フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の4件の記事

2010年4月24日 (土)

助けて、このまま死ぬのかな、怖い、殺される

 4月中に単行本を1冊書かねばならない。なるべく裁判所へは行かないようにしてる、のだが…。

 有料メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」(月105円)、第119号以降の内容のごく一部は以下のような感じです~。

第119号 みなさん想像もできないような雑居房…
 ・東京簡裁の道交法新件。タクシー運転手の、生きるための無免許運転。否認すらしてないのに、なぜ2カ月間も勾留し続けているのか…。
 ・八王子駅ビルの殺傷事件の判決がまだ続いていた…。
 ・ちょと俳優顔のおじさんは、前科9犯。うち粗暴犯前科は5犯で、累犯前科が3犯。多量に飲酒して歩いていたところ、駐車場から大きく歩道へハミ出した迷惑駐車に遭遇し…。
 ・私もとうとう被告人に…!?

P1030717 第120号 5キロオーバーでも撮影するオービスが!?
 ・交通違反の被告人が、裁判官に「ばか」「あほ」と言い、2度退廷を命じられた、という報道について、交通違反一筋27年の立場から…。
 ・民事の裁判がどどんと増えたことについて…。
 ・裁判員制度についての最高裁アンケート調査。「信頼できる」が減少。素人裁判員をニコニコもてなすことにばかり必死な裁判所、素人が決めたことには逆らわないのだと、被告人の控訴を蹴る控訴審、そういうのが、かえって、多数派国民の「厳格な裁判所」という信頼イメージ(幻想)を壊したんだろうか。そうだとすれば…。
 ・フランスのレーダ式オービスは、超過5キロでも撮影し…。
 ・「『自動車業界』が見えてくる」。「放置違反金訴訟」。

第121号 最後まで行き着いてから後悔するしかないのか
 ・2008年10月に傍聴した「公然わいせつ、器物損壊(精液かけ)」の若い被告人の、再犯。前刑のときとは様子ががらりと変わり…。非常に考えさせられた…。
 ・東京簡裁の扱い事件に、“ある変化”が…?

第122号 農林水産省で2年ぶりに酒を飲んだ!
 ・農林水産省の図書室に、なぜか『別冊法学セミナー No.161 基本コンメンタール 第2版 改正刑法』が…。
 ・ほぼ2年ぶりで、農林水産省の地下へ! かつての“食堂群”は…。

P1010039 第123号 助けて、このまま死ぬのかな、怖い、殺される
 ・「自殺幇助」の新件を、なんとか傍聴。新顔の女性検察官が、被害女性(高校生)の日記を一部読んだ。1月24日 バイバイ、なんだかつらい。1月25日 in 東京、助けて、このまま死ぬのかな、怖い、殺される。1月26日 in 八王子、今ネットカフェ、今日の夜、殺される、助けて、逃げたい。なんという悲鳴…。被告人は淡々と…。
 ・がらがらの電車で、中程の座席で居眠りする私の前に、なぜか女子高生が1人立ち…。

第124号 元レースクイーンの公務執行妨害
 ・被告人氏名から、ハイレグレオタードの写真が拾える。やはり元レースクイーンのようだ。六本木で酒を飲み、車を運転…。
 ・『警察學論集』に、「迷惑防止条例等違反の検挙状況」という表を発見。
 ・女性被告人の「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」を傍聴しなかった理由…。

15訂版 執務資料 道路交通法解説 Book 15訂版 執務資料 道路交通法解説

著者:野下 文生,道路交通執務研究会
販売元:東京法令出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair
  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

C020985520100304105032

2010年4月17日 (土)

意外な盲点、速度違反漫才!

Pa0_0018  寒いですな~。
 私がホームレスになったら、寒さと空腹に耐えかね、とりあえずのねぐらと食事を求めて、
「この犯罪なら最大23日間で不起訴だな」
「約2カ月勾留で“満つるまで算入”だな」
「俺のこの前科だと、約1カ月勾留で即決裁判手続だな」
「これだけ前科があっても罰金の“満つるまで算入”で済ますには、この犯罪かな」
 とか、残されたグリコーゲンでまさに懸命に脳を活動させるんだろうか。そして最終的には、刑務所という名の福祉施設で…。

 有料メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」(月105円)、第113号以降の内容のごく一部は以下のような感じです~。

第113号 免許証提示義務違反の取締り(送致)は153件!
 ・最新の交通違反マニアック情報。罰則を伴う違反の取締り件数、そのうち青キップの件数、青キップの割合、反則金の納付額、納付率、1件あたりの反則金額、交通安全対策特別交付金。
 ・軽車両(つまり自転車)の違反の取締り件数。成人で多い違反は…。少年で多い違反は…。歩行者の違反の取締り件数は…。ラーメン屋台などの取締り件数は…。
 ・放置車両確認標章破損等、呼気検査拒否、免許証提示義務違反の取締り件数は…。教唆、幇助犯の中身を推理する…。

第114号 意外な盲点、速度違反漫才!
 ・最新の交通違反マニアック情報。スピード違反と飲酒運転の取締りの、多い都道府県、少ない都道府県…。
 ・大阪のスピード違反取締り件数は、じつは、スピード違反に最も力を注いでる北海道全体と…!
 ・保管場所法違反の取締り、やっぱりそうだったんだぁ…。

第115号 交通違反のフルコース、被告人は…!
 ・こんなの滅多にないとあの人も驚いてた“道交法違反のフルコース”を、たまたま傍聴。判決が終わって被告人が私に「お久しぶりです…」と。ええっ!?
 ・迷惑防止条例違反の被告人、トレーナーの背中に麻の葉っぱの大きな刺繍。傍聴席の関係者の様子からしても、電車内の痴漢ではないと推理されるが…。

第116号 さっきから何してんの! 何もしてないです
 ・同種前科6犯、うち2犯は本件と累犯の関係になる、電車内の痴漢。情状証人の侠気(おとこぎ)に感動! アウトローの世界では名のある人物かも。
 ・それが終わって出ると、外に数十人が!! なに!? 興味がわいて法廷へ逆戻り…。
 ・『警察公論』4月号のオマケは「警察無線通話訓練ソフト」。
 ・自転車の違反の取締りマニュアルがどうやらあった!

P1000625 第117号 検察官に説得され虚偽の調書に署名
 ・東京簡裁、6人の裁判官のうち4人が交代。1室2係は高倉武裁判官。2005~2006年、2室2係にいた人と同姓同名。1室3係は浦崎浩裁判官。2室2係は三輪泉裁判官。2室3係は笹本昇裁判官。
 ・その2室3係で、東京簡裁今年度初の「道路交通法違反」。検察官は百瀬満さん。被告人は、あの老舗飲食店でエリア社員に推されていたアルバイト。なぜか車上生活者で、犯行は…。
 ・検察官に説得され虚偽の調書に署名したと被告人。説得したという検察官は、少し前に公判立会をやってたあの検察官?

第118号 車内のカップホルダーに飲みかけの缶酎ハイ
 ・昼にコンビニで買った缶酎ハイ2本を車内で飲酒、夜にコンビニで買った缶酎ハイ2本のうち1本半を駐車場で飲み、残りを飲みながら運転。飲酒運転が厳罰化されて以降、最低の検査値、最低の求刑…。
 ・この裁判官、美人だな~。文句なしに美人だな~。ヘアスタイルが似合いすぎ。少しほつれた髪が“上品セクシー”とでもいうか…ぽかーんと見とれてしまった(笑)。
 ・テレビシナリオに係る「出版妨害禁止等」(東京地裁民事40部)に偶然遭遇…。
 ・「信用棄損」で逮捕された被疑者はなんと…。

  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair
  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

C020985520100304105032

2010年4月10日 (土)

裁判官の一人称はなぜ「裁判所」なのか

 有料メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」(月105円)、第108号以降の内容のごく一部は以下のような感じです~。

P1030746_2 第108号 裁判員制度を大河ドラマ風に見ると
 ・刑事裁判は崩壊している、というのが、刑事裁判を争ってきた弁護士たちの認識だった。そこからスタートしたはずが、なぜこの制度なのか。制度の破綻が近いことは、国も認識しているはず。再び国民を欺き、“柔よく剛を制す”には?
 ・「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」の「売上げの詳細レポート」を衝撃暴露、きゃ~!

第109号 簡裁を監視できるのは傍聴マニア網だけ?
 ・八丈島から御赦免船が出て、再び江戸の地を踏んだ浅見牧夫裁判官(ってごめんなさい~!happy02)。簡裁判事の行方を追うことの社会的意義…。
 ・今週の東京簡裁は…。「「ヤクザはいつでも戦えるように…」 拳銃と実弾所持の疑いで組員逮捕」と報じられた事件の控訴審判決は…。

第110号 警察が広告を再募集し、刑務所も…
 ・免許センター内の広告主を、なぜ警察が募集するのか。それってやっぱ、マズイんじゃないの?
 ・一方、刑務所は刑務作業の発注主を募集。服役囚の月給(作業報奨金)は、殺人前科のある被告人によれば約3950円。刑務所は発注先として、中国やベトナムより遙かに良いかも。だが…。

第111号 警察庁交通局へ面白い人物がきた?
 ・4月19日からスタートする「高齢運転者等専用駐車区間制度」は、要するにこんな制度。
 ・飲酒運転者に対して検討されているという特別な取消処分者講習も、同じ“臭い”がする。長年にわたり交通行政を見てきた立場からすると、どうも妙な気が…。警察庁交通局に、従来とは感覚が異なる、工夫好きのキャリアが来たのか!?

P1020077 第112号 裁判官の一人称はなぜ「裁判所」なのか
 ・幸子が自分のこと、さっちゃんと言うのは、ちっちゃいから。ならばなぜ裁判官は自分のこと「裁判所」と言うのか。しかし「私」「裁判官」を一人称とすることもある。その違いはどこからくるのか。
 ・ちんぴら風ずちゃら歩行法の奥技。まず両足を肩幅に開き…。
 ・あれは、やっぱり朝日新聞の誤りと思われ…。

  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair
  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

C020985520100304105032

2010年4月 5日 (月)

オービス市場に異変が!?

P1030868 あの大きく報道された「国家公務員法違反」の破棄自判(逆転無罪)について、中山隆夫裁判長の控訴審を事件数で29件傍聴してきた、イデオロギーには興味のない傍聴マニアからの感想・評価、そういうものは公開の(つまり無料の)ブログにもアップしろやぃ。
 とのお叱りもあるかもしれないが、ごめん、やっぱそれは、せっかく月105円を払って購読登録してくれた方々を裏切ることになるんじゃないかと。

 そんな感じで続けております、有料メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」(月105円)。

 第104号以降の内容のごく一部は以下のような感じ。
 今回アップした写真と、アフィリエイトの画像等を貼った書籍は、有料メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」(月105円)の記事中で言及したものです。

第104号 東京都の放置違反金収入、予算は約83億円!
 ・東京高裁第5刑事部の破棄自判(逆転無罪)、その前兆と見てとることができる「自動車運転過失傷害」の破棄自判(禁錮刑を罰金刑に)で、中山隆夫裁判長は裁判員制度に言及していた。あれら判決を“裁判員制度の隠れた良い影響”と見る向きもあるだろう。だが…!
 ・東京簡裁で罰金30 万円とされた酒気帯び、否認事件の、控訴審判決。「俺は酒気帯び運転じゃない。俺を捕まえるのは不当だ!」との思いが前面に出すぎたのではないか…。
 ・不倫関係にあった千葉県警警部補と覚せい剤を使用した、とされた女性被告人の判決。発覚の理由は…。
 ・駐車違反の「放置違反金」の、東京都の2010年度の予算は…。

P1030867 第105号 警視庁捜査共助課の「見当たり捜査」で!
 ・「街中で人相ピタリ 5年逃走の男逮捕」と報じられた事件の判決を、どんな人相なんだろうかと傍聴してみたら…。
 ・同性愛者、出会い系、新宿のホテル、注射器1目盛り1000円、注射器1本1000円、中国製の勃起薬、レイプ…。
 ・モンスターペアレントが学校の職員室で、とも報じられた「傷害」の、とうとう判決。そんなことで傷害は成立するのか…。
 ・「蛇行運転で職質、『運転してねえ』と警察官に体当たり」と報じられた「公務執行妨害」の控訴審判決…。

第106号 一生を/かけて償い/誓いつつ/控訴の趣意は/量刑不当
 ・「足利事件、DNA型鑑定で『先入観』 警察庁が報告書」といった報道を見て、世間は「こういう反省を発表するのは異例だ。当局も今度ばかりは真剣に深刻に反省したようだ。今後はもう大丈夫だろう」とか思っちゃうんだろうか。私は、ま~ったくそんなこと思わないょ。こんなもの、裁判官がいつも被告人に言ってる言葉を借りれば…!
 ・5日(月)からの週の、東京地裁と東京高裁の刑事裁判の、現在把握できてる予定は…。もしもぶらり傍聴に行くなら…。

こんな日弁連に誰がした? (平凡社新書) Book こんな日弁連に誰がした? (平凡社新書)

著者:小林 正啓
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

第107号 オービス市場に異変が!?
 ・あれ? あの場所のオービスが…と驚いてたら、なんと…!!! いったい何が起こったんだ!?
 ・「裁判員制度『裁判良くなった』59%…読売調査」との報道に、目が点。ここまで馬鹿馬鹿しい「世論調査」も珍しいんじゃないか(笑)。どこがどう馬鹿馬鹿しいか詳述。

平気で冤罪をつくる人たち (PHP新書) Book 平気で冤罪をつくる人たち (PHP新書)

著者:井上 薫
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 有料メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」(月105円)は、当然のことながら、月半ばで購読登録しても、その月の記事は1日から全部読める。
 しかも課金は翌月から。つまり1カ月は無料で読めるってこと。
 なので、月末には購読者数がぼろぼろ減る、ということが起こってくるかと思ってたが、現在までのところ、把握できたマイナスは、お1人かお2人だけ。ありがたいことです~。crying

  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair
  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

C020985520100304105032

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »