フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 職質強化月間の実績をあげるため証拠隠滅! | トップページ | 「Nシステムブログ」がスタート! »

2010年11月14日 (日)

我々は勝ったんですかね負けたんですかね

P1040198 夏の参院選が終わり、東京地裁へ「公職選挙法違反」の新件が続々と出てきてる。
 ある落選候補者を被告人とする1件は、新たな期日の指定がないまま期日取消となった。ほか、女性被告人の事件が3件。
 2人いっしょの審理だったのに分離された1件、を傍聴。うわぁ、なんだソレ、被告人は1人5000円で“席埋め”のアルバイトを集めた認識しかないのに、検察官は「投票及び票のとりまとめを依頼」と執拗にくり返し…元検事だという弁護人は…。

 マスコミ報道に出てこないそんな話もあんな話も次回期日も、ぜんぶ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」に。俺はもう、このメルマガに熱中しちゃって狂っちゃって、毎日睡眠3~4時間で…。

one 年末年始と日曜を除く毎日配信で、なんと月105円lovely
two 1カ月無料(課金は翌月から)crying
three 月半ばで購読登録しても、その月の記事は全部読めるshine
four クレジットカードがない方も購読可happy01

※ このメルマガ、携帯電話からは購読できないはずなのですが、アイホンですか、画面を指でいじるアレだと購読できるらしいです。要するにHTMLを読めるかどうか、そういうことなのかな?

 以下、メルマガの内容の一部。

第274号 出会い系に個人情報を流すぞ、殺すぞ、人生つぶすぞ!
 
libra 「重過失傷害」は、またも自転車の事故。こういう事故を、警察庁が旗を振って社会全体で呼び寄せてるんじゃないか…。
 libra 東京簡裁に久しぶりに「世田谷区清掃・リサイクル条例違反」。以前のケースとは若干違い…。
 libra 「恐喝、強制わいせつ」の控訴審判決。原判決は懲役5年。被告人氏名で検索すると、前刑の事件がヒットする。似たような事件だ。そういえば別の被告人の似たような事件を傍聴したっけ。これは、振り込め詐欺のような共同作業に向かない者が、手軽においしく稼げる、新しい犯罪タイプかsign02
 libra 15時30分からの「自動車運転過失傷害、道路交通法違反」を絶対傍聴するために、14時30分の「道路交通法違反」から法廷へ。15時20分を過ぎて、暗色スーツの男たちが続々と、続々と入ってきた。やっぱりそうなのだsign03

第275号 飲酒ひき逃げ事件の被告人は弁護士!
 libra 飲酒運転で赤信号を無視、重傷事故を起こして逃走した「自動車運転過失傷害、道路交通法違反」。被告人は登録1年目の若い弁護士。秋葉康弘裁判官はまた検察官の不手際を指摘し…。弁護人の情状弁護はほとんど完璧かと思え、最終弁論は明治・大正時代の文士のような…。今号は1件のみ詳細レポート。

現代日本の都市下層 Book 現代日本の都市下層

著者:青木 秀男
販売元:明石書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

第276号 我々は勝ったんですかね負けたんですかね
 libra チョー珍しい駐車違反(事件名は「道路交通法違反」)の、今日は論告・弁論。いや~、被告人には申し訳ないが、チョー面白かった、考えさせられたsign01 求刑は罰金1万8000円。
 libra 虚偽の死亡届を出しての死亡保険金詐欺の、主犯(=死んだはずの男)が、間もなく時効なのにマヌケな交通違反で捕まって逮捕され、共犯者2人がイモヅルで捕まった…という事件の共犯者の1人の「詐欺」の判決…。
 libra 2004年1月に大阪地裁で「危険運転致死、道路交通法違反」で懲役5年(重っ)の判決を受け服役した被告人の、「住居侵入、窃盗」の判決。求刑どおり懲役3年。廊下で検察官たちが立ち話。「もっとイケたかもしれませんねぇ」「てぇと、我々は勝ったんですかね、負けたんですかね」。
 libra 来週の東京地裁、東京高裁の、検索で報道等がヒットする事件あれこれ。

第278号 最後の食事として牛丼を食べた後…
 libra 馬渡香津子裁判官の法廷で「重過失致死」(自転車の事故)の第4回公判。起訴した以上は何とか有罪にするため、検察官は追加立証をしたが、しかしこれは誰の目にも無罪は明らかでしょ。「進行協議で打ち合わせを」ということで、非公開の地下へ潜ってしまった…。
 libra 早朝の通勤時の自動二輪による「自動車運転過失致死、道路運送車両法違反、自動車損害賠償保障法違反」…。
 libra 「有価証券偽造」の新件。被告人は犯行時、不動産会社の有能な経理担当。ある人物から「融資の依頼」を受けたのをきっかけに、とことんカモられ食い尽くされ、絶壁から転げ落ちるように…。
 libra 鬼澤友直裁判長、井戸俊一右陪席、棚橋知子左陪席裁判官、裁判員は男、男、女、女、女、男、補充裁判員は男2人の、「強盗傷人」の裁判員裁判、とは知らず行列の1番をとってしまった。被告人は“墨出し工”とし20年間働いてきたが、最後の食事として牛丼を食べた後、所持金は百数十円になり…。
 libra 「邸宅侵入」の第2回、判決。1976年に保護観察付の執行猶予判決を受けているが、保護観察所へ出頭した記憶も、保護司に会った記憶もないんだという。
 libra 女性被告人の「有印私文書偽造、同行使、公正証書原本不実記載、同行使、電磁的公正証書原本不実記載、同供用」。こ、これは、うわぁ…。

最新版 なんでこれが交通違反なの!? Book 最新版 なんでこれが交通違反なの!?

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 職質強化月間の実績をあげるため証拠隠滅! | トップページ | 「Nシステムブログ」がスタート! »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。