フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 山梨県が駐禁取締りのドル箱路線購入へ | トップページ | その瞬間、被告人は声を出して泣いた! »

2012年4月18日 (水)

『真実 新聞が警察に跪いた日』

 「「読者モデルにならないか」 20代女性誘い出し体触る 42歳男逮捕」の「詐欺、強制わいせつ」の審理は、ドアの施錠が解かれると同時に満席。
 私はその隣の法廷で「恐喝」の新件を傍聴。以下、2月3日付けスポニチ、の一部。

手口「熟知」一目で見破り…盗撮男が盗撮男を恐喝
 女性を盗撮していた男性から現金を脅し取ったとして、警視庁東京湾岸署は2日までに、恐喝の疑いで東京都足立区の会社員■■■■容疑者(41)を逮捕した。自身も盗撮で逮捕され、その調べの中で事件が明るみになった。

 似た事件は傍聴したことあるが、こっ、これはsign03 ここにどう書くか5分ほど悩んだんだけど、やっぱヤメときます、詳しくはメルマガで。ごめんね。

 続いて、非常にビックリな自動車運転過失致死傷」の控訴審を傍聴。
 こういうのを、偶然たまたまじゃなく狙って傍聴してると、マニア的裁判傍聴の深みへ嵌るばかり。
「少なからぬマニア諸氏がどんどん卒業していく。俺も…」
 と週に何回か思うのだが、ヤメられない、止まらないっ。crying

 裁判所からの帰りの電車内で、downこの本を読了した。諸君、これ絶対お勧め、必読sign03

 「警察が新聞に跪(ひさまづ)いた日」、まさにそういう内容。もともと警察のポチに甘んじていた新聞はともかく、ポチから抜けだそうと頑張った(本当に頑張ったと思うsign01)北海道新聞を、警察はいかにして跪かせたか、震撼するょsign01 高田昌幸さんの書きぶりがまた良いのだ。各章の終わりの1~2行が、次章を読まずにおれなくさせるのだ。そして最終章の2行…。ま~、すごい本ですわ。

« 山梨県が駐禁取締りのドル箱路線購入へ | トップページ | その瞬間、被告人は声を出して泣いた! »

私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山梨県が駐禁取締りのドル箱路線購入へ | トップページ | その瞬間、被告人は声を出して泣いた! »