フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 国民の素行等を点数化、6点で国民免許停止処分? | トップページ | 裁判傍聴人心得五則! »

2012年1月 2日 (月)

元旦早々、朝日新聞が!

原子力業界が安全委24人に寄付 計8500万円
 東京電力福島第一原子力発電所の事故時、中立的な立場で国や電力事業者を指導する権限を持つ内閣府原子力安全委員会の安全委員と非常勤の審査委員だった89人のうち、班目(まだらめ)春樹委員長を含む3割近くの24人が2010年度までの5年間に、原子力関連の企業・業界団体から計約8500万円の寄付を受けていた。朝日新聞の調べで分かった。
 うち11人は原発メーカーや、審査対象となる電力会社・核燃料製造会社からも受け取っていた。
 原子力業界では企業と研究者の間で共同・受託研究も多く、資金面で様々なつながりがあるとされる。中でも寄付は使途の報告義務がなく、研究者が扱いやすい金銭支援だ。安全委の委員へのその詳細が明らかになるのは初めて。委員らは影響を否定している。

 と1月1日付け朝日新聞。ネットでただで読めるのはそこまでだが、これ、紙の新聞(14版)では1月1日朝刊の1面トップ、8段組のドデカ記事なんだね。しかも38面へと続き、そっちも紙面の4分の1を使ってる。

 1面には「原子力業界から委員への寄付(人数は延べ)」という表があり、こうなってる。

◆安全委の審査対象の企業 (5人、計約1300万円) 北海道電力、核燃料製造会社「原子燃料工業」「グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン」
◆原発メーカー (7人、計約1600万円) 三菱重工業、日立GEニュークリア・エナジー」
◆電力会社・原発メーカー関連 (12人、計約1600万円) グループ会社の11社
◆社団法人「日本原子力産業協会」(原産協)の地方組織 (5人、計約2千万円) 関西原子力懇談会、東北原子力懇談会
◆上記以外の原産協の会員企業 (8人、計約2千万円) ゼネコンや商社、金属、鉄鋼、コンサルタント会社の計11社

 いいなぁ、オイラにも2万円でいいからおくれよぅ。weep

 38面には、「原発メーカーや、審査対象となる電力会社・核燃料製造会社から寄付を受けていた審査委員の話(金額は10年度までの5年間)」という表が載ってる。
 阿部豊・筑波大教授、岡本孝司・東大教授、岸徳光・室蘭工大教授、酒井信介・東大教授、関村直人・東大教授、寺井隆幸・東大教授、森山裕丈・京大教授、山名元・京大教授、山根義宏・名大名誉教授などの名があり、北海道電力から800万円とか三菱重工業から500万円とか載ってる。
 「話」の部分はみんな要するに「寄付の影響はない」か、「多忙につき答えられない」。オイラも寄付の影響はないから1万5000円おくれよぅ。 ←こいつ、なんで5000円下げたsign02

 びっくりするのは「朝日新聞の調べで分かった」という部分。紙の新聞では「委員所属・出身の大学や研究機関に情報公開請求や直接取材した」とも書かれてる。
 原子力村が渋々発表したならともかく、彼らが嫌がるだろうことを自ら掘り起こし、あろうことか1面トップでデカデカ報じるって、北海道新聞の警察裏ガネ追及を想起しちゃうじゃないの。
 朝日新聞は、紙媒体はこのままでは先がないと考え、破れかぶれ、御用メディアの殻を破り、ジャーナリズムに目覚めたのか。だったら素敵と思うんだけど。 ←偉ぶった言い様、気にくわねぇ。pout

 ま、元旦からびっくりな2012年、あけましておめでとうございます。ムリヤリつなげたな(笑)。happy02

 最後は結局お金でしょ。ったくしょのとおり。だからオイラに1万円おくれよぅ。 ←また下がったな、げらげら。

 さて、2011年は裁判傍聴とメルマガ「裁判傍聴バカ一代」(月105円、one配信当たり約four円)に完全に明け暮れました、謀殺もとえ忙殺されました。
 2012年早々、単行本を出すことになっており、年末年始のテレビはほとんど見てないです。年賀状も当然、金輪際1枚たりとも書いてませんっ。 ←ちからの入れ方が変だぞcoldsweats01
 この場を借りて新春のご挨拶をさせていただくこと、どうかお許しを。
 メルマガ、今年の第one号はonefour日からとなります。
 今年の傍聴方針などはそちらで。「裁判傍聴人心得五則」なんてのも発表したいと。happy01

« 国民の素行等を点数化、6点で国民免許停止処分? | トップページ | 裁判傍聴人心得五則! »

日記」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
昨年12月に30km/hオーバーで摘発を受けました。
詳しい理由はここでは書けませんが否認、
警察官に在宅起訴を選ぶ旨告げてあります。
年末年始を挟んでしまったため、呼び出しすらまだ来ていませんが・・・。

ちょっと変わった切り口で争ってみようと思っておりますので
だまされたと思ってメールをいただければ幸いです。

この記事へのコメントは終了しました。

« 国民の素行等を点数化、6点で国民免許停止処分? | トップページ | 裁判傍聴人心得五則! »