フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 素敵な女性氏名の「傷害」か、有名な「年金たまご」の事件か | トップページ | 「傍聴希望者が殺到」の真相 »

2012年2月27日 (月)

『駐車監視員は見た!』、全国のセブンイレブンで発売

 one万台の車に移動を警告し、eight千台超に駐禁ステッカーを貼ってきた駐車監視員が見た、ドライバーVS監視員、凄絶バトル現場。セーフとアウトは紙一重sign03

 という本が出ました。『駐車監視員は見たsign01』。太田出版、税込み600円。
 詳しくは著者・松木和哉さんのサイト「元カリスマ駐車監視員の告白! 誰も教えてくれない駐禁ルールの常識」と、そのメルマガ「元駐車監視員が教える駐禁ルール」(私も購読)に。

 『駐車監視員は見たsign01』は、上記サイトとメルマガで説明されてるように『となりの駐車監視員』のリメイク版だという。
 私とはちょっと見方が違う点もあるが、現場のエピソードがたくさん載っており、文句なしに面白い。あんまり面白いので、『となりの駐車監視員』は『ドライバー』の私の連載(2ページ)で紹介させてもらった。

 『駐車監視員は見たsign01』はセブンイレブン配本だそうだ。
 どこのコンビニにも、雑誌コーナーの近くに単行本のラックがあるでしょ。あそこにある本は雑貨の扱いで、お客が買うと、レジでバーコードをピッと読み取ってすぐまた届く、というシステムらしい。どのコンビニのラックはどの業者が扱うか、縄張りのようなものがあり、この本はこのコンビニで買える、あの本はあのコンビニとあのコンビニで、という具合になってるらしい。『駐車監視員は見たsign01』は、だいぶ売れるんじゃないかと思う。分かりやすくて面白いから。
 私も近々、コンビニ配本の交通本を出す予定。そのときはまた。

« 素敵な女性氏名の「傷害」か、有名な「年金たまご」の事件か | トップページ | 「傍聴希望者が殺到」の真相 »

私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素敵な女性氏名の「傷害」か、有名な「年金たまご」の事件か | トップページ | 「傍聴希望者が殺到」の真相 »