フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 9月19日は「苗字の日」 | トップページ | 論告・弁論、秤(はかり)に掛けりゃ、論告重たい判事の世界 »

2011年9月25日 (日)

こんな傍聴人はいやだ~!

 「こんな裁判傍聴はいやだ(イヤだ、嫌だ)!」のコーナーが、とうとうメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」に登場しました。

 あとで検索してみたらば、「こんな裁判官はイヤだ!」との掲示板があり、裁判所書記官(もちろん真偽は不明)のブログに「こんな裁判官はいやだ」との記事もあった。

 だぁが! 当該メルマガは傍聴マニアと法曹関係者と警察官とマスコミ乃至ジャーナリストの巣窟(そうくつ。ネットでは「すくつ」と読むらしい)である。

   こんな裁判官はいやだsign01
   こんな検察官はいやだsign01
   こんな書記官はいやだsign01
   こんな廷吏(事務官)はいやだsign01
   こんな国選弁護人はいやだsign01
   こんな私選弁護人はいやだsign01
   こんな被告人はいやだsign01
   こんな情状証人はいやだsign01
   こんな目撃者はいやだsign01
   こんな司法記者はいやだsign01

   こんな執行猶予はいやだsign01
   こんな未決算入はいやだsign01
   こんな原判決破棄はいやだsign01

 そして、

   こんな傍聴人はいやだぁ~っsign01

 等々多岐にわたるのである。
 単なるグチや不満の羅列になりそうなところ、愛情と哀愁と可笑しみをどう練り込むか、購読者処刑もとえ諸兄のセンスと人生観にかかっている。
 最高裁、法務省の司法官僚が推し進める改革モドキではなく、真の司法改革に寄与すべく、どしどし…では私も困るのでcoldsweats01、たまにふと思いついたとき、作品をお寄せください。
 以下は私の習作。

 こんな書記官はいやだ: 裁判官の前の一段低いあの席で、審理の間ずっと、口をぱくぱくさせ裁判官のモノマネをやってる。 ←爆笑というより恐怖かも。

 こんな検察官はいやだ: たかが受験エリートのお坊ちゃん、お嬢ちゃんのくせに、地べたの泥水をすすってきた人生の先輩である被告人を、薄っぺらな正義で偉そうにいたぶるやつ。 ←だからそういうリアルなのはダメだっつーの。

 こんな傍聴人はいやだ: 審理が終わっても居眠りから覚めない、と思ったら脳卒中で死んでる。 ←俺の末路かよっ。

 つまんないですか? うぇ~ん。crying

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 9月19日は「苗字の日」 | トップページ | 論告・弁論、秤(はかり)に掛けりゃ、論告重たい判事の世界 »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。