フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 双方不倫で駆け落ち、9年間の逃避行の終わりは | トップページ | 泣きのイチロク、猶予が3年 »

2010年12月31日 (金)

蓮舫さ~ん、警察庁はナメきってますよ~

 フリージャーナリストの西島博之さん、週プレで交通利権のことをよく書いてる人だ。その西島さんが、じつは爆笑スクープネタを掴んでて、11月に一杯やりながらその話を聞いたとき、私はマジ笑い転げた。きゃぁ~、も、最高っsign03

P1020529  運転免許の更新時講習の教本として配布される(ただし代金は講習手数料に含まれてる)あの『交通の教則』、あれが2010年5月の事業仕分けでネタになったでしょ。
 あのとき警察庁は、もはや全安協(全日本交通安全協会)の独占ではない、入札を取り入れ、すでに全安協以外の教本を使ってる自治体が複数あると、素敵な蓮舫さん(白いスーツがよく似合って、ああいう中では飛び抜けて美人だょ)に対し堂々と言っていた。

P1030959  全安協以外…。どこだ? 地元の元警察官僚がやってる会社か? 地方紙の子会社とすれば、新たに警察から天下りを受け入れ、ますます…。いろいろ想像するよね。
 だって、『交通の教則』は実質、天下り利権のためにあるということができ、一般の業者が参入しちゃったら、『交通の教則』の存在意義、つか免許更新の意義自体、大いに失われてしまうもの。

 じゃあ、「全安協以外」ってどこなの。そこが、西島さんのスクープなのである。私がマジ笑い転げたのは、そこなのである。
 すぐにも「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」(月105円)や雑誌に書きたかったが、やっぱ仁義ってもんがある。西島さんより先に出しちゃうわけにはイカナイ。ぐっとガマンの日々…。

 ようやく西島さんが「THE INCIDENTS インシデンツ」で発表してくれた。「事業仕分けもなんのその、警察庁の『交通の教則』利権は不死身」、上、中、下、であるsign03
 蓮舫さ~ん、警察庁はナメきってますよ~。bleah

 記事の全文を読むにはユーザ登録をしなきゃならないけど、「正式オープン準備版」だからか、登録なしでもけっこう読めるようになってる。

« 双方不倫で駆け落ち、9年間の逃避行の終わりは | トップページ | 泣きのイチロク、猶予が3年 »

行政処分」カテゴリの記事