フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 今回の放射能被害に何ら酌量すべき点はない? | トップページ | 契約アンペアを下げる! »

2011年3月25日 (金)

原子力機構、公金でOB法人“丸抱え” 天下り268人

 昨年の6月19日、私のお誕生日イブである。何歳の? えっとぉ、ご、いや、29歳の…。あ~っ、このクソバカオヤジっsign03
 じゃなくてぇcrying、昨年6月19日付け産経新聞がこう報じてるのね。以下はその冒頭部分。

原子力機構、公金でOB法人“丸抱え” 天下り268人、随意契約170億円
 高速増殖炉「もんじゅ」を運営する独立行政法人「日本原子力研究開発機構」のOB268人が、施設保守管理会社「日本アドバンストテクノロジー」(NAT)など35の関連法人に再就職し、少なくとも8法人で、売上高(平成20年度)に占める機構からの受注額の割合が8割を超えていることが18日、分かった。機構の運営費の9割は国からの支出に頼っており、OBが天下る関連法人を公金で“丸抱え”している実態が浮かび上がった。

 ふぅん、高速道路に国土交通省系のファミリー会社があるように、原発には原発の(あらっぽく言えば)「原発ファミリー会社」があるわけで、ごく普通の現実が、民主党(結局は原発推進党)の事業仕分けの勢いにのってたまたま記事化されたのかなぁ、との印象を、偉そうに(ごめんねweep)私なんかは持つわけ。

 天下りしたという268人の誰か、あるいはその辺のお仲間が、今“放射能の影響”について「大丈夫、大丈夫」と解説してるのかもしれないね。ほんとに大丈夫だとしても、なぜかムカつくっ。pout

 そっち系の話はcoldsweats01これくらいにして、2月23日以降怠ってた、メルマガのタイトルの紹介を。

第396号 法学部のお嬢さんの酒気帯び追突事故
第395号 フライパンに油を入れてガスレンジにかけ…
第394号 裁判官が次々移動、さよならだけが人生だ
第393号 姑から逃げ出した人妻は東京で売春クラブを
第392号 この逆転有罪、なんで報道されない?
第391号 女性を襲って下着を奪い、ネットで販売!?
第390号 東京であの男に会いさえしなければ…
第389号 あの傷害事件の情状証人は偽証してた!
第388号 人間ではなく、地獄からきた別の生物…?
第387号 みんな、どうも! 行ってくっから!
第386号 司法記者が裁判員裁判を見放した!?
第385号 贖罪の寄付先を自分で探しました
第384号 警察官が法廷の外でもウソついた!?
第383号 所持金65円、一瞬の炎の中にどんな夢が見えた?
第382号 タバコを1本頂けないでしょうかとホームレス
第381号 被告人とはいえ人生の先輩に対し若造が偉そうに!
第380号 検察が控訴できるシステム自体がダメでしょ
第379号 いやいや、裁判官が聞きたいのは以上だ!
第378号 裁判官、現場を見に行きましょう、みんなで!
第377号 受刑者を/自分の色に/染めようと

 ここまでにしときます。最新号は第407号なんだけど、コピペするのがめんどくて。ごめんね~sign01

 意味分かんない? すみません、えっと、私は有料メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」(月105円)というのをやっとりまして、日々の裁判傍聴等々についてはそっちに書いてるんです。裁判員制度に係る業務委託、「裁判員候補者に対する通知書等の印刷,発送及び集計の業務について」「裁判員等選任手続期日当日の補助業務について」、「裁判員等の電話カウンセリング等委託業務」、「裁判員候補者等コールセンター運用業務について」、「裁判員制度の運用等に関するアンケート結果集計/分析業務」、「裁判員制度の運用に関する国民一般の意識等調査業務について」なんかもそっちで…。

慈悲と天秤 死刑囚・小林竜司との対話 Book 慈悲と天秤 死刑囚・小林竜司との対話

著者:岡崎正尚
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原子炉時限爆弾 Book 原子炉時限爆弾

著者:広瀬 隆
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

社団法人日本原子力学会 原子力用語辞書2010 for ATOK Software 社団法人日本原子力学会 原子力用語辞書2010 for ATOK

販売元:ジャストシステム
発売日:2010/06/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 今回の放射能被害に何ら酌量すべき点はない? | トップページ | 契約アンペアを下げる! »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。