フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 陰茎ぼろぼろ こぼれるから | トップページ | 事件名:病院移送等 »

2011年2月 5日 (土)

裁判員裁判→無罪→検察控訴→控訴審第1回

080206  「道路交通法違反」、首都高速・山手トンネル内のオービス、否認事件、ある意味ちょっと珍しい判決(笹本昇裁判官)を傍聴した後、被告人は“民族派”かと思われる「道路交通法違反、危険運転致傷」(村山浩昭裁判官)の法廷へ、傍聴席は42席だからまだ大丈夫だろ、と約5分前に行ったら、複数の団体でぎっしり満席sign03 くっ…こっ…血圧がばーんと上がって、脳の血管、切れたね百本くらい。
 うち20数席を埋めた団体が何者か、約2時間10分後に、意外なことで判明するのだった…。

 東京地裁に特有と思われる、血みどろ(心的傷害)傍聴席争奪戦争、これに敗れた私は、しょーがないので東京高裁の、一審・千葉地裁は無罪の「覚せい剤取締法違反、関税法違反」(小倉正三、岡田健彦、江口和伸裁判官)の控訴審第1回へ。テレビカメラによる法廷内撮影があり、報道記者が多数。
 禍福はあざなえる縄のごとし、とはよく言ったもんで、こっちを傍聴できてマジよかった。検察控訴(検事控訴)自体そんなにはないわけだが、それを超えて珍しい展開だったと思う。私の傍聴メモはB5サイズで12ページにわたる。裁判(刑事裁判)とはナンなのか、裁判所もマスコミも国民も、そこに向き合って覚悟を決めることは永遠にないんだろうな、としみじみ思えて…。次回期日も含め、詳しくは「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」で。

« 陰茎ぼろぼろ こぼれるから | トップページ | 事件名:病院移送等 »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。