フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 女子学院の制服 | トップページ | 捜査資料流出事件、元警部は真っ向否認! »

2011年10月20日 (木)

新宿消防署長の事件、公判廷へ出てくるか!

 ネットのニュースも、思いついたとき見る程度になってしまった。裁判傍聴とメルマガで忙しく、それらに日々の大半を食われちゃって…。sweat01

 某テレビ局から着信があったが、ほったらかしにしてしまい(ごめんなさい~sign01)、交通関係の何か事件があったんだろうかと、ネットのニュースを見てみた。そしたらこんなのがあった。

交際中? 消防署長が女性宅で男性殴る
 知人女性の自宅で鉢合わせになった男性を殴り負傷させたなどとして20日、警視庁四谷署に傷害などの疑いで逮捕された東京消防庁新宿消防署長、■■■■容疑者(56)。同署によると、■■容疑者は女性と交際していたという趣旨の説明をしており、「男性を殴ったことは間違いない」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は18日午後6時10分ごろ、新宿区新宿の20代の知人女性宅に入った際、部屋に居合わせた男性(28)の顔を数発殴り、負傷させたなどとしている。
 同署の調べでは、事件当時、女性は不在で、男性が室内に1人でいた。■■容疑者は合鍵で部屋に入ったとみられるが、女性は「■■容疑者に鍵は渡していない」と説明しており、詳しい経緯を調べる。
 同署によると、男性は■■容疑者と面識がなく、「鍵を使って入ってきた男に殴られた。追いかけたが、逃げられた」などと110番通報。警察官が現場に駆けつけた際、■■容疑者はすでに立ち去っていたという。

 と10月20日付け産経新聞。
 これは「交通ジャーナリスト」としての私の専門外だが、しかしなんとも不可解な報道ではないか。警察発表の一部のみ流すのがこうした報道の基本であるため、仕方ないにしても。
 そして、こうした事件の報道はこれでオシマイになることが多い。だが…。

(住居侵入等)
第百三十条
 正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

(傷害)
第二百四条
 人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

 起訴猶予、あるいは略式による罰金で終わる可能性も十分あるけど、東京地裁か東京簡裁の公判廷へ「住居侵入、傷害」または「住居侵入、暴行」または「住居侵入」として出てくる可能性もある。
 出てくる場合、少なくとも約2カ月先と思われる。そのときは私はすっかり忘れてるだろう。
 だぁが、“私のやり方”だと、「あっ、これはあの事件だ」と分かる仕掛けになっている。そうして、その期日(日時と法廷と傍聴席数)をメルマガでお知らせし、他に何か最優先の事件とダブらない限り傍聴して、メルマガでレポートすることになる…。

 以下も同日付け産経新聞、その一部。

「上司を困らせようと」不正アクセス
 辞めた会社のパソコンに顧客を装って不正にアクセスしたとして、警視庁サイバー犯罪対策課は、不正アクセス禁止法違反などの疑いで、愛知県東海市■■■町、三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所の契約社員、■■■容疑者(34)を逮捕した。

 これはたぶん公判請求され、警視庁が逮捕したというから東京地裁へ、「不正アクセス行為の禁止等に関する法律違反、電子計算機損壊等業務妨害」との事件名で出てくるかも。

弁護人 「三菱に対するサイバーテロ、あなたは一切関与してませんね?」

 なんて被告人質問が行われるかも。

 事件報道を見て、そんなことばっか思う私。そもそも、今回のようにまず事件報道を見るよりも、裁判の開廷表の被告人氏名で検索して事件報道を見るほうが、今や普通といえるかもしれない。
 嗚呼、遠いところへ来ちゃったなぁ。えぇい、もっと遠くへ俺は行くのだっsign01 ←そんなふうに言えば何か格好良さげですけど、もうすぐ「傍聴中毒、適応障害」と診断書に書かれるのでは?
 ということで、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」の宣伝になったでしょうか。ならない? うぇーん。crying

« 女子学院の制服 | トップページ | 捜査資料流出事件、元警部は真っ向否認! »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。