フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 男は10年、20年単位! | トップページ | 通勤中の痴漢被害は欠勤扱い »

2009年9月 8日 (火)

酒気帯び無免許 刑務所一直線

nineseven日(月) そのfive

 東京地裁は速度違反の否認はほぼ皆無だが、東京高裁はたまにある。念のためちらっと確認を…と前の「器物損壊、傷害」から622号法廷に居たのだ。

clip 続いて16時から「道路交通法違反」の控訴審第1回。

 酒気帯びと無免許は、<<略式で罰金→公判請求で執行猶予付き懲役刑→猶予中にまたやって実刑判決→量刑不当で控訴>>というパターンが多い。
 本件はその酒気帯びのケースだった。

追記: 9月30日の判決で分かった。本件は執行猶予中ではなく、2005年5月の猶予判決(懲役6月)の猶予期間が満了して5カ月足らずでの犯行だそうだ。お詫びして訂正します。

 猶予中にまたやれば、今度は実刑、しかもその場合、前の猶予は取り消され、2つ併せて服役することになる…と前の裁判のとき念を押されたろうに、とくにアルコール依存症だというわけでもなさそうなのにまたやって、
「実刑だと仕事も生活も破滅する。今度こそ本気で改心しました。どうか許してください」
 と、今度やれば破滅と承知でやった者が、必死に訴える…そういう事件が、もう嫌になるほど次から次へとくる。
 そういう傾向は、全員とまで言わなくても多くの人間(私も含む。ただし私は飲酒運転は断固しない)に、基本的に備わってるんだろう、とは思うけど…。

 豊富な事例をもとに『酒気帯び 無免許 刑務所一直線』という小冊子をつくり、運転免許の取得時、更新時、処分者講習のテキストとして配布してもらうことにしようか。
 その種のテキストは(したがってその利益は)、交通安全協会に独占されてるわけだが、つけいるスキは、いくらでもあるっsign03
 なーんて力を込めて言うと、安協&警察のほうで警戒して、現在のテキストを改良するかも。じつは現在の『交通の教則』、巻頭に豪華カラーページの特集が登場したり、ちびまる子ちゃんが出演したり、まさに突如として大きくリニューアルしたのは、例の免許利権訴訟と、私が警察庁と警視庁へニューテキストの“営業”に行ったあとなんだよね。

 裁判のほうは、被告人の勤務先の会長と被告人の母親を証人尋問。
 被告人が服役すると、被告人がリーダーをやってる事業部は閉鎖(&その事業部の社員を解雇)せねばならず、妻子は路頭に迷うんだという。
 そして被告人質問。悪い人ではけしてないんだろうけど、どうもなんだか定まらないような、再度の執行猶予をつけるというものすごい決断をするに当たって裁判所が望むものが、被告人の中に見えない…とでもいうのか。
 次回判決、ぜひ傍聴したい。16時50分閉廷。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気ブログランキングへ
 9月8日up20時40分現在、週間INが580でまだonezero位。この調子でnine位へ? いやぁ、9位の週間INは1020、11位は540。どっちかといえば…weep

   flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

« 男は10年、20年単位! | トップページ | 通勤中の痴漢被害は欠勤扱い »

交通/飲酒運転」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。