フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 実刑判決にふてくされた? | トップページ | 巨大不動産会社元顧問の無免許等 »

2009年9月17日 (木)

ストーカーかスカート切りか

nineonesix日(火)

 大阪の個室ビデオ店放火、死亡16人、重軽傷4人の事件、の第1回公判、毒人参さんが傍聴券を当てた。彼女の傍聴記は、報道とはひと味もふた味も違うょ。

clip 10時から東京地裁713号法廷で「自動車運転過失致死」の審理。
 これ、第1回は2月16日。「被害者参加」が注目されてだろう、傍聴券となった。第2回は、私が把握する限り、約半年後の9月9日。被害者参加なのに真っ向否認ゆえ、期日間整理にだいぶ月日をかけたのかな。
 9月9日の期日を私は手帳に書き忘れ、裁判所へ行かなかった。
 そして今日が(たぶん)第3回。
 第1回は福崎伸一郎裁判官の単独だったのに、今日は合議になってた。右陪席は太田寅彦裁判官、左陪席は棚橋知子裁判官。途中から合議になることはときどきある。
 9時58分の時点で傍聴席には、私を含め5人。うち1人は証人。

 すぐに証人尋問が始まった。鑑定書を書いた鑑定人。専門は自動車工学。1973年以降、嘱託鑑定を500人(件)以上やっており、現在も大分、岡山、山口の裁判所から鑑定をうけてるという。大きなハッキリした声の人だった。
弁護人 「事故の概要で、対向車線に出たのはどっちですか?」
証人  「■■車(被害者の車両)です。何らかの理由で■■車が◆◆車(被告人車両)の側に入って、戻る途中に◆◆車側の車線で衝突した…」
 うわ~。

clip 途中で出て、10時15分から東京高裁622号法廷(若原正樹裁判長)で「公務執行妨害」の控訴審判決。
 知事選出馬を表明した約10日後、自宅前を走っていた乗用車に自分の携帯電話を投げつけた、と報道された事件だ。
 10時20分からと間違えてちょうど15分に行くと、もう言渡しが始まっていた。
 深酒をしたうえでの身勝手な犯行で、被害額は11万円余り、被害弁償は為されておらず、2007年4月に、同じ器物損壊と公務執行妨害、傷害などで懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けてるんだそうだ。
裁判長 「…被告人の粗暴癖、粗暴の傾向があったと…」
 原審は懲役4月。
 控訴審の判決は、控訴棄却、未決10日算入。訴費不負担。
 後ろ姿しか見えなかったが、グレーのズボン、白のポロシャツ、白髪混じりの、骨張ったおじさん…かな。

clip それから自過死の713号法廷へ戻る。
 証人尋問が続いていた。モニターに書証の写真を映しだし、たとえばコイルスプリングがあるのはどの辺りか赤い線(いわば電子線)で証人に丸をつけさせ、それがそのままモニターに映る、という方法がとられていた。

clip また途中で出て、11時30分から地裁711号法廷、9月2日に第1回を傍聴した「自動車運転過失傷害」の判決へ。
 傍聴人は全部で4人。うち1人は被告人の夫か。
 普通に禁錮1年4月、執行猶予3年。
 11時33分閉廷。裁判官が退廷しても、被告人(若めの女性)はしばらく頭を下げていた。

clip それからまた自過死の713号法廷へ戻る。出たり入ったり、邪魔なやつ? ご、ごめんなさい~。crying
 まだ証人尋問が続いていた。
 12時を過ぎても、いつ終わるとも知れぬ調子で続いていた。
 私はもう腹ぺこ。12時半頃には、ま、遅くとも12時45分頃には、地裁818法廷の前に張り付かないといけない。それまでに10分でも仮眠しときたい。
 12時数分過ぎ、そっと出る。ごめんなさい~。crying

restaurant 地下でかけそば大盛り290円。どうしても腹ぺこで、配膳カウンターに並んでから100円を出し、かき揚げの皿を取った。禁断のかき揚げを、蛇にそそのかされ…。私にとって“エデンの園”はどこ? 裁判所? うっそsign01

【送料無料選択可】洋画/エデンの東 【送料無料選択可】洋画/エデンの東
販売元:Neowing
Neowingで詳細を確認する

 12時半過ぎ、一般待合室で、10分後にアラームをセットして目を閉じたが、すぐに長ズボンじゃない人の声が聞こえてきて、嗚呼、そろそろ並ばねばと…。

libra じつは今日13時30分から、818号法廷で「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反、窃盗」の新件が、432号法廷で「器物損壊」の新件がある。
 432号は、秋葉原のエスカレータでスカートをハサミで切った事件、で間違いなかろうと思う。818号は、民主党議員に関係してる可能性がある。
 どうしよう、本来なら迷わず432号なのだが、政権交代騒動の今、818号の「可能性」が当たりなら…。どうしよう…。
 昨日、阿曽山大噴火さんに言ったら、阿曽山さんは後者へ行くというので、じゃあ私は、というわけでもないのだが、思い切って818号法廷へ来たのだ。

 同じ13時30分から高裁717号法廷では、統合失調症による心神喪失を理由に一審無罪とされた「殺人」の控訴審判決もあった。15時から15時30分までかな、長い休廷を挟んでの言渡しだった。原判決破棄、無期懲役。
 6月26日に東京簡裁・刑事1室1係、虎井寧夫裁判官がやはり統合失調症の被告人(彼も善悪の判断力は十分にあった)に無罪を言い渡したとき、私は思った、<<これがもしも、未明の誰もいない歩道で全裸になったという「公然わいせつ」じゃなく、死傷被害者が複数の残虐な、テレビ・新聞が連日がんがん報道しまくった、地裁の「殺人」の裁判だったら、どうだったのか…>>。今回の事件は、千葉地裁は無罪としたが、東京高裁は逆転無期懲役。あぁ、やっぱそうなのか、と思う。

刑法39条 (心の病の現在) Book 刑法39条 (心の病の現在)

販売元:新書館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

刑法39条はもういらない Book 刑法39条はもういらない

著者:佐藤 直樹
販売元:青弓社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 818号法廷(江見健一裁判官)で、まずは13時15分から「公務執行妨害」の判決。
 板橋のキャバクラで騒いで110番通報され、臨場した警察官に暴行した、ということらしい。やはり飲酒時の「傷害」で罰金前科あり。
 懲役1年、未決30日算入、執行猶予4年。訴費負担。
 昔、硬派の暴走族だったのかな、と感じさせる、きびきびした良い男だった…。

clip そして13時30分から「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反、窃盗」の新件。
 傍聴席から分かった限りでは、民主党議員の関係では全くなさそうだった。その意味では空振りだ。
 公妨の判決が終わる頃から、裁判員裁判用の広い法廷に傍聴人が続々と、続々と続々とやってきて、最後にかな、私の隣の席も埋まった。その状態で約1時間。暑くて窮屈で。

ストーカー規制法解説 改訂版 Book ストーカー規制法解説 改訂版

著者:桧垣 重臣
販売元:立花書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 続けて13時39分頃から、江見健一裁判官は右陪席となり、裁判長は角田正紀裁判官(角と紀は変則文字。ご先祖か戸籍係が間違えたのではないか)、左陪席は吉田京子裁判官で、予定より約19分遅れで「銃砲刀剣類所持等取締法違反」の判決。

 仙台市の被告人方で、回転弾倉式拳銃を適合実包4発とともに加重所持、仙台市の被告人経営の(?)飲食店倉庫に実包2発所持。
 暴力団のコンサルタントをやっており、以前にも所持したり、適合実包を装填した拳銃を携帯して暴力団組長に同行したことがあるんだという。
 しかし前科なし。中卒後、汗水たらして頑張り、自分の店を持てるようにまでなったのだという。
 懲役4年、未決40日算入。求刑は6年だったそうだ。
 これまでたまに銃刀法も傍聴してきたが、秋葉原でリュックの中にいわゆる十徳ナイフを入れてたとか、そんなのばかり。拳銃や実包の所持は初めて。そういう傍聴人の感覚からすると、前科なしでいきなり懲役4年はチョー重い。拳銃が重いのか、暴力団関係だから重いのか、暴力団関係の拳銃だから重いのか。
 14時43分閉廷。

 拳銃王 拳銃王
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

人気ブログランキングへ 9月17日11時00分現在twoone位~happy02

  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

« 実刑判決にふてくされた? | トップページ | 巨大不動産会社元顧問の無免許等 »

交通事故」カテゴリの記事

コメント

 リンク先、拝見。それは知りませんでした。ありがとうございます。
 田中亮一裁判官は、私が追っかけてたオービス事件の控訴棄却判決(メーカーの言い分を鵜呑みにして有罪)を書いた裁判所の裁判長です。
http://ko-tu-ihan.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_8060.html
 それより何より、あの北陵クリニック事件、
http://www17.ocn.ne.jp/~kyuuenka/sub01.htm
 あれの控訴棄却判決(一審無期懲役)も、田中亮一裁判官が裁判長だったんですねぇ。
http://www.jicl.jp/now/saiban/backnumber/sendai.html
 そうですか、罰金30万円の痴漢事件を無罪にしましたか…。なんとも言い難い気分です。

noodle リンクについてはですね、ハイパーリンク付きの文言(アンダーラインがあってちょっと色が変わってて、そこを左クリックすると目指すページへ飛ぶ)を、左クリックせず、カーソルを当てた状態で右クリックする、そして出てきたメニューからプロパティを左クリック、そこに出てくるURLをコピーして貼り付ける、という手もありますよ~。

高等裁判所の刑事部って,本当に,厳しいですよね。特に東京高裁は…!.※現・宇都宮家裁所長さんの、田中亮一・前名古屋高裁・部総括判事さんは、最後の最後,[まさかの,逆転無罪判決]を出されたたといいます….(→下記資料参照!うまくリンクできるかな…)
私は「厳しいのが嫌いで,優しいの好き」な、甘ちゃん人間として、[東京高裁刑事部・傍聴活動]を、止めています。☆逆に[東京高裁民事部・傍聴活動]はよく,行っています。その理由は1.東京高裁民事部・裁判官さんって,優しいことの他、2.[次世代を担う裁判官さん]に、出会えるからです。例えばA.最高裁事務総局・法務省出向等[長期間,法廷を離れていた裁判官]や、B.ベテラン弁護士さんから「裁判所という,かいしゃに、中途採用された人々」は、何故か??東京高裁・民事部・陪席に、短期間配置されます。やがて、裁判長さんとして、飛びたって、ゆかれるのです。例:小泉博嗣・前最高裁行政局長さんは→今日,現在、東京高裁民事17部・右陪席ですが、ほどなく、裁判長として、飛びたってゆかれると,私は予測いたします→小泉博嗣裁判官(→前最高裁行政局長)さんって、すごい優しい方でーす。なんと7年ぶりに、現場の民事法廷に復帰した方でーす!
参考資料:田中亮一・宇都宮家裁所長さんの、最後の,まさかの高裁・逆転無罪判決!(さっきリンクに失敗しました。なんで,こんなに,私は頭が悪く・機械音痴なのかなあ!反省!)

この記事へのコメントは終了しました。

« 実刑判決にふてくされた? | トップページ | 巨大不動産会社元顧問の無免許等 »