フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« お前、戦争行けるのか、命投げ出せるのか! | トップページ | 式を書かずに解答だけ出し問題も消してしまう »

2012年3月20日 (火)

裁判員は神聖不可侵

 ありゃりゃ~、そんなことがこんな大事になるかね~、という騒ぎ。以下3月19日付け日本経済新聞。

弁護士、公判中に裁判員に接触 東京地裁立川支部
 東京地裁立川支部で行われた裁判員裁判の公判中に、被告の弁護人が休憩時間に裁判員と会話していたことが19日、分かった。裁判員への接触を禁じた裁判員法に抵触する行為で、事態を重く見た同地裁は同日、弁護士が所属する東京弁護士会に対し、懲戒処分を含めた措置をとるよう要請した。
 問題となったのは12日に初公判、16日に判決があった強盗致傷事件。被告の弁護人を務めた畑江博司弁護士が、休憩時間に喫煙室で裁判員に評議の雰囲気などを尋ねたという。裁判所側の事情聴取に対し、畑江弁護士は「深刻な問題と考えていなかった。申し訳ない」と謝罪。裁判所側は弁護士や裁判員を解任することはせず、そのまま判決が言い渡された。
 東京地裁の岡田雄一所長は「裁判員裁判の公正な運営を確保する上で看過できない行為で、誠に遺憾だ」とするコメントを出した。

 真相は知らないが、弁護士もバカじゃない、事件の内容には触れず、当たり障りのない会話をしたんだろう。
 そうだとしても、許されない。なぜなら裁判員は、裁判官とともに法壇に登り、同じ国民に死刑を宣告することも許される、選ばれた国民、神聖不可侵の国民、不可触民なのだ。

 私も喫煙所で、さっきまで法壇にいた裁判員を見かけることがたまにある。「評議室ではどんなお菓子が出るんですか」とか尋ねてみたいときもある。lovely
 でも、絶対に声はかけない。立川支部は知らないが、東京地裁本庁の1階喫煙室は、そう広くもないのに、天井に監視カメラが2基もあるのだ。
 メルマガ第616号「裁判所にとって国民は犯罪者予備軍か!」に書いたとおり、裁判所の監視カメラは非常に高性能なのだ。あれで見張られ、録画されているのだ。

 ちなみに岡田雄一・東京地裁所長は、あからさまなウソによる“虚偽記者席”で傍聴人の傍聴を妨害することを看過しといて、ナニが「誠に遺憾」だょ、と私は思う。ま、その話は長くなるので。

« お前、戦争行けるのか、命投げ出せるのか! | トップページ | 式を書かずに解答だけ出し問題も消してしまう »

裁判員制度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お前、戦争行けるのか、命投げ出せるのか! | トップページ | 式を書かずに解答だけ出し問題も消してしまう »