フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 動機のない器物損壊 | トップページ | 満員電車内で射精して器物損壊 »

2009年9月 2日 (水)

略奪不倫の果ての死亡事故

nineone日(火) そのtwo

clip 15時から東京地裁432号法廷(藤井俊郎裁判官)で「免状不実記載」(事件番号は「等」付き)の新件。

刑法第157条第2項  公務員に対し虚偽の申立てをして、免状、鑑札又は旅券に不実の記載をさせた者は、一年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。

 珍しい罪名だ。そして、罪名からは誰だって想像もつかない内容なのだった。
 簡単に断片をいえば、虚偽の住所変更をした運転免許証を解錠業者に見せ、騙してカギを開けさせ、侵入して下着を盗んだ…。
 求刑は懲役2年6月。

 この事件は、犯行の順序は、①公正証書不実記載とか電磁的記録なんたらとかいうのと、②免状不実記載と、③住居侵入と④窃盗だ。
 電磁的記録がどうとかいう罪名だったら、どうせ振り込め詐欺か何かだろうと、誰も傍聴しなかったはず。住居侵入・窃盗だってありふれてる。開廷表の罪名が「免状不実記載」だったからこそ、コアな傍聴人が集まり、私も傍聴したわけだ。
 書記官は開廷表になぜ、よりによって「免状不実記載」という罪名を書いたのか。謎だ…。

clip 16時から地裁713号法廷で「自動車運転過失致死」の新件。
 これも、罪名からは、そして報道からも、想像もつかない内容なのだった。
 簡単に断片だけいえば、不倫で奪った女(15歳上)とその連れ子を乗せ遊園地へ行く途中、女と口論になり激昂して、急カーブの直前でアクセルを踏み約100キロに加速…妻子を奪われ、あろうことか子の命まで奪われた元夫が被害者参加…。
 求刑は禁錮3年。前科なしなら執行猶予が付くのが普通だが、これは(少なくとも一審では)実刑でもおかしくないと、傍聴席から見えた限りでは思えた。
 17時27分閉廷。

pen この2件、2件目はもちろん1件目も車に関係するといえる。9月20日発売の『ドライバー』で書こうと思う。

人気ブログランキングへ 9月2日23時40分現在twoseven位~happy02

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 動機のない器物損壊 | トップページ | 満員電車内で射精して器物損壊 »

交通事故」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。