フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 中国人も陰茎を露出するのだ | トップページ | 前髪の後ろから世界を見る人生 »

2009年9月11日 (金)

内偵捜査していた警察官2名

nineoneone日(金) そのone

 2時間弱と1時間強に分けて合計約3時間の睡眠。裁判所に着いたときには朦朧と眠くて、1階喫煙所そばの自販機で例のブラックコーヒー140円を買った。これが効くのだ。

1本当り99円●【ポッカ】ビズタイムカフェ 冴えるブラック 400gボトル缶 (24-48) 1本当り99円●【ポッカ】ビズタイムカフェ 冴えるブラック 400gボトル缶 (24-48)

販売元:爆安問屋KANBI
楽天市場で詳細を確認する

 2階の裁判員候補者待合室、質問手続室のそばの自販機にはdownこのコーヒーが入ってるって、知ってた? 今度試してみよう。

アサヒ WONDA(ワンダ) ボディショットブラック400gボトル缶×24本入 アサヒ WONDA(ワンダ) ボディショットブラック400gボトル缶×24本入

販売元:味園サポート楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

clip 10時から地裁402号法廷(石井俊和裁判官。20席)で「公然わいせつ幇助」の新件。
 ハプニングバーが大型観光バスを貸し切って「大人の遠足」を企画し…と報じられた事件の、被告人は主催者側の男女(15歳離れた別居中の夫婦)。
 報道されてると私の傍聴意欲はがくんと萎えるし、そもそもハプバーの公わいはあまり…なのだが、いちおう、念のため…。
 9時36分頃に行くと、ドアの前には2~3人しか並んでなかった。それを「しか…なかった」と言うように、とうとうなってしまったのか。

 被告人は2人とも保釈。2人とも太めだった。弁護人は1人。
 そんなイベントがなぜ発覚したのかと思ったら、「内偵捜査していた警察官2名」が現認したのだという。その2名が男男、男女、女女のいずれかは不明。
 どうなんだろう、仲間内で見せ合う性行為ならOKだが、「内偵捜査していた警察官2名」がやすやすと入れる状態だったから「不特定多数の者が容易に覚知し得る状態」とされ、「公然わいせつ」が成立するとされたんだろうか。そもそも参加者の一部をネットで募集したところから…なのだろうか。不勉強な憶測でごめんなさい。

 男性被告人は、企画等はぜんぶ自分がやったのであり、相被告人(女性のほう)は自分の指示により雑務をやっただけである旨、最初にきっぱり述べるのだった。
 このハプバーを始めたきっかけは、禁煙ハプバーが他にないことだったんそうだ。へぇ~、そういう需要もあるんだ~。

 求刑は、男性被告人が懲役3月、女性被告人が懲役2月。
 池袋のハプニングバーの元公務員のおじさんも懲役3月、ストリップ劇場の支配人は懲役4月だった。
 本件女性は、5万円か10万円か、満つるまで算入にできる額の罰金でもいいんじゃないか。逮捕して全国に報道させたことで、当局の目的はすでに達成されてるんだから。
※ こういうものは、たまに逮捕して全国報道させ、「うわ~、ああいうの捕まるんだぁ~」と国民に思わせ、善良な性風俗を守る一助とする(しようとする)、まったく野放しではイケナイ、という程度のものじゃないかと現段階では私は見ている。

 弁護人は、実刑だと悪風感染だけの結果となる、と執行猶予を求めた(求める理由の1つとして挙げた)。
 悪風感染。その四文字熟語、初めて聞いた。

 正犯2名(カーテンを閉め切ったバスの最後尾の座席で性行為をした男女)は、略式による罰金で終わってるそうだ。
 11時05分閉廷。
 今日は15時から酒気帯び事件の警察官尋問がある。それまでどうしよう…。

人気ブログランキングへ 9月11日23時10分現在twotwo位~happy02

 じつは私、ある若い女性からハプバーへいっしょに行こう、行きたいと誘われたことがある。そのことを昨日裁判所で、某“素敵な女性”に言ったら、「その人とセックスすることになるんですよ!」と言われた。えっ、そうだったの? うわぁ!
 ま、そのときは断ったんだけどね。なぜ断ったのか、う~ん、大失敗だったのかsign02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

本物の大人の隠れ家ガイド 首都圏版   [本] 本物の大人の隠れ家ガイド 首都圏版 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

« 中国人も陰茎を露出するのだ | トップページ | 前髪の後ろから世界を見る人生 »

刑事/色情犯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。