フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« さすが竹中元大臣 | トップページ | 金型加工会社の社長って!? »

2011年5月25日 (水)

神聖であるべき司法の場を欺いた?

 あの「窃盗」の被告人は、やっぱりお笑い芸人だった。長きにわたりナント1800万円を盗まれた先輩芸人は…。
 詳しくはメルマガで。

 

 その後に傍聴したドラゴンがらみの「偽証教唆」、第4回公判、論告で検察官は言うのだった。

検察官 「神聖であるべき司法の場を欺くもので…(悪質きわまりない)」

 

 聞いててムカついたねぇ こらっ、てめぇらどの口でそれを言いやがる つまり、無罪の証拠を隠して有罪、無期懲役としたことに、ひとひらの反省もないってことだ。
 そうして取調べの可視化で、検察は“一石三鳥”の利益を得る(メルマガ第457号「可視化が警察・検察を一石三鳥で利する理由」)。

 

 だいたいやねぇ、自白の取り方に問題があって冤罪が生まれることがあるから、というならダヨ、真犯人が現れたとか、DNA鑑定に抗いきれなくなったとか、無罪の証拠をとうとう隠しきれなくなったとか、そういう特殊な事情がなくて、「強要された自白で冤罪に落とされた」と言ってる事件を徹底検証し、無実の牢獄に捕らわれてる人たちを救出しなきゃいけないじゃん。すでに死刑を執行された人たちの、せめて名誉を回復しなきゃいけないじゃん。

 

 しかし、見るがいい、そっちの方向へは絶対に行かないよ。絶対に行かないまま、可視化を検討し始める…それは、可視化が警察・検察を一石三鳥で利するからだと。

 

 雨降って地固まる、検察はますます悪くなっていくのだ。それはたぶん捜査能力の低下にもつながり、ほんとに有能な検察官はだんだん嫌気を覚え…。

 

 だから裁判員制度が誕生した? それ、マジで言うわけ? 呆れてぐったりしちゃったんで、風呂入って寝ますわ。

 

 あそうそう、メルマガ第458号は「パーメ管理業務、安協が約86%、22億円」ですぅ。ついでに第459号は「尻尾切りされた東京拘置所刑務官の判決」。何のことだか、刑務官諸氏は…けっこう知らなかったりするのかもね。あの裁判をぜんぶ傍聴してそう思うです…。

« さすが竹中元大臣 | トップページ | 金型加工会社の社長って!? »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事