フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« やってない犯罪の現場見取図をなぜ書けたのか | トップページ | 裁判員制度が「事業仕分け」の俎上に!? »

2009年11月16日 (月)

傍聴マニア 大忘年会 告知!

期日:2009年12月7日(月)17時30分~19時30分

場所:国土交通省 ニッコクトラストの食堂(中華)

 裁判所の正門の向かい側にあるのが、総務省や警察庁などが入った合同庁舎2号館。2号館へは、1階正面からも地下(地下鉄のほう)からも入れる。
 受付で住所・氏名等を入館票に書かされる。国土交通省の不動文字に丸を付け、「食堂」と記入。入館パスの貸与を受け、ICゲートを通過
 以下、1階から入館した場合について説明する。地下から入館した場合はまず1階へ。
 1階フロアを奥へ向かって(裁判所を背後にする位置関係)どんどん進む。途中、右手に喫煙所あり。
 間もなく正面に階段とエスカレータがある。その付近から、国土交通省が入る合同庁舎3号館になる。
 階段またはエスカレータを上がると、そこが国土交通省の食堂等のフロア。ゴールはもうすぐsign01 左手に守衛室がある。その前を通過してすぐ、右へ曲がった先に、目指す食堂がある。
 右へ曲がらず真っ直ぐ進み、突き当たってから右へ曲がると、その先にも大きな食堂があるが、そこは違うょ! 迷った場合、「担々麺とか酢豚とかある国交省の食堂はどこ?」と尋ねよう。ただし、合同庁舎2号館の地下(目指す食堂からは2フロア下)にも中華の食堂があるので、尋ねるのは合同庁舎3号館に入ってからにしよう。

参加資格:傍聴マニア等

 「傍聴マニア」の定義は現時点では曖昧。そのへんは各自の判断に任せる。東京高地簡裁・家裁の傍聴人に限定しない。
 被告人、裁判官、書記官その他裁判所の職員、検察官、警察官又は過去にそれらであった者も参加可とする。

予約:不要

 食堂の一角がパーティションでゆるく仕切られて当忘年会のエリアとなる(予定)。そこへ、何時に来るのも自由。19時30分より前に去るのも自由。

会計方法:自己の飲食分を各自が支払

 したがって、ラーメン(450円)を注文し、食べて、少しお茶(無料)など飲み、450円だけ支払ってさっさと帰ることもできる。そのへんは各自の自由。たくさん飲食したい人は、たくさん注文・飲食し、自分で支払う。どうです、こんな忘年会、ないでしょ。

メニュー:一部以下に

 ビール中びん500円、生ビール500円、サワー300円、紹興酒ボトル1200円、焼酎ボトル2500円、ソフトドリンク300円…。
 担々麺580円、焼きそば550円、炒飯500円、日替わり定食480円、550円、600円…。
 いかげそ唐揚げ380円、ポテト380円、餃子500円、からあげ500円、ニラレバ炒め600円、酢豚600円、麻婆豆腐600円、牛肉とピーマンの炒め650円、青菜と豚の角煮650円…。

プログラム(予定)

 17時45分とか適宜の時刻から、陳述拒否権を告知のうえ、各参加者に各自2~3分、最大5分程度で(時間は参加人数等にもよる)、以下のことを述べていただこうと思ってます。
 ①氏名(通称等可)、②生活手段(つまりどうやって食ってるか)、③裁判傍聴に通うようになったきっかけ、④どんな理由でどんな裁判をもっぱら傍聴しているか、⑤心に残る裁判を1つか2つ簡潔に(法廷外のエピソードも可)、⑥あなたが考える司法改革(マジメなものでなくても可)。
 司会は私(今井亮一)。司会指揮に対し異議を述べる権利が各参加者にあります。

二次会:なし

 私は遅くとも20時過ぎには帰途につかねばならない。

libra どうでしょう、こんな感じで考えております。今週中には、紙にプリントして裁判所内で適宜手渡そうと思ってます。ただし、「傍聴マニア」の定義自体が曖昧であるうえ、私は全傍聴人を把握しておらず、渡しきれないことは当然予測されます。そこは御勘弁を。
 懇親ということは、あまり考えてません。ま、司法史上初かもしれないことを、いっぺん試しにやってみるか、という趣旨なので、ま、いっぺん試しに覗いてみるか、ということでご参加ください。

人気ブログランキングへ ←11月16日16時00分現在twofive位~happy02

  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair
  flair 裁判員制度はいらない!大運動 
flair
  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

« やってない犯罪の現場見取図をなぜ書けたのか | トップページ | 裁判員制度が「事業仕分け」の俎上に!? »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。