

国の法律になるべく従わねばならないと思いますか?

 昨日の話、内閣府に電話してみたよぅ。
 個別面接による世論調査の、その部分の質問はこうだという。
 ※以下は電話で聞いたメモ。丸カッコ内は回答。

 裁判員候補者に選ばれたときは、裁判所へ行くことは法律で義務とされています。もしあなたが裁判員候補者に選ばれたら、裁判所においでいただけますか? この中から、あなたの考えに近いものを1つだけお答えください。
 ア、義務であるか否かにかかわらず行きたいと思う (13.6%)
 イ、義務であるからなるべく行かなければならないと思う (57.9%)
 ウ、義務だとしても行くつもりはない (25.9%)
 ※ わからない (2.6%)

 電話したのは27日10時頃。ホームページへのアップの作業をしていて、間もなくアップされるんだという。ひぃ~。happy02

 「義務であるからなるべく行かなければならないと思う」って何なのそれ(笑)、というのは昨日述べたとおり。
 しかしこう並べてみると、「ウ、義務だとしても行くつもりはない」だけが、「と思う」がくっついておらず、宣言調とでもいうか、強い調子になってることに、「おおっ!」となるよね。
 これがもしも、「ア」と「イ」の調子にあわせて、「義務であるとしても行きたくないと思う」だったら、「ウ」の回答は間違いなくもっと多かったろう。

 ま、公平・公正に調査しては、国民の多くが裁判員制度に反対だと明らかになってしまうおそれがあるので、法務省が「一定の理解は得られた」とムリにでも言える数字をゲットしよう、との立場からつくった設問、という臭いがどうも感じられる。

 てゆっかさ、これは法律に定められた義務(違反すると罰則あり!)にしたがうかどうか、を問うてるわけでしょ。 国の調査員が国民に対し、国の法律への対応について、
  ア、従いたいと思う
  イ、なるべく従わねばならないと思う
  ウ、従うつもりはない
 の3つから1つ選ばせるって、すごくない?

   *******

 7月10日(金)に傍聴した「傷害」の控訴審に関して、
「…何を言ってるのか分からない部分が多いのだが、「裁判所前の男」の氏名が何度も登場した。そういえば彼は、先週の頭から裁判所前に居なくなった。先々週の金曜は居た。どうしたんだろう…」
 と書いた。私が把握している「先週の頭」とは、6月30日(火)のことだ。6月29日(月)は休んだので。
 その後、「裁判所前の男」の姿は裁判所前から消えた。
 どうやら、こんなことになってるらしい…。
    http://ootakasyouji.com/

人気ブログランキングへ 7月27日11時10分現在twozero位~happy02

 内閣府の「裁判員制度に関する世論調査」、もう発表されたよ~。crying  

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない 裁判員制度はいらない
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2009年7月26日 (日)

内閣府の爆笑ギャグ

4人に1人「義務でも不参加」=参加意向は7割超-裁判員制度意識調査・内閣府
 第1号事件の審理が近く始まる裁判員裁判に、4人に1人の25.9%が「義務でも行くつもりはない」と参加を拒否する一方、7割超が参加する意向を示したことが25日、内閣府の世論調査で明らかになった。昨年の最高裁の調査では4割近くが「参加したくない」としており、法務省は「一定の理解は得られた。さらに広報に力を入れたい」としている。

 と7月25日付け時事通信。の記事の冒頭部分。太字は今井。
 あれ? 「7割超が参加する意向」って、突然の大逆転じゃん、どしたのsign02
 と、その続きを読んで、吹き出してしまった。

 調査によると、個別事件の裁判員候補者に選ばれた場合、「(裁判所に)行きたい」と回答した人は13.6%、「義務だからなるべく行かなければならない」は57.9%で、計71.5%が参加する意向を示した。

 「(裁判所に)行きたい」、これは願望だ。
 この対極の選択肢は、「(裁判所に)行きたくない」という願望だ。
 一方、「行くつもりない」は、意思の表明というか、単なる願望より、も少し強い。
 では、単に「行くつもりはない」ではなく、「義務でも行くつもりはない」は、これはどうか。
 行かなきゃ罰則があるのに「行くつもりはない」って、強い決意の表明を通り越して、犯行予告じゃん。

    行きたい ←→ 行きたくない
 ではなく、わざわざ
    行きたい ←→ 義務でも行くつもりはない
 として、裁判員制度に都合の良い回答を広く拾えるようにしたのね。さすが中央省庁のお役人、有能だわ。
 そこまでは「うふふ」で済むんだが(いや、済ましちゃいけないかcoldsweats01)、私が吹き出したってのは、これだょ。

    義務だからなるべく行かなければならない

 「義務だから行かなければならない」、これは、意思でも願望でもない、一般論というか、ただの説明文というか、タテマエというか。
 そこに、よりによって、「なるべく」が挟まる…。
 あらま~、可哀想に、よっぽど嫌なのね~(笑)。

 こんな、嫌々感がばりばりあふれた、チョー消極的な選択肢、よぉく考えついたね。考えついただけでなく、そんなのを選択肢とするものを「世論調査」と称して、税金使って、やっちゃったの、あら~。
 これは絶対、漫才師になりたくてなれなかった人が、内閣府に潜り込み、一世一代のギャグをぶちかますチャンスを狙ってたんだと思う。大成功ですょ。私はもう、可笑しくって。

 そのボケに対するツッコミもまた秀逸だ。
 そんなふざけた選択肢も含めて、「7割超が参加する意向を示した」「一定の理解は得られた」と言ってのける、このツッコミも爆笑だ。ツッコミ自体が、破壊力のあるボケとなっている。秀逸だょねぇ。

 ズバリ、裁判員制度の正体が見えたでしょう(笑)。

 ギャグでようやく国民の理解を得られたかに見せられる(見えないけどcoldsweats01)、そんなどうしようもない制度を、国民の常識を反映させるのだとか言って、国(最高裁、法務省)はなぜ推し進めるのか。
 それはねぇ、たとえば、いったんダムをつくると決めたら、必要がないのは明白でも遮二無二つくってしまう、それと似たようなもの、であるならべつにいいんだけど(いや、よくないんだけどcoldsweats01)、私としては、裁判員制度が自己責任の社会」との関連で言われる点が、やっぱどうも気になる。
 すなわち、我が日本国は、なんていうのかな、「構造改革」だっけ、強い者が富を独占し、弱い者を増やして福祉を切る、という方向へ大きく舵を切った。そっち方向の社会を「自己責任の社会」というのだ。結果、どうしても犯罪は増えるし、かつ、国のやり方に不満を持つ者の数も増える。そういう社会において、国民を“国民を裁く側”に立たせる、国家といっしょになって悪い者を断罪させる、これが治安のために重要なんだろう、と。
 だから、どんな不都合があろうと、とにかく遮二無二、国民を裁判官の隣に座らせる、そういうことなんだろう、と。
 考えてみれば、2006年5月末に、公務執行妨害と窃盗に罰金刑の選択肢を設けたのも、同じ流れのなかにあるんだわね。

 ただ、この世論調査により、裁判員裁判は滞りなく粛々と行われるなと、ほっとした方々もおいでだろう。
 嫌々感ばりばりの国民が多数派なのである。6人のうち2人を、消極的でもなんでも結果として、裁判官と同じ判断へ導けば、
    裁判官3人 + 裁判員2人 = 裁判官も含めた過半数
 となる。簡単じゃん。
 だいたいねぇ、少々ヘンな事実認定や量刑が出たって、そのこと自体は、国にとっては痛くもかゆくもないってこともあるし。

 「司法に対する国民の理解」を深めたいなら、まずは土日開廷をすりゃいいのょ。平日の昼間じゃ傍聴できないって人に、まずは直に裁判を見てもらえばいいのょ。
 傍聴席にすら一度も座ったことのない人を、傍聴席を通り越して、いきなり裁判官の隣に座らせるって、どう考えたっておかしいでしょ。
 「司法に対する国民の信頼」を深めたいなら、過去の冤罪事件を徹底検証して、その結果をもとに、いま冤罪と言われてる事件を調べ直せばいいのょ。国民の信頼は深まるよぉ。
 「裁判に国民の常識を」って言うなら、罰則付きで国民を法壇にのぼらせないで、裁判官がこっちへ降りておいでょ。暖かく迎えてあげますょ。

 ま、今回の「世論調査」と称するやつを、「参加希望が7割を超えたょ、ワッショイ」と、どんだけ持ち上げるかで、その媒体は裁判員制度の推進側か、もっといえば最高裁・法務省のどんだけ仲間か、分かると思う。

人気ブログランキングへ 7月26日9時50分現在twoone位~happy02

追記: 7月26日付けの朝日新聞「裁判員、呼び出されたら「応じる」7割 内閣府調査」という記事を見ると、今回の世論調査の選択肢は、「義務だから、なるべく行く」と「義務かどうかに関係なく行く」と「義務でも行くつもりはない」になってる。あれ?
 朝日が報じてる選択肢だと、わりとマトモっぽい世論調査に見える。「行く」ことは罰則付きの義務なのに、行く行かないと言わせることにどんな意味があるのかって話は、まぁ、措いといて、なるほど、法務省が「一定の理解は得られた」と言うのも、まぁ、わからないではないわな、と思える。さてさて、どっちの報道が本当なのか、月曜、内閣府に当たってみよぅ。お楽しみに。   

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない 裁判員制度はいらない
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2009年7月25日 (土)

殺人と傷害致死の減少カーブは

 7月23日(木)、早起きして準備し、11時頃「おとこラジオ」に電話出演させていただく、裁判員制度に関連して。
 午後も裁判所へは行かないことに決め、懸案だった件、すなわち、DVDは読めるがCD-Rは読めない(円盤を挿入してマイコンピュータに出てきた絵を左または右クリックすると、応答なしになってしまう)件について、メーカーへ電話、指示されるままあれこれいじったところ、とりあえずバックアップが必要と言われ、夕方までの時間をまるまる費やすことに。ひぃ~。sweat01
 夕方、新宿へ。某雑誌の編集者氏(ではなく発行人氏!)と、原稿執筆に関連して打barwinebottlebeerせ。
 あんまり寝てなかったもんだから、久しぶりに、最終電車でものすごく遠くの駅まで行ってしまった。朦朧と愕然とが一体になり、改札を出てから、鞄がないことに気づく。
 とりあえず、近くのファミレスで夜明かし。翌24日(金)、鉄道会社へ電話。しっかり保管されてた。ほっ。
 24日(金)午後、鞄を取りに行き、出たついでに裁判所へ。判決を1件傍聴し、その他金曜夕方までに必要なチェックを終え、帰宅。23日夕方には掻き揚げる、もとえ書き上げる予定だった原稿を執筆…。
 ま、そんな2日間だったか。

ドーン Book ドーン

著者:平野 啓一郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 以下、7月23日付け西日本新聞、つか共同通信の配信。太字は今井。

裁判員対象起訴が大幅減 検察“罪名落とし”か
 裁判員制度の施行から2カ月間に起訴された裁判員裁判の対象事件は、計276件だったことが共同通信社の集計で分かった。月平均は138件で、過去5年の月平均起訴件数(258件)を大幅に下回った。弁護士らは「検察が裁判員裁判を避けるため、強盗致傷を対象外の窃盗と傷害罪で起訴するなど“罪名落とし”をしている」と指摘している。
 集計によると、制度が施行された5月21日から今月20日までに起訴された対象事件は(1)強盗致傷罪68件(月平均34件)(2)殺人罪62件(同31件)(3)現住建造物等放火罪21件(同10・5件)(4)強姦(ごうかん)致死傷罪17件(同8・5件)(5)傷害致死罪16件(同8件)-などの順。
 各罪の過去5年の月平均起訴は強盗致傷74・7件、殺人53・2件、現住建造物等放火25・5件、強姦致死傷20・6件、傷害致死16件で、制度施行後の起訴件数を大きく上回っている。
 罪名落としが疑われるケースとしては、例えば大分市で男が男性会社員をけって転倒させ軽傷を負わせた上、バッグを奪った事件は、大分県警が強盗致傷容疑で送検したが、大分地検は「暴行・脅迫の程度が強盗罪に問うほどまで達していない」として恐喝と傷害罪で起訴した。
 また関東地方の弁護士によると、弁護人を務める被告は殺人未遂容疑で逮捕されたが、起訴は傷害罪だった。この弁護士は「従来なら殺人未遂罪で起訴のはず。検察は慎重になっているが、被告には有利なので一概に悪いとも言えない。罪名落としが多いという印象を持っている弁護士は多い」と話している。
 これに対し、検察幹部は「立証ができなくて罪名を落とすことはあっても、意図的にすることはない」と罪名落としを否定する。

 これに関連して少し。

 今年5月21日の裁判員法施行、からの起訴と、過去5年間の起訴との「月平均」を、この記事は比べてるわけだが、最近の5年間は、単純に平均できない状況にじつはなっている。
 「検察統計年報」の「被疑事件の罪名別起訴人員,不起訴人員及び起訴率の累年比較(平成5年~平成19年)」から、起訴の総数と、殺人の起訴人員と、傷害致死の起訴人員、およびそれらの起訴率を拾ってみる。

          総数           殺人     傷害致死
 2004年  903,067 (46.4)  869 (55.4)  231 (72.0)
 2005年  862,468 (44.8)  802 (55.7)  220 (67.3)
 2006年  798,130 (42.4)  734 (56.7)  189 (67.0)
 2007年  660,935 (39.6)  636 (52.9)  182 (68.7)

 ご覧のように、起訴全体がぐんぐん減ってる。とくに2007年の減少幅が大きい。
 2008年のデータは今年7月末に発表されるそうで、私はまだ入手してない。でもまぁ、2008年の起訴の総人員と殺人の起訴人員は、もっと減ってる可能性があるわね。

 これは人員、つまり人数であり、共同通信の記事は件数となっている。そこは差し引かねばらないが、しかし、裁判員制度施行後の殺人の起訴が減ってるのは、起訴がどんどん減る流れのなかでの減少、といえるかもしれないわけだ。
 過去5年間の平均と比べるのは如何なものか、と私は思う。

 ただ、殺人を「罪名落とし」で処理すると傷害致死になるはずのところ、傷害致死は殺人に比べて減少のカーブがゆるい。とくに2006年→2007年は、「殺人」の起訴は13%くらい減ってるのに、「傷害致死」の起訴はごくわずかしか減ってない。てゆっか、なんと起訴率が増えてる。
 「罪名落とし」がそれなりにあったのかも、とは想像できる。

 裁判員法の公布は2004年5月28日。それから5年以内に施行する、とされた。
 5年後の施行へ向け、統計データに急激な変化が生じないよう、少しずつ起訴件数を、「罪名落とし」を、調整してきた…施行が間近に迫り、準備に人手を割かれ、実務上「罪名落とし」をせざるを得なかった、なーんてことは、少しはあるのか、少しもないのか…。

 とりあえずそのへんで。
 8月3日から東京地裁で、全国初とされる裁判員裁判が始まる。裁判所の様子をぞんぶんにウォッチングできるよう、かつ、もしも傍聴券の抽選に当たったら朝から夕方まで傍聴できるよう、今のうちに締切り原稿をぜんぶ仕上げておかねば!

人気ブログランキングへ 7月25日18時20分現在twoone位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない   裁判員制度はいらない
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2009年7月23日 (木)

携帯盗撮 科料9千円

seventwotwo日(水)

 今日は午後に「道路交通法違反」と「軽犯罪法違反」と「器物損壊」が同じ法廷に連続で入ってる。こんなことは滅多にない。「今井君に負担をかけないよう、まとめて期日を入れてあげましょう」との配意…に違いない。うん。

 昼食の時間がなく、新宿の「墨の繪」でフランスパン280円を買い、地下鉄内でかじりつつ、東京簡裁534号法廷(木田正彦裁判官)へ…。

clip まずは13時10分から「占有離脱物横領」の判決。
 自転車の占脱。累犯前科3件。懲役8月、未決10日算入、訴費不負担。

clip 13時20分から「道路交通法違反」の判決。
 これ、7月15日の第1回を見落としちゃった事件。被告人は犯行時タクシー運転手で、無免許と、あとでマニア氏から教わった。
 罰金30万円。未決勾留日数中40日を、その1日を金5000円に換算してその刑に算入。訴費不負担。

sleepy 朝7時頃まで6時間半ほどぐっすり寝て、もう大丈夫かと思ったが、前夜が約3時間半だったもんだから、かつちょっと風邪気味で、急に眠くなり…。今の判決、残りの罰金を完納できないときはどうするのか、言及がなかったように思ったけど、そんなこたないよね、その部分、私が気を失ったんだよね。
 次の開廷までの数分間、目を閉じ…。

clip 目を開けると、いつの間にか被告人が証言台の前に立っていた。13時30分から「軽犯罪法違反」の新件。非身柄。
 以下、傍聴ノートの字がへろへろしてる。覚醒してなかったんだろうと思う。

 ちょうど1年ほど前、千代田区内の勤務先の倉庫兼更衣室(男女兼用)に、動画撮影機能付きの携帯電話を仕掛け、受付の女性2人が着替えるところを7回にわたって撮影記録したんだという。
 適用は「第23号」。

第一条  左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。

二十三  正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者

 男女兼用の更衣室だから建造物侵入にならず、公共の場所とは言えず、またスカートの下へカメラ等を差し入れたわけでもないから迷惑防止条例違反にならず、だから懲役も罰金もない「軽犯罪法違反」なわけか…。
 ナマの目ん玉でのぞき見るのと、機械装置を仕掛けて盗撮した画像・映像をのぞき見るのと、諸君はどっちが悪質だと思う?
 窃盗の運用に倣うなら、“ナマのぞき”のほうが悪質ってことになる。でも、どうなんだろう。両者を比較した場合、“盗撮のぞき”が科料ですますべきほど軽いとは言い難いんじゃないか。
 これは、誰か議員が提案すれば、たちまち新法または新条項がつくられるかも。そのとき、本来の処罰対象とは違う撮影も違法とできるような形になったりしてね。

 被告人の兄を証人尋問。被告人質問をやり、3時25分に判決を言い渡すことに。
 求刑は、7件につきそれぞれ科料9千円。

第十七条  科料は、千円以上一万円未満とする。

clip 14時15分から「器物損壊」の新件。
 被告人は54歳、身柄(留置場)。前科8犯(主に無銭飲食)、前歴7件。
 前刑を仮出獄soon稼働soon間もなく無職にsoon刑務所へ戻るしかないかと100円ショップで文化包丁を買って警察へ出頭soon間もなく釈放soon更生保護施設へ行ったが満杯だと言われ、約5700円をもらうsoonサウナに泊まる等して1~2日でカネは尽きsoon公園の公衆電話ボックスからスポーツ新聞の求人欄を見ながらあちこち電話soon運転免許がないからと断られ、イライラがつのって腹が立ち、受話器を身障者用の手すりにぶつけて破壊soon公園の管理事務所(?)へ行き「110番してくれ」と…。

 求刑は罰金10万円。
 直ちに判決、満つるまで算入、かと思ったら、それだと釈放後被告人はまた行き場のない状態に戻ってしまうので、そのフォローの準備のために、別期日を取ることに。

clip 続いて15時~15時30分で「窃盗」の審理。
 否認事件の論告・弁論の可能性が高いと、傍聴してみることに。
 JR五反田駅の券売機の釣銭放出口に手を差し入れ10円玉1枚を窃取。
 10円で「窃盗」かよ! ではあるのだが、釣銭放出口にセロハンテープを貼り、釣銭を引っかからせて窃取する手口の窃盗をやった、やらない、ということらしい。
 被告人は赤いスタジャンの内側にセロハンテープを貼り付けており、7台の券売機に取り付けられたセロハンテープのうち3台のそれから、被告人のスタジャンのと酷似する繊維が…と検察官。
 求刑は懲役1年6月。
 弁護人は、「被告人は無罪である」と弁論するのだが、うつむいて口を開けずに小声でつぶやく、というふうで、これはこの人の個性なのか、それとも嫌々の弁論なのか…。
 15時23分閉廷。

clip 3時25分、さっきの「軽犯罪法違反」の判決。
裁判官 「判示第1ないし第7の各罪につきそれぞれ科料9千円に処する。その科料を完納できないときは、金5000円を1日に換算した期間(端数は1日に換算する)、被告人を労役場に留置する」
 この端数換算を言い忘れたことを被告人に追及され、面倒なことになってしまったケースもあると聞く。 

smoking せっかくご配意いただいたのに、所々、気を失うように居眠りしてしまった。小倉優子さんからつるつるしこしこの麺のお洒落な焼きうどんのようなものをもらう夢をみて、俺は傍聴席でなんちゅう夢をみてるんだsign02 と目が覚めたり…。

☆焼肉小倉優子の焼肉通販セット☆焼肉小倉優子「あじわい焼肉セット」 ☆焼肉小倉優子の焼肉通販セット☆焼肉小倉優子「あじわい焼肉セット」

販売元:浜田翔子商店(浜商)
楽天市場で詳細を確認する

libra マニア諸氏から、14時30分からの地裁422号法廷の道交法(新件)は、80キロ台の速度超過で弁護人なしだったと教わった。
 相場は懲役3月、執行猶予3年。それだと実質的な痛みがなく、70キロ台の超過で罰金10万円を食らうより、ラッキーともいえる。そこで、国選弁護人の費用(8万円くらいかな)を訴訟費用として負担させる、という運用になってると私は見てるのだが…。
 てゆっか、その被告人、「もしも実刑だったらどうしよう」という心配はなかったのかな。「どうせ罰金だ」と勘違いしてたのか。「どうせ執行猶予が付く」と思っていたなら、拙著の読者ってことになるかな?

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

subway 農林水産省の例のあそこは今週はペットボトルだと某氏から聞き、行って500ミリのジャワティーをもらう。助かるよね~。ありがと。
 帰りの地下鉄で、それを飲みつつ残りのフランスパンをかじる。明日は裁判所行きは休もう。寝よう。いや原稿書かねば。sweat01

人気ブログランキングへ 7月23日2時20分現在twofive位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

2009年7月22日 (水)

被害者の血中アルコールは1.9ミリ

 事実上、投票先は民主党と自民党しかなく、これは「政権交代選挙」だsign03 と毎日毎日、テレビ・新聞が国民にすり込んでる…ようにしか私には見えず、嫌だなぁ、と。
 国民参加も政権交代も、わかりやすくてインパクトの強い四文字に踊らされてると、マジでヤバイと思う。私は断固社民党およびその立候補者に投票するですsign03 選挙区に社民党の立候補者がいない場合は? しょーがない。日本共産党の立候補者に投票するょ。

 良い四文字は『裁判中毒』だけっスね。うふ。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

seventwoone日(火)

clip 11時から東京地裁727号法廷(平出喜一裁判官)で「道路交通法違反」の新件。
 被告人氏名でネット検索すると、2005年9月にひき逃げ死亡事故を起こした、その時点で約15年間無免許だという「容疑者」がヒットする。もしや、と思って傍聴したわけ。

 無免許の期間、年齢等から、同一人物で間違いないと思えた。ただ、聞き取れたところによると、前科は、75年に業過で禁錮10月、2006年1月に道交法&犯人隠避教唆で懲役1年6月、執行猶予4年。
 ヒットした報道に従えば、2006年1月のは業過致死&道交法じゃないのか。聞き取り漏れを含め、いろんな可能性がある。判決のとき分かるかも。

 被告人の駐車場にあったという3台の車両のうち1台の所有者として、非常に珍しい姓の人物が出てきた。
 その姓は記憶にある。左折禁止の交差点を左側道の安全を確認せずに普通貨物で左折、自動二輪の21歳運転者の頭を後輪で礫過したとして、昨年7月に禁錮1年2月の実刑判決を受けた、その被告人と同じ姓だ…。
 “鉄道ミステリー”という推理小説のジャンルがあるそうだが、“傍聴ミステリー”もあっていんじゃないか。

 被告人の最終陳述が終わり、次回判決期日を決めて11時57分閉廷。傍聴人たちも(って私1人だっけ?)起立した直後、被告人が言った。
被告人 「一言だけいいですか? (息子が)大学行きたいって勉強いっしょうめんいやってきたんで(突然泣き始め)大学行かしてやりたいんで…よろしくお願いしますっ」

sleepy 地下でかけそば大盛り290円。一般待合室で20分ほど仮眠。今日も睡眠3時間半なのだ…。
 今日の午後の東京簡裁は窃盗系以外のがないし、地裁も13時30分と14時30分から特に傍聴したいのがない。たまには「強制わいせつ」(14時30分)を、と思うが、法廷は20席で早々満席だろうから、覗いてみる気にもなれない。
 だったら帰る手もあるのだが、18時から弁護士会館で会議。その準備もあって寝られなかったわけ。いったん帰ってまた出てくるのも馬鹿馬鹿しく…。

clip 13時20分から地裁713号法廷(菱田泰信裁判官)で「道路交通法違反」の判決。
 懲役3月、執行猶予3年、訴費負担。
 道交法で執行猶予がついて懲役3月ってのは、超過80キロ台のスピード違反しかないはず。
 そのとおり、首都高での84キロ超過。前科なし。制限速度(60キロ)を意識すらせず、急いでいてアクセルを踏んだら出た、というのは悪質だと裁判官。傍聴人は私のみ。

clip 13時30分から簡裁534号法廷(武内晃裁判官)で「窃盗、占有離脱物横領」の新件。
 昨年6月12日頃に名古屋で自転車の占脱、今年6月9日に東京で自転車盗。ってどういうこと? 東京での逮捕は上京の翌日だというから、「名古屋の駅前に自転車を置いてある」とかいう供述により発覚? あるいは、名古屋では逮捕・勾留されず、ずるずると出頭せずにいて東京で捕まった?
 求刑は懲役1年6月。

clip 14時25分から14時55分(実際には14時51分)まで、簡裁826号法廷(江波戸直行裁判官)で「窃盗」の判決が連続5件。
 one身柄(留置場)。池袋のジュンク堂書店で書籍等7万1975円(?)を万引。懲役1年4月、執行猶予3年、訴費不負担。
 two身柄(留置場)。十条のブックマートでDVD3万8370円を万引。懲役1年4月、執行猶予3年、訴費不負担。
 three身柄(留置場)。新宿ルミネのブックファースト書籍4160円を万引。懲役1年、執行猶予3年、訴費不負担。
 four在宅。暗色スーツ。電車内で女性のショルダーバッグから現金入りの財布1個をスリ。懲役1年6月、執行猶予3年。訴費の言及なし。
 five身柄(留置場)。電車内で、スリかどうか不明だが現金約3万円を窃取。累犯前科3犯。懲役1年6月、未決10日算入、訴費不負担。

clip 15時から地裁710号法廷(福島かなえ裁判官)で、5月27日に第1回を、6月16日に第2回(被害女性の証人尋問)を傍聴し、7月3日の第3回は傍聴できなかった「脅迫」、の判決。
 懲役1年2月、未決50日算入、執行猶予3年、保護観察付き。

 被害者である素敵な若夫婦としては、なんで実刑じゃないのかと思うのかもしれないが、刑務所で復讐心を燃やされても困るわけで、また、これで4カ月くらい勾留されたわけで、「遠くへ引っ越して二度と被害夫婦に近寄るな」という命令が(現時点では)できない以上、遵守事項に違反すれば直ちに刑務所行きという縛りのなか、保護司の指導に委ねるのが、現実的には最も妥当なのかな…。

 15時30分から地裁810号法廷(刑事21部)で「道路交通法違反」の新件。
 いったんは810号法廷の傍聴席に座ったが、16時前には出なければいけないのだと気づき、ヤメる。

 地裁427号法廷の「公務執行妨害」の勾留理由開示は、警備が付いてる、との情報を得て、何だろうと行ってみた。が、傍聴券だそうで入れず…。 

clip 15時30分から地裁802号法廷(佐藤晋一郎裁判官)で「道路交通法違反」の判決。
 東北道での高級外車による超過91キロ(測定値191キロ)。下り101.1kpだそうで、オービスマップによると東京航空計器のオービスⅢLkだね。
 懲役4月、執行猶予2年、訴費負担。
 被告人(在宅)の職業は会社経営。ネットで検索すると、顔写真付きでたくさヒットする。服装と車名を明かせば、「あっ、彼か!」と分かる人もいるだろう。
 最後のほうで裁判官がこう言った。
裁判官 「罰金刑選択は相当でなく…」
 わざわざそう言うってことは、罰金刑にしてくれと弁論にあったんだろう。
 懲役前科があると、仕事的にマズイのか。だとすれば、いずれ東京高裁の法廷へ出てくるかも。

 そんなことより、訴費負担ってどゆこと? 被告人はだいぶ資力があるはず。何かが50万円以上あると国選はダメなんじゃなかったっけ。あぁ、法テラス、早く取材に行けよ!

clip 16時から地裁802号法廷で、6月9日に第1回を、6月17日に第2回を、7月1日に第3回を傍聴してきた「自動車運転過失致死、道路交通法違反」の第4回。証拠の整理と被告人質問。報道された事件だ。
 衝突時、人とは気づかなかったものの、怖くて怖くて、車両を隠す等の証拠隠滅に相当する行為をしてしまった…という主旨のことを被告人は述べた。
 気づかなかったから救護義務違反はない、と主張してるんだっけ? もしそうなら、まったく通らない主張だと思う。少なくとも未必的な認識はあった、とされるに決まってる。
 真実がどうだか分からないが、裁判的には、被害者が泥酔して横断禁止場所へ飛び出してきた、という点だけに争点を絞るべきと私なんかは偉そうに思ってしまうのだが。
 もちろん、自過死について仮に無罪となったとしても、救護義務違反だけで重い刑になるはず。しかし、それはそれでしょうがないと思う。

 弁護人が請求した、科捜研による被害者の血中アルコール含有量の鑑定結果が採用され、弁護人が要旨を述べた。
 なんと、血液1ミリリットル中、1.9ミリリットル。

図解交通資料集 新版 Book 図解交通資料集 新版

著者:交通実務研究会
販売元:立花書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この本によると、血中アルコールの1.5~2.5ミリリットルは、呼気中アルコール0.75~1.25mgに相当する。
 科捜研は、被疑者を有罪へ持ち込むための鑑定を行うところだから、本件鑑定結果が実際より高いってことはないだろう、と推理できる。

 次回、論告・弁論と決めて、16時38分閉廷。

smoking 1階の喫煙所で一服してると、阿曽山大噴火さんが来て、午後一杯の期日で入ってる「強姦」の新件は、ビデオリンクによる被害者の証人尋問がまだ続いてて、しかし用事があってやむなく出てきたんだという。真っ向否認で、しかし被告人に同種の前科があるんだという。

clip 開廷表では17時までとなってる地裁・刑事4部(村山浩昭裁判長)の「強姦」の新件へ行ってみた。少し席が空いており、傍聴してみた。
 弁護人と検察官と書記官と裁判官3人へ、合計5つのモニターが向けられ、どこかから若い女性の声が聞こえていた。
 17時20分か25分頃、やっと終わった、と思ったら、ええっsign02 続けて法廷で警察官の証人尋問が始まった。うっそ、何時までやるわけ?
 18時からの会議は、私が中心になって話す予定。も少し準備しとかねばと、警察官の階級と所属だけ聞いて退出。

rain そして18時から弁護士会館の某会議室で会議。疲れた~。
 でも、オービス事件についてマニア的にはビックリの情報を得たょ。

人気ブログランキングへ 7月22日11時50分現在twoseven位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない 裁判員制度はいらない
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2009年7月21日 (火)

厄介なことを申しつかった、心意気を見せてやろう

 <<「厄介なこと」「心意気見せてやる」戦前の陪審員体験記>>と7月20日付け朝日新聞。

 じつはこれ、私は紙の新聞のほうを先に読んでいた。
 新聞社は、紙の新聞の内容をぜんぶネットにアップするわけじゃない。
 こんな記事は、紙の新聞を読んでる年寄り向けで、ネットにはアップしないのかな…。そう思ってた。
 そしたらアップされてたと、「Matimulog」で知った次第。

 当該朝日新聞記事の冒頭はこうだ。

 戦前の日本にあった陪審制度の裁判に陪審員として参加した男性の体験記が見つかった。「厄介なことを申しつかった」「心意気を見せてやろう」――。初めての裁判に臨む市民の不安や好奇心は、これから始まる裁判員裁判にも通じるところがありそうだ。

 私が勝手に感じるだけなのか、裁判員制度についての朝日新聞の記事は、こういう雰囲気が多いような気がする。
 今回の紙の新聞の記事(第1社会面の大きな記事)を読んで、私は直ちに連想した。

 戦前の日本にあった徴兵制度に参加した男性の体験記が見つかった。「厄介なことを申しつかった」「心意気を見せてやろう」――。初めての戦場に臨む国民の不安や気概は、これから始まる戦争にも通じるところがありそうだ。

 朝日新聞は“前の戦争”の推進に荷担したそうで、当時、こんなふうな調子で国民をノセたのかなぁ…と。
 裁判員制度についてのこういう雰囲気の記事は、現場の記者が上げてきたネタを、社内の誰か特定の人物がいじって、こんな書きぶりになるのかなぁ…と。

 裁判員制度とかけて戦争と解く、そのこころは、はい、どちらも国が国民に義務付けた国民参加です。なんつって~。bleah

 そのうち、夫や妻や同僚が、1週間も10日も2週間もかかる裁判員裁判の裁判員(および補充裁判員)へ招集された際の、家庭や仕事を守る配偶者・家族、同僚・上司の奮闘が、美談としてきっと記事になるんだろうなぁ…。
 欲しがりません、判決までは!
 評決三銃士!

人気ブログランキングへ 7月21日5時40分現在twothree位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない 裁判員制度はいらない
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2009年7月19日 (日)

Nシステムは何を隠しているのか

警察庁、Nシステム「記録示すな」 秘密保持の徹底求める
 殺人事件の証拠開示請求をめぐり、警察庁が自動車ナンバー自動読み取り装置(Nシステム)のデータ記録や解析報告書について「裁判所が開示命令を出す可能性は否定できない」として、全国の警察に秘密保持を厳守するよう指示していたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。
 取り調べ対象の容疑者らにデータ記録を直接示すことなどを禁じており、最高検も「データの証拠化を警察に求めず、取り調べ対象者がデータの存在や内容に気付くような受け答えを禁止する」と全検察官に指導した。
 最高裁が警察官の備忘録(メモ類)を証拠開示の対象と認めるなど、裁判員裁判の実施を前に捜査資料を被告側にも可能な限り示そうとする司法の姿勢に対し、捜査当局側が危機感を募らせた結果とみられる。“秘密主義”をさらに徹底させる今回の方針は、国による情報管理の在り方として論議を呼びそうだ。
 Nシステムは高速道路などで車のナンバーを記録する装置。犯罪捜査に有効な半面、プライバシー保護上の問題点などが指摘されている。

 と7月19日付け神戸新聞。四国新聞にも同じ記事がある。47ニュースによれば、元は共同通信なんだね。

 じつは1996年3月6日発出の、「庁内各局部課長」「各地方機関の長」「各都道府県警察の長」「各方面本部長」宛て(参考送付先として「各府県(方面)通信部長」)の、「取扱注意」の通達、「自動車ナンバー自動読取照合業務実施要領の改正について」に、こんな部分があるのだ。

第9 運用上の留意
 本業務に係る、具体的事件での運用状況、本装置の路上端末設置場所、通過車両データの活用に係る事項等に関しては、公表されれば捜査に支障が生ずるので、保秘を徹底するものとする。
 また、本業務により判明した事項を、公判に証拠として提出してはならないものとする。

 この保秘を徹底しろってわけだね。

 Nシステムは、導入のとき“自動検問装置”と言われた。
 人力による検問は、人手を割かねばならないし、渋滞させることにもなる。機械が24時間、自動的に検問をやってくれれば、こんな便利なことはない…と。
 それなのに、検問の結果を法廷へ出しちゃイカン…。
 なぜ?
 “防犯カメラ”は、その録画映像が証拠となるばかりでなく、犯罪抑止の(ほんとかどうか)役に立つとされてる。「防犯カメラ設置場所」とか掲示されてたりもする。
 ところが“自動検問装置”は一切秘密。無罪の裏付けになるから出すな、というならまだわかるが、有罪の証拠とすることさえ拒むって、おかしくない?

 なぜそこまで秘密にしなきゃいけないのか。
 普通に考えれば、じつはNシステムは“自動検問装置”にとどまらず、国民がぎょっsign03となるような使われ方をしてるから…じゃないのかな。
 たとえば…。 

 ナンバーだけでなく映像(又は画像)も撮影し、保存してる…。
 警察の幹部が、データを私的なことに利用してる…。
 特定の議員や、なんであれ国家の施策に反対してる人たち(およびその親戚や近隣者)の通過データを、永久保存してる…。
 実際、Nデータをもとに不倫などを掴み、ある運動家を脅して黙らせたり、政局に影響を与えたりしたことがある…。
 高価なわりに犯罪捜査に役立っておらず、天下りやリベートや、そっちのほうの意味が大きい…。

 いったいどんな秘密が隠されているのか、それは秘密だ。←日本語的にヘンですか?

※ この記事と併せて読むと恐怖が増します。→「オウム事件の3倍を超える何かが

人気ブログランキングへ 7月19日11時30分現在twofive位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない 裁判員制度はいらない
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2009年7月18日 (土)

未成年者誘拐! 追起訴続行

sevenoneseven日(金)

 どうせ眠るなら22時~2時の間に眠るのが体に(特に頭髪にsign02)良いんだそうだ。
 22時30分頃寝て、1時30分頃、起きた。素晴らしい。それから、押せ押せになってるあれこれをみっしりやり、裁判所で倒れないよう1時間ほど仮眠して、今日もまた裁判所へ…。

bomb 1階の開廷表のところに、若い人たちが群がっていた。今日もたいへんそう。喫煙室へ寄るヒマはない。禁煙だっ。←私のnosmokingはそういうnosmoking

 10時からの「公然わいせつ」を傍聴するために、東京地裁711号法廷の前へ、9時32分頃到着。
 だ~れもいなかった。
 猫が1匹、まどろんでた。んなこたねぇょ。

 壁の開廷表を見ると、10時からのは「有印私文書偽造、同行使、詐欺」。あれっ、また間違えたかsign02 1階の開廷表で確認するのはムリだろう。どうするsign02
 とにかく、ここに居てもしょーがない。
 いや、待て。昨日の開廷表を貼ったままとか、そんなことがもしもあったらどうする。まさか、今井じゃあるまいし。いやいや、そう言わず、念のため…。
 大股で歩きだした足を止め、数m戻ってみると、なんとそんなことがもしもありましたがなsign01 16日(木)の開廷表でしたがなsign01
 そうこうするうち、諸氏が集まり始め…。

clip 10時から地裁711号法廷(市川大志裁判官)で「公然わいせつ」の新件。
 被告人(身柄、留置場。警部補と巡査長)は、芸能タレントでもおかしくない、えらく格好いい22歳。
 20時半頃、仕事を終え、見かけた女性のあとを、■■■■■と思いながら、マンション2階廊下までついていき、ズボンの隙間から自己の陰茎を露出し、■■■■■と言いながら手淫、女性が逃げると、廊下に射精して立ち去った…。「強制わいせつ」で懲役3年、保護観察付き執行猶予4年を受け、その猶予中の犯行。自白。

 「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反」でも起訴されているが、その追起訴状が7月4日付けであることから、続行に。
弁護人 「もう1件、追起訴があるやにうかがっておりますが…」
検察官 「来週の予定です」
 次回期日を8月の終わりと決め、10時12分閉廷。

scorpius 手帳には、10時30分から高裁410号法廷で、7月13日に第1回を傍聴した「自動車運転過失致死」(千葉地裁の原判決は禁錮3年、執行猶予5年。検察官控訴)の判決、とある。
 ところが、10時から「公然わいせつ」の新件だからこれはあきらめざるを得ないと思い、その時点で自過死のことは脳内から消えたか、あぁ、時間が空いちゃった、どうしよう…となり。
 ※ あとで主文のみ確認したところ、原判決破棄、禁錮2年だった。どういう理由で原判決破棄だったか、見逃したのは痛い。

clip 10時から地裁533号法廷(丸山哲巳裁判官)で始まってる「道路交通法違反」の新件へ、10時17分頃行ってみた。
 ここは完全に、制服の女子中高生(中学か高校か私には判別不能)に占領されてた。
 といっても、20席のうち後ろの10席を生徒らが埋め、プラス引率人らしき男性が1人という状態。前列に9席、きれいに空いてる。これだと私は、「団体で10席も埋めるなぁっ!」と(心の中で)泣き喚いたりしない。
 要するに自分がゆったり座れりゃいいって話か? うぅ、結論的にはそういうことかも。いや、でも、一匹狼的な傍聴人が席の大半を埋めてる場合は、ニッコリあきらめがつくわけで、これは結局…。

 検察官からの被告人質問の途中だった。
 事件は、首都高速での82キロ超過
 本件の約9カ月前に速度で罰金9万円、その1カ月後に速度(たぶん反則行為)の前歴があるそうで、同種罰金前科が少しは影響するのか、と思ったが、ごく普通に求刑懲役3月、数分休廷して判決、懲役3月、執行猶予2年、訴費負担。
 罰金時の犯行車両として、ある超高級車の車名が出てきた。被告人氏名で検索すると、某有名企業の社長と同姓同名…。

 終わって出た生徒らに声をかけ、犯行日時等を尋ねてみた。聡明そうな生徒さんが、私の知りたいことをすべてメモしており、テキパキ教えてくれた。首都高速・湾岸線東行き、羽田空港付近での(つまりオービスⅢLkの)事件なのだった。ありがとうっ。

clip 11時から地裁409号法廷(秋吉淳一郎裁判官)で「自動車運転過失傷害、道路交通法違反違反」の新件。
 10時55分頃に入ると、10時からの「覚せい剤取締り法違反」の新件をやっていて、「先ほどの冒頭陳述が…」とか言っていた。10時55分頃にそんなセリフが? どゆこと? 何やらだいぶ争いがあるようで、次回7月31日、証人尋問をやり、2人目の証人は検察官になるかも…と。

 それが終わってすぐ、自過傷・道交法の被告人がバーの中へ。
 56歳。頑丈そうな(安定性の良い)杖をつき、かなりよろよろしている。膝丈の半ズボンで、ハイソックスを履いた左右の足が、どうも違う。義足?
 すべての手続きは、被告人を被告人席に座らせたまま行うことに。

 午前2時頃、タクシー乗務を終えて会社へ戻る途中、娘のことで考え事をし、道路左脇(駐車禁止区間)に駐車していた乗用車の右後部に自車左前部を衝突させ、乗用車に乗車していた2人に加療120日(140日?)を要する頸椎ねんざ等の傷害を負わせ、気が動転して逃げてしまったんだという(ただし、会社へ戻って警察に通報)。
 情状証人(被告人の兄)によれば、被告人は糖尿病が悪化し、右足の膝下を切断したのだという。
 被告人質問で…。
弁護人 「身体障害4級の手帳を持っていますね?」
被告人 「事故のあと、眠れない日が続き、体調を壊しまして、高血糖が続き、右足に壊疽(えそ)が発生して…」
 検察官は「今回どんな償いをすべきと考えていますか?」と定番の突っ込みをしていたが、被害者2人と示談は成立しているそうで、心労から足を切断したなら、償いはもう十分といえるんじゃなかろうか。

 求刑は懲役1年4月。
裁判官 「そういう足の状態ですので、少し休廷して、50分過ぎに判決を言い渡すことにします」
 11時50分、判決。懲役1年2月、執行猶予3年

shock 地下でかけそば大盛り290円を食べ、書店で『冤罪File』を買い、一服して409号法廷の前へ行ったのが12時20分。
 今日はこの法廷で13時25分から「道路交通法違反違反、自動車運転過失傷害、犯人隠避教唆」(第1回の傍聴を泣く泣くあきらめた事件)の判決が、13時30分から「未成年者誘拐」の新件があるのだ。
 「未成年者誘拐」は、非常に珍しい。目にするのは初めてかも。コアなマニア諸氏は見逃さないだろう。「未成年者誘拐」という文字面に惹かれて、学生その他も続々押し寄せるだろう。傍聴席は20席。30分前では座れないかも。えぇい、そんなら昼食後すぐに言ってしまえ! と来たのだ。
 しかし、法廷前にはだ~れも居ない。つくづく思った、私ってバカ?

 私はねぇ、初めての裁判傍聴は25年以上前、その後、少なくとも15年くらいは、交通違反の刑事・民事だけを傍聴し続け(ごくまれに他の事件も傍聴したが)、傍聴人は私1人という状態に慣れきってる。身に染みついてる。
 そして、交通違反以外も傍聴するようになり、その後数年は良かったが、近頃は“裁判員祭り”で傍聴人がどかんと増えたうえ、団体・グループがどこへ押し寄せるか、読めないところがある。
 傍聴したい裁判を傍聴できないとか、両側に大きな男がいる状態で肘をすぼめて傍聴ノートを取るとか、ンなこと考えられない! その恐怖におびえ、どうしても傍聴したいときは、早々来てしまうのだ、きっと。恐怖心に支配されての行動は常軌を逸したものとなりがち…なのか。

 13時04分には、待合室に約15人、小廊下に約20人という状態になり、さらに続々とやってきた。もうとっくに定員オーバーだよ!
 いや、じつはこの日、隣の409号法廷(20席)で、13時30分から「児童福祉法違反、売春防止法違反」が、14時30分から「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反」があったんだねぇ…。

clip 13時16分に409号法廷(秋吉淳一郎裁判官)のドアは開き、13時25分から「道路交通法違反違反、自動車運転過失傷害、犯人隠避教唆」の判決。
 前科なし。懲役1年6月、執行猶予4年、訴費負担。
 そのほかのメモは、ミミズが這ったような字でほとんど読めない。食後の仮眠を取れなかったもんだから、開廷までの数分間、たぶん気を失ってしまい、まだ覚醒してなかったんだろう…。

clip 続けて13時30分から「未成年者誘拐」の新件。
 被告人は身柄(留置場)。70歳。都内の公園で、顔見知りの女児(8歳)をオロナミンCで誘い、車に乗せて自宅へ行き、バイブレータが入った缶を女児に持たせて(女児は過去にアイスを買ってやると言われバイブレータを性器に当てられたことがあるという)自宅に入ろうとしたが、近隣者に見られてヤメ、間もなく、公園から女児を連れ出すとき「変なことされるんじゃないか」と心配した男性の通報によりやってきた警察官が…というふうな事件。
 誘惑行為はしていない、女児を自己の支配下におき誘拐するなどと一切考えておりません、と否認。
 弁護人が同意した甲乙書証について検察官が要旨を告知。同じ被害女児に対する「強制わいせつ」で追起訴があるとのことで、続行。
 13時48分閉廷。

未成年者略取及び誘拐)
第二百二十四条  未成年者を略取し、又は誘拐した者は、三月以上七年以下の懲役に処する。

 13時25分からの判決を捨象すれば、70分待って18分で閉廷。午前の「公然わいせつ」は、28分待って12分で閉廷。
 『裁判中毒』に収載したオービス事件の「仙台行って2分で閉廷」に比べれば、屁でもないとはいえ…。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 14時30分から東京簡裁728号法廷で、7月10日に第1回を傍聴した公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」(キャバクラのスカウト)の判決。
裁判官 「主文、ヒポク人を…」
 確かに「ヒポクニン」と聞こえた。べつにいいんだけど、その響きが可笑しくて。

裁判官 「被告人を罰金50万円に処する。未決勾留日数中40日を、その1日を金5000円に換算してその刑に算入する。上記罰金を完納できないときは、1日を金5000円に換算した期間、被告人を労役場に留置する」
 もっと算入してやってもいいんじゃないか。本件の未決勾留期間は「40日とちょっと」なんだそうだ。
 判決理由を裁判官が述べたあと、被告人が尋ねた。
被告人 「あの、50万円払えばよろしいんですか?」
 5000円×40日=20万円は既に払い終えたことにしたのだと裁判官が説明。
被告人 「あの、30万払えば…」
 つまりはそういうことだと裁判官が説明。
被告人 「あぁ、そうですか、残り30万。それをいつまでに払えば…」
 
 仮納付命令がついてないので、すぐには払えない。2週間経っても控訴がなければ判決は確定し、その後、検察庁から罰金徴収についての通知がくるのだ。

clip 15時から簡裁534号法廷(木田正彦裁判官)で「道路交通法違反」(三菱RS-2000による56キロ超過)の第3回公判。
 双方の追加書証を取り調べ、論告・弁論。
 途中、私はだいぶ寝てしまい、傍聴ノートの文字が、幼児の悪戯描きみたいになってる。求刑(たぶん罰金8万円)すら聞き漏らしてしまった。
 …が、本件は後続車から異様かつ執拗に追い上げられ、逃れるためにスピードを出してしまったという事件であるところ、弁護人が最後にこう言った(若干言葉は違うかも)。
弁護人 「被告人が守ろうとしたのは自分の命。一方、侵害されたのは抽象的な法益である。挙証責任の原則からして、検察官は違法性阻却事由がないことの立証をすべき。緊急避難が成立しないとの確証がない限り、被告人は無罪!」
 私の傍聴ノートに「いいこと言うね~」と赤字で書き込みがある。
 15時39分閉廷。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 しかし、私がいつも言ってるとおりの論法で有罪とされるだろう。
 本件と同じような主張は続々とある。おそらく、煽ってオービスに撮影させて楽しむ連中がいるのだろう。
 だが、オービスは、たとえるなら、石で頭を殴った音に反応して、殴った者の顔だけ撮影する装置といえる。本当に殴ったかどうか検証できず、じつは強姦されそうになっての必死の抵抗だったとしても、装置は一切記録しない
 こういう装置で、もう30年くらいになるのか、装置に顔を撮影された者を(強姦被害者も含め)、殴り音の強さに応じて処罰する、ということを警察は行い続け、検察は追認し続け、裁判所は合法のお墨付きを与え続けてきたわけだ。
 こういう構造を、どうやってひっくり返すか…。

 やっと1週間が終わった。またもあっという間に過ぎ去った…。

人気ブログランキングへ 7月18日20時20分現在twoseven位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない 裁判員制度はいらない
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2009年7月16日 (木)

妻はなぜデリヘルへ

sevenonesix日(木)

 9時43分頃、裁判所の正門にさしかかったところで、ぎょっsign03
 玄関に、おそらくは50人を超える列がsign03
 直ちに踵(きびす)を返し、ぐるっと回って東側へ急ぐ。途中小走りを交え、約3分で裁判所に入れた。これからは、正門の利用は最初からあきらめたほうがいいのか…?
※ 一般が通常時出入りできる玄関は、西側(正門)と東側(家裁、弁護士会館側)にあり、西側は地下鉄駅に近く、貸し切りバスが発着し、傍聴券の交付所があるため、混雑する(場合がある)のだ。

clip 9時50分から東京地裁828号法廷で、7月9日に第1回を傍聴した「公然わいせつ」(電車内で陰茎の先っぽを2~3cm)の判決。
 2分ほど前、入ろうとすると、制服の女子高生(かな?)が数人、ぞろぞろ入るところ、中(20席)はほぼぎっしりsign03 男子学生風3人を除いて、全部女子高生sign03 しっ、信じられないsign03
 ムムッ、ムリヤリにでも座ってやるっsign03 との勢いで入ったら、引率の女性が、もう一杯だから出ましょう(様子のおかしいオヤジが来たから逃げましょう?sad)旨言い、するとその数人は全員出た。
 そして、なんたる奇跡、いちばん奥の端っこが1席、空いてたsign03
 彼女らは空席を残してなぜ出たのか。孤立を嫌い、群れて行動する習性から…かどうか知らないけど、とにかく奇跡だ~。
 東側玄関へ急ぎ、裁判所名物のサウナ・エレベータで蒸され、女子高生らでほぼぎっしりの傍聴席を見てキィ~ッとなって吹き出た汗を(隣の女子高生は「わ~、変なオヤジが来た~!」と思ったろうね。うふふ)、持参のハンドタオルで拭きつつ…。

 判決は、懲役5月(求刑6月)、未決10日算入、訴費不負担。
 9時55分閉廷。

clip わりと近くの地裁815号法廷(前田厳・大村陽一・恒光直樹裁判官)で「道路交通法違反、覚せい剤取締法違反、(訴因変更後の罪名:覚せい剤取締り法違反、関税法違反)」の判決。
 共犯者らと昨年12月に、韓国経由で覚せい剤921.2gを密輸した容疑で逮捕されたと、今年3月に報道されてる事件だ(←リンク先では「無職」の「22歳」)。

 被告人(身柄、拘置所)は、坊主頭でがっちりした大柄。オレンジの洒落た長袖シャツ(襟のボタンは2段)に、いかにもヤクザ風な光沢のある黒ズボン。これで22歳か23歳とは。
 ヤバイ物が入ってるとしか考えられないスーツケースを、「持ち帰るだけで15万円」との話で運んだんだそうだ。
 「道路交通法違反」の部分は、無免許3回。3回とも物損事故を起こし、3回目は逃げて報告義務違反も。その無免許は、聞き取れたところによれば、昨年2月と3月と7月。ということは…?

 懲役6年、及び罰金200万円、未決100日算入、罰金を完納できないときの体刑換算は1日1万円、覚せい剤3包没収、訴費不負担。

clip 10時30分から同じ法廷で、5月14日に結審した「威力業務妨害」(2chでの犯行予告)の判決。
 懲役2年、執行猶予4年、訴費負担。
 どうやら、2ch上で「チキン野郎」とか匿名の煽動者(“アオラー”?)に煽られ、犯行予告に相当する書き込みをした…という側面もあるのかな? 
 そのうち、才気走った検事の提案で、匿名掲示板での煽りを「教唆」か「幇助」で逮捕し、大きく実名報道させるってこと、あるかもしれないね。
 ちなみに岩波新書の『刑法入門』の、「幇助」の解説にこんな部分がある。

 …だけでなく、罪を犯す意思を維持し、強めること(これは心理的幇助です)も認められます。幇助は犯罪の実行を助け、犯行を促すことで足りるとされており、援助がなければ罪を犯すことができなかったというようなことは必要ないと一般に考えられています。

刑法入門 (岩波新書) Book 刑法入門 (岩波新書)

著者:山口 厚
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ちょうど11時閉廷。

clip 11時から地裁403号法廷(楡井英夫裁判官)で「業務妨害」の新件。
 まっしぐらに行ったが、冒頭陳述が始まるところだった。20席の傍聴席は3分の1も埋まってなかった…かな。
 被告人は女性。保釈中。マニア氏にあとで聞いたところによれば29歳。
 要するに、子どもが欲しいのに夫がかまってくれず、店舗型のデリバリーヘルス(母乳・妊婦専門の風俗店)へ無言電話を412回もかけ、逆探知で突き止められた、というもの。
 夫は法廷へ来ず、書面の提出もない。傍聴席から聞く限り、いったいなぜ結婚したのか、そこが謎だった…。

 「母乳・妊婦専門」はわかるが、なぜデリヘルなのか。無意識のうちのSOS発信、日常破壊願望に加え、セックス願望もあったのかも。
 じつは私は便利屋でアルバイトしていた頃、もっと若い主婦から不可解な依頼を受け、その主婦が住む団地へオートバイで行ったら、「夫が裏切り続けるので自分も一度だけ夫を裏切りたい」と言われたことが…。

 求刑は懲役1年6月。
 直ちに判決。懲役1年4月、執行猶予3年、訴費負担。
 2月減らしたのは、被害店へ50万円の被害弁償をしたゆえだろう。
 12時00分閉廷。

sleepy 今日は1人でかけそば大盛り290円。8階の一般待合室で20分ほど仮眠。

clip 13時15分から東京簡裁826号法廷で、7月2日に第1回を傍聴した「道路運送車両法違反」の判決。
 罰金20万円、未決勾留日数中22日を、1日5000円換算で算入。訴費不負担。

clip 13時25分から簡裁728号法廷で、7月9日に第1回を傍聴した、気になる「窃盗」の判決。
 懲役1年6月、執行猶予3年、訴費不負担。

annoy 今日は15時から地裁409号法廷で「道路交通法違反等」の新件がある。それまでどうしよう。簡裁826号法廷で「傷害」の新件。地裁416号法廷で「覚せい剤取締法違反」の新件。
 後者は、被告人氏名が「■■ちゃんこと■■■■」となっており、「…こと」は多いけれども「ちゃん」は初めて。もしかして、新宿2丁目方面…?
 えぇい、728号法廷からは遠いが、そっちへ行ってしまえ!

 13時30分頃、416号法廷のドアを開けると、まだ始まってなかった。ほっ。
 ところが、広いほうの法廷なのに、ぎっしり満席sign03 ドアには満席札がsign03
 見渡したところ、女子高生と学生風が多数。
 『裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)』によれば窃盗の次に事件数が多い覚せい剤、それも、検索した限りではノーヒットの被告人なのに、広いほうの法廷なのに、ま、満席って…。
 これは完全に私の予想外。
 どの事件の法廷が埋まるか、もう読めない…。

subway あまりのショックに呆然! ドアの外でずるずると崩れ落ち、嗚呼、還らぬ人となりました。ってオイッ!
 このチャンスを活かし、直ちに帰ることに。

sun そろそろ裁判所の各部、各係は夏期休暇に入る。判決期日がばんばん入ってるのは、言うまでもなく、その前兆だ。
 もうすぐ、開廷はがくんと減る。同時に、学生・生徒諸君は夏休みに入り、8月3日には東京地裁の裁判員裁判が始まる。
 昨年以上の“傍聴人密度”の高さが予測される。ひぃ~!
 今年3月末に更新工事が終わったあの低層階用エレベータの遅さと暑さは、良い具合にイライラを煽るかも。そのうちトラブルが起こるんじゃないか…。
 と思いつつ電車に乗ってたら、裁判所で何か起こったとの報せが…!

typhoon てゆっかさ、“傍聴天気予報”ってあったらどう?
 南の海上に熱帯性傍聴低気圧が発生し、ゆっくりと北上しています。明日の東京地裁、色情系の満席確率は100%、薬物系は午前40%、午後は60%でしょう。女子高生前線が貸し切りバスで南下しており、簡裁地方も含め局地的な集中満席にご注意ください。熱海簡裁、下田簡裁は引き続き0%です。
 傍聴予報士? ほんとに国家試験に合格したのか? 当たらねーなぁ、なーんて。

人気ブログランキングへ 7月15日23時20分現在twoone位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない 裁判員制度はいらない
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2009年7月15日 (水)

他人に殺されるなら自分の手で殺して自殺する

sevenonefive日(水)

 前夜22時過ぎに、頭痛騒動のときの残りのアモバン0.75mgを半欠け飲んで寝た。2時頃に目が覚め、もう半欠け飲んで寝た。ハッと気づけば8時15分。いけねっ!
 裁判所へは間に合ったものの、どういうわけだか、傍聴中しばしば、尋常でない眠気に襲われ…。

clip 9時55分から東京地裁711号法廷で、7月1日に第1回を傍聴した「公然わいせつ」(酒飲んで人生狂った、酒は怖い)の判決。
 懲役4月、未決10日算入…。
 求刑は4月だった。前科は罰金刑だけのはず。厳しいぞ…。
 と思ったら後があった。執行猶予3年
 なぜ10日算入だったのか。そこを口にしては、味ない、味ない(『鬼平犯科帳』より)、なんつって。coldsweats01

clip 11時までとくに傍聴したいのはない。アレは確か今日が4回目くらいのはず…と地裁532号法廷(水野智幸裁判官)、10時~10時30分で入ってる「道路交通法違反等」へ。
 論告の最中だった。免停60日の期間中に運転して無免許で罰金20万円&取消処分となったが意に介さず、壊れたアンダーミラーを外して車内に放置し、中型貨物(ダンプ。任意保険なし)を運転し続け、そうして、信号交差点を15~20キロで右折する際、左方から右方へ横断歩道を横断してきた女性の自転車に衝突、自転車もろとも転倒させ、外傷性頭蓋内損傷で死亡させた…と検察官。求刑は懲役4年
 弁護人は弁論で、衝突していない、と言っていた…。
 本件の真実がどうだか知らないが、一般に警察は、立てたストーリィに必要な証拠だけ集め、ストーリィの邪魔になる証拠は、たとえあっても集めない、集めてしまったなら捨てるわけで…。
 弁論はまだまだ続きそうだったが、10時30分、出るっ。

annoy じつは10時から東京簡裁534号法廷に「道路交通法違反」の新件が入っていたのだsign01 傍聴ノートには記載があるのに、手帳に書いてなかった、大馬鹿野郎っsign03 しかしまぁ、無免許酒気帯び)の身柄事件であること、判決は次回になったことを、マニア氏から教わった。ありがてえっ。

clip 11時から地裁706号法廷(秋吉淳一郎裁判官)で「脅迫」の新件。
 歌手の倖田來未さんに対し殺害予告をしたと報道された事件だ。完全に私の専門外なのだが、殺害予告はインターネット上で行われており、ネットの犯行予告はなるべく押さえておこうと思ってるので…。
※ 「來未」は「きみ」でも「くるみ」でもなく「くみ」と読む。ちなみに「倖田」は「こうだ」。親切でしょ。うふ。

 10時31分、法廷は施錠されており、だ~れもいない。
 10時32分、黒い服装の男女4人が来た。706号の開廷表を見て一般待合室へ。1人の背広に弁護士バッヂ。弁護人と、被告人の家族か何かなのだな? 所在なげな所作の青年がいるが、彼が被告人?
 そう、彼が被告人だった。被告人席についてからの様子が特徴的だったのでメモし、「ちょーっと自閉症なのだな?」と印象をメモした。

 この裁判、簡単にレポートしようとしても長くなりそう。
 事件の発端は、例の「羊水」がどうとかいう倖田さんの発言、に対する“祭り”だったように、私には思えた。
 捜査段階の供述聴取にこうあるという。
「被害者(倖田來未さん)が他の人に殺されるのであれば、自分の手で殺して、自分は自殺したい…(と思った)」
 自閉症で「学力は小学校高学年程度」の被告人は、無責任な“祭り”の熱狂にあおられた、そういうことのように思えた。
 どうやら、マズイことを書いたと気がつき、取り消す投稿等をしたらしい。貯めた100万円を賠償に充てる意思もあるらしい。しかし起訴された。せっかく13年間勤めてきた会社を辞めることになってしまった。可哀想に…。
 求刑は懲役1年。12時閉廷。

restaurant いっしょに傍聴していた毒人参。さんと、地下のそば食堂へ。私はかけそば大盛り290円。毒さん、食べるの遅っ! 私が早いの?

 地裁711号法廷(20席)に13時30分から「脅迫、威力業務妨害」の審理が入ってるのだが、どうせ14時前に出なければならないし、続けて14時30分から「強制わいせつ」の新件が入ってるので、今日はこの法廷はあきらめ、最初から覗きもしないことに。←意味不明? 東京地裁(の刑事)の傍聴の現場を知らなければ、到底ご理解いただけないだろうと思う。ま、タイヘンなことになってるんですぅ。

clip 高裁410号法廷の前に、けっこう人が。なに? 13時15分から、見覚えのある女性氏名の「殺人未遂」の控訴審判決。なんとなく傍聴することに…。
 見覚えがあるも何も、5月13日に証人尋問(2人)と被告人質問を傍聴した事件だった。
 判決は、原判決破棄、懲役6年、原審における未決60日算入、押収してある包丁1本没収、訴費不負担
 原判決の量刑を金谷暁裁判長は言わなかったが、もっと軽かったようだ。

clip 早めに地裁409号法廷(室橋雅仁裁判官)に入ると、13時30分からの「住居侵入、窃盗」の判決の途中だった。
 手指2本に刺青のある、ちょっと見、悪そうな被告人。侵入盗の被害品には女性下着も含まれ、被告人の携帯電話の写真に被害女性の下着が写っていたそうだ。
 累犯前科2、前刑出所後わずか1カ月余りの犯行だそうで、懲役1年10月、未決20日算入、訴費不負担
裁判官 「手紙を見せてもらいました。字が、とてもきれいな字でした。こういうきれいな字を書く人が…」
 これを“陳腐なおだて”と言ってはいけないと思う。

clip 続いて14時から、7月8日に第1回を傍聴した「住居侵入、公然わいせつ」(女装で陰茎露出)の判決。
 主文を言い渡す頃には、ぎっしり満席になった。
裁判官 「主文、被告人を懲役8月に処する。主文は以上です」
 服役複数回。前刑出所後、間もない犯行なので、実刑は避けられない。
裁判官 「こういう犯罪は、くり返す人もいるので、あなたがそういうことのないよう信じてますからね」
被告人 「はい」
 14時09分閉廷。

chick 締切り原稿もある、これで帰ろうかどうしよう、と悩んでるうち、1階でユキさんに会い、「悩んだときは傍聴しなさい。締切りなんか平気よ」と言われ(すみませんウソですぅcoldsweats02)、傍聴魂を奮い立たせ…。 

clip 14時30分から地裁419号法廷で「道路交通法違反」の判決。
 無免許で罰金前科1犯。免許取消処分後も車を保有し続け、仕事上度々運転し続けた挙げ句の無免許運転。それも得意先への挨拶回りのため…。
 懲役5月、執行猶予3年、訴費負担
 罰金前科1犯だとすれば、相場より重い。

clip 15時から地裁432号法廷(水野智幸裁判官)で「常習累犯窃盗」の新件。
 被告人(身柄、拘置所)は住所不定、無職、51歳。私が言うところの、のけ反り系。
 服役前科3犯。過去に働いていたことのあるレストラン(ネット検索するとビッグチキンカツ定食600円。旨そうっ!)へ巧みに忍び込み、冷蔵庫から牛肉3切れと鶏卵3個、660円相当を窃取、無人の店内で、少なくとも黒胡椒とマーガリンを使ってフライパンで焼いて食べる、ということを10回くらいやり、ある日、寝込んだところを発見された…。
 仮釈放から3カ月、刑の終了からは2週間。つまり刑期を2カ月半残して仮釈放になったわけだね。
 求刑は懲役3年
 弁護人(よく見る白髪のお年寄り。仕草が若干ぞんざい)は、被害品はいずれ調理してお客に出すもの、660円、10回やったって6600円…そっ、そんな弁論、被害者が聞いたら怒るんじゃないか。しょうがないのか。

clip そして16時から高裁506号法廷(中山隆夫裁判長)で、5月27日に第1回を、6月15日に第2回を傍聴した「傷害、道路交通法違反、危険運転致傷」の判決。
 傷害は、被告人の車の進行を阻止しようとした被害者(その車の持ち主?)が前部にいるのに発進させ、足を轢いたというもので、故意を否認。道交法違反と危険致傷が何かは分からなかった。
 控訴棄却、未決120日算入
裁判長 「30万円の追加弁償をしたとしても、原判決の懲役2年6月が重すぎて不当とは言えない」
 被告人(身柄、拘置所)は、なんだか当事者感のない、妙な感じの若者に見えた…。
 16時17分閉廷。ふぅ。

人気ブログランキングへ 7月15日23時20分現在twoone位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない 裁判員制度はいらない
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2009年7月14日 (火)

無実を理由とする控訴はできない

 9時50分から地裁816号法廷で、6月30日に第1回を傍聴した「商標法違反」(被告人は中国人女性)の判決。10時から簡裁826号法廷で「傷害」の新件。11時から地裁810号法廷で「常習累犯窃盗、脅迫、暴行」(前年図書館に放火?)の新件。午後は地裁で13時30分と14時30分から「道路交通法違反」の新件…等々あったが、ヤメた。スパッとヤメた。今日は裁判所へ行かないっsign01

 自家製ホットケーキに、カナディアンハニーショップのメープル味のはちみつを薄く塗りたくって食べ(旨いっlovely)、布団を干し、梅雨明けの空と雲の下を、有酸素散歩約1時間。汗でぐっしょりの衣類を洗濯しつつ、シャワーを浴び、農家の庭先販売で買ってきた枝豆とトウモロコシを茹で、少しまどろむ…。こういう日を設けなきゃ、人間ダメになるよね。

<最高裁>即決裁判の控訴制限は合憲 初の判断
 被告が起訴内容を認めた比較的軽微な事件を迅速に審理する「即決裁判手続き」の違憲性が争われた刑事裁判の上告審判決で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖=ときやす=裁判長)は14日、合憲とする初判断を示した。そのうえで業務上横領罪に問われた陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県)の元補給科長、■■■■被告(56)の上告を棄却した。懲役1年、執行猶予3年とした1、2審判決が確定する。
 1審の即決裁判手続きは06年10月導入。被告と弁護人が同意すれば、原則として起訴から14日以内に初公判を開き、即日結審して直ちに判決を言い渡す。懲役・禁固刑は必ず執行猶予が付くが、判決が認定した事実の誤り(事実誤認)を理由とした控訴はできない。
 1、2審判決によると、宮地被告は06年10月、勤務していた木更津駐屯地からパソコン1台(購入価格24万円)を自宅に持ち帰った。1審・千葉地裁木更津支部は即決裁判手続きを適用したが、その後、被告側は否認に転じ控訴。2審で主張を退けられ「事実誤認を理由とした控訴ができない即決裁判は、憲法が保障した裁判を受ける権利を侵害している」と上告した。
 小法廷は「事実誤認を理由に控訴できると手続きを効率化する趣旨が損なわれる恐れがある」と指摘。手続きの適用を被告が選択でき、懲役・禁固の実刑が科されないことを挙げ、「控訴を制限した規定には、相応の合理的な理由がある」と結論付けた。

 と7月14日(ってフランス革命記念日じゃん)付け読売新聞。■部分は記事では実名。
 判決書きは最高裁のサイトにすでにあっぽぅ、もとえアップされている。

 即決裁判手続き(刑事訴訟法第350条の2)以前に、姦淫公判手続き? ちがぁうょ簡易公判手続き(同第291条の2)ってのがあるし、通常手続きだって30分もかからず判決まで終わることもある。なんでわざわざ即決裁判手続きなのか。
 そのへんの話は『裁判中毒』にも当ブログにも書いた。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ここ数年の“裁判傍聴狂い”で、裁判の本質とはこれじゃないか!? と感じるようになったこと(の1つ)は、こうだ。
   真実はどうせ分からない。
   紙の上の理屈で有罪を書けるなら書く。
   無辜(むこ。罪のない者)が死刑になろうがどうしようが、
   紙の上で司法の威信、秩序が守られるならそれでいい。
 そこはきっぱりしてるように思う。
 今回の判決書きを読むと、まさにそうなんだなぁ、という気がする。

 裁判員制度になれば、変わる?
 まさか。私のその印象は“市民の常識”とかけ離れているだろうし、仮に、“市民”も同じことを思うなら、まずは、いま牢獄に捕らわれている無辜の人たちを救おうとするはず…。
 ちょっと分かりにくい話だった? ま、とりあえず。

人気ブログランキングへ 7月14日20時20分現在twothree位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない 裁判員制度はいらない
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2009年7月13日 (月)

5年くらい刑務所に入ってれば景気も良くなり

sevenonethree日(月)

 土日連続、有酸素散歩約1時間を敢行し、公園のベンチで新潮文庫の『異邦人』を読み終えた。うっわ~、こんな終わり方をするんだっけこの作品はsign01 現代日本の若い殺人者たちの心に、ムルソー的なものが、自覚されないまま潜んでるんじゃないか。これを自覚することは、殺人の歯止めになるのか、ならないのか、と思ったス。

異邦人 (新潮文庫) Book 異邦人 (新潮文庫)

著者:カミュ
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 早めに東京高裁622号法廷(若原正樹裁判長)に入ると、前の事件、「覚せい剤取締法違反、詐欺」の控訴審第1回をまだやってた。
弁護人 「原審証言時の心境? そんなもの、なぜ控訴審で…。ファイザー社の方が証人できて…こんなもの今頃なんで出すのか…」
 ん? 検察官控訴なのか? あとでネット検索したらヒットあり。2月20日に横浜地裁(長井秀明裁判官)の判決、求刑懲役4年のところ、覚せい剤は無罪、詐欺で懲役1年8月だったんだという。未決算入は報道からは不明。
 次回、証人尋問をやることにして、10時57分閉廷。

clip 続いて11時から、「道路交通法違反、危険運転致傷」の控訴審第1回。
 被告人(身柄、拘置所)は28歳。量刑不当の主張。両手の甲と、右手の指と、首に刺青。歩き方がヤクザ風。
 出所後に雇用先があること、暴力団とのつきあいを経つことに絞って、簡単に証人尋問(出所後の雇用主)、と被告人質問。
 しかし、証人の隣の傍聴席にいた2人の男(1人はニヤニヤし、やがて体を横に折って寝てしまったらしい)は、真実は知らないが見た目は完全に暴力団風。
検察官 「被告人とはどういう関係で知り合ったんですか?」
証人   「(最初からずっと投げやりな小さな声で)地元の先輩の…知り合いました」
検察官 「ひょっとしてその先輩というのは、ヤクザ関係の方ではないんですかぁ?」
証人   「そうです…」

 それとは別に、どうも引っかかることが…。
弁護人 「保険は対人無制限…保険会社が払ったぶん、あなたが払わないといけない…」
被告人 「はい」
弁護人 「あなたが返すと…」
被告人 「はい」
弁護人 「その金策はどうするつもりですか?」
被告人 「友人に頼んだりして…」
 治療費等を保険会社が被害者に払い、その払ったぶんを被告人が保険会社へ払う? そんなことってあり得ないんじゃない? あとで損保の専門家に電話で尋ねてみたが、少なくとも日本の保険ではあり得ないという。そういう意味じゃなかったのか。じゃあ、どういう意味? うーん…。
 次回判決。11時16分閉廷。

clip 11時30分から12時まで、東京地裁828号法廷(髙橋正幸裁判官)で「窃盗」の判決。
 30分も取るって、否認だな? 否認だった。
 仲間と共謀してショッピングセンターへ盗みに入ろうとし、その足として乗用車をパチンコ店の駐車場から窃取…。被告人は窃盗も共謀も否認、アリバイがあるんだという。
 裁判官はすべて認めず、服役前科3犯があるとして、懲役2年4月、未決110日算入。
 12時01分閉廷。

restaurant 真っ直ぐ地下へ降り、ほんと久しぶりにA定食460円。今日はハムカツとコロッケ。うわ~、太る~。bearing

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 13時05分から高裁410号法廷(金谷暁裁判長)で「強盗致傷」の判決。
 被告人(身柄、拘置所)は報道によれば逮捕時25歳。暴行・傷害付きのひったくり、とでもいう事件なのだが、被告人は、突然背後から突き飛ばしていないし、倒れたところを殴ってもいないと主張。
 その主張を、裁判長はぜんぶ退けた。
 ところが、原判決(懲役4年)破棄、懲役3年、原審における未決100日算入、執行猶予5年。
 前科前歴なしのうえ、原判決後、被害者に200万円を払って示談したのだった。収入に見合わない浪費を重ね、借金を重ねて強盗に至ったんだというから、示談金は親が出したのか。
 親に資力があるかどうかで、実刑か猶予か、その境目に立たされてる、または立ってどっちかへ行った被告人は、全国にたくさんいるんだろうね。

clip 続いて13時15分から「道路交通法違反、窃盗」の判決。
 酒酔いで懲役10月、執行猶予4年の判決を受けて約半年後、群馬県内の弁当店の駐車場でエンジンかけっぱなしだった乗用車を窃取し、無免許で運転…。
 原判決は懲役1年。控訴審判決は、控訴棄却、当審における未決10日算入。

clip 続いて13時30分から「自動車運転過失致死」の控訴審第1回。
 3月19日、千葉地裁(矢野直邦裁判官)が禁錮3年、執行猶予5年とし、検察が控訴した事件だ。
 証拠の整理の途中で私は出て…。

clip 13時40分から地裁722号法廷で、6月30日に第1回を傍聴した「威力業務妨害」(2chでの犯行予告)の判決。
 傍聴席はぱらぱら。10人もいない。今日は違う角度から被告人を見たが、印象は前回と同じ…。
 普通に懲役1年6月、執行猶予3年。13時45分閉廷。

clip 高裁410号法廷の「自動車運転過失致死」へ戻ると、被告人質問が始まるところだった。
 被告人は黒いTシャツにグレーのカーゴパンツ。顔を隠すようなロン毛。遺族が傍聴席で遺影を持ってる前で、その服装にその髪型はないだろ、と思う私はもう古い人間の部類なんだろうか。
 続いて被害者(報道によれば20歳の医療専門学校生)の父親が、原判決後の遺族感情について意見陳述。
 それによると、被告人は大型貨物を運転して路外施設へ入るため横断歩道(自転車通行可)を横切るに当たり、方向指示器で合図せず、一時停止せず、助手席ドアの安全確認窓を私物でふさいだまま歩道へ乗り入れ、右前輪でまず自転車を轢き、それから被害者(証人の娘)を轢いたんだそうだ…。
 意見陳述が終わると、被告人は被告人席に座ったまま頭を下げ、上げるとき、顔に垂れた長い髪を、首を振って少し上げた…。
 判決は4日後! 14時08分閉廷。

clip 14時40分から地裁719号法廷(太田寅彦裁判官)で「郵便法違反」の新件。
 傍聴席は20席。非常に珍しい罪名であり、かつ、13時30分から女性被告人の「覚せい剤取締法違反」が入ってる。「郵便法違反」を傍聴したければ13時からここに並ぶべき…だったかもしれない。
 しかし一方、「郵便法違反」は、字面だけ見ればパッとしない罪名ともいえる。そこに一縷の望みを託し、他の法廷で上記の傍聴をしていたわけだ。

 14時10分頃、719号法廷へ行くと、法廷の前で1人、待っていた。満席なのだな! 念のため中を見ると、やはり満席だった。が、「覚せい剤取締法違反」の関係者らしき人が少なくとも数人いる。彼らが出れば、座れる!
 14時15分、どっと人が出てきた。ほとんど出た。なんで!? ま、いいけど…。

 「郵便法違反」の被告人は58歳、身柄(留置場)。白髪の坊主頭で、頭蓋骨の形が良い。容貌は若干黒人風ともいえ、手が長い。こんな格好良い“おっさん”はちょっといない。団塊世代向けファッションのモデルになれそうな。

 それでだ、事件は、傍聴ノートから要約すると…。
 6000円を持って職探しに出かけた。2日後、職は見つからず一文無しに。翌日、ハローワークで清掃の仕事を見つけた。が、給料前借りできないと言われた。それでは飯が食えない。困って銀行強盗をやろうかと思った。が、度胸がなくてヤメた。スーパーで食べ物を万引した。路上生活が耐えられなくなった。杉並の区役所へ行ったが追い返され、警察へ行ったが相手にしてくれない。どうすればいい。そう言われても困るんだよね。放火すれば留置場へ入れてくれるか。お前みたいなのを泊めるとこはないよ。
 空腹で泊まるところがない。万引で留置場へ入れないなら、ゴミに火をつけよう。5年くらい刑務所に入ってれば景気も良くなって仕事見つかると思う。そこで連続放火した。立ち去るとき人が来て火を消してるのを見た。5年くらい入るつもりなので、もっと火をつけよう。ぶらぶら歩いて行き、郵便ポストがあったので、チラシに火をつけ、火の勢いが強くなったとこでポストへ入れた(第三種郵便物の新聞2通等が焼損)。あと1~2件、火をつけたら出頭しようと思っていたが、午前5時頃、雨が降って寒くなり、眠くなったので、もうヤメようと思い、交番へ出頭した…。

検察官 「7月31日頃に追起訴を予定しております。そのあとは現在捜査中であります」
裁判官 「追起訴っていうのは?」
検察官 「ま、同種です」
裁判官 「恐縮ですが、裁判所の夏期休暇の関係があり、いちばん早くて…」
 次回期日は8月下旬となった。被告人にとっては、もっと延びてもいいょ、なのか…。

 ちなみに「郵便法違反」を傍聴するのは、私は2件目だった。3月2日地裁判決の「器物損壊」は、雲古をポストに入れたのが「郵便法違反」だと追起訴されたのだった。ま、開廷表は「器物損壊」のままだったと思うが。

人気ブログランキングへ 7月13日23時30分現在twofour位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない 裁判員制度はいらない
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

2009年7月12日 (日)

4議席のうち1議席だけ選ばせてやる

 大ショックsign03 12日(日)開票の東京都議会選挙で、開票速報では「ネット」と分類されてる、地道に活動してきた現職候補者が落選した。民主党の新人が爆発的ともいえる票を得て、それに食われたのだ。なんてこったsign03

 小沢一郎議員も鳩山由紀夫議員も、出自は自民党。それもあり、民主党はほんとのところは(国民にとって)ヤバイんじゃないか、と私は思ってる。
 ところが世間は、てゆっかこれはマスコミがつくったんだと思う、政治方面の報道は、自民か民主か政局がどうこうばかり、自民はダメ=民主を勝たせろ、そんな祭りの様相を呈してる…。
 マスコミがつくった祭りに乗せられ、民主圧勝…。
 こういう流れはヤバイっしょ。

 ところで、思うんだけど、定数がたとえば4の選挙区でも、投票者は1人の候補者名しか書けないんだよね。
 4議席のうち1議席だけ選ばせてやる。
 それって、おかしくない? 選挙権を著しく侵害してることにならない?
 なんとなくムカついて、そういう訴訟を起こそうかって気になった。でも、すでにどなたか、やってるのかな?

 ところで、「選挙セール」ってのがあるそうな。投票したら割引します、みんな選挙へ行きましょう、とかいうやつ。こぉれは、ある人たちにとって、許せない話でしょ。
 そんなセールに吊られて投票する奴は、どこに投票するか、わかったもんじゃない、マスコミ報道に乗せられて民主党候補に投票しやすいはず。
 利益誘導や宗教などで票を固めて安泰だった人たちにとって、とんでもないことでしょ。
「選挙セールは民主党への公然の買収に等しいっ!」
 と訴訟を起こすかもね。

 嗚呼、来週も裁判所通いだ…。

人気ブログランキングへ 7月12日23時50分現在twofour位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

2009年7月11日 (土)

被告人を知らないと三度言うだろう

「え~? どれにしよう、どうしよう」
 団体・グループで傍聴に来た人たちのうち何割かは、1階の開廷表の束をめくり、こう交わしてるはず。
 その際、傍聴席の数が分かってれば、20席じゃなく40席前後の広いほうの法廷へ行く、ということもあるはず。

 そう期待して、東京は霞が関の裁判所ビルの、4階から8階までの法廷のうち、高裁・地裁を問わず、民事・刑事を問わず、広いほうの法廷の番号を記しておく。団体・グループの方々は、メモしといてね。lovely
 このほかの刑事の法廷は、すべて20席だ。狭いよ~。暑いよ~。苦しいよ~。だから来ないほうがいいよ~。←そんならお前が行くなっつーの! shock

 8階: 803、805、806、808、809、810、812、813、815、817、818、820、821、822、824、825。
 7階: 703、705、706、708、709、710、712、713、715、717、718、720、721、722、724、725。
 6階: 606、610、611、615、622、626、627、631。
 5階: 506、510、511、515、522、526、527、528、530、531。
 4階: 406、410、411、415、419、421、422、424、425、426、428、429。

sevenonezero日(金)

 裁判所の玄関に入るとき、左側の植え込みの辺りに学生と思しき団体が30~40人いた。昨日は制服の女子中高生かな、同程度いたっけ。

 10時から東京地裁409号法廷(20席)に「道路交通法違反、自動車運転過失傷害、犯人隠避教唆」の新件が入ってる。そっちは私の専門だから傍聴したい。
 9時55分からは東京簡裁728号法廷(20席)に「窃盗」の判決が入ってる。こっちは7月3日にたまたたま第1回を傍聴したやつで、被告人の妻がどうにも気になる。判決の主文は想像がつくけど、どうしても見届けておきたい。
 じゃあ、728号を傍聴してから、409号へ行くか。

 とんでもないっsign01
 728号から409号まで、大廊下を走り非常階段を駆け降りても2~3分かかるうえ、そもそも409号は、これまでの経験からすると早々埋まるだろう。玄関脇に見えた団体だけで30~40人いたわけだし。
 「窃盗」の判決を傍聴する、それはすなわち「道路交通法違反、自動車運転過失傷害、犯人隠避教唆」の新件を捨てることを意味する…。

clip 9時55分から東京簡裁728号法廷(磯和幸隆裁判官)で「窃盗」の判決。
 懲役2年6月、執行猶予3年。
 弁護人と被告人が傍聴席の脇のドアから出て、最後に妻がぺこりとお辞儀して出て行った…。

clip 続けて10時から728号法廷で「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反」の新件。
 被告人(27歳。暗色スーツ。身柄、留置場)は、スカウト行為(それは被告人ではないという)で45日間の営業停止を食らった池袋の社交飲食店(キャバクラ)が、2日後に営業を再開するに当たり、女の子を見つけて店に貢献しようと、池袋の歩道上で、私服女性警察官とは知らずに「キャバクラなんですけど、どうですか。夜8時から朝5時までの仕事なんですけど、どうですか」と勧誘し、2人の後ろを追従してきた別の警察官により現行犯逮捕されたんだという。

(不当な客引行為等の禁止)
第七条
 何人も、公共の場所において、不特定の者に対し、次に掲げる行為をしてはならない。

 次のいずれかに該当する役務に従事するように勧誘すること。
 人の性的好奇心に応じて人に接する役務(性的好奇心をそそるために人の通常衣服で隠されている下着又は身体に接触し、又は接触させる卑わいな役務を含む。以下同じ。)
 専ら異性に対する接待をして酒類を伴う飲食をさせる役務(イに該当するものを除く。)

 興味深いのは、店の者も、いっしょに寮(といっても民家)に住んでいたという同僚も、被告人のことなど知らないと警察捜査に答えてるらしいことだった。被告人は、店から月10万円をもらい、犯行前夜も寮に寝て、荷物は寮にあるというのに。
 店側としては、また営業停止を食らってはかなわん、つーことなんだろうか。

 イエスは言われた。「はっきり言っておくが、あなたは今夜、鶏が2度鳴く前に、3度わたしのことを知らないと言うだろう」 ――マルコによる福音書14章30節

 一方、留置場に面会にきた被告人の友人(2歳年長)は、一日も早く社会復帰できるよう、いっしょに仕事を探してやる、住むとこが見つかるまで自分のとこに居させてやる、と言ってるそうな。
 客引きの罰金前科があり、本件の求刑は罰金50万円。
 10時54分閉廷。

コテコテ大阪弁訳「聖書」愛蔵版 コテコテ大阪弁訳「聖書」愛蔵版

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

clip これも20席の法廷、たぶんダメだろな、と10時58分に行ってみたら、傍聴人はまだ10人ほどしか居なかった。11時から地裁408号法廷で「威力業務妨害」の新件。
 被告人は身柄(拘置所)、35歳。報道された事件だ。昭和女子大の内定をなぜ取り消されたのか。甲2号証、採用面接経過の要旨告知にこうあった。
検察官 「学生から…喫茶店…客としてきた男が、今度昭和女子大で働くことになった…見ず知らずの者にそこまで話すのかと…」
 6月5日付け起訴の「威力業務妨害」についての甲号証20点、乙号証6点の要旨告知が行われ、7月4日付け起訴の「器物損壊」については次回、ということであっさり続行に。
 11時25分閉廷。

sleepy 地下でかけそば大盛り290円。5階の、まだ誰もいない一般待合室で、携帯電話のアラームをセットし、12時20分頃から約30分間、寝る。目を覚ますと、待合室に3~4人いた…。

clip 13時から簡裁534号法廷(木田正彦裁判官)で、まず「占有離脱物横領」の判決。傍聴人がすでに5人もいた。この時刻、他に開廷がないからだろう。
 前刑を4月28日に満期出所して10日も経たないうちの、スポーツセンター自転車置き場からの自転車の持ち去り。それが窃盗でないってことは、氏名不詳者がどこかで盗んで遺留していった、つーことなんだろうね。被告人は「不遇な境遇」なんだそうだ。
 懲役8月、未決10日算入。

clip 続いて13時10分から「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反」の判決。続々と若者たちが来て、16席が埋まった。
 被告人は在宅。白地のしゃれたアロハシャツ乃至オーバーシャツに、良い色のカーゴパンツ。40~50代なんだろうけど、背が高くて、白髪混じりの短い金髪(脱色?)で、格好いい男性だ。

 弁護人がなかなか来ない。13時15分、やっと来た。だいぶお年寄り…どこかで見た人…ええっsign02 2003年から2005年にかけて東京簡裁2室1係の裁判官だった小島裕史さんsign02 もうだいぶ前のことだから記憶が怪しいが…ええっsign02

 事件自体は、営業利益を優先して、18歳未満と知りながらE子を雇い、約2週間連日稼働させ…勤務条件にもとづく意見の食い違いから…解雇…E子による営業妨害行為…アルバイト代を払っていない…というふうなもの。
 何か納得いかないことがあり、公判廷へ出てくることになったんだろう。
 罰金50万円、訴費不負担。

キャバクラの教科書(上級編) キャバクラの教科書(上級編)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 13時20分、男女7人ほどがドッと出た。13時30分からの何かを傍聴に行くんだね。でも、それが「強制わいせつ」とかだと、もう入れない可能性が高いょ。
 私も出て、弁護人のあとを追った。しかし、被告人と忙しく去って行ったので、深追いしないことに。
 もしもあれが小島さんで、東京高地簡裁で弁護活動をしているなら、いずれお会いできるだろう。

clip 534号法廷へ戻り、13時20分からの「窃盗」の判決。
 被告人(身柄、拘置所)は、ベージュのチノパンにチェックの長袖オーバーシャツ。背が高めの、ちょっと格好いい系の男かな?
 同種猶予判決が確定後、1カ月余りでの、高額な書籍4冊の万引。
裁判官 「恵まれない家庭環境にあったとしても…」
 言い渡しの間、被告人は、右手で左腕を、左肩を、しきりに触っていた…。

clip 13時30分から東京高裁429号法廷で「傷害」の控訴審第1回。
 非常階段を1フロア降りればすぐの、高裁の広めの法廷だし、罪名が地味だし、被告人は男性氏名だし、関係者が数人いるくらいだろう、と13時24分まで534号法廷にいたのだ。
 ところが、法廷の前に警備の職員が数人(5人以上)いて、傍聴席には10人以上いた。そのうち数人は、事件とは無関係な学生かなと思えた。
 しかも、13時26分頃に「少し早いですが」と始まってしまった。危ね~。

 被告人は非身柄。薄い草色の夏のスーツ。明るい色のネクタイ。61歳。
裁判長 「前弁護人作成の控訴趣意書を陳述。補充書1は陳述しない。あとから出た補充書2を陳述…」
 えっ? 私の聞き間違いでなければ、弁護人は代わったわけ? しかし控訴趣意書は陳述するわけ?
裁判長 「証人として調べる予定の■■■■(女性氏名)、出頭しないので取り調べません」
 ええっ?
 そして被告人質問となった。犯行当日、被害者(=今日証人として出廷するはずだった女性)の自宅へなぜ行ったか、行ってからどうしたか、被告人は弁護人の質問に答えて長々細かく述べ始めた。え~っ? そういうのは一審で十分取調べ済みじゃないの?
 主語をしばしば省略する話し方で、何を言ってるのか分からない部分が多いのだが、「裁判所前の男」の氏名が何度も登場した。そういえば彼は、先週の頭から裁判所前に居なくなった。先々週の金曜は居た。どうしたんだろう…。
 被告人氏名でネット検索すると、本件の一審判決と思しきものがヒットする。見た感じ、本物だ。それによれば、原判決は懲役1年、未決250日算入、執行猶予3年…。

 被告人質問が長々続く429号法廷をそっと出て…。

clip 14時から東京地裁・民事3部の522号法廷(八木一洋裁判長)で、「違反履歴不存在確認等」の「証拠調(本人)」。被告は東京都。
 昼に1階の開廷表で発見したのだ。「違反」が交通違反である可能性は高く、「証拠調(本人)」とあっては、見逃せないじゃないか!

 本人訴訟で、被告代理人はバーの中に8人。
 八木裁判長は「よろしくお願いします」と、にこやかに席に着いた。ほぉ~。原告本人尋問に先だっての宣誓のとき、全員起立。こういうのは良いね~。
 刑事の法廷の外の注意事項に、宣誓時は起立すること、とか明記されてるのに、ぜんぜん守られてない。裁判所自ら日々“ザル法”を放置してるようなもの。非常に良くないと思う。

 で、被告人質問…じゃなくてsweat01本人尋問。3件の違反に不服があるようだった。1件は指定通行区分違反、1件は追尾式の速度違反らしかった。
 尋問は、予定を17分オーバーして15時17分に終わり、次回、取締りの警察官3人を尋問することに。
 一般に、取締りの警察官は被告代理人らと綿密に打ち合わせして完璧な証言を行い、判決は「取締りは完璧だった。違反履歴が存在することに違法はない」とならざるを得ないと思うのだが…。

 民事の行政部は夏以降もぎっしり詰まってるようで、次回は10月23日。ひぃ~sign01

弁護士いらず 本人訴訟必勝マニュアル 改訂新版 /三浦和義/著 [本] 弁護士いらず 本人訴訟必勝マニュアル 改訂新版 /三浦和義/著 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

fish それから裁判所内の某所へ。職員に延々しつこく食いついてる年配男性がいた。興奮して突然、英語でまくし立てたりもしていた。離れたところに、奥さんらしき痩せた年配女性がじっと待っていた…。
 もしも暴行、傷害、公務執行妨害へと発展したら、まずは目撃者として供述調書を取られることに…と思ったが、そこまでの発展はなかった。

人気ブログランキングへ 7月11日21時10分現在twofour位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) Book 裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫)

著者:高山 俊吉
販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

陰茎の先っちょを2~3cm

 いくら本人が「殺すつもりはなかった」と言っても、鋭利な刃物で心臓付近を何度も深々と刺してれば、殺人の故意が認定される。
 いくら本人が「あんな匿名掲示板のイタズラ書きで警察が動くとは思わなかった」と言っても、日時場所を特定して大量殺人をするとか書けば、それは犯行予告になり警察は動く。
 それと同じで、いくら裁判官が「有罪の心証を得た」と言っても、無罪とすべき証拠がいくつもありながら無視して有罪としたなら、故意により、または未必の故意により、人の自由または生命を奪ったと認定すべきではないのか。
 最も基本的な注意義務を怠り、業務上重過失死刑…。
 無罪証拠をことさら無視して、危険裁判致死傷…。
 そんな考え方があっていいんじゃないか。

sevennine日(木)

clip 10時から東京地裁828号法廷(髙橋正幸裁判官)で「公然わいせつ」の新件。
 例によって狭い法廷だ。私としては精一杯早く9時38分頃、焦りつつ法廷の前へ行くと、ブレザーに半ズボンのおじさんが1人いるだけだった。ほっ。
 続々と傍聴人が集まってきて、9時48分頃にドアの施錠が解かれ、9時50分頃に弁護人がきて、9時52分頃に司法修習生が2人きた。
 修習生の1人は若い女性で、黒いスーツの下は薄青の、目を見張るようなフリフリブラウス。目蓋と、髪を縛るクシュクシュ(?)が鮮やかな青。良いな~。

 検察官は、濃い草色(良い色)のスカートスーツの若い女性で、席に着く前にまず唇にリップクリームを塗った。記録を包んだ風呂敷は、検察庁のマークが入った青っぽいあれでなく、茶とオレンジに少し乳色か何か混じった、大きな格子模様の風呂敷だった。あれは私品? それとも東京地検は大胆に風呂敷デザインを変えた?
 裁判員裁判が始まり、裁判所周辺の歩道に、地元の任侠の親分(※)の仕切りで、判決焼きや懲役アメの屋台が並ぶようになったとき、風呂敷の露店もあるといいね。
※ 最高裁から天下りを迎え、裁判員法による指定露店機関に指定された親分。各露天商はその親分と契約を結ぶ。

 9時58分、被告人がきた。身柄(拘置所)で、例のジャージ。私と約5カ月違いの54歳。住所不定、建築作業裁判員をやったりやらなかったり。ずっとうなだれ、俯いていた。
 要するに、痴漢をしようと早朝の電車に乗り、しかし前科(同種2犯を含む9犯)があることから痴漢は躊躇し、16歳の女子高生(本件犯行の目撃者)のそばで、ジャージの上から自己の陰茎をさすり、右手をジャージの下へ入れ、腰のゴムの部分から陰茎を(弁護人によれば先っちょを2~3cm)出した…。

弁護人 「食事はどうしてました?」
被告人 「(建築関係の)現場があるときは現場の中で…。カネがないときは炊き出しに行ってました」
弁護人 「どんな気持ちになりましたか?」
被告人 「…………ちょっと投げやりになってたかも」
弁護人 「もう刑務所へ行ってもかまわないと?」
被告人 「そういう気持ちもあったと思います…」
 その部分に、裁判官が突っ込んだ。
裁判官 「痴漢だと捕まるからと…。そうすると刑務所へいきたくないのでは?」
被告人 「長くはイヤで、少しなら…」
裁判官 「陰茎見せて、すぐ仕舞ったんでしょ。それはどうして」
被告人 「捕まりたくなかったからじゃないんですかね…」
裁判官 「刑務所行きたいなら陰茎ずっと出し続けてればいいじゃないですか」
 こういうのはエリート裁判官独特の考えのように私は感じる。被告人はみすぼらしく答えた。
被告人 「そこまでの大胆さが…」

 求刑は懲役6月。10時46分閉廷。

clip 11時からの「道路交通法違反」の判決を傍聴に、東京高裁410号法廷(出田孝一裁判長)へ入ると、10時30分からの「覚せい剤取締法違反、火薬類取締法違反」の判決言い渡しがまだ続いていた。
 途中から聞いた限りでは、覚せい剤自己使用(居室や自動車内に注射器多数)と、手榴弾の所持で、後者については火薬が充填されていなかったという事実誤認の主張らしかった。
 原判決は懲役1年4月、未決80日算入。
 控訴棄却。控訴審の未決算入日数は不明。

clip 続いて11時から「道路交通法違反」の判決。
 被告人(在宅)は黒いスーツの、かなりのお年寄りだった。
 原判決の懲役6月は重すぎて不当、再度の執行猶予を付すべきである、との主張。

 2000年以降、無免許あるいは無免許を含む罪で罰金刑3回。2006年8月には無免許で懲役6月、執行猶予4年の判決を受け、自重自戒すべきその猶予の期間中にまた無免許で捕まり、その罪で起訴されて第1回公判までに、また無免許で捕まったのだという。
 いっくらなんでも、それで再度の執行猶予はムリでしょ。日本司法支援センターへの50万円の贖罪寄付は…いや、少しでも刑期が短くなれば、ということだったのか。
 11時08分閉廷。

 被告人と弁護人(こちらもお年寄り)が大廊下へ歩いていった。
被告人 「結局、6カ月ですか…」
弁護人 「前のがあるから1年だよ」
被告人 「ほぁ~~~」
弁護人 「(被告人の背を叩き)ま、肝っ玉、太く持って」

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

cat よく考えれば、本当はこれで帰ってもいいのだ。帰って資料の整理でもすればいいのだ。…が、午後も傍聴する予定で、16時から新宿で打ち合わせを入れてしまった。しょーがない。あきらめて、裁判所内を彷徨うことにしよう…。

clip 11時15分からの「窃盗」を傍聴に、簡裁728号法廷(岡野清二裁判官)へ入ると、10時30分からの「窃盗」の、裁判官からの被告人質問が終わるところだった。
裁判官 「ここまでやっちゃえば覚悟はできてるんでしょ? またやりますってここで言うバカいませんから」
 ん? そんなことを言うとは、被告人の態度や供述に芳しくないものがあったんだろうか。
 すぐに、論告・弁論。
 被告人(身柄、留置場)は、30年間にわたりタクシー運転手をやってきたが、クモ膜下出血で倒れ(私も気をつけなければ)、右目を失明してタクシーは続けられず、新たな就職先も見つからず、折り合いの悪い長男により、自己所有の物件から追い立てられてホームレスになり、食品などを万引した…らしい。万引の前歴3件。
 求刑は…。あれ? 聞きのがしてしまった!
 判決は次回。7月16日を裁判官が提案すると…。
被告人 「はい」
裁判官 「いえ、あなたに聞いてません」
 そりゃそうだ。被告人は身柄だから、スケジュールも何もないのだ。私はもう、岡野裁判官の調子がおかしくておかしくて。被告人質問でいったい何があったんだろう。

clip 続いて11時15分から「窃盗」の新件。
 被告人(身柄、拘置所)は58歳。私と年齢の近い被告人が多いなぁ。
 これは品川駅の自由通路での仮睡盗。
 前科3犯。うち2犯は服役。「預けていたカネ」が前刑出所時180万円くらいあり、出所後に就いた仕事を辞めたあとも、アパートの家賃はきちんと払っていたんだという。偉いね。
 求刑は懲役1年…6月かな? このあたりで私は睡魔に襲われたらしく、傍聴ノートの字がひどいことになってる。
 12時07分閉廷。

restaurant ユキさんと地下の藪伊豆へ。私は例によって、かけそば大盛り290円。もう何カ月か、A定食460円を食べてない。いつも睡眠不足で、定食を食べるとたいへんなことになりそうで。

clip 13時04分頃、地裁716号法廷(中島経太裁判官。ここも20席)へ行くと、すでに12人ほどいた。13時10分から「売春防止法違反」の判決なのだ。
 被告人は非身柄。黒のパンタロン、洒落た夏の上着。長い髪。「内外タイムス」などに広告を打っての、派遣型売春の周旋。懲役2年、執行猶予3年。言い渡しの間中、被告人は鼻水をすすっていた。泣いてたんだろうか。
 13時16分閉廷。

clip 13時20分から簡裁728号法廷で「廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反」の判決。
 いつもツケで飲ませてもらっているので断りにくかったとはいえ、80kgと大量の何かをどこかへ投棄するのを手伝った…。
 罰金30万円、訴費不負担。

clip 非常階段を駆け降りて13時30分から地裁531号法廷(山口雅髙裁判官)で、「道路交通法違反」の新件。
 被告人は在宅。50歳、グラフィックデザイナー。
 昨年8月13日に、郷里へ亡父の墓参りに行き、地元の同窓生と遅くまで同窓会。翌午前、体調は悪かったが運転し、その途中、迎え酒にと缶ビール3本を飲み、さらに運転、ブロック塀を損壊する物損事故を起こした…。0.55mg。
 検察官の手元に、赤キップと黄色い交通事件原票があった。そんなの見るの、久しぶりだ。なんか交通違反から遠ざかってるなぁ、という気がして…。

 13時37分から被告人質問。
 被告人は緊張感のかけらもないっつーか、弁護人とこそこそ雑談、談笑するような。なんだそれ。こりゃあ、山口裁判官、キレるぞぉ…。
 ところが、
裁判官 「私、聞かなくていいなら、どうぞ続けてください。聞き取れないとこありますよ」
 と冷たくしらっと言っただけ。ぜんぜんキレなかった。

 驚いたのは、被告人に前科がないこと。
 運転中に迎え酒で缶ビール3本は悪質だし、0.55mgも悪質だし、ブロック塀損壊の物損事故を起こして発覚という経緯も悪質、とはいえ、罰金前科なしで、いきなり公判請求とは! これも、酒気帯び処理の運用が重くなってることの顕れなのだろう。
 求刑は、やや軽めの懲役5月。
 13時55分閉廷。早っ。

clip 5月7日に第1回を途中から、6月16日に第2回も途中から傍聴した「傷害」の、14時30分から第3回公判。
 今日は被告人質問。真相はどうか知らないが、少なくとも被告人の言い分を聞く限り、荒っぽい職場におけるケンカの相手(同僚)が、べつにどうってこともないのに診断書をとって告訴、その告訴に警察は乗って傷害事件をつくった…ということなんだろうか。
 それはあり得ることであり、それをやられたらもう助からない、真相がどうであろうと。私はそう思うんですけど。

取調室の心理学 (平凡社新書) Book 取調室の心理学 (平凡社新書)

著者:浜田 寿美男
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 簡裁のこの係(2室2係)は8月12日から8月一杯、夏期休暇だそうで、それまでにできれば終わらせようと、論告・弁論は7月末に。
 今の時期、各係、各部の夏期休暇の期間がわかることがある。どこも約20日間なんだねぇ。そうして開廷ががくんと減ったところへ、裁判員裁判と、夏休みの学生たちが押し寄せるわけだ。今年の夏は特にたいへんなことになりそう。諸君、このストレスを、覚せい剤や万引や陰茎露出で晴らそうとしちゃいけないっ。

cafe 16時から新宿の、昔風の怪しい喫茶店で、某月刊誌の打ち合わせ。裁判関係で6ページ書かせてもらうことに。

人気ブログランキングへ 7月11日3時50分現在twoeight位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) Book 裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) 

著者:高山 俊吉
販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年7月10日 (金)

裁判官は頭を抱えた

seveneight日(水)

 途中3時間半ほど寝て、原稿を1本仕上げてから裁判所へ。ヤバイ。かなり居眠りするかも。
 そこで、1階喫煙所のそばの自販機で140円のコーヒーを買った。カフェインをちびちび摂り続けて耐えようと…。

  

 同じものなのにupこれは1本あたり約101円。うむ~。

 2014年4月21日追記。2013年4月からだっけ、もっと前からだっけ、その自販機のそのコーヒー(上掲左側)の価格は100円になってます。

clip 9時55分から東京簡裁728号法廷(磯和幸隆裁判官)で「窃盗」の判決。
 あれ? 被告人も弁護人も違うじゃん。あれ? 7月3日に第1回を傍聴したパチンコ依存症のひったくりじゃなくて、ぜんぜん知らない「窃盗」だった。手帳を見ると、ひったくりは10日だった…。

 2004年10月に「窃盗」で懲役10月、執行猶予3年の前科ありぃの、2009年5月のディスカウント店での靴など8点の万引。
 懲役1年6月、保護観察付き執行猶予3年。これは軽いといえるのかな、べつに普通の範囲なのかな、分かんない。

clip 続いて10時から「自動車運転過失傷害」の新件。
 被告人(在宅)の氏名は、東京区検のあの検察官と同姓同名。
 昨年12月、午前2時25分頃、首都高速・都心環状線外回り(制限50キロ)をスカイラインで約80キロで走行中、カーブの先に渋滞停止の最後尾車両を発見、ブレーキ操作を誤り、スピンして自車後部を衝突させ、最後尾車両に乗車していた2人に加療2週間と3週間の腰椎ねんざ等の傷害を負わせたんだという。
 略式命令を経ての、被告人からの正式裁判請求。何が不服だったのか。
被告人 「何度言っても聞いてくれなかったのは、お前いつも来て走ってるだろと…そんなことはけしてない。それがどこにも出てこなかったんで、それは強く!」
検察官 「ルーレット族じゃないこと、わかってほしいと?」
被告人 「はい」
 求刑は罰金50万円。
 略式のときの書証に、被告人がルーレット族だという趣旨のものはないはず。それで罰金50万円だったはず。
 だから、ま、求刑どおり罰金50万円だろうな。ところが…。
 直ちに判決。罰金40万円、訴費不負担。
 びっくり。いわゆる“8掛け”ではあるけれども、私が知る限り、略式経由は原則、求刑どおり(略式命令の金額どおり)の罰金のはず。
 本件は被害弁償および示談の情状が良い点が酌まれたのか、磯和裁判官は被告人の良い情状になるべく目を向け、比較的柔軟な判決をするのか。

clip 11時から東京高裁410号法廷(金谷暁裁判長)で、東京地裁での一審を一部傍聴してきた「危険運転致死」の控訴審第1回。
 これも被告人車両はスカイライン。原判決は懲役4年6月、未決180日算入。
 弁護人は3人。うち2人は、たしか原審と同じ。そしてもう1人がなんと、交通事件では有名なあの弁護士さんだった。
 金谷裁判長は、弁護人請求の検証等を却下し、検察官請求の遺族の意見陳述を却下し、しかしとりあえず続行。

clip 11時30分からさっきの簡裁728号法廷で、7月3日に第1回を傍聴した、ちょっとびっくりな「道路交通法違反」(無免許)の第2回。
 前回20分ほど遅刻した被告人は、今回も30分ほど遅刻するという。なんだよ~。別期日を設けて勾引しちゃえ…というわけにもいかず、13時からやることに。
 こう言っちゃ何だが、結果は決まりきってる裁判なので、被告人が来たときに全部終わらせてしまうのが良く、証人尋問と被告人質問をささっと済ませ、弁論はともかく論告は1分ほどで済ませ、判決まで終わってしまう可能性が高い。
 しかし…。あ~、困ったな~。

restaurant いっしょに傍聴席を出た“判検ウォッチャー”だという女性と、しばし雑談。いっしょに地下の藪伊豆で、私はかけそば大盛り290円。

 じつは今日、13時30分から地裁409号法廷で「住居侵入、公然わいせつ」の新件がある。ご案内のとおり(笑)、私は「公然わいせつ」に注目してる。見逃したくない。
 じゃあ、13時からの無免許を13時25分頃まで傍聴して、飛び出して409号へ走るか。数年前ならそんな選択肢も検討できたが、近頃は全く論外。なぜなら、近頃傍聴人が個人も団体・グループも多く、こういう罪名は人気があるうえ、409号は20席で、しかも13時10分に「大麻取締法違反」の判決が入ってるのだ。その判決からぎっしり満席になるのは見えてる!

 12時25分頃、409号法廷の前へ。そばの一般待合室に2人。開廷表をメモしてると、すぐに4人がやってきた。さらに続々とやってきた。ええぃ、もぅ、ここに居てしまえ!
 13時に法廷のドアの施錠が解かれ、13時05分には18席が埋まり、間もなく満席となった。

clip 13時10分から「大麻取締法違反」の判決。裁判官は室橋雅仁さん。私はお初、かな?
裁判官 「主文っ! 被告人を…!」
 でっかい声! 武内晃裁判官よりずっと大声だ。
 懲役8月、未決20日算入、大麻1袋没収、訴費不負担。
 大麻で執行猶予中(6月、3年)の大麻なんだそうだ。

clip 13時30分から「住居侵入、公然わいせつ」の新件。
 被告人は身柄(拘置所)。女装して、被害女性が住むオートロックのレジデンスの共用部分へ侵入し、陰茎を露出して手淫。普通の格好では理性が残り、自分が恥ずかしいのだという。なるほど。
 前科18犯、前歴39件…と聞けばものすごいが、ほとんどは軽犯罪法違反なのだそうだ。
 求刑は懲役1年。「公然わいせつ」は奥が深い…とまた思える裁判だった。
 14時32分閉廷。

clip 13時30分から簡裁826号法廷(虎井寧夫裁判官)に入ってる、6月19日に第1回を傍聴した「傷害」(被告人も被害者も韓国人女性)の第2回、へ行ってみた。
 今日は被害者の証人尋問。通訳付きとはいえ、1時間以上過ぎてるのに、弁護人からの反対尋問が終わりそうもない、という状況だった。
 争点は暴行の程度なのに、弁護人は全く関係ないことをだらだら、通訳付きなのに文法無視の、独り言のような調子で続けるのだった。
裁判官 「主旨がぜんぜんわかりませんよ! それは弁護人は一所懸命やってるのかもしれませんが、こっちはぜんぜんわかりませんよ!」
 延々続きそうで、14時55分に出て…。

clip 15時から地裁818号法廷(江見健一裁判官)で、阿曽山大噴火さんから真っ向否認だと聞いた「公務執行妨害」の第2回。
 新宿歌舞伎町、コマ劇場前での事件だ。
 この弁護人も、なんつーか…。江見裁判官は、検察官でも弁護人でも(江見さんにとって)マヌケなことをすると頭を抱える素振りをし、そこがなかなかにキュート(カタカナ語の使い方、間違ってる?)なのだが、今回、弁護人の反応に何度もその素振りを見せてた。
裁判官 「現場写真…と言いながら、写真9枚プラス地図…なのですか」
弁護人 「そうですね」
裁判官 「ん? 写真、9枚じゃないですね…20枚と地図…弁護人、こういうのちゃんとして下さいね。で、これ、2通あるのはどうしてなんですか」
弁護人 「原本です」
 原本取調、写し提出のつもりだったんだろう。しかし示談書とか契約書とかでないそういうものは、原本提出が普通なんだろう。
裁判官 「なんで写しを出すんですか。裁判所としては原本あったほうが」
弁護人 「あ、それなら原本でいいです」
裁判官 「(次は)雑誌、実話マッドマックス、2009年6月号…(証拠請求したいのは)雑誌の存在ですか、写真ですか」
弁護人 「写真です」
 そしたら何ページのどの写真と特定しなきゃいけないが、写真ページにはページ番号が入ってないらしい。
裁判官 「この雑誌は、目次はないんですか…(ページをめくり)ないんですか!」
弁護人 「……(無反応)……ちょっと待ってください(ページをめくり)……」

 15時27分から証人尋問。新宿警察署、地域第4係、歌舞伎町交番の巡査。被告人を公妨で現行犯逮捕した警察官だ。
 歌舞伎町といえば監視カメラだらけ。当然、映像をプリントアウトしたものを検察官は証拠請求し、採用されていた。
 ところが、検察官が証人に示したのは、現場へ向かう途中の証人の姿と、被告人を固めて倒れ込んだ場面のみ。争点(の1つ?)になってる被告人の“体当たり”の瞬間は示さないのだった。あれ~?
 次回、録画映像を取り調べるそうだ。てことはつまり、巨大モニターで上映するのかな。現場で何があったか、本当なら一目瞭然のはず。どうなるんだろ…。
 16時32分閉廷。

※ 2014年4月21日追記。その「公務執行妨害」は、控訴審で逆転無罪!

 今日は140円のブラックコーヒーが効いたか、ほとんど居眠りしなかった。ってそんなこと得意そうに言うなぁっ! sad

人気ブログランキングへ 7月10日2時50分現在twofive位~happy02

 地下鉄・霞が関駅の裁判所の正門に近い改札の内側に、七夕の笹飾りがあったでしょ。利用客が短冊に思い思いのことを書いてぶらさげるやつ。
 あの短冊、「どうか執行猶予が付きますように」とか「保釈が認められますように」とか「未決勾留日数がたくさん算入されますように」というのに混じって、「きっと死刑になりますように」というのがあった…かもしれない。

 ←2015年1月23日追記: 長きにわたり「社会・経済(全般)」のカテゴリーでやってきたが、前夜、「裁判」のカテゴリーを発見。知らなかった、そっちのほうが断然なじむじゃん! つーことでさっそく変更したっ。

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

    

2009年7月 9日 (木)

法廷証言、今日で270回目!

7月7日(火)

 このピコピコ音は何? 鞄の中から? あっ、デジカメの電源が勝手に入ってる…。
 その数カ月後、あれ、撮影後、電源が切れなくなった。でも、いつの間にか切れてるから、いいか…。
 と思ってたらとうとう、電源が入らなくなってしまった。バッテリー付近をいじると入るけど、こりゃあ、買い換えるしかないのか?

clip 13時20分から東京高裁720号法廷(安廣文夫裁判官)で、6月23日が第1回だった「傷害」の判決。
 原審は東京簡裁。その第1回は昨年12月16日、第2回は今年1月20日、第3回は2月17日、3月12日の第4回(判決)は、罰金20万円、訴費負担。
 今日の控訴審判決は、控訴棄却、訴費負担。
 じつはこの被告人はちょっと変わった氏名で、ネット検索すると、ヤフーで5万1100件、グーグルで1万4100件ヒットする。ヤフーとグーグルでなぜこんなに違うのか…。

 いや、そんなことより、弁護人は原審と同じで、証人調べとかないのに、訴費負担って、おかしくない?
 この控訴審で訴訟費用が発生するってことは、弁護人は国選なわけでしょ。この弁護人が原審で国選だったにせよ私選だったにせよ、控訴審で国選になるって、そんなことあるの?
 偶然なのか、国選のルールが変わったのか、そのどっちでもなく私が無知なだけなのか。うぅむ、これは誰かに聞いてみよう。つか、法テラス、まだ取材に行ってないのかょ、んもぉうっ。angry

clip それが13時31分に終わり、大急ぎで東京簡裁728号法廷(岡野清二裁判官)、5月29日に第1回を傍聴した「道路交通法違反」(首都高速4号線下り赤坂付近の三菱RS-2000による63キロ超過)の、13時30分から第2回公判。
 今日は三菱電機のスガイソウイチさんの尋問なのだ。久しぶりっ。
 法廷に入るとちょうど証人尋問が始まるところだった。

検察官 「これまで、こういう法廷での証言は何回くらいやってきましたか」
証人   「今日が270回目だと思います」
 うっわ~sign03 しばらく前に100回目という聞いたような気がするけど、270回というのはオービスだけでなく、ネズミ捕りのレーダ測定機の事件も含めて、なのかな。
 ま、なんにしても、270回も法廷証言してるって、ものすごいよね。ギネスブック級じゃね?
 だから、世の弁護士諸氏よ、こういう百戦錬磨どころか270戦錬磨の鉄人を前に、測定機ないし測定値が怪しいことを尋問で明らかにしようとするのは、よほどのドンデンネタでも握ってない限り、全くムリなんですょ。
 どう審問したって、微笑とともにさらっとかわされ、オービス無謬の心証を裁判官に与えるだけなんですょ。

 それでだ、今日の主尋問は、すごく良かった。簡潔で明解にして必要十分。素晴らしかったと思う。感動的ですらあった。
 スガイさんが腕を上げたのか、立会の日下部敏検察官のリード(証人テスト)が良かったのか、その両方だったのか。

 14時25分から被告人質問。
 被告人はカタカナの外国人氏名で、国籍はアメリカ。しかし日本語は流ちょう。そして、アメリカの超有名大学を卒業し、物理科学の博士号を持ってるんだという。
 ただ、どんな知識があっても、ブラックボックスたるオービスの誤測定の可能性を外側から指摘してもムダだと思う。

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 論告弁論を9月に決め、15時02分閉廷。
 手帳に9月の期日が入ったのは、私はこれが初めてだ。こうやって1年があっという間に過ぎ去っていくのだ…。

clip 15時から簡裁826号法廷(江波戸直行裁判官)に入ってる「銃砲刀剣類所持等取締法違反」の新件へ。
 検察官からの被告人質問をやってた。
 被告人(31歳、身柄)は小柄で細め、マジメそうなおとなしそうな感じだった。
 強盗する目的で99円ショップでカッターナイフを買い、ショルダーバッグに入れてたんだという。ええっ。

裁判官 「ここまでくるのは、たいへんだったろうけど…」
 「たいへん」の意味を、弁護人が最終弁論で明かした。
 被告人は母子寮で育ち、母親からビール瓶で殴られるなどし、栄養バランスのある食事を与えられず、小学校卒業時で130cm、36kg。絶えずイジメを受けていたんだという。中学のとき都の養護施設に入所したが、そこでも激しいイジメを受け、施設に入ったときから一度も妹とは会っておらず、母親はどこにいるのか分からず、所持金はほとんどないのだという。
 求刑は罰金10万円。次回判決。15時35分閉廷。 
 

人気ブログランキングへ 7月9日1時40分現在twoeight位~crying

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) Book 裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫)

著者:高山 俊吉
販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年7月 7日 (火)

民事のトリビア事件名

 暑い暑いと思ったら、もうそろそろ夏といっていい時期ではないか。近所のコミセンの屋外プールも、すでに始まってるし。

 土曜はご相談等対応と有酸素散歩に費やしてしまい、日月は某弁護士事務所で、それぞれ別の秘密の会議があり、月曜のほうは終わってから酒をゴチになってしまったもんだから、もう原稿が押せ押せで。

 今日(7月7日)は非常に面白い証人尋問を傍聴してきたのだが、書くヒマがない。
 ということで、小ネタをちょっと。

 裁判所へ行くたびに、東京地裁の民事部の行政部の開廷表をチェックしてる。
 たまに珍しい事件名がある。

 「放置違反金納付命令取消」ってのは多いが、「放置違反金減額」、これは珍しい。いくらに減額しろって請求なんだろう。

 運転免許関係では、「運転免許証更新処分における一般運転者の区分取消等」、これも珍しい。3年免許の交付処分を取り消せ(5年免許にしろ)というのは聞いたことがあるが、こういう事件名の立て方は珍しい。
 私は昔、駐車違反のレッカー移動の料金を請求するな、という趣旨の訴訟をやったことがある。今、思うに、訴状の事件名をズバリ「駐禁レッカー料金を俺に請求すんな等」と書けばよかった? どうも受理した事件名をそのまま開廷表に記載するようで、そしたら、民事の開廷表を毎日写してるあの娘さんとか、なんちゅうギャグだと、爆笑してくれたかも(あの娘さんはそんな昔からいないけどさ)。

 「累積点数加点処分取消」、これも珍しい。点数登録に処分性はないと、門前払い的な請求棄却になるんだろうか。

 あと、「不起訴処分取消」、これも珍しい。違反は無実であり、裁判できっちり無罪を勝ち取りたかったのに、検察官により不起訴(しかも起訴猶予)とされ、警察は違反点数抹消の求めを「無罪なら消すが不起訴なら消さない」と突っぱねる、だから不起訴を取り消せ(起訴しろ)…という事件なのかな?

 以上は、あとで記録を閲覧してみようかと、事件番号等ぜんぶメモしてあるよ。happy01

 ほか、変わったものとしては、
   「監視,虐待,人体実験停止
   「措置入院解除等
   「措置入院処分取消等
   「政策調整義務付け
   「政策調査費返還請求等
 などがある。措置入院のは、私が気づいてないだけで、ぽつぽつあるのかもね。

 あそうそう、行政部の開廷表の原告欄には、東京都議会議員・後藤雄一さんの氏名が、相変わらずある。毎週あるかな? 時期によって違うかな?
 行政部へ出てくるってのは、住民訴訟なんだろうか。
 住民訴訟ってのは、都なら都へ「これこれの税金ムダ遣いがある。よく調べて都の会計へ取り戻してくれ」と住民監査請求をし、棄却されたときに起こす裁判だ。
 後藤さんは住民訴訟で、何億円、何十億円の税金を都民のために取り戻してくれたことやら。しかも後藤さんは、代理人弁護士なしでやってるんだよね。某マニア氏によると、後藤さんの証人尋問テクニックは、なかなかのもんだという。

首都破綻―都税100億円のムダ・不正を暴いた「行革パン屋」が、石原都政を一刀両断! Book 首都破綻―都税100億円のムダ・不正を暴いた「行革パン屋」が、石原都政を一刀両断!

著者:後藤 雄一
販売元:日本評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 私が以前、警視庁赤坂署の参考人費用カラ支給の件で、住民監査請求をしたとき、そんなの初めてで、どうやっていいかわからず、後藤さんのパン屋を訪ね、住民監査請求書の書き方とか、近くの喫茶店で教わったのだ。その件は、棄却されて住民訴訟をやり(東京市民オンブズマンの弁護士さんが4人ついてくれた)、なんと完全に勝ってしまった。
 おっ、そういえば間もなく都議会議員選挙の投票日…。

 ちなみに、住民監査請求→住民訴訟、という手続きは、地方自治体にしかない。
 国にも、国民監査請求→国民訴訟、という手続きがあったら、いったい何兆円の税金を取り戻せるやら、ひぃ~、気が遠くなるね(笑)。
 もちろん、こんなことはいろんな人が言ってる。だけど、実現しない、させない、させてたまるか! あれ、それじゃ三ない運動にならないじゃん(笑)。

 さて、原稿を書かねば!

人気ブログランキングへ 7月7日23時00分現在threetwo位~crying

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) Book 裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫)

著者:高山 俊吉
販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年7月 5日 (日)

松浦亜弥さんが受けたという「裏講」

 <<松浦亜弥が免許取得時に「裏講」の利用を告白、ネットでは否定的意見も。>>とナリナリドットコム。以下はその一部。

7月2日の「笑っていいとも!」(フジテレビ系)で披露された松浦亜弥のエピソードが話題を呼んでいる。この日、松浦亜弥がテレフォンショッキングのコーナーで語ったのは運転免許にまつわる話だった。免許取得時に受ける学科試験の前に、どうしようもない不安に襲われた松浦亜弥は、直前に「裏講」に行って勉強したと告白。タモリは「裏講」の存在を知らず、松浦亜弥の説明を聞きながら「俺の頃にはなかった」とコメントしていたが、「裏講」とはいったいどのようなものなのだろうか。

 「笑っていいとも!」は20代の頃よく見てたけど、近頃はぜぇんぜん。
 つかその時間、裁判所か電車内にいるわけで(笑)。

 「裏講」という言葉は知らないが、要するに、その日試験場で出る問題を全部教えてくれる(といわれる)やつ、かな? 最近、何度も学科試験に落ち、そういうところで問題を教えてもらい、スカッと合格した、という人の話を聞いた。
「ほんとに試験に出る問題を教えてくれるんですよ。出ましたもん、教わった問題が。ほんとですって。あれはどうなってんですかね」
 と彼は笑ってた。

 詳しく取材できる段取りを彼はつけてくれたのに、取材せずにいる。なぜ? まさかとは思うが試験問題の漏洩の可能性があり、それだとニュース性はある反面、私みたいな者が記事にすることは取材対象を裏切ることになるんじゃないか、ってその確認に出向くことさえせず、結局、裁判所通いが忙しくてそのままになってる。みんな裁判所が悪いんだよぅ。coldsweats01

 松浦さんの件は、ま、「裏講」という呼び方はなんだか怪しいけれども、怪しげに呼び慣わしているだけかも、と見なすことは十分にでき、試験場の近くで平穏に開業してる(とくに社会問題になってるとも聞かない)ところが、まさか試験問題を漏洩しているなどとは思わず、藁にもすがる思いで、一種の神頼みで、あるいはプラスアルファの努力をして万全を期そうと、何も知らない人が行ってしまう…それは仕方ないんじゃないか。

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気ブログランキングへ 7月5日19時20分現在twozero位~happy02

全国統一フォーマットをつくる価値は

 傍聴マニア諸氏の全員に尋ねたわけではない。ないが、どうも、コレをしてない方が少なくないのかな?
 コレとは、傍聴した刑事事件のいくつかのデータを表計算ソフト(私の場合はエクセル)に入力する作業である。

 私の場合は、入力するデータは少なくとも33項目。
 入力の作業を始めたのは、2003年頃。事情があって傍聴してないものも一部入力されており、傍聴したものだけで、現在そのデータは1662件。ただし、全欄埋まってるわけではない。

 速度違反についていえば、一部抜けはあるけれども、違反場所、車両、罪名および測定機の種類等、測定値、制限速度、超過速度、前科前歴、求刑、判決(懲役何月、罰金何万円、執行猶予何年、未決算入何日)が入力されてる。
 これにより、速度違反の量刑の相場がだいたい分かる。
 酒気帯びの量刑が2007年秋頃以降、重くなってることも、一目瞭然、分かる。

 悩ましいのは、統一性だ。
 たとえば無免許の場合、罪名は、
   「道交法/無免許(停止中)
 であり、窃盗は、
   「刑法/窃盗(万引)
 なわけだが、その2つが併合審理されたとき、どうするか。
 私は道交法違反が専門だから、罪名欄には、
   「道交法/無免許(停止中)・窃盗(万引)
 と書いてる。
 しかし、法定刑は窃盗のほうが重い。
 また、「俺って窃盗を何件傍聴したんだっけ」と、罪名にカーソルを当てて並べ替えをした場合に、どうも具合が悪い。
 てゆっか、高橋ユキさんもエクセル(だっけ)の表をつくっており、ちらっと見せてもらったが、彼女は「殺人」が専門。私の表とは項目がまったく違う。

 そのへんをうまく統一し、誰でも悩まずに入力できる基本フォーマットをつくり、そこに、信頼できるマニア諸氏が入力し、そのデータを集めて表にしたら、ちょっとすごくない?
 被告人やその家族、また被害者にとっては、「こういう犯罪にはこういう刑が科されるのか」「前科がこうだと、たいがい執行猶予がつくんだな~」と分かる。
 弁護人にとっては、「こういう事件の求刑はこうなのか。本件被告人の前科の状況だと、実刑か執行猶予かぎりぎりらしい。ならば…」と方針を立てやすい。どのみち罰金なのに懲役の執行猶予を目指して準備する、なんてことをしなくて済む。

 そこで、全国統一フォーマットの草案をつくってみる。

   事件名    複数欄を設け、1欄に1罪名を入力。
           各罪名の後ろに簡単な内容を丸括弧で記入。
           その記入内容については別途統一。
   裁判所    横浜地裁小田原支部とか
   裁判官    裁判官の氏名
   検察官    検察官の氏名、人数
   弁護人    国選、私選、人数 
   身柄の別  在宅、保釈、拘置所、留置場
   年齢     第1回公判時の年齢
   職業     プルダウンメニューから選択で
   居住地    都道府県と市区町村程度まで 国籍も 
   犯行場所  同
   前科     罰金、懲役実刑、懲役猶予の各欄を設けるか
   前歴     少年時の前歴、交通違反歴も分かるように
   犯行日    年月日 複数件のときどうしよう
   第1回公判 年月日
   判決     年月日 
   開廷回数  1回、2回、3回、4回、3回以上とか
   手続き     即決裁判手続、簡易公判手続、
            公判前整理手続き、裁判員裁判など
   検察証人  警察官2名、被害者1名、目撃者1名とか
   情状証人  母親、父親、内縁の妻など
   弁号証    反省文、謝罪文、嘆願書など
   被害弁償  金額等
   その他    犯行車両を売却したとか
   求刑     懲役2年とか
   判決     懲役×年、執行猶予×年、未決×日算入、
           没収は××、換刑処分の場合の日数等
           控訴審については原審と原判決も
   訴訟費用  全部負担、一部負担、不負担、言及なし
   備考     事件の概要や特記事項          

 そんな感じかなぁ。
 書記官がつくる公判調書ならぬ傍聴人調書、なんつって。
 でも、このフォーマットに沿って入力するには、私の場合だと1662件の傍聴ノートをすべて読み返さないといけない。ひぃ~。
 でもでも、第一東京弁護士会から量刑の表のような本というか冊子が出てるわけで、需要はあるんだろうと思う。入力1件300円くらいになるなら、頑張ってみる? カナディアンハニーショップはちみつをなめながら。えへへ。

人気ブログランキングへ 7月5日10時00分現在onenine位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) Book 裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) 

著者:高山 俊吉
販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年7月 4日 (土)

「もう一度やり直す」という夫を信じて妻は

 起きる時刻を間違えて、例の「道路交通法違反、危険運転致傷、覚せい剤取締法違反」に間に合わなくなった。例の“裁判所内の女子トイレでシャブ”に関連してるらしいこの事件の判決を、見逃した。
 そんならもぅ、11時からの「脅迫」(被害者は素敵な若奥さん)の第3回も、いいやもぅ…。ということで少し仕事をして…。

clip 13時30分から、普段傍聴しないものをたまには、と東京地裁416号法廷(稗田雅洋裁判官)、報道された薬事法違反」の新件へ。
 でも、やっぱりこういうのは、こう言っちゃ何だが、私は苦手だ。甲号証の要旨告知が延々と続くなか(検察官の机上の記録は2000枚くらいあったんじゃない?)、13時55分頃、そっと出て…。

clip 13時58分頃、東京簡裁728号法廷(磯和幸隆裁判官)に入ると、13時30分からの「窃盗」の、証人(被告人の妻)に対する弁護人からの尋問をやってるところだった。

 被告人は、2005年に結婚したとき、パチンコ狂いによる借金300万円があり、妻が自分の貯金で精算。被告人はもうパチンコはしないと誓った。が、「たまたまやって勝ったり、そういうのに嵌っちゃって」また借金。その返済に追われ、老婆を狙ってひったくりをくり返した…というふうな事件らしかった。
 妻は、夫の逮捕を知るや弁護士を直ちに手配する一方、もう離婚も考えた。しかし、勾留中の夫に多いときで週に3回、少ないときでも週に1回、面会し、さらに手紙をやり取りするなかで、これが最後のチャンス、「もう一度やり直す」との夫の言葉を信じ、夫の兄といっしょに合計100万余円の示談金、約150万円の保釈金を用立て、離婚せず夫を見守るんだという。被告人は保釈後、パチンコ依存症のカウンセリングも受けており、ほとんど休みなく働いてるんだという。犯行は最悪としても、その後の情状は最高じゃないかと思えた。

 妻は――こういうシチュエーションにおける個人的印象で恐縮だが――容姿端麗とは到底いえず、しかし、こんなすごい女性はいない。今回のことで、雨降って地固まる、とびきり幸せな夫婦になれたらいいね。もしもまたこの妻を裏切るようなら、あんた(被告人)はもう人間じゃねーよ、と偉そうに思ったス…。
 求刑は懲役2年6月。14時28分閉廷。

clip 8分遅れで同法廷で、14時20分からの「道路交通法違反」の新件。
 8分遅れてるのに、被告人(在宅)がいない。14時39分、やっと来た。薄青のジーンズに白Tシャツ。46歳。足をゆらゆらさせたり頭をかいたり、終始どこか動いてた。
 公安委員会の運転免許の交付を受けないで普通乗用自動車を運転…。
 被告人は、そこに引っかかった。交付は受けた、受けたけれども更新期限を徒過して失効したにすぎない、そういう認識らしかった。
 それはダメだょ。有効期間がある運転免許、の交付を受けたのであって、有効期間が過ぎたら新しい免許の交付を受けなければならない。それをせずに運転すれば、交付を受けずに運転したことになるのだ。
 その趣旨のことを検察官が説明。

 検察官請求の書証を、弁護人(前にもどこかで見たなぁ。法テラスの制度になってから、国選をやる弁護士は限られてきたのか?)は全部同意。検察官が甲1~7号、乙1~7号の要旨を告知。

 通常は略式で終わる事件が公判廷へ出てきたってことは、「うっかり失効」の主張なのか? 無免許運転は過失犯の処罰規定がない。過失だから無罪、との主張なのか?
 どうも、捕まったときはその主旨の主張していたらしい。だが、じつは失効2日後、28キロ超過で捕まり、そのとき失効が発覚、その無免許運転は起訴猶予で終わったのだという。本件はその約5カ月後、Uターンの違反で発覚した無免許運転。もう「うっかり」は通用しない。
 被告人としては、失効後6カ月間は「うっかり失効」とされて学科・実技試験免除で免許を再取得できることから、刑事処分のほうもその6カ月間は許される、との認識だったのか。わかんないけど、公訴事実はすべて認めるってことで進んだ。

 弁護人は、被告人質問の前に証人尋問(被告人の息子)を請求。
 証人? 傍聴席は私1人。
 証人は「体調不良」で来られなかった、だから証人尋問も被告人質問も次回やりたいと弁護人。
 このあとが面白かった。要するに、ぶっちゃけ、こういうものは罰金(たぶん20万円)で決まりなのであり、証人尋問をやってもやらなくても、つまり続行してもしなくても結果は同じ、被告人質問だけやって直ちに判決とするのが相当であり、しかし裁判官も検察官もまさかそうは言えず、弁護人は重要な情状立証だからとあくまで証人尋問を求めるのだった。
 息子が出廷することは、そりゃ再犯防止のために有用だろうから、検察官としは「不必要」と言えず、裁判官も「不必要ゆえ請求を却下」とできず、結局、次回証人尋問と被告人質問をやることに。
 そして次回期日を…。
 7月17日は弁護人が名古屋へ出張。7月10日15時10分は、弁護人が15時から民事が入ってるからと差し支え。7月15日15時10分は、弁護人が民事が入ってるからと差し支え。7月8日16時は、弁護人が14時から事務所の会議が入ってるからと差し支え。7月10日16時に落ち着きそうになったとき、
被告人 「7月10日は私ちょっとムリです、終日」
 仕事で熊谷へ行かねばならないんだという。
 ようやく決まって15時23分閉廷。

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

gawk いったん帰宅するつもりだったが、もういいや、このまま裁判所にいようと、16時からの408号法廷、「児童福祉法違反」の審理へ、15時50分頃行ってみた。
 ドアに満席札が。まさかと開けて見ると、20席の傍聴席はぎっしり満席だった。若い学生風男女が多い。この時間、他に開廷が少ないから、裁判所ビル内にいる一般人の多くがここへ押し寄せちゃったのか?
 じゃ、他の用を済ませておこう、と法廷を離れるとき、女性検察官および修習生たち数人とすれ違った。検察官は法廷の前で満席札を見て、「なんで満席なのsign02」と驚いてた。

clip 16時30分から、408号の隣の409号法廷(こっちも20席)で「道路交通法違反」の判決。408号はすでに消灯し、満員札が外されていた。
 こんなの誰も傍聴しないだろうと16時25分に409号へ行ったら、11~12人くらいが席を埋めてた。はは~、408号が終わって隣へ流れてきたのかな…。

 判決は懲役10月、執行猶予3年。
 「道路交通法違反」で10月は異様に重い。酒気帯び罰金前科ありの、4月3日と5月21日の酒気帯び2件だという。2件とはいえ、10月は重い。やっぱり、2007年9月19日の厳罰化以降、酒気帯びの量刑は重くなった、その影響なのだろう。
 16時33分閉廷。

wine 18時過ぎ、某週刊誌記者氏と某氏とで、新宿で打ち合わせ。どの店に入ろう。新しくできたこのビルを見てみよう、ここにしようか、と入ったのが「農家の台所 新宿3丁目店」。
 びっくりしたな~、ここはsign01 いろんなとこで酒を飲んできたが、こんな店はねーよっsign01 ま、国立恵比寿にあるそうだが、私は知らんかった。
 野菜のサラダバーってのが最高。旨くて珍しい。肉や魚もお洒落で旨い。どこからどこまで凝ってる。お客はほとんど女性かカップル。男3人なんて私らのみ。うわ~。

人気ブログランキングへ 7月4日14時20分現在onenine位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) Book 裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫)

著者:高山 俊吉
販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年7月 3日 (金)

酒が抜けるまで様子をみようと

 何カ月も前から、いやもっと前から? これは書いとかねばと思いつつ、ずるずるしてた。ずるずるしないで、さらっと書いとこう。

第十二条  この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

 と日本国憲法
 「自由及び権利」ってものは、いくら憲法が「保障」しても、それだけじゃダメ。国民自身が「不断の努力」によって「保持」しなければ、保持できない=必ずや奪われていく…。
 だから、少々負担でも面倒でも、国民は頑張らないといけない。

 じゃあ、裁判員制度も、国民は頑張っていかなきゃ?
 違うだろっ! 憲法12条が国民に義務付けてる「努力」は、自由及び権利を保持するための努力だ。裁判員制度は、自由及び権利を保持するために、あるいはその方向で、出てきたものか?
 概ねその方向でしょ、と思ってる方は、何を根拠にそんなこと思ってるのか、よくふり返ってほしい。
 国民の常識を裁判に反映させる? なんとなく耳障りは良いけど、国民の常識って何さ。それを裁判に反映させるって、具体的にどういうことなの。そのために、なんで裁判員制度なの。
 あなたが裁判に期待することって何? そのために、裁判員制度が必要か? 他にいくらでも方策があるんじゃない? 他の方策が検討された気配はあるか? そこをよく考えてほしい。
 ま、とりあえずそんなところで。

  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) Book 裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) 

著者:高山 俊吉
販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

seventwo日(木)

clip 13時25分から東京簡裁728号法廷で、「窃盗」(ストラップフェチ)の判決。
 被告人が手錠・腰縄で被告人席に着くと、弁護人がそばへ来て言った。
弁護人 「お母さんから聞いた?」
被告人 「いえ…(と答えたように聞こえたが)」
弁護人 「お父さん、30日に亡くなったって」
被告人 「……(うなづく)……」
 裁判官が登壇するまでの1~2分、被告人は口を半開きにして、証言台の椅子のあたりを呆然と見てた。
 判決は、懲役2年、未決算入なし。
 本件は仮出獄から間もない犯行。前刑の執行期間がまだだいぶ残っているんだそうだ…。
 『裁判中毒』に収録した「5歳で両親が蒸発、姉妹とも生き別れ」と同じくらい、胸が苦しくなる事件だった…。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 13時30分から東京地裁405号法廷(小池勝雅裁判官)で「道路交通法違反」の新件。
 13時29分に入ると、もう起訴状朗読が始まっていた。首都高速・湾岸線、羽田空港3-3のオービスⅢLkによる97キロ超過(測定値177キロ)。
 妻を助手席に乗せて千葉の「東京ディズニーランド」へ行く途中。車はスカイラインGTR。
 前科なし。違反歴に速度違反が1件があるが、それは30数キロ超過。スカイラインGTRに長年乗り、オービスを警戒せず(あるいは警戒不十分で)197キロも出す者が、速度違反歴は反則行為1件のみって、なんか不自然…。
被告人 「(当時は)そこまで出てるとは思ってませんでした」
 しかし、少なくとも公判廷では測定値に争いはなく、直ちに判決。相場どおり懲役4月、執行猶予3年、訴費負担。

 超過速度が80キロ未満だと否認はよくあるのに、80キロを超えると途端に消える。その原則が確かにあることを感じさせる事件だった…。
 14時07分閉廷。

clip 14時15分から簡裁826号法廷(江波戸直行裁判官)で、「道路運送車両法違反」の新件。
 不景気でカネがなくて車検の更新をせずに運転…かと思ったら違った。父親の車(春日部ナンバー)に同僚を乗せ、多摩川へゴルフに行く途中、同僚がナンバープレートを付け替えさせてくれと言って足立ナンバーに付け替え、被告人が運転、パトロール中のパトカーが盗難ナンバーを付けてる被告人車を発見…。
 え? その同僚とやらは、いったい何のために盗難ナンバーに付け替えたの? 同僚はその後、どうなったの?
 だが、そういう話は出ず、なぜか検察官は突っ込まず、罰金20万円を求刑して終わった。どうもおかしい。そもそも被告人は在宅で、なぜ公判になったのかも不思議っちゃ不思議…。
 14時46分閉廷。

clip 15時から東京高裁410号法廷(出田孝一裁判長)で「自動車運転過失致死、道路交通法違反」の判決。
 被告人(在宅)は報道によれば逮捕時45歳、自営。赤っぽい長袖オーバーシャツに、ベージュのチノパン。
 得意先の経営者と食事した際、生ビールを中ジョッキで4~5杯飲み、飲酒運転を危惧した経営者が泊まっていくよう何度も言ったが、わずかばかりの休憩をとっただけで普通貨物車を運転。考え事をして、衝突のかなり手前から対向車線へ進出(侵出?)。対向乗用車に衝突し、その運転者(31歳。翌日から責任ある立場につくはずだった調理師)を全身打撲等で2時間後に死亡させた…。被告人はいったんは被害車両に近づいて被害者に声をかけたが、意識がないことがわかると歩いて立ち去り、遠くから現場をながめ、「せっかく借金をして会社をおこしたのに…大学受験を控えた娘が…酒が抜けるまで様子をみよう…」と、近くの小屋で休憩。逮捕時、アルコールは検知されなかった…。
 原判決は懲役4年。控訴の趣意は量刑不当。控訴棄却。被害者の母と妹と思しき女性が泣いていた…。

memo それから、自転車の違反のことで東京都警視庁へ電話。国土交通省の電話番号が携帯電話に入っておらず、えぇい、行ってしまえと、合同庁舎2号館から入館。
 その1階で、時ならぬ異様な連続破裂音がsign01 超弩級のゲリラ豪雨かsign02 ついに東京は水没するのかsign02 と正面玄関へ向かったら、音は吹き抜け部分の2階、警察庁のほうからだった。エスカレータを上がったとこに職員が大勢いて、拍手してるのだった。なんだsign02
 警察庁へ寄るのは翌日の予定だったが、まぁ、いいや、ついでだから行ってしまえ、と2階へ。エスカレータから警察庁の入り口まで包むように大勢の職員が。よくわからないまま、拍手に迎えられて中へ…。
 というのはウソ。そのときもう拍手は終わってた。新しい国家公安委員長が通り、そのお迎えか見送りの人垣が解かれる直前だったのだ。はぁ~。
 ま、おかげで、翌日もらうはずの文書をもらえた。他にいろいろコピー。

P1030218  そして連絡通路を通り、国道交通省へ。
 こっちの1階玄関にも人だかりがsign01 こっちの大臣も交代したんだっけ? 誰かが記者団に囲まれ、何かしゃべってる風だった。私はデジカメを人垣の上に差し上げ、写真を撮った。ちらっと見えたところでは、猪瀬直樹・東京都副知事のようだった。

 国土交通省で、ばっちり、これが欲しかったんですよ、という文書を探してもらい、東京都に電話して、ある文書をホームページから探す方法を教わり、今日の資料集めは空振りなしだった。こんなことは珍しい。雨も、私が外にいるときだけ、ほとんど降らなかったし。

taurus 生活クラブの班長さん宅へ牛乳を取りに行かねば。でも疲れて、急坂を上るのはしんどい。いっぺん帰宅して重い鞄を置き、一服すっか…。と考えながら交差点へ差し掛かると、灯火は赤色。帰宅は直進。疲れて、待つのもめんどい。交差点を渡らずに右折。そしたらもう、急坂を上ることになっちゃうじゃん。ま、いいや。
 と上りかけた急坂で、昔いっしょに暮らしてたSちゃんにばったり。最後に会ったのは10何年前だっけ。今は二児の母親なのだという…。

※ テンプレートをいじったら妙なことになり、元へ戻せなくなった。sweat01

人気ブログランキングへ 7月3日2時30分現在、週間INが300でoneseven位~happy02

2009年7月 2日 (木)

裁判所の女子トイレで覚せい剤

sevenone日(水)

clip 11時から東京地裁711号法廷(市川大志裁判官)で「公然わいせつ」の新件。
 傍聴席は20席。同じ法廷に10時から何か入ってれば、10時前から行ってなきゃ…ではあるが、入ってないのを前日確認。10時30分頃に行けば、まぁ良かろう。
 と思いつつ、着いたのは10時40分頃。やばっ!
 でも、まだ6人しか並んでなかった。ほっ。
 列の1番(2番?)のマニア氏は、10時からの他の新件をあきらめ、10時20分頃から並んでいたという。そうなんだよねぇ。団体・グループの動きは読めず、1つの団体等でなくても複数の小さな団体等がいくつかどっと来ると、20席の法廷はたちまち埋まっちゃうから。

 10時56分には満席となり、10時57分、被告人が入廷。身柄(拘置所)。すごく小柄な、如何にもホームレス風のおじさん(60歳)だった。
 耳が遠く、言葉がはっきりせず、問いとは関係なしに(いや、何らかのつながりはあるんだろう)、本人なりに強い思い入れがあるんだろうことを、勝手にくり返すもんだから、人定質問に9分間もかかった。
 被告人質問では…。
弁護人 「お酒を飲んで、女の人におちんちんを出したとき、あの場所(新宿百人町のホテル前)へどうして行ったんですか」
被告人 「5月4日、酒飲んで、5日も新宿で寝て、それからしおっぽいいって(意味不明)はいあきた■■(意味不明)…合成酒、きつい酒また飲みまして、焼酎2杯くらい飲みました。酒飲んで人生狂った。酒は怖い…」
弁護人 「どうしてホテルの前にいたんですか?」
被告人 「雨降って、猫ちゃんおったから、猫ちゃん、野良猫、猫ちゃんに餌あげんかったら自分後悔する…2人、おばさんと共有、声かけて、アパート、猫といっしょに住む、断ったら…で、びっくりして働いたけど、5月4日働いて、2、3、4、6時頃終わって、また焼酎4杯か5、6杯飲んで…」
 生活保護を受けていたが、仕事したいからと自分で切ったんだという。本当なら偉い! が、窓口の職員により、そんな気分にさせられただけなのかも…。
 同種罰金前科が2犯あるそうで、求刑は懲役4月。
 こういう「公然わいせつ」が、こう言っちゃなんだが、マニア的に私は好きだ…。
 11時46分閉廷。

ラッピング無料おちんちんチョコ ラッピング無料おちんちんチョコ
販売元:ショップビーワン
ショップビーワンで詳細を確認する

 up そんなアフィリエイトまで貼り付けるようになったのか(笑)。

sleepy 早めに地下でかけそば大盛り290円。なんか毎日これだな。
 12時20分、719号法廷の前の一般待合室に座り、側頭部と壁の間にキティちゃんの四角いタオルを挟み(私は諸君と違って頭蓋骨と壁の距離が近く、痛いのだ)、携帯電話のアラームを12時50分にセットして、座ったまま仮眠。一般待合室は、しょっちゅう警備員が回ってくるもんで、横になっての安眠はできない。
 目が覚めたのは13時03分。アラームはセットできてなかった。
 飛び起きて719号法廷の前へ。

clip 13時20分から地裁719号法廷で、マニア諸氏から第1回の話を聞いていた「覚せい剤取締法違反」の判決。
 夫の覚せい剤事件の証人出廷のため裁判所へ来て、しかし遅刻したため証言できず、裁判所内の女子トイレで覚せい剤を使用したという事件。もしも遅刻しなかったら、覚せい剤をポケット(だっけ?)に、ポンプをパンツの中(だっけ?)に隠し持ち、「…嘘偽りを述べないことを誓います」と宣誓してたわけだ。うわ~。
 前科・前歴まったくないのに、懲役1年6月、執行猶予5年! うわ~。
 13時23分閉廷。

clip 13時30分から地裁416号法廷(稗田雅洋裁判官)で「道路交通法違反、建造物損壊」の新件。
 この罪名のセットは、私は傍聴したことがない。無免許か酒気帯びで事故り、道端の民家へ突っ込んだ? いや、それだと建造物損壊は過失になるんじゃないか。ん? どういうことなんだ?

 なんと、ま、詳しくは省略するが、いろいろ思い詰める事情があったところに酒を飲み(検査値は0.5mg)、石神井警察署の玄関の自動ドアに、車で突っ込み、バックしてまた突っ込んだんだという。
 裁判官は、これで免許停止になる…としきりに言ってたけど、酒気帯び0.5mgは12点、建造物損壊の3点が付加され、取消の基準に達するんじゃないか。いや、故意の建造物損壊には、事故の場合の付加点数は付加されないのか。
 調べてから、この事件は『ラジオライフ』の連載で書かせてもらおうと思う。
 求刑は懲役2年。通訳が入ったので長引き、15時閉廷。

bud 今週は農林水産省のあそこであれこれいっぱいもらえるよ、と某氏から聞き、さっそく行ってあれこれいっぱいもらってきたよ~。lovely

clip 16時30分から、6月9日に第1回を、6月19日に第2回を傍聴した「自動車運転過失致死、道路交通法違反」の第3回。
 今日は、残りの書証と追加書証の採否と、採用した証拠の要旨告知と、弁護人による冒頭陳述。つまらないことに(もしかしたら、つまらないことじゃないのかもしれないけど)時間を食って、17時、エアコンが止まり、終わったのが17時19分。

run 歩いて移動し、某弁護士事務所で秘密の会議。忙しくなるな~。weep でもしょーがない、気合い入れていこうっ!
 終わったのが20時。もう腹へって腹へって。さて私は何を食べたでしょう。
   ・松屋で豚丼320円か340円
   ・マクドナルドで100円バーガー2個とコーヒー120円
   ・スーパーの豪華のり弁当480円を半額で
   ・我慢して帰宅し、インスタントラーメン、もやし半袋ぶっ込み

人気ブログランキングへ 7月2日0時50分現在、週間INが320でonefive位~happy02

        flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) Book 裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) 

著者:高山 俊吉
販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »