フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 取調可視化の資機材、契約書をゲット | トップページ | 自転車騒動、警察庁の狙いは! »

2011年12月 3日 (土)

警察官が調書を破っても公用文書毀棄!?

P1040847  警察官は、調書の文章をノートパソコンのキーボードを打ってワープロソフト(警察は一太郎だっけ?)で作成する。それをプリンターでプリントアウトして“読み聞け”をやる。被疑者が加除訂正を申し出れば、キーボードを打って加除訂正し、新たにプリントアウトして“読み聞け”を…。
 ただ、「被疑者の供述をネジ曲げて何とか調書を作成したが、あとで否認されるかも。それでも確実に有罪にしたい」というときは、どうでもいいような部分を手書きで加除訂正し、被疑者と警察官の訂正印を押し、裁判官に判決で「加除訂正も適宜為されており、被疑者の供述のとおりに録取されたと認められる」と言わせる…。
 そういうもんだと私は思ってた。

 被疑者が調書を破くと「公用文書毀棄」になる。その裁判は何件か傍聴してきた。
 一方、作成者である警察官や検察官が、被疑者の署名押印を取る前の調書を破いても、何枚でもプリントアウトできる紙切れを破くだけ、どってこたない、と思ってた。
 ところがっsign01 以下は12月1日付け秋田魁新報。

県南の巡査長、供述調書破り訓戒処分 容疑者に内容確認拒否され
 県南の警察署の20代巡査長が公文書である供述調書を破り、本部長訓戒処分を受けていたことが1日、分かった。
 県警監察課によると、巡査長は6月下旬、暴行事件の容疑者を取り調べ、パソコンで供述調書を作成。内容確認のため調書を読み上げようとしたところ、「昨日と同じ内容なので、その必要はない」などと拒否され、容疑者の前で調書を破り、取調室に置いたという。
 同日中に巡査長は調書を破ったことを刑事課長に報告、作り直したため捜査への影響はなかったという。巡査長には、容疑者が内容確認をしていない供述調書であっても公文書だとの認識がなかった。
 処分は10月4日付。

 なんでsign02 だいたい、そんなのを「刑事課長の報告」ってこと自体が解せない。裏に何かあるんじゃなかろうか。
 とにかくね、「容疑者が内容確認をしていない供述調書であっても公文書」、これが全国に広く報じられたら、「俺も調書を破かれたぞ」と手を挙げる者がたくさん出るんじゃないか。私もその1人ですぅ。coldsweats01

(公用文書等毀棄)
第二百五十八条
 公務所の用に供する文書又は電磁的記録を毀棄した者は、三月以上七年以下の懲役に処する。

 12月からメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」(月104円、1配信当たり約4円)を購読された方、「もう3日なのに1号も届かない、どうなってんだ?」と訝っておいででしょう。
 ごめんなさい、1日発行号、もうほとんど書けてるのですが、その後どうにもこうにも時間が取れなくて、裁判所内でとんでもないことをやらかしちゃうし。shock
 1日発行号は、「覚せい剤取締法違反」の法廷で起こった前代未聞の珍事。日が暮れる前には送信できるかと…。
 2日発行号は、「公務執行妨害」の法廷で、被告人が裁判官に「ヤクザの世界だってこんなバカげたことやってねーぞsign01 フザケんじゃないコラ、オイッsign01」と…などを。3日発行号はちょと趣向を変えて、法務省分の、“取調べ可視化”の資機材の契約者、契約金額、スペック、納入先検察庁など…の予定ですぅ~。

« 取調可視化の資機材、契約書をゲット | トップページ | 自転車騒動、警察庁の狙いは! »

報道にコメント」カテゴリの記事