フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 警察、検察、裁判所の罪を被告人に負わせる | トップページ | 全日本安協の事業仕分けを堪能! »

2010年5月20日 (木)

「今のままの弁護方針でよろしいのかな」と裁判官

 今日からまた「事業仕分け」。
 「事業名:運転免許の更新時講習」「法人名:(財)全日本交通安全協会」って、こういうところにそんな文字が出ること自体、ソビエト連邦の崩壊に匹敵する、すんごいことですょ。coldsweats02 交通利権の栄枯盛衰、諸行無常の響きあり、ゴォ~~~ン。

 ということで、有料メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」。年末年始と日曜を除く毎日発行、月onezerofive円。
 これ、1月分が105円てぇことなので、月半ばで購読登録しても、その月の分はぜんぶ読めます。
 1月105円だから、前の月の分を読みたいときは前の1月分を105円で取り寄せることなる。だから、早く購読登録するほうがお得です…ん? そうはならないか(笑)。

 サンプル号を更新しときましたので、よかったらちらっと見てみてね。lovely

 第144号以降の内容のごく一部は以下のような感じです~。

051021 第144号 若いイケメン検察官がどでかい声で偉そうに
 ・被告人はインドかそっち方面の男性。他人名義の旅券で他人を名乗り、他人名義で婚姻届けを出し…。しかしその婚姻は、実態のない仮装ではなく…。
 ・久々の「公然わいせつ」。好みの女性を見ると“スイッチ”が入り、抑えがきかなくなるんだという。若いイケメンを集めたTVドラマに出そうな検察官が、どでかい声で偉そうに被告人を責めたが、被告人の再犯は法務省がアホだから、とも言えるんじゃないか。俺はムカついたょ。

第145号 「今のままの弁護方針でよろしいのかな」と裁判官
 ・姿勢がよくきりっとしたイイオンナ被告人の「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反、脅迫」。不可解な否認…。被告人質問を終え、裁判官が、「これちょっとね、今、んとね…ちょっとざっくばらんに言わせていただきたい。証拠調べ、いちおう終えてる。証拠関係、分かりました。争う争わない、自由です。コメントするのは筋違いかもしれない。しかし…」と。
 ・若い女性のあとをつけて行き、マンションのエレベータ内で自己の陰茎を取り出して手淫を開始し、射精して精液を女性のスパッツにかけ、執行猶予判決を受けた若い格好いい被告人の、同種再犯、の判決…。
 ・「リストラ恨み元役員方の自動車放火 容疑で元社員を再逮捕」と報じられた事件の新件。脅迫の文章は、聖書の黙示録を思わせる名文で…。

P1020140 第146号 被告人はあの虚偽告訴事件の交際相手!
 ・あのたいへんな事件を見逃し、傍聴券交付所であることを試し、廊下でたまたま遭遇したシーンから…。
 ・さっそく買ったょ、「ゼロスタイル・ミント」。タバコ販売を独占して儲ける会社が、タバコの代替になって禁煙を助けるものを、つくるはずがないのだと、買う前に気づけょ…。shock

  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair
  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

  flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

C020985520100304105032

« 警察、検察、裁判所の罪を被告人に負わせる | トップページ | 全日本安協の事業仕分けを堪能! »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。