フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 放置違反金に係る報告義務違反 | トップページ | 団体恐怖 »

2011年1月22日 (土)

「公用文書毀棄」がくっつくと

 以下、1月21日付け産経新聞。

「そんなに速度出してない」と記録書を破る 男を逮捕
 埼玉県警浦和署は21日、道交法違反(速度超過)と公用文書毀棄の現行犯で、東京都板橋区■■町、無職、■■■■容疑者(73)を逮捕した。
 浦和署の調べでは、■■容疑者は21日午後0時40分ごろ、さいたま市南区文蔵の国道298号で乗用車を運転、法定速度を25キロ超える時速85キロで走行した上、交通取締中の同署員が示した速度測定結果記録書を破った。
 浦和署によると、■■容疑者は「感情的になって(記録書を)破ったことは反省しているが、そんなにスピードは出していない」などと話しているという。

 スピード違反の取締りにおける測定値の信頼性を裏付けるものは、要するにその測定機を製造・販売したメーカーの言い分のみ。それで十分だというのが、警察と検察と裁判所の考え方だ。

P1040304  日本には通称「人質司法」という制度がある。すなわち、容疑を否認すれば、罰金刑または執行猶予付き懲役刑の判決が出るまで勾留し、それが嫌なら否認するな、争うな、認めろ、として検挙・逮捕の無謬性を守ることに資する、という制度だ。

 スピード違反だけなら、被疑事実を認めて略式の裁判手続に応じ、釈放されてから…という手もあるが、「公用文書毀棄」がくっついちゃうと、その手は使えないんだわね。

 なーんて語りだすと長くなる。長々語ってないで、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」を書かねば。来週も東京地裁はいろんな事件がある。とくに火曜は大変shockだ~。

 「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」は、

one 年末年始と日曜を除く毎日配信で、なんと月105円lovely
two 1カ月無料(課金は翌月から)crying
three 月半ばで購読登録しても、その月の記事は全部読めるshine
four クレジットカードがない方も購読可happy01

« 放置違反金に係る報告義務違反 | トップページ | 団体恐怖 »

オービス以外の速度違反」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。