フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 亀岡暴走事件、認否を留保? | トップページ | ダンス規制は幸福追求権を侵害するか »

2012年7月22日 (日)

未決勾留日数中500日をその刑に算入する

 他の裁判所はどうか知らないが、東京地裁の場合、逮捕からだいたい2カ月で第1回公判となる。

 ところが裁判員裁判は、起訴後かならず「公判前整理手続き」というのが行われる。公判(公開の法廷での審理)の前に、裁判員の負担を軽くするため、主張、立証を密室で削り整えてしまうのだ。
 結果、裁判員裁判の公判は、分刻みでスケジュールをこなす、印象勝負のプレゼン合戦となる。

 裁判員裁判の実質的中心といえる「公判前整理手続き」は、やっぱり時間がかかる。最高裁によれば、平均5.6カ月間、否認事件では平均7.0カ月間。
 その間、被告人は通常、勾留され続ける。

 それでだ、判決はたいてい、こういうふうに言い渡される、裁判員裁判であってもなくても。

裁判官 「主文。被告人を懲役×年に処する。未決勾留日数中×日をその刑に算入する」

 懲役1年、未決30日算入なら、実際に服役するのは11カ月、そういうことだ。もちろん仮釈放でもっと早く出所することもある。

 私は10年ほど傍聴マニアを続けてきた。元裁判官などからお話を聞いてもきた。未決算入は、東京地裁の場合の非裁判員裁判では、だいたい60日を、裁判に要する期間と考え、それを超える日数を算入するようだ。逮捕から判決まで60日きっかりでも、原則10日は算入するのかな、そのへんは私はよく知らない。
 算入日数は、裁判官の裁量に任されており、「量刑相場的に懲役1年は動かせないけど、それじゃ可哀想な事情があり、未決算入を多めにとる」というふうなことは普通にあるようだ。

 裁判員裁判の未決算入は、180日とか200日とかよくある。私が傍聴したなかでいちばん多かったのは500日。
※ 未決算入のことは、新聞・テレビは頑として触れない、昔から。「被告人」を頑として「被告」と呼ぶように、何か特別な取り決めがあるらしい。

 たとえば365日算入なら、懲役4年は実質3年だ。
 身柄拘束は同じでも、未決の拘置所のほうが、刑務所での服役より自由がきくらしい。そうすると、裁判員制度のおかげで、犯罪者は助かってることになる。

 『ドライバー』の前号(7月20日発売号の前の号)に書いたように、罪名落としで助かってる被告人はかなりいるらしい。
 裁判員裁判の対象となる「一定の重大事件」の起訴は、制度施行後、3分の1くらいに減ってる。

 一方で、裁判員制度により、厳罰化が進んでいるようだ。
 先日、裁判員の負担を軽くするため、当然併合すべき事件を分離し、そのため重い懲役刑になった可能性がある事件を傍聴した。
 そうして来週のあの事件は、その、併合されなかった部分かと思われる。うわおsign01

 そういうのをきりきり傍聴してリアルにレポートするのが私の役割と思ってるので、その日は休みたかったのに行かざるを得ない。しかもっ、来週から完全に、恐怖の夏休みモードに突入する。嗚呼っsign01

 なに興奮してんだか分からない? だよね~。shock

« 亀岡暴走事件、認否を留保? | トップページ | ダンス規制は幸福追求権を侵害するか »

裁判員制度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 亀岡暴走事件、認否を留保? | トップページ | ダンス規制は幸福追求権を侵害するか »