フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 東京高裁第4刑事部、小川正持裁判長! | トップページ | 死刑制度、犯罪抑止力と犯罪誘発力 »

2012年6月 9日 (土)

事件名「生活保護法違反」

 有名芸人さんがらみってことで、いま世間では生活保護が話題になってるけど、刑事裁判の法廷には生活保護がらみの事件がよく出てくる。
 私のエクセルの詳細データ(約3540事件)の備考欄から一部拾うと…。

libra 10年前に出所してから生活保護を受け地道に生活。少しは良い暮らしがしたくてパチンコ店へ行き、保護費12万円が水の泡と消え…。

libra 無計画に生活保護給付金を使い果たし、食料品のみならず換金目的で腕時計なども万引き…。

libra 前刑出所後、NPO法人の施設にいたが、生活保護費の大半を搾取されるのが嫌で飛び出し、また万引き…。

libra 二重受給した生活保護費の返済を迫られ、被災者用のホテルに宿泊、国家公務員宿舎も借りて又貸し…。

 一方、こんな被告人もいる。

libra 40歳から無職、45歳からホームレス。生活保護には頼らず、体に気をつけ、危ないものは食べないようにしていた…。

libra 団塊の世代は、生活保護を受けるくらいなら餓死もヨシ。しかし空腹に耐えかね無銭飲食。陸前高田の姉が泣く…。

 以下は生活保護法

(罰則)
第八十五条
 不実の申請その他不正な手段により保護を受け、又は他人をして受けさせた者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。ただし、刑法(明治四十年法律第四十五号)に正条があるときは、刑法による。

 「生活保護法違反」という事件名を東京簡裁、地裁、高裁の開廷表に見たことは、私はない。念のため約1万5000事件の別データも検索してみたが、やはりない(※)。

 今後、警察と検察が協議して「悪質事案は検挙」へ舵を切り、続けて数件、法廷へ出てくるってことになるのかなぁ。そのとき東京地裁は、傍聴席52席でも42席でもなく、20席の法廷を使うんだろうなぁ。夏休みの時期に出てきたら、傍聴席争奪戦は大変なことになるぞ…。そこまで直ちに想像してしまう傍聴マニアなのであった。sad

※ 罰金なら通常は略式で処理されるが、逮捕・勾留→公判請求→満つるまで算入とか、被告人のほうから正式裁判請求とかで、公判廷へ出てくることはあり得る。ごくまれに、裁判官が略式不相当とすることも。

 この本upを読み始めた。目次のあと、10時からの判決公判を控えたさいたま地裁の、朝8時過ぎの状況から本は始まる。リアルっsign01
 こういう裁判のテレビ報道で、「大勢の傍聴希望者」とかいって裁判所前の人だかりが2秒くらいか映し出されるでしょ。あの現場の内側から、本は始まるのである。
 刑事裁判の被告人をちゃんと「被告人」と書いてるところもいい。ちょっと重いけど鞄に入れ、裁判所への往復の電車内で続きを読ませてもらいますわっ。 

« 東京高裁第4刑事部、小川正持裁判長! | トップページ | 死刑制度、犯罪抑止力と犯罪誘発力 »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京高裁第4刑事部、小川正持裁判長! | トップページ | 死刑制度、犯罪抑止力と犯罪誘発力 »