フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« この無期懲役とあの懲役30年 | トップページ | トイレ工事約1億6500万円! »

2011年3月 4日 (金)

カンニング事件、異様な狂騒の理由は?

P1030127  東京地裁で「威力業務妨害」「偽計業務妨害」を多く傍聴してきたところからすると、今回の要するに“匿名サイト利用カンニング事件”は、大学側が監視人を増やしたり対策を練ったりした時点でもう、業務妨害は楽勝成立するんじゃないかと思えて。

(信用毀損及び業務妨害)
第二百三十三条  虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
(威力業務妨害)
第二百三十四条  威力を用いて人の業務を妨害した者も、前条の例による。

 当初いわれていた愉快犯的なものだったら大楽勝で成立するし、「バレないよう、こそっとやったつもりだった」としても、裁判的には「だから故意はない」なんて通らないでしょ。

 

 まぁね、私の解釈が荒っぽ過ぎるのかもしれないけど、それにしても、テレビも新聞もなんでここまで“狂騒”するのか、という気がする。
 もしかして、警察・検察がネット方面に新たな武器(法律)を持ちたがってるとか、新たな天下り先をつくろうとしてるとか、それで記者クラブマスコミを使って「とんでもない たいへんだ 何とかしろ」という世論をあおってる…なぁんて仮説はどうでしょね。

 

 さて、3日(木)の、東京地裁の「偽証」の新件、傍聴してびっくり。市川海老蔵さんの事件で全国的に有名になった、あの「ドラゴンという愚連隊」がらみの事件だったんだねぇ。そしてなんと、4日(金)の「偽証教唆」は、3日(木)の「偽証」と対の事件 こういう“繋がり”があるんで、傍聴マニアから抜け出せない。なくても抜け出せないんだけど…。

 

 4日(金)は東京高裁(安井久治裁判長)で、「「警官供述は虚偽の疑い」窃盗未遂に無罪判決」と報じられた「窃盗、窃盗未遂」(原審は非裁判員裁判)の控訴審判決があった。案の定、さくっと原判決破棄(完全破棄)。
 でも、まだどこも報じてない。どして? あれを報じるのは我が軍のメルマガだけ? いや、高橋ユキさんがしっかり傍聴してたから…。やばい、ユキさんに先を越されないよう急げっ 

« この無期懲役とあの懲役30年 | トップページ | トイレ工事約1億6500万円! »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。