フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 島田紳助さん引退、警察の情報漏洩が発端? | トップページ | 暴力団に人権はない? »

2011年8月27日 (土)

連続強姦魔、DNA鑑定一致せず!

P1040688 「危険運転致死傷幇助」の控訴審第1回を傍聴した。げぇ、マジsign02 という部分があった。裁判員裁判のマズイ点(=裁判員裁判の本質)が出たな、と思う。
 時事通信は「飲酒者同乗、改めて無罪主張=一審実刑2人の控訴審-東京高裁」と報じており、傍聴した者には「あぁ、そう書いたのか」と分かるけれども、うーん。
 とにかく、こういう事件で判決期日が3カ月近く先って、だいぶ異例だ。原判決破棄もあり得ると思う。で、どうするのか。法律的に可能なら、この落としどころが最も…という話も申し訳ないけどメルマガで。

 生活クラブ生協の『生活と自治』に、写真家の藤原新也さんが連載を始めてる。8月号の連載第2回で、福島県のある有名な寺の「お年を召した女管理人」の、こんな言及が紹介されてる。
「今年の桜は色が鮮やかで花の数も尋常ではなかった。このような桜を見たのはこの寺を管理するようになってから…」
「今年の蕗(ふき)の葉が大きいことにもびっくりしている…」

 藤原さんは「この変化を即、放射線の影響だと断じることはすべきでないと思っているのだが…」と書いてるけど、植物や昆虫、細菌等々に変異が生じてこないだろうとは到底言えない。

「連続強姦殺人の犯人に間違いないのに、DNA鑑定が明らかに一致しない。公訴時効が迫り、刑事たちは焦る。じつは犯人は、福島原発の電源復旧のために大活躍し、大量の放射線を浴びていた。孫請けの作業員として偽名で働いていたため、当局は把握していなかった…」
 なーんて2時間ドラマ、ムリっすか。shock

東京漂流 Book 東京漂流

著者:藤原 新也
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

メメント・モリ Book メメント・モリ

著者:藤原 新也
販売元:三五館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

P1040694 ところで、民主党の代表選がどうとか。忘れてやしませんか? 我々は最悪の政治家か最低の政治家か、どっちかしか選べない、なぜなら我々自身が(社会的、政治的には)最悪で最低だからだ、という定理。
 それを忘れ、ケルケゴールが言うところの「天井桟敷の公共」よろしく、テレビ・新聞の政治報道や週刊誌の食いちぎりにのせられ、「こいつは理想の政治をしてくれなかった」「こいつは理想を叶えてくれそうだ」とか言ってると、(国民にとって)最兇極悪の政治家を首相の座につけることになるんじゃないの?

« 島田紳助さん引退、警察の情報漏洩が発端? | トップページ | 暴力団に人権はない? »

交通事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 島田紳助さん引退、警察の情報漏洩が発端? | トップページ | 暴力団に人権はない? »