フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 富山の強姦・強姦未遂冤罪、柳原浩さんの本が出た! | トップページ | どうせ多数決だから気楽にいこう? »

2009年8月15日 (土)

スクロールバーが縮まない

 8月に入り、けっこう有酸素散歩をやってる。
 プールへは全く行ってない。こないだの頭痛騒動で散歩の重要性を痛感、どうせ時間をとるなら泳ぎより歩きを、という気分になっているのだ。

 先日は夜に散歩し、暗いから誰も見てないだろうと、いろんな歩き方を試してみた。
 肘を90度くらいに曲げると、それだけでスピードがアップしたような気がする。肘を伸ばして振ると、若干スピードが落ちるような。
 左右の手足を交互に出すのではなく、左右の手足を同時に出す歩き方も試してみた。江戸時代とか昔の人はさういふ歩き方をしていた、とか聞いた気がして。
 これ、とくに違和感なく歩けるね。ただ、慣れないせいか、有酸素運動といえるほどの早歩きは、ちょときつい。
 ふむぅ…。かつて、忍者や一部の武芸者らが「左右の手足を交互に出すと、えらく速いぞ!」と気づき、1日に20里とか移動して「まるで天狗のようだ!」と言われたと、そういう仮説はどうだ?

生活習慣病に克つ新常識―まずは朝食を抜く! (新潮新書 (015)) Book 生活習慣病に克つ新常識―まずは朝食を抜く! (新潮新書 (015))

著者:小山内 博
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 朝食は抜かないけど、upこの本がいう有酸素散歩のやり方には感銘を受け、実践して納得した。頭痛騒動後、再びまめに散歩するようになり、血圧は薬ナシで80台-130台で安定している。

 そんなふうに散歩しつつ、睡眠もとりつつ、「ご相談等未対応」フォルダの対応をここ数日やってるうち、たいへんなことが発覚したsign03
 1本ずつ、まずじっくり読み、返信が必要なものは返信し、未対応フォルダから個別フォルダへ移す、ということをやっていたのだが、右端のスクロールバーっていうんだっけ、未対応フォルダのあのバーが、いつまでたっても縦長にならないっ。どうなってんの?

 いつまでたっても短いままのバーを上へ移動させ、わかった。がーんsign03 未対応フォルダには、交通違反関係のご相談等のメールのほか、当ブログへのご意見等のメールも入れており、なんと1年半も前から対応しないままのものが、ずいぶん滞留していたのだ。
 もちろん、自力HPの「ご相談等の方へお願い」経由のもの(メールのタイトルからそうと分かるもの。返信不要と分かるものは除く)は、最優先ですべてお返事しているのだが、それ以外のものが…。途中、ときどきは思い出して「やばっ!」と思ってたものもあるのだが、ここ数カ月は“裁判員騒動”もあり、ほぼ完全に忘れてた。
 申し訳なさと、「俺はこの1年半、いったい何をやってたんだ」という気が遠くなる感覚と…結局、裁判所へ通い過ぎた、それに尽きるんだろうと思う。

 夏休みで開廷が少ないうちに…なんて言ってちゃダメだろ、あんたの場合。この土日で、死にものぐるいで何とかしろぃっsign01

 ま、それはそれとして(←もうこの土日で解決できるつもりでいるよcoldsweats02)、いただいたメールを次々拝読してると、いろんな情報、ご意見、ご指摘があり、私は幸せ者だなぁ、ありがたいなぁとしみじみ思えてくる。ほんと、ありがとうございますっsign03

 あそうそう、2001年8月14日作成開始の自力HP「今井亮一の交通違反相談センター」のアクセスカウンタは、2009年8月15日2時20分現在、128万8647。こちらもありがとうございますぅ。

人気ブログランキングへ 8月15日2時20分現在twozero位~happy02

  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

 裁判員制度はいらない 裁判員制度はいらない
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

« 富山の強姦・強姦未遂冤罪、柳原浩さんの本が出た! | トップページ | どうせ多数決だから気楽にいこう? »

日記」カテゴリの記事

コメント

 去年はどうだったか、去年の8月のバックナンバーを見ると、いくらかわかるかも。
 地裁の刑事は、来週月曜からぐっと増えるようです。平時のレベルよりは、まだ少ないですけど。
 私の記憶によれば去年は、7月末から8月中は女子学生が多く、9月に入ってから男子学生の割合が増えたような。それを私は、女子学生はマジメで、先生に言われて早めに傍聴にきた(かつレポートも書いた)が、男子学生はぎりぎりになって傍聴にきた…と推理したものです。


>「『外部』って」どこのことなのでしょう?

 さぁ、分かりませんけど、通常の移動や退官なら「外部へ行った」とは言わないはず。
 もしかして、法務省へ出向したってことかも。もしそうなら、行政訴訟や国賠の、国側の代理人席、またはそっち側の傍聴席にお姿を見ることになるかもしれませんね。

あのう、今井亮一さんの傍聴経験の「勘」(→正確な数字でなくて良いから)、東京地裁では、一般的に、coldsweats02開廷数が少ない状態が、いつまで続くのですか?一応、来週も、「smileおすもうの取組の、単なる観客=傍聴客」として、裁判傍聴には、通いますけどね。今の時期の,数少ない良い点は、[民事裁判官さんと、よく庁舎内で、偶然にお会いし、短い会話ができる]ということです。heart01例A:この前,東京地裁民事3部=行政部の、八木一洋・裁判官さんに偶然に会い、私が「libraアッ!部総括判事さん!私,行政訴訟の証人尋問の傍聴が好きなんですよ。いつから始まりますか?」と質問したら、八木裁判官さんは「libra9月に入っからになります」と、お答えになられました。
heart01例B:地下のコンビニで、東京地裁民事17部の,澤野芳夫・新裁判長さん(→すごく優しい裁判官)に偶然に出会ったので、「libra判事さん!今までの萩原秀紀・部総括判事さんは、どこに異動されたのですか?私,萩原秀紀裁判長、好きだったのですよぉ!アッ!澤野さんも良いですよね!」と質問したら、澤野裁判官さんは「libra(萩原裁判長は)『外部』に行きました。よく知ってますねぇ」と、お答えになられました。※「『外部』って」どこのことなのでしょう?萩原秀紀裁判官は[delicious民事・行政分野のキーパーソン]。出向先が、気になりますね。何で、こんな大事なことpoutマスコミは、報道しないのかな? ※※poutおっと、くだらない自慢は、やめましょう。今井亮一さんも御指摘の通り、[poutマスコミって何するか,怖い存在]ですよね。もしも,仮に裁判所庁舎内で、マスコミが[裁判員さん]を、追いかけ回したら、大変な問題となりますねぇ….やりかねませんねぇ…。※私も,反省!あくまでも裁判所庁舎内で民事裁判官を偶然みかけ、なんか暇そう(?)だった時のみ、一言だけ、話しかけますね。libra絶対に「裁判批判」私は,するまい。

この記事へのコメントは終了しました。

« 富山の強姦・強姦未遂冤罪、柳原浩さんの本が出た! | トップページ | どうせ多数決だから気楽にいこう? »