フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 無期懲役、未決算入150日 | トップページ | 最高裁、法務省になんとか良い顔したくて »

2011年11月19日 (土)

国民の遠吠え

 国立霞が関大学・国民統治学部付属小学校2010年入試問題より。

負け犬の遠吠え (まけいぬのとおぼえ)
 弱い犬は敵に近寄らず、遠くのほうからやかましく吠え立てることから、臆病な者や、実力のない者が、陰で相手の批評や悪口を大きな態度で言うことのたとえ。(ことわざ・慣用句・言い回し集

 「国民の遠吠え」の意味を次の中から1つ選びなさい。

one 弱い犬がやたら吠えることから、臆病で怠惰な国民が、陰では官僚の批評や悪口をやたら言うことのたとえ。
two 臆病で怠惰な国民は官僚に近寄らず、遠くで偉そうに批判や悪口を言うことから、弱い犬がやたら吠えることのたとえ。
three 強い官僚機構に対し何もできず、また何もしない国民が、夜に遠くで悲しそうに啼くこと。

 ところで、選挙で「清き1票」とか言うけどさ、たとえば定数4の選挙区選挙で、1人の候補者の名前しか書けないって、おかしくない?
 一気に何十人か何百人か改選される選挙で、投票者は1人1票って、バカにしてない?

 俺だってたまにはそんなことも考えるのさ、ふふ。さて昼まで寝よっか、外は雨だしsleepy ←怠惰な国民野郎っshock

« 無期懲役、未決算入150日 | トップページ | 最高裁、法務省になんとか良い顔したくて »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。