フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 「原発がどんなものか知ってほしい」 | トップページ | 原発被害の敵討ち »

2011年7月27日 (水)

あなたたちが将来ガンになった場合は…

P1040594 「まぐジャーナル!」7月26日号のトップ記事は、畠山理仁さんの「『想定外』を連発した東電の思惑とは 姑息すぎる魂胆が見え隠れ」。
 その次が、辛坊治郎さんの「自民党議員寝返りの陰に亀井氏の影!? カギは国民新党の存在意義」。
 ずっとスクロールして巻末が、「裁判傍聴コラム 『今井亮一の傍聴日和』 焼き肉関係の社長はとうとう刑務所へ」。そんなとこに載せてもらえるとは。
 おかげさまで次々と新規の購読登録をいただいてます。ありがたいことです~。
※ 画像はメルマガ第515号で言及した事柄の関係。

 さて、諸兄はこんなのをご存知でしたか。

 7月15日、熊本県が豚から初めて放射性セシウムを検出したと発表した。牛肉だけでなく、豚肉までセシウムに汚染されたものが全国各地に流通していることが明らかになったのだ。

 これはどうも『女性自身』のサイトにあったらしい。こうなってるそうな。

 政府や県はこの事実を知った上で、豚の県外移動を認めている。食卓を守るために消費者が頼るのは産地表示。だが、「○○県産」だから大丈夫、というような判断は信用できなくなっているということなのだ。本誌では、飼育業者が食肉流通の実態を激白!

 だがネット上の元記事はもう表示されないようだ。

 
 “産地偽装”や“セシウム隠し”は、人間の社会である以上当然すぎること。野菜でもそれはあるだろうし、セシウムを含んだ加工食品はすでにばんばん販売されてるだろう。

 ま、結局、厚労省が今と同じ統計の取り方をしてれば(しない可能性が高いょね。笑)、5年、10年、20年後、癌や白血病の患者が、またそれらを原因とする死亡者がどんと増え、日本人の平均死亡年齢ががくんと下がると、そういうことだわね。

 じゃあ、「俺(または家人)の癌は福島原発から放出された放射性物質のせいだ! 賠償しろ」と訴訟を起こしたらどうなるか。
 そりゃもう、東電も国も徹底的に争いますょ。そうして必ず、

 癌の原因はさまざまあり、放射性物質は福島以外の原発から、また他国の核実験からも拡散されている。本件癌細胞に「福島原発由来」と原因表示がない以上、その他の争点について判断するまでもなく…。

 との理由で、裁判所(=国家)は必ず国民を敗訴させますょ。

 現在発売中の『週刊プレイボーイ』に、「実名で糾弾!! 原発事故がここまでヒドくなったのはコイツのせいだ!!」という記事がある。
 広瀬隆さんと明石昇二郎さんの対談形式で、お2人は7月8日、東電の勝又恒久会長らを東京地検特捜部・直告係に刑事告発したんだそうだ

 その記事の囲み部分に「広瀬氏と明石氏が刑事告発した原子力ムラの住人たち」とあり、その冒頭に、顔写真付きでこんなことが書かれている。

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科長 山下俊一
  「計画的避難区域」に指定される直前の飯舘村で「あなたたちが将来ガンになった場合は、今回の原発事故に原因があるのではなく、日頃の不摂生だと思ってください」と発言

 この山下俊一という人は、長崎大学を休職して福島県立医科大学の副学長に就任する、との報道があったらしい。
 山下さん、福島県民の健康状態、死亡原因を調べて、「日頃の不摂生のせいですね」と言いまくるんだろうなぁ。
 そうして、ご自身が意外な癌で死ぬとき、「ありゃ?」と思うのかな…。
 人間とはまさにそういうもんだと、事件数で3000件超を傍聴し、多くの被告人を見てきたマニアは思うです。人間万歳(ばんざい)sign01 ←降参、という意味の万歳ですょ。shock

 私は、いつ癌を告知されるんだろう。あなたは? 大人はしょーがないかもしんないけど、子どもは可哀想で…。

原発の闇を暴く (集英社新書) Book 原発の闇を暴く (集英社新書)

著者:広瀬 隆,明石 昇二郎
販売元:集英社
発売日:2011/07/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 原発の闇を暴く (集英社新書) (新書) / 広瀬隆/著 明石昇二郎/著  原発の闇を暴く (集英社新書) (新書) / 広瀬隆/著 明石昇二郎/著

販売元:CD&DVD NEOWING
楽天市場で詳細を確認する

« 「原発がどんなものか知ってほしい」 | トップページ | 原発被害の敵討ち »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「原発がどんなものか知ってほしい」 | トップページ | 原発被害の敵討ち »