フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 5月20日を裁判員制度廃止記念日に! | トップページ | さすが竹中元大臣 »

2011年5月21日 (土)

恐怖の第二南門

P1040415  詳しくはこれからメルマガ第456号に書くけど、あの南門、大高正二さん事件の現場とされる東京高地簡裁合同庁舎の第二南門が10月20日、騒然となったんだね。
 正門前には貸し切りバスが停まり、小中校生諸君が正面玄関前に並んでたりするのとは対照的に、裁判所が権力装置であることを見せつける、夜霧の第二国道ならぬ“恐怖の第二南門”sign03

 つらい判決/ネオンの海へ/捨てにいくのもままならぬ/バックミラーにあの警部補が/浮かぶ夜霧の/ああ、第二南門note

 大山千恵子さんから、こんな映像があると教えてもらった。私も埋め込みができるようになったんだよ~。

 日比谷公園、野外音楽堂での「5.20を裁判員制度廃止記念日に!」についてひとつだけ書いとくと、デモで東京電力本社の前を通った。
 あそこには、抗議等の人がたくさん詰めかけてるんだね、知らなかったよ~。

レポーター 「こちら東電本社前ですっ。今日も朝から大勢の人たちが、怒りの抗議でしょうか、詰めかけていますっ!」
スタジオ 「皆さん何を訴えてらっしゃるのか、うかがってみてもらえますか?」
レポーター 「(歩道の人にマイクを向け)こんにちは、失礼します。今日はどちらからお越しですか」
歩道の人 「福島の“20キロ圏内”からだよっ!」

 なーんて、ワイドショーでニュースで、ばんばんやりそうだけども…。

 警視庁警察官たちは、もっと詰めかけてた。東京電力を、ヒューマンチェインならぬポリスチェインで囲んでる(守護してる)っていうか。機動隊の車両もぎっしりで、その排気ガスが臭い臭い。wobbly

 抗議等の人たちに手を振り振られ、通り過ぎて銀座へ出たのが20時30分頃。はは~、銀座ってああいうことになってんだ~sign03 という話はメルマガで。急げっ。

刑務所通いはやめられねぇ―笑わせて、泣かせる落語家慰問 Book 刑務所通いはやめられねぇ―笑わせて、泣かせる落語家慰問

著者:桂 才賀
販売元:亜紀書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 5月20日を裁判員制度廃止記念日に! | トップページ | さすが竹中元大臣 »

日記」カテゴリの記事

コメント

本日は!四国の地に
【民事裁判・人証調べ・傍聴巡礼】に行き!とっても楽しいかったです
@それにしても・【警察機関様】って!どんな基準で動くのでしょうか
@今日の四国では
【何故か?警察は当事者どうしで話し合っネ】と動かず
@民事訴訟の和解手続にて・次回・ハッピーエンドにて→終わりそうな事案を傍聴しました
@警察機関様の《民事不介入》の原則は大切
@一方・宇都宮健児先生も尽力された如く
《ヤミ金業者を取締りることも》大切
@話は変わりますが・四国地方は意外に→広いですね
@今!私が乗っている
JR四国の列車様
終点高松駅まで!あと2時間かかります
@私は・高松駅で!僅か10分で次の電車に乗り換える等
@【指定席を取る狐の皮算用なつもりです】
@すでに2分遅れています
@まあ私・【本年3月11日の東日本大震災直後の→裁判傍聴後の新橋駅の恐ろしかった風景達】忘れません
@だから【列車達は危険を察知したら緊急停止】させて→全然構わないつもりです。でも今は!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月20日を裁判員制度廃止記念日に! | トップページ | さすが竹中元大臣 »