フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« A子さんがマスキュラックス中毒であるとの診断は誤りです | トップページ | 裁判員制度は犯罪者を救う »

2012年5月18日 (金)

なぜ警察は指紋を持っていたのか

 警察はその「20代の男性会社員」が怪しいとにらみ、何らかの方法で指紋を入手、現場の遺留指紋と照合した、とは記事からは読めない。じゃあなぜ警察はその男性の指紋を持ってたんだ? ははぁーん、と多くの方が思ったろう。
 以下、5月18日付け産経新聞の一部。

窃盗未遂事件で誤認逮捕 現場の指紋は事件前に付着
 埼玉県警は18日、同県東松山市で1月下旬に起きた窃盗未遂事件で、同市内の20代の男性会社員を4月中旬に誤認逮捕し、5日後に釈放したと明らかにした。現場にあった会社員の指紋は、事件前に付着したと判断。東松山署は会社員に「不十分な捜査だった」と謝罪した。

 放置違反金納付命令を除く、年間おおよそ1000万件 or more の交通取締りの際、違反キップの事件原票の供述書(甲)の欄に、警察官は、当然すべきことのように署名押印を求める。その押印は、違反者が印鑑を持っていても、指印を求めることがよくある。指は左手人差し指の先と決まっている。
 そのように採る指紋を「名下(めいか)指紋」という。名下指紋はしっかり警察のデータに加えられるそうだ。

 別の採り方もある。私は幸運にも逮捕歴がないが、両手10指の指紋を採られている。高校生の頃、たまたまケンカを目撃して、警察署へ呼ばれて調書を録取されたあと、「じゃちょっとこれ…」と、黒い印肉を使って全指の指紋を採られたのだ。
 当時、警察官から指示されることに抗うなんて頭になく、かえって「うわ~、刑事ドラマみたい」とわくわくしたもんだ(笑)。
 現場にノルマを課して、だったかな、とにかく指紋を集めようとした時期があったと、あとで内部の方々から聞いた。現在はどうだか不知。ただ、違反キップについては指印を採りたがるようだ。
 全国民の個人情報、識別情報を集めて管理しようとする、それは国家警察(階級が警視正以上は国家公務員)として自然なことだろう。

 その「20代の男性会社員」氏も、そのようにして指紋を採られていたのかもしれないので、この段階で「ははぁーん、前科者なんだな。バレちゃったょ、げらげら」とか言わないように、ひとつよろしくお願いします。ついでにメルマガのほうもよろくしねと。happy02

« A子さんがマスキュラックス中毒であるとの診断は誤りです | トップページ | 裁判員制度は犯罪者を救う »

報道にコメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« A子さんがマスキュラックス中毒であるとの診断は誤りです | トップページ | 裁判員制度は犯罪者を救う »