フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 今井亮一の傍聴日和 | トップページ | 訴追請求状にはベルサイユのばら切手を »

2011年7月10日 (日)

東京地裁・刑事第10部、虚偽記者席

P1040585  東京地裁429号法廷、傍聴席は38席
 傍聴券抽選で、当たり券の枚数は32枚(32席)。
 36人並んで4人外れ。

 

 当たって最初から傍聴しない人もいる。途中で出る人もいる。しかし、抽選に外れたが最後、席があっても傍聴できない、させない。

 

 法廷に入ると、青いカバーの席が1つ。それは被告人、大高正二さんの奥さんの席。
 白いカバーの席が5つ。カバーには「報道記者席」の文字が。

 

 第1回から第5回まで毎回設けられてきた“記者席”5つ。
 第2回で、うち1つに15分間だけ、女性記者が座った。それ以外、最初から最後まで完全無人。
 そしてなんと、記者クラブ側は裁判所に対し傍聴席を申請してないのだった、5回とも

 

 聞けば、記者クラブ側が記者席を申請して、しかし記者が来ないと、裁判所は記者クラブに対し「そんなことだともう申請に応じませんよ」となるらしい。記者クラブ側(幹事社)は、どうしても傍聴したい社の数だけ申請するんだという。

 

 東京地裁・刑事第10部、多和田隆史裁判長、本間敏広右陪席裁判官、山田千尋左陪席裁判官、虚偽記者席を用いての傍聴妨害

 

 すでにこんな記事もある。
追加レポート:裁判所はここまで腐ってしまったの? 「報道記者席」の怪
東京地裁の暴挙/裁判長が記者席悪用、傍聴妨害(山口正紀)

 

 第5回公判における多和田裁判長の様子についてはメルマガ第498号でご報告させてもらった。今後のことについても。
 東京地裁・刑事第10部の皆さん、そのメルマガ、読んどくほうがいいと思いますょ。

 



« 今井亮一の傍聴日和 | トップページ | 訴追請求状にはベルサイユのばら切手を »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事