フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 恐怖の第二南門 | トップページ | 神聖であるべき司法の場を欺いた? »

2011年5月23日 (月)

さすが竹中元大臣

P1040382  ハーバード大で私と同窓だった(←どっからそんなウソが出るんやwobbly)、元総務大臣で郵政民営化担当大臣で金融担当大臣で経済財政政策担当大臣の竹中平蔵さんが、ツイッターでこんなこと言ってる

30年で大地震の確率は87%・・浜岡停止の最大の理由だ。確率計算のプロセスは不明だが、あえて単純計算すると、この1年で起こる確率は2.9%、この一カ月の確率は0.2%だ。原発停止の様々な社会経済的コストを試算するために1カ月かけても、その間に地震が起こる確率は極めて低いはずだ。

 するてぇと、1日の確率は0.008%。明日も0.008%、明後日も0.008%。ずーっといって30年目の最終日も0.008%。大地震なんか全然心配する必要ないってことだ。
 こういう計算方法乃至論法で、国を動かすんだなぁ。だから原発は爆発するんだなぁ。久々にすとんと納得。happy02

 裁判傍聴担当大臣としては、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」(ほぼ毎日発行で月105円。月半ばの登録でも1カ月分全部読める。最初の1カ月は無料)を宣伝したいんだが、ちよと唐突にすぎるのではないかと苦慮…。coldsweats01

〈麻薬〉のすべて (講談社現代新書) Book 〈麻薬〉のすべて (講談社現代新書)

著者:船山 信次
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この本upが面白いらしい。

« 恐怖の第二南門 | トップページ | 神聖であるべき司法の場を欺いた? »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恐怖の第二南門 | トップページ | 神聖であるべき司法の場を欺いた? »