フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ストリップは「公然わいせつ」か | トップページ | レバ刺し安全・保安院 »

2012年6月30日 (土)

衝撃の遺作! 『神様も間違う 』

 警察官23年、ジャーナリスト11年、非業の死を遂げた著者(※黒木昭雄さん)が放つ衝撃の遺作! 『神様も間違う 』が今日届いた。予約してあったのだ。
 郵便受けから出してそのまま病院へ行き、待合室で読んだ。

 2段組の小説である。最初の1ページの上段の書き出しに、まず私はなんつーか呑まれたね。そうして、叙情的な描写がほとんどないのに、たちまちキャラが立ち、物語がぐいぐい進んでいく…sign01
 先に読了した人は皆言うらしい、「黒木さんはどうしてああいうラストにしたのか」と。「このラストでは出版できない」という話もあったとか?
 しかも、Nシステムについてもびっくりなことが出てくるらしい。いったいどんなラストへ向かって物語は転げ落ちていくのか。
 今日はなぜか病院が空いており、40ページほど読んだところで…。

「今井亮一さん、1番の診察室へお入りください」

 先週の血液検査の結果は、じつに驚きのものだった。理由は糖質制限食としか考えられない。うわ~、やっぱりsign01
 さてすぐメルマガへ戻らねばっsign01

« ストリップは「公然わいせつ」か | トップページ | レバ刺し安全・保安院 »

私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ストリップは「公然わいせつ」か | トップページ | レバ刺し安全・保安院 »