フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 否認事件が増えた? | トップページ | 目黒夫婦殺傷事件、第1回公判 »

2011年11月 5日 (土)

11月11日(金)、最高裁へデモだ~!

 星くんっ、俺は今、猛烈に感動している…じゃなくて猛烈にムカついてる。
 「海賊行為の処罰及び海賊行為への処罰に関する法律違反」という、罪名的にも手続きにも珍しい裁判を、98席でも52席でもなく42席の法廷でやり、しかも一般傍聴人やフリーのジャーナリストが座れるのはたった24席。簡裁の20席の法廷より4席多いだけ…。

 来週のあの重大事件は、42席どころか38席の法廷だ(詳しくはメルマガ第599号)。あれは記者クラブだけでなく遺族にも何席か取り置きされるかも。一般傍聴人やフリーのジャーナリストは何人入れるのか。

 思い出すのは、例の“虚偽記者席”。あろうことか記者クラブを利用して一般の傍聴を妨害しようとは。
 だいたい、傍聴券抽選は「傍聴人が多いから公正に抽選するんだろ」と世間では思われてるかもしれないが、あれはじつは傍聴人を減らすためにもあるんだょ。
 たとえば、一般傍聴席32席のところ、開廷30分前の抽選に並んだのが20人の場合、20人に傍聴券を与え、傍聴券がない者には傍聴させない、といった形で。

 もっといえば、「公判前整理手続き」(裁判員裁判では必ず行われる)により、公判廷で傍聴人の目にさらされて行われるべき証拠の採否を、密室へ潜らせてしまったし。
 何が「国民に身近な司法」だ。ナニが「司法に対する国民の理解と信頼」だ。フザケんなっsign01

 というわけで11月11日(金)デモがある。東京のデモは、日比谷公園の霞門(弁護士会館と厚生労働省の間付近)を正午に出発、最高裁へ。リンク先の告知はショボイけど、カラーの立派なビラがある。
 その表面はこれ。
http://no-saiban-in.org/11.11%E3%83%93%E3%83%A910.8.pdf
 裏面はこれ。
http://no-saiban-in.org/11.11%E3%83%93%E3%83%A9ura10.8.pdf

 以下、裁判所(東京高地簡裁合同庁舎)での某氏との会話。

今井 「○○さん、デモへ行ったことあるの?」
某氏 「ないっス」
今井 「じゃあ、今回のでいっぺん経験してみたらいいじゃない」
某氏 「経験かぁ…。でもその後、なんだかんだで呼ばれたりすると面倒だし」
今井 「そんなことないない(笑)」

 デモは、参加者に氏名等を書かせるとか一切ないょ。飛び入り参加自由なんだから。
 プラカードとか、とくに用意する必要もない。先導車のスピーカーから出るシュプレヒコールっていうんだっけ、「裁判員制度は今すぐヤメろぉ~sign01」とかいうのにあわせて、腹の底から大声出すのは、やってみないと分からない楽しさだと思う。私はときどき「カツ丼定食、今すぐ食わせろ~っsign01」とか勝手なこと叫んでるんだょね(笑)。あと、警備の警察官の階級章を見るのも楽しい。警部とか警視とか滅多に見られない階級章が見られるょ。階級が上の警察官が多いんだわ。
 あそうそう、のど飴は持ってったほうがいいかな。忘れるかも? しょーがないな、じゃあ私が大目に持っていくから、欲しくなったら声かけてね。

« 否認事件が増えた? | トップページ | 目黒夫婦殺傷事件、第1回公判 »

裁判員制度」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。