フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 3月14日の東京地裁は… | トップページ | “別の裁判所”へ行き大ショック! »

2011年3月16日 (水)

この人です!

 「昭和63年6月28日発行」とある『週刊プレイボーイ』に、私は4ページの記事、つか読み物を書いてる。昭和63年とは、私の計算に間違いがなければ1988年。私が19歳のときだ。←年齢のとこ間違ってるぞsign01
 タイトルは「土地長寿、交通事故激減、権力物質発見…世紀末には奇妙な事件続発!? 世紀末ニュース・ステーション」。
 5つのニュース風読み物から成り、1つはこうだ。

5千万部の幻のベストセラー 売る前になくなる“実質的”発禁本

 映像メディアの発達とともに活字離れが問題になっている近ごろですが、1年足らずでなんと5千万部を売り切ってしまった本が出現しました。

 これまでのベストセラーといえば『窓際のトットちゃん』が文庫も合わせて600万部以上。ロングセラーで有名な『赤尾の豆単』でさえ約1千万部ですから、今回の5千万部という数字は出版業界の歴史に残るものと言えましょう。

 『この人です!』(終末書房・980円)が問題の本で、発売部数もさることながら、その売れ方もなかなかに変わっているようです。
 宣伝は一切していないのに、初版の2千部に予約が殺到。それからも版を重ねる度にどこからか購読申し込みが押し寄せ、あっという間に売り切れ。

 余分に刷って書店の店頭に出したことが一度だけあったそうですが、開店直後にやって来た目出し帽の男がひとりで全冊買い上げ、逃げるように消え去ったとのことです。

 5千万部といえば国民の半数近くが読んだことになるはずなのですが、「私は読んだ」と言う人はなぜかひとりもおらず、まさに“幻のベストセラー”というわけです。

 発行者の平瀬高志さん(59)に『この人です!』の内容をうかがったところ、これがちょっと風変わりで、ただ単に、通産省、科学技術庁、原子力産業会議、原子力安全委員会、電力9社、建設関連企業、政治家など、原子力発電所の誘致、建設、運転に関わった人たちの住所・氏名を240ページにわたって列記してあるだけなのです。

「原子力は必要で安全だ、と新聞に全面広告を掲載させた人たちの名前も、もちろん調べた。北海道幌延町に計画されている高レベル核廃棄物施設について、東大のある名誉教授が『私を含めた先生方は学術的にみて妥当と判断している』と安全PRパンフに書いたそうなので、その『先生方』の名前もと思って探したんだが、絶対に公表できないと、貝のように口が固くて」

 と平瀬さんは出版の苦労を語りますが、しかしどう見てもこれは本というより単なる“名簿”にすぎず、なぜそれほど売れるのか、言い換えればこのような名簿にどれほどの価値があるのか、不思議というほかありません。

 そこで、このあたりの謎を解明することで、書籍販売の不振から脱出するための方策を探ろうと、出版業界が資金を出し合って調査を開始。間もなく、通産省、電力会社などの図書資料室に最近大量の段ボール箱が運び込まれ、猟銃、金属バットなどで武装した職員、社員により厳重な警備のもとに保管されている、との情報を入手しました。
 しかし、彼らの口もまた貝のように固く、『この人です!』との関連は今のところ不明です。

 1988年に、そんなことを…。感慨深い。

 5本のうち「土地長寿者が続出!」は、高額の相続税を払えないため死亡届を出さず、東京都内に100歳以上のお年寄りが45万人も…というネタで、これは「年金不正受給」という形で現実になった。
 「交通事故が激減!」は、無謀運転による死亡事故に殺人罪が適用されることになり…というネタで、これは「危険運転致死傷罪」が登場した。
 そして「5千万部の幻のベストセラー!」は…。ま、強いてこじつければ、その後「個人情報の保護に関する法律」ができたけどさ。

個人情報保護法の真意を見逃すな!
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

 特別法と民法法理 特別法と民法法理
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

クロスファイア(下) (光文社文庫) Book クロスファイア(下) (光文社文庫)

著者:宮部 みゆき
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 3月14日の東京地裁は… | トップページ | “別の裁判所”へ行き大ショック! »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。