フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 5月21日(月)、裁判員制度廃止の大集会! | トップページ | 携帯型自動走行計測装置ってなに? »

2012年5月14日 (月)

スカート内盗撮、未遂とカメラ差し入れ

 報道からは、現時点では撮影の既遂の証拠となるものはないように見える。
 でも、「迷惑防止条例違反」は、未遂でも処罰できるはず。私が言ってるのは、事件数で約3500件の、ほとんど東京簡裁、東京地裁、東京高裁での裁判傍聴、をとおしてだが、実際、広島県警の警部補とか、愛知県警の巡査長とか、みんな未遂だ。「盗撮 未遂」で検索すると、なぜか警察官の事件がやたらヒットする。警察官の盗撮ゆえにニュースになりやすいってこともあるんだろうか。
 何の話かって、5月13日付け産経新聞のこれだ。以下はその一部。■部分は今井。

スカートにカメラ入れる盗撮容疑の教諭、SDかみ砕く
 大阪府警浪速署は13日、府迷惑防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで大阪府羽曳野市■■■■■■■■、同府岬町立岬中学校教諭■■■容疑者(54)を逮捕した。
 逮捕容疑は12日午後5時5分ごろ、大阪市浪速区日本橋4丁目のアニメショップで、20代の女性のスカート内に小型カメラを差し入れた疑い。
 同署によると、手提げかばんを持ち女性の後ろに立つなど、不審な行動をしていた■■容疑者に店員が声を掛けたところ、小型カメラに入っていたSDカードを飲み込んだ。店員は「ガリッという音がした」と説明、カードをかみ砕いたとみられる。同署は盗撮していたとみて調べている。

 SDカードをかみ砕いて飲み込んだことが、証拠隠滅に当たるのか、それが何の証拠であると、何をもって立証するのか、ちょと分かんない。

 ともあれ、未遂犯じゃなく、スカートの下にカメラを差し入れること自体が「迷惑防止条例違反」に当たるという、そこに言及する論告か弁論か判決があったようにも記憶するんだが、どうだっけ…。

 まずは東京都の「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」。以下、その第5条第1項。

(粗暴行為(ぐれん隊行為等)の禁止)
第五条 何人も、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、人を著しくしゆう恥させ、又は人に不安を覚えさせるような卑わいな言動をしてはならない。

 「粗暴行為」のカッコ書きの「ぐれん隊行為等」の「」でもって痴漢や盗撮を立件、処罰してるわけだ。今や東京地裁の同条例違反はほとんど痴漢なのに、これは如何なものかと思う。
 ただ、こういう明らかに遅れた条文を改正するとき、痴漢や盗撮だけをターゲットとせず、もっと広く利用(悪用)できる形へもっていく、という傾向が統治者側にはあるように思えるので、そこは注意が必要だ。

 じゃあ、大阪府はどうなってるのか。以下は「大阪府公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」の第6条。

(卑わいな行為の禁止)
第六条
 何人も、次に掲げる行為をしてはならない。
 人を著しくしゅう恥させ、又は人に不安を覚えさせるような方法で、公共の場所又は公共の乗物において、衣服等の上から、又は直接人の身体に触れること。
 人を著しくしゅう恥させ、又は人に不安を覚えさせるような方法で、公共の場所又は公共の乗物における衣服等で覆われている人の身体又は下着を見、又は撮影すること。
 みだりに、写真機等を使用して透かして見る方法により、公共の場所又は公共の乗物における衣服等で覆われている人の身体又は下着の映像を見、又は撮影すること。
 みだりに、公衆浴場、公衆便所、公衆が利用することができる更衣室その他公衆が通常衣服の全部又は一部を着けない状態でいる場所における当該状態にある人の姿態を撮影すること。
 前各号に掲げるもののほか、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、人を著しくしゅう恥させ、又は人に不安を覚えさえるような卑わいな言動をすること。

 大阪はずいぶん具体的なんだね~、びっくり。
 女性スカート下への写真機等の差し入れは、その第5号、「人を著しくしゅう恥させ、又は人に不安を覚えさえるような卑わいな」行動に当たるのかな。
 盗撮の報道記事1つでそこまでごちゃごちゃ言う、裁判傍聴マニア哉(かな)。字余り。coldsweats02

« 5月21日(月)、裁判員制度廃止の大集会! | トップページ | 携帯型自動走行計測装置ってなに? »

刑事/色情犯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月21日(月)、裁判員制度廃止の大集会! | トップページ | 携帯型自動走行計測装置ってなに? »