フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 裁判員が食べ放題のお菓子は! | トップページ | 一般旅券の発給等の制限 »

2011年2月18日 (金)

受刑者を/自分の色に/染めようと

P1040337  2月16日(木)、「東京拘置所看守部長が受刑者に暴行容疑で逮捕」と報じられた「特別公務員暴行陵虐、特別公務員暴行陵虐致傷」の新件、傍聴してきたょ。
 不起訴率が毎年100%またはほぼ100%の珍しい事件なので、「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」(月105円)の第337号「受刑者を/自分の色に/染めようと」(1号当たり4円crying)で、ちょと気合いを入れて詳しく書いた。東京拘置所の職員諸氏は是非お読みを、と宣伝、宣伝、きゃはっ。happy02

 2月17日(金)は、裁判員裁判初の全面無罪、裁判員裁判初の検察官控訴の「覚せい剤取締法違反、関税法違反」の控訴審第2回を傍聴。小倉正三裁判長の態度が、印象的だったなぁ。あと、傍聴席で意外な方にばったりsign01

 そのあと何件か傍聴しようと思ったら、金曜の東京地裁はだいたい事件が少ないところへ、大学が入学試験等で休みだったりするんだろうか、そしてまた“あの事件”(※)で傍聴券抽選に外れた人の数%が裁判所内へ入ったんだろうか、主に学生風の若者諸君が多くて、窮屈が嫌いな私は…。

※ 海老蔵の悪態次々と…歌舞伎関係者「泥を塗ったも同然」」、「倍率は約52倍 伊藤リオン被告初公判に長蛇の列」などと報じられてる。
 後者の記事(18日付け産経新聞)に、こうある。

 一般傍聴席19席に対し、傍聴券を求めて並んだのは992人で、倍率は約52倍。希望者の列は東京地裁の建物を取り囲むように延び、警備にあたった男性も「こりゃ、すごい」と驚いた様子だった。

 あの公判(13時30分~17時)があったのは東京地裁425法廷、傍聴席は42席。一般傍聴席が「19席」ってことは、えっと、23席までが、司法記者クラブなどに“特別予約”されてたわけだ。
 そして、残る19席をゲットするために、傍聴券抽選に並んだという992人の方々の、たぶん9割以上は、マスコミ(たとえば個々のワイドショー)とかに直に動員された人、または、マスコミ(同)から依頼された業者に雇われて動員された人たちなんだょね。
 そりゃべつにいいんだけど、992人という人数をあげて、「こんなにたくさんの人が注目してる」かに報じるのはダメでしょcoldsweats01、と思うわけ。

 ま、それはともかく、あ~ぁ、今日は結局、1件しか傍聴しなかったな~、と電車に乗ったら、隣の席にナント…sign01 裁判所へ通い詰めてると、こんな偶然もあるんだねぇ、びっくり。いろんなことがあるわさ。lovely

« 裁判員が食べ放題のお菓子は! | トップページ | 一般旅券の発給等の制限 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。