フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« スマホに夢中=無防備なバカ | トップページ | 女子学院の制服 »

2011年10月17日 (月)

自転車の事故、東京地裁へ続々?

タンク車事故公判 自転車で事故誘発、無罪主張
 大阪市浪速区で5月、タンクローリーが歩道に乗り上げ2人が死亡した事故で、自転車で道路を横断し、事故を誘発したとして重過失致死罪に問われた無職■■■被告(60)(大阪市■■区)の第2回公判が12日、大阪地裁であった。初公判で起訴事実の認否を保留した■■被告は「自転車に乗っていたのは認めるが、それ以外は覚えていない」と述べ、弁護側は「被告の横断と事故に因果関係はない」として無罪を主張した。

 と10月13日付け読売新聞、の一部。読売記事では■部分は実名、実住所。
 そういう「重過失致死」もあるのか…。

 警察庁の自転車行政に呼応するかのように、2010年秋頃に突然、自転車の事故を内容とする「重過失致死」「重過失傷害」が東京地裁へ数件出てきた。その後もぽつぽつ出てきて、1件を除き私はぜんぶ傍聴している。
 いろんなケースがあったが、上掲読売報道のようなのはまだない。

自転車事故:利用者増え震災後に増加 目立つ信号無視
 東日本大震災が起きた3月以降の半年間で、東京都内で通勤・通学中の自転車事故が2129件にのぼり、前年に比べ5%(96件)増加していたことが警視庁のまとめで分かった。特に震災直後の4月は前年から16%(56件)増の400件だった。自転車事故はこれまで減少傾向にあり、1~2月は前年から計48件減っていた。警視庁は「震災後に電車などの交通がマヒし、自転車利用者が飛躍的に増えたことが事故件数に反映された」とみている。

 と10月13日付け毎日新聞、の一部。
 不景気等でクルマの保有台数および走行キロが減ればクルマの事故は減り、高齢者が増えれば高齢者の事故が増え、自転車が増えれば自転車の事故が増える。
 事故の内容にもよるし、また検察が「禁錮刑(執行猶予付きを含む)で処理しよう」と考えるかどうかにもよるけれども、
「東日本大震災をきっかけに自転車通勤を始め…」
 という「重過失致死」「重過失傷害」が東京地裁の法廷へ出てくる可能性は増えたということができる。
 全件傍聴してメルマガ「裁判傍聴バカ一代」でレポートさせてもらうです。

 期日がダブったらどうする? 今のところ、記憶する限り、「重過失致死」「重過失傷害」の期日のダブりは未経験。もともとの件数が、ゼロに近いほど少ないので。

 さぁ、17日(月)は朝から「キャミソール見てむらむら」と思われる事件と、産経新聞販売店の…と思われる事件と、午後は駐車監視員がらみの事件(なんと執行猶予中の同種再犯)がある。現在午前1時半頃。もう寝ようっsign01 でも腹へったな~。肉焼いて焼酎飲むかな~。ごくりっ。と書いたらますます腹へってきたんですけどォ…。shock

« スマホに夢中=無防備なバカ | トップページ | 女子学院の制服 »

交通事故」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。