フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« オービス裁判が新しいステージへ! | トップページ | 適用違憲で逆転無罪 中山隆夫判事に何が起こったのか! »

2010年3月25日 (木)

裁判員の居眠り、これが全国第1号?

 有料メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」(月105円)、第95号以降の内容の一部は以下のような感じ。

第95号 裁判員の居眠り、これが全国第1号?
 ・「窃盗」で実刑を言い渡された被告人の、2008年の「傷害」(懲役1年、保護観察付き猶予3年)の判決を、私は傍聴してるのだった。あれから約1年半、今日の被告人は…!
 ・リクルートスーツ風の若い女性の「覚せい剤取締法違反」。認否の前の求釈明が、裁判官には理解不能だそうで…。
 ・東京簡裁に「道路交通法違反」が2件! 無免許でも運転せざるを得なかった被告人と、両親と1度も住んだことがなく14歳まで施設で育った被告人…。
 ・「あ、間違えました…ぅふふ」と女性廷吏。かわゆいっ。heart04
 ・女性ホームレスの、ドンキホーテ渋谷店でのriceball3個の万引。そんな事件の弁護人は、いかにも育ちが良さそうな若者で、公判が終わると…。
 ・簡裁の「傷害」は、中国パブでの女同士のケンカ。登場する日本人氏名は、被告人のみ。真っ向否認で…。
 ・東京地裁、タクシー強盗の裁判員裁判。5件の事件の、似たような内容の被告人と被害者の調書を検察官は延々読み上げ、ついに女性裁判員が居眠り!?

第96号 これからは/傍聴するなら/千葉地裁
 ・「裁判員はいらない!全国情報」の許可を得て、裁判所の職員諸氏の川柳・狂歌を一部転載。マスコミ報道には出てこない、裁判員制度の惨憺たる有様がリアルにうかがわれ、どれも秀逸!
 ・裁判員裁判の多さは、千葉が全国2位だとか。ところが千葉地裁は、1位と3位の地方に比べて、裁判官の数が圧倒的に少ない。ミスやトラブルが起こるのは必至。そこで私も一句…。

第97号 2条3項裁判 対応裁判官養成プログラム
 ・このままでは裁判員制度の破綻は避けようがない。国はすでに「2条3項裁判対応裁判官」を養成、準備しているはず。先日、裁判員の椅子が4つの法廷を見たょ!
 ・あと、39条(これは刑法)を削除するんじゃないか。反対する“識者”は、ほとんどいないんじゃないか…。

第98号 これだけ負けといて、まだパチンコで増やそうと?
 ・裁判官のああいう事実認定が、再犯を生んでる面もあるんじゃないか…。
 ・千葉県警の警察官の、千葉県内での覚せい剤使用を、警視庁が捜査・逮捕した事件、の判決。警察に対する国民の信頼を裏切り、社会を傷つけたと裁判官。ちょっと待てよと私は言いたい!
 ・光電式ネズミ捕りの判決。被告人は不出頭…。
 ・東京地裁の裁判員裁判、1時間15分前には行列ができ、40分前には“空き待ち”の行列までできる法廷もあれば、傍聴人たった5人の法廷もあり…。
 ・裁判員裁判、マスコミが報じない未決算入日数は?

 この“要旨告知”、できれば1号ずつやりたいのだが、有料メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」(月105円)を1号書くのに、どうやら4時間くらいかかってるもんで…。
 裁判員制度と私と、先に破綻するのはどっちだ!
 もちろん、国は、自分が倒れる力を利用して、柔よく剛を制す、もっと国側を利する方策を練ってるだろう。
 私も、自分が過労で倒れる力を利用して…あんたの場合、あの世へ飛んでっちゃいますからぁっ、残念っ

  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair
  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

C020985520100304105032

« オービス裁判が新しいステージへ! | トップページ | 適用違憲で逆転無罪 中山隆夫判事に何が起こったのか! »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

今井亮一様による
《裁判員制度に批判的な御意見》
重く、受け止めさせて頂きます。
※!今まさにlibra《東京地方裁判所では,裁判官さん・「大異動の端境期」ですよね》→その為か??libra東京地裁での
《民事訴訟・証人尋問・当事者尋問》はbearing大変、少なくなっています.→
だから!私!libra《東京地裁での!裁判員裁判》…偶然、傍聴させて!頂く機会も多いです。そして、 note「裁判員裁判」の方、確実に定着しつつある姿…(誰が!どう言おうとも)…私は,感じざるを得ません。
※さて!heart01今井亮一様による!「マジメな!裁判員制度批判」を…除きまして…
下記資料のように、 「裁判員制度について、反対される方々」って、《極左暴力集団とされる,「中核派さんや、その機関誌『前進誌上』に!多く見られる事》
痛感いたします→http://gxc.google.com/gwt/x?client=ms-kddi_blended-jp&wsc=tw&wsi=dff4ab43589f8702&u=http%3A%2F%2Fwww.zenshin.org/f_zenshin/f_back_no09/f2408.htm&ei=JDSvS6TbGaLWsgKprfSrAQ&whp=3Aa6_2
私は、「裁判員制度・大賛成」の、bearing大バカ者」として、[裁判員制度に反対される
heart01今井亮一様の御意見]…
バカなりに、真摯に受け止めさせて頂く…所存です。
※でもね…イイタイ事は…私は…《「極左暴力集団の御主張」には、今後とも一切,耳を傾けません。 これに対し!「賢明な,heart01今井亮一様の御主張」、これからも、耳を傾けたいな…とい思う次第です。
長々とスイマセン.


この記事へのコメントは終了しました。

« オービス裁判が新しいステージへ! | トップページ | 適用違憲で逆転無罪 中山隆夫判事に何が起こったのか! »