フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 裁判員裁判専用法廷対応モバイルパソコン等 | トップページ | 元旦早々、朝日新聞が! »

2011年12月30日 (金)

国民の素行等を点数化、6点で国民免許停止処分?

 以下、28日付け朝日新聞、の一部。

外国人の年収などを点数化 「高度人材」には優遇措置
 研究者や医師、経営者ら専門知識や技術を持つ外国人にもっと日本に来てもらおうと、法務省は出入国管理に「ポイント制」を導入する。学歴や年収に応じて点数をつけて高い人ほど日本に居やすくする仕組みで、平岡秀夫法相が28日、概要を公表した。来春にも始めることを目指す。
 新しい制度では、外国人の学歴や職務の経験年数、年収などの項目ごとに点数を積み上げていき、70点以上で「高度人材」と認定する。年間約2千人が対象になる見込み。

 紙の新聞には「『ポイント制』の主な加点項目(研究者の場合)」というのが載ってる。それによると…。

 学歴 博士号を持つ:30点 修士号を持つ:20点
 研究歴 7年以上:15点 5年以上:10点 3年以上:5点
 年収 1000万円以上:40点 900万円以上35点 800万円以上:30点 …等々。

 私は昔、「国民免許制度」というのを雑誌のコラムに書いたことがある。
 銭湯で体を洗わずに湯船に入ったら2点、道路に痰を吐いたら2点、日本国旗の前で敬礼しなかったら6点…。
 累積6点で国民免許は30日間停止。自宅から出られなくなる。国家治安省の天下り法人がつくった、素行改善効果のある国民講習ビデオ(6時間、1万3800円)を買って視聴すると、停止期間は1日に短縮される…。

 そういう社会にだんだんなっていくのかな。
 てゆっかさ、国の収入を増やす方法として、消費税とか税金を上げることのほかに、なんにでも資格や免許を設けて、その受験手数料や更新手数料、また上述のような講習費用で設ける方法もある。
 国民免許制度を創設すれば、莫大な市場が生まれる。国民管理の手段としてもばっちりだし。

 あと、なんでも禁止しておいて、違反だからと取り締まってペナルティを稼ぐ方法もある。駐車違反の取締りは、いまやハッキリと地方の収益事業だ。
 自転車の違反に、そして現在はほとんど不起訴で終わってる軽い交通事故に、行政制裁金を課せば、新たにどでかい財源が生まれることになる…。

 以下は29日付け朝日新聞、の一部。

学力調査で家計把握へ 文科省、格差解消に活用計画
 文部科学省は28日、2013年度の小中学生の全国学力調査で、家庭の経済状況を把握するアンケートを行うことを決めた。学力と家庭の豊かさの関係を調べ、格差をなくす対策を考えるのに生かす狙いだ。
 所得の低い世帯に給食費や修学旅行費などを支援する「就学援助」を受けている子が多い学校は、学力調査の正答率が低い傾向があることが分かっている。

 点数の高い外国人は日本に居やすくして、ダメな日本人は外国へ行ってもらう。「国民交換制度」、そのうちやるかもね。

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」(月105円、初月無料)を購読登録してることは、国民免許の停止・取消処分の軽減事由になるそうですよ、きゃはっ。happy02
 逆だろ、かえって処分が重くなるぞ? え~ん、しょんなこと言わないで~。crying

« 裁判員裁判専用法廷対応モバイルパソコン等 | トップページ | 元旦早々、朝日新聞が! »

報道にコメント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。