フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の21件の記事

2012年7月31日 (火)

被告人が検察官へ向かって突如人間ロケットに!

 裁判傍聴マニアというべきものになって約10年、事件数で3650件ほど傍聴してきた。毎日が刺激的で、記憶は次々と上書き、更新されるなか、今日傍聴した「強盗致傷等」はずっと忘れないと思う。

 終わって裁判所内からツイッターで速報したとおり、被告人が検察官へ向かって突如人間ロケットにsign01 真横になって真っ直ぐ飛んでいく様は、人間巡航ミサイルというべきかsign01 すんごいシーンを見てしまったsign01 刑務官の動きも素早かったね~。そのあともすごかった。
 それらを私は、傍聴席最前列、やや検察官席寄りで目撃したのである。きっと何かトラブルになるはず、と思って来たわけだが、まさかこんなことになるとは。

 犯罪事実は女性が着用していた下着を強取する等したというもの。詳細はメルマガ第823号(7月31日発行号)にこれから書くですっ。

2012年7月30日 (月)

若い二人の恋、終わらざるを得ないのか

 えっと、ここ数カ月、なぜか月末の購読登録が多くなってます、ありがとうございます。なにってメルマガ「裁判傍聴バカ一代」の話です。
 いま購読登録すると、以下がどどっと送信されてきます。さらに今月はあと2号。
 そうして、月末までに登録解除すると、それらをぜんぶ読んだうえで無料。解除しなければ、8月から月額105円、という段取りになってます。

第820号 めちゃくちゃじゃないですかこんな裁判!
第819号 酒気帯びの血液検査でも検体全量消費!
第818号 7年暮らしたが男は変わらず、ついに…
第817号 中学3年生の次男が目撃した傷害致死
第816号 犯人の嘘に乗り警察の見立てを補強するため
第815号 女子校の先生が女子高生を盗撮して懲戒免職
第814号 裁判員の負担を軽くして懲役合計15年
第813号 多大な援助を受けていた女性の右足切断!
第812号 裁判所を利用して交通トラブルの勝者に?
第811号 刺された夫が「うちにはうちのやり方が」と
第810号 裁判所宛て反省文、日付は平成44年7月…
第809号 外務省事務官、もとは強制わいせつ致傷?
第808号 若い二人の恋、終わらざるを得ないのか
第807号 税関で発覚しなければ殺されていた?
第806号 事情を知らない者をシャブ密輸に利用
第805号 「判決の内容、分かんのかい」と裁判官
第804号 女性警官の下着を盗もうとし、陰茎露出?
第803号 検察官の机に真っ二つに折れたバットが!
第802号 居酒屋でケンカ、目蓋を咬みちぎった!
第801号 3年前の空き巣、遺留した吸い殻から…
第800号 悪いように悪いように組み立てられ
第799号 暴力団幹部から拳銃を取り上げた理由
第798号 大麻発覚を怖れ100キロで赤信号無視!

 このメルマガは要するに、裁判所(もっぱら東京高地簡裁)で日々何が起こっているか、ひたすらリアルに、かつ何というか人間的に、伝え続ける媒体なのかな、と思う。
 そんなものに価値があるのか? うむぅ。ただ、こういうものはおそらくこれひとつしかない、という意味においては価値があるんだろう。
 あるって言ってょ、うぇーん。 ←走ってどっか行っちゃいました(笑)

※ 「若い二人の恋、終わらざるを得ないのか」は、前の夫と離婚して不法残留となった若い美人中国人の「出入国管理及び難民認定法違反」。
 逮捕時いっしょに暮らしてた男性が法廷へ来ており、服装もヘアスタイルも顔立ちも、どう見ても20歳そこそこ。2人は結婚を約束してたんだそうだ。しかし被告人は実刑を食らい、服役が終われば強制送還されるはず。
 裁判が終わり再び手錠・腰縄を付けられて奧のドアへ去る被告人が、その男性を寂しそうに2度ふり返った…。

2012年7月29日 (日)

罰金刑と、執行猶予付き禁錮(懲役)刑

 ちょとこれはビックリな判決だと思う。以下は7月29日付け大分合同新聞。いつものとおり■部分は今井。

野球部員の父に罰金100万円
 大分県別府市の大分自動車道で昨年7月、同県立森高校の野球部員らが乗ったマイクロバスが大型トラックに追突、野球部監督が死亡、部員らがけがをした事故で、居眠り運転して自動車運転過失致死傷罪に問われた、部員の父親で自衛官の■■■■被告(50)に、大分地裁(開発礼子裁判官)は27日、罰金100万円(求刑禁錮2年6月)を言い渡した。
 判決理由で開発裁判官は「過失は大きく、結果も重大だが、バスの運行実態を考えると被告1人だけを責めることはできない。禁錮刑では自衛官を失職するという社会生活上の不利益を考慮すれば、罰金刑が相当だ」と述べた。

 この事件、罰金の実刑となったわけだが、禁錮刑なら執行猶予付きは間違いない。
 罰金刑と、執行猶予付き禁錮(または懲役)刑、そこには天と地ほどの違いがある。

 例えば私なんか、罰金100万円を食らったら、家庭内での立場は激烈にまずくなる。
「うちはそんなお金ないです。1日5000円換算で労役場留置? それ行ってください」
 と言われるかも。いやきっと言われる。crying
 一方、懲役・禁錮刑は、執行猶予付きなら屁でもない。やったぁ、ラッキー、てなもんである。かえって「俺ってば懲役(禁錮)前科持ちなの、ぅふふ」と自慢できたりして。

 ところが…たとえば以下は国家公務員法。

(欠格条項)
第三十八条
 次の各号のいずれかに該当する者は、人事院規則の定める場合を除くほか、官職に就く能力を有しない。
 成年被後見人又は被保佐人
 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者
 懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から二年を経過しない者
 人事院の人事官又は事務総長の職にあつて、第百九条から第百十二条までに規定する罪を犯し刑に処せられた者
 日本国憲法 施行の日以後において、日本国憲法 又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

 国家公務員は、いちおう欠格事項に該当してしまうのである。地方公務員法にも同様の規定があるし、医師や不動産関係の免許も同様だ。
 執行猶予付きでも懲役・禁錮刑はアウト、なんとか罰金刑に、という裁判は、これまで傍聴してきた3650件ほど(事件数)の中に、10数件かもっとか、あった。
 全体としての私の印象は、「裁判官の1つの重要な仕事は量刑相場を死守すること」である。「罰金刑に」という主張の多くは蹴られてきた。受け容れられてもぎりぎり控訴審で、とか。

 だから、求刑が禁錮2年6月のところ、禁錮2年とか禁錮1年6月とかに下げるんじゃなく、イッキに罰金刑にしてしまったというのは、ものすごく大胆ことと感じる。
 その判決がもし東京地裁なら、伝統的ギャグマンガでいえば、ズガーンとぶっ飛んで天井か床に頭が埋まっちゃうところだ。

 もちろん、大分地裁でも異例な判決なのかもしれないが、開発礼子裁判官(発は難字)の経歴を見ると、ははぁ、東京地裁のエリート裁判官とは明らかな違いがあるなぁ、と。

 ところで諸君、『週刊SPA!』の、電車内での迷惑行為に関する記事、7ページにわたるのを全部読んでしまった。こういう切り口は面白い。
 その記事から、「電車通勤士」というサイトへ行き、「電車の中で見たマジキチな客wwwwww」、数々の写真に笑い転げてしまった。いや~、私も気をつけよう。happy02

 てゆっか、私は長く自動二輪ライダーで、電車やバスの乗り方はよく分からなかった。バスの料金の払方が分からず、たまに地下鉄に乗れば反対方向へ行ったり、よくあった。
 それが、10年ほど前から裁判傍聴マニアとなり、完全に電車通勤に。人間、こうも変わってしまうものかと…。

2012年7月28日 (土)

「ジェットコースターのような場所がある」と

 またか…。
 以下は7月27日付け産経新聞の一部。

危険運転致死傷罪で起訴 車浮く急勾配の死傷事故
 スピードを出すと車が浮き上がることで知られる千葉県松戸市の急勾配で男子大学生(18)を乗用車ではねて死なせたなどとして、自動車運転過失致死傷容疑で逮捕された茨城県坂東市の女(20)を、千葉地検は27日、危険運転致死傷罪で起訴した。
 女は事故現場を時速約90キロで走っていたことから、地検は「危険なことをしているとの認識があった」と判断した。
 起訴状によると、女は5月28日夜、松戸市横須賀の市道で、上りと下りの急勾配で車体を空中に浮き上がらせて、道路脇を歩いていた大学生をはねて死なせたほか、電柱に衝突し同乗していた2人にけがをさせたとしている。現場はテレビ番組で「スリルが味わえる」と紹介されていた。

 似たような事件があった。
 2007年9月26日、「専門学校生4人の車が電柱に衝突、1人死亡」と読売新聞が報じたらしい。記事中では「現場は片側1車線の直線道路で、事故原因を調べている」とされている。
 当時21歳の専門学校生だった女性は「危険運転致死傷」で起訴され、起訴が遅かったのか、だいぶ争ったのか、2010年3月11日、東京高裁の法廷へ出てきた。同年6月29日の第3回公判と、同年9月28日の判決(第7回)を傍聴した。
 控訴棄却。控訴審における訴訟費用は被告人の負担。
 以下、メルマガ「裁判傍聴バカ一代第259号(2010年9月28日発行号)より。

 「ジェットコースターのような場所がある」と、中央が隆起した橋梁上の道路へ、時速100~120キロで突っ込み、浮き上がった車両が着地したとき、コントロールを失い、ガードレールと電柱に激突…。

 原判決は懲役3年。若い娘さんは、行くのだ刑務所へ。
 そして、死んだ(殺された)者はもう還らないのだ。合掌。

 それを読んでくれてたら、冒頭の産経新聞の報道にある事件は起こらなかったろうに。18歳の男子学生は死なずにすんだろうに。詮無い繰り言とは分かっちゃいるが…。

2012年7月27日 (金)

夏の男の×××にベビーパウダー

 以下はメルマガ第819号の編集後記より。

 ところで男子諸君。こう暑いと、陰茎もとえ陽根付近が不快じゃないか? 玉袋が伸び切っちゃってさ。
 私は昔、トラックの運転手をやってた。当時、冷房のない車両が多かった。夏場はもう陽根部も尻部も汗でぐっちょぐちょ。
 そこで発見したのがベビーパウダー、シッカロールである。あれを大人の男のあのへんに(笑)、柔らかいパフで塗布するのである。
 トラック運転手時代、少なくとも午前中は、大いに助かった。
 男子諸君、夏はベビーパウダー、シッカロールであるっ。ドラグストアへ急げっ!

 じゃあ、裁判所へ来るとき今井さんの×××はベビーパウダーで真っ白なの? 可愛いっ、見せてぇん。ってまた男かよっ、ぴゅーっ! ←走って逃げる音(笑)

 トラック運転手時代、ジーパン(当時はジーパンって言ったんだよっ)に白い汚れがあり、よく見たら汗から生じた塩なのだった。

 男の×××にベビーパウダー、シッカロール、これはテレビの早朝番組で、夏をのり切る耳寄り情報として女子アナが伝えていいネタだと思うです、うん。

2012年7月26日 (木)

めちゃくちゃじゃないですか、こんな裁判っ!

 25日(水)は朝からさいたま地裁へ行ってきた。狙いの事件(民事)は早く終わり、裁判員裁判を1時間ほど傍聴。
 今年1月17日毎日新聞が「<女性殺害>同居の男を殺人容疑で逮捕 埼玉県警」と報じたらしい事件だ。

 事件名は「殺人」。しかも今日は被告人質問。夏休みでもある。なのに38席の傍聴席に傍聴人は私を含めたった9人。信じらんないっsign01
 かつ、最前列ぜんぶ=12席と、真ん中の島の2列目の2席、合計14席に「報道記者席」の白いカバーがかかり、カバー席は完全無人。東京地裁なら暴動が起こるぜぇっsign01
 結局、東京地裁だけが突出して異常だってことなんだね~。

 1時間ほど傍聴しただけの印象で言わせてもらえば、この「殺人」、判決は重くなるかも。詳しくはメルマガ第818号。

 それから東京高地簡裁合同庁舎へ。13時30分から東京簡裁で「道路交通法違反」、酒気帯び検査拒否の警察官尋問を傍聴。
 帰り際にちらっと傍聴した「住居侵入、強制わいせつ」の控訴審判決。原判決は懲役2年(実刑)、控訴棄却。
 普通に終わった後で、傍聴席にいた被告人の家族らしき女性が、激しい怒りを込めて吐き捨てた。「ひとの人生、何だと思ってんですかsign01 ひどすぎるこれ、めちゃくちゃじゃないですか、こんな裁判っsign01」…。
 犯人の身長は165~170cmくらいと被害者は言っており、しかし被告人は180cmなんだそうだ。
 あれ? そんな話、判決理由には一言もなかった…。
 
 冤罪には、有罪に不都合な事実は完全無視する、という原則がある。これも冤罪なのかsign02 そのレポートは第819号に。

2012年7月23日 (月)

ダンス規制は幸福追求権を侵害するか

 また少し報道にコメント。以下、7月22日付け産経新聞、の一部。

クラブでダンスは「風営法違反」? 経営者「摘発は憲法違反」
 若者たちが音楽に乗ってダンスを楽しむ「クラブ」がここ数年、風俗営業適正化法による許可を受けていないとして、警察に摘発されるケースが全国で相次いでいる。一方、「客にダンスをさせる営業」を規制対象とする同法をめぐり、音楽家らが法改正を求めて署名活動を展開中だ。そうした中、同法によるダンス規制が憲法で保障された「幸福追求権」などを侵害するか否かが刑事裁判で争われることになった。無許可でクラブを営業したとして摘発された経営者の男性(49)が、同法は憲法に違反するとして無罪を主張する方針を固めたのだ。刑事法廷で行われる異例の憲法論争の行方は。(前田武)

 「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反」は、どうも「風適法違反」と略するのが本式らしいんだが、それはともあれ、ダンスクラブの事件は東京簡裁、東京地裁の公判廷へもぽつぽつ出てきてる。
 私も何度か傍聴した。けど、憲法違反を言ったケースはなかった。東京地裁なら全部傍聴するのに、残念。せめて新潟~静岡の範囲なら東京高裁へ出てくるのにぃ、と直ちに思ってしまうのは傍聴マニア(笑)。

 この事件、最高裁のお膝元たる東京地裁(したがって部総括判事の経歴には顕著な特徴が見られる)だったら、
「ダンス自体を禁ずるものでは何らない。弁護人の主張は失当である」
 と、あっさり相場どおりの有罪判決になるだろう。
 ただ、“西の方”には全然異なる経歴の裁判官がたくさんいて、もしかしたら、とは思う。もちろん、仮に大阪でも無罪となっても、間違いなく最高裁でひっくり返されるだろう。でもまぁ、そういう過程をこの時点で辿っておくことには、大いに意味があるだろうと思う。

 今井もダンスをやるのか? 昔、女友達に誘われ、サルサだっけか、なんかそういう店へ行き、酔っぱらってたので、俺も一生に一度はと思って踊ったことがある。吉祥寺だったかな。「今井さーん、面白ーい(笑)」とか女友達らは笑い転げたように記憶する。どういう意味でウケたのか、俺は気にしないょ、うぇーんcrying

 以下は7月20日付け読売新聞。

逮捕から完全黙秘の男、罰金刑に「高くね?」
 窃盗罪で起訴され、逮捕から結審まで黙秘を貫いた男の判決が19日、宇都宮地裁栃木支部であった。島田環裁判官は「逮捕までの生活がわからず、公判に至っても反省の情が見えない」などとして、罰金20万円(求刑・罰金20万円)を言い渡した。
 人定がわからないまま判決に至った例の統計はないが、同地裁によると異例という。勾留日数1日につき5000円を参入し、罰金額を超えるため、納付は免除される。
 判決によると男は5月7日、小山市のコンビニ店でサンドイッチなど6点(1147円相当)を盗んだ。

 「算入」を「参入」って書いてるよ、誤記発見、いひひ~。 ←ムカついた、お前の誤記をばりばり発見してやる? やめてーっ、ごめんなさいーっsign01

 それでだ、えっと、判決の主文はこうだったんだろう。

裁判官 「主文、被告人を罰金20万円に処する。未決勾留日数中、その1日を金5000円に換算し、その刑に満つるまで算入する」

 換刑処分っていうんだっけ、こういう言渡しはしょっちゅうある。私のメルマガでは、単に「罰金20万円、満つるまで算入」としか書かなかったりする。

 そんなことより、当該記事から分かる重大なことがあるっ。
 この記者氏(残念ながら氏名不詳)は、新聞的には取るに足りないちっぽけな事件なのに、開廷表に「××警察署留置番号×番」とかあるのを見て、好奇心にかられて傍聴したんだろう。
 それを記事にして上司(氏名不詳の共犯者)に送り、上司は、紙の新聞紙面は知らないがネットに記事として載せること実行した。おお~sign01

 超有名事件について裁判所が(記者クラブだけに)出した判決要旨をもとに記事にするんじゃなくて、たぶん“無名の事件”を、個人の興味で傍聴し、「裁判所ではこういうことも行われてる」という形で記事にする、非常に良いと思う。

 なぬ? メルマガ「裁判傍聴バカ一代」を見て刺激を受けました? そうかそうか、ふむふむ。
 あ~、妄想は気持ちいいな~。lovely

2012年7月22日 (日)

未決勾留日数中500日をその刑に算入する

 他の裁判所はどうか知らないが、東京地裁の場合、逮捕からだいたい2カ月で第1回公判となる。

 ところが裁判員裁判は、起訴後かならず「公判前整理手続き」というのが行われる。公判(公開の法廷での審理)の前に、裁判員の負担を軽くするため、主張、立証を密室で削り整えてしまうのだ。
 結果、裁判員裁判の公判は、分刻みでスケジュールをこなす、印象勝負のプレゼン合戦となる。

 裁判員裁判の実質的中心といえる「公判前整理手続き」は、やっぱり時間がかかる。最高裁によれば、平均5.6カ月間、否認事件では平均7.0カ月間。
 その間、被告人は通常、勾留され続ける。

 それでだ、判決はたいてい、こういうふうに言い渡される、裁判員裁判であってもなくても。

裁判官 「主文。被告人を懲役×年に処する。未決勾留日数中×日をその刑に算入する」

 懲役1年、未決30日算入なら、実際に服役するのは11カ月、そういうことだ。もちろん仮釈放でもっと早く出所することもある。

 私は10年ほど傍聴マニアを続けてきた。元裁判官などからお話を聞いてもきた。未決算入は、東京地裁の場合の非裁判員裁判では、だいたい60日を、裁判に要する期間と考え、それを超える日数を算入するようだ。逮捕から判決まで60日きっかりでも、原則10日は算入するのかな、そのへんは私はよく知らない。
 算入日数は、裁判官の裁量に任されており、「量刑相場的に懲役1年は動かせないけど、それじゃ可哀想な事情があり、未決算入を多めにとる」というふうなことは普通にあるようだ。

 裁判員裁判の未決算入は、180日とか200日とかよくある。私が傍聴したなかでいちばん多かったのは500日。
※ 未決算入のことは、新聞・テレビは頑として触れない、昔から。「被告人」を頑として「被告」と呼ぶように、何か特別な取り決めがあるらしい。

 たとえば365日算入なら、懲役4年は実質3年だ。
 身柄拘束は同じでも、未決の拘置所のほうが、刑務所での服役より自由がきくらしい。そうすると、裁判員制度のおかげで、犯罪者は助かってることになる。

 『ドライバー』の前号(7月20日発売号の前の号)に書いたように、罪名落としで助かってる被告人はかなりいるらしい。
 裁判員裁判の対象となる「一定の重大事件」の起訴は、制度施行後、3分の1くらいに減ってる。

 一方で、裁判員制度により、厳罰化が進んでいるようだ。
 先日、裁判員の負担を軽くするため、当然併合すべき事件を分離し、そのため重い懲役刑になった可能性がある事件を傍聴した。
 そうして来週のあの事件は、その、併合されなかった部分かと思われる。うわおsign01

 そういうのをきりきり傍聴してリアルにレポートするのが私の役割と思ってるので、その日は休みたかったのに行かざるを得ない。しかもっ、来週から完全に、恐怖の夏休みモードに突入する。嗚呼っsign01

 なに興奮してんだか分からない? だよね~。shock

2012年7月20日 (金)

亀岡暴走事件、認否を留保?

 起訴は6月18日だったはず。第1回公判まで約1ヶ月。通常の運びといえる。
 危険運転致死傷で裁判員裁判になれば、公判前整理手続き(素人裁判員に負担をかけないため主張も立証も予め密室で削りに削ってしまう作業)に何カ月もかかったろう。公判(法廷での審理)は、削り整えられたものを分刻みで消化するだけで終わってしまう。
 ナマのものがリアルに出てくる可能性があるという意味では、自動車運転過失致死傷の起訴でよかった、ともいえるかも。
 以下は7月19日付け産経新聞。

亀岡暴走初公判 少年、謝罪なし…裁判官に一礼も遺族には目を向けず
 京都府亀岡市で集団登校中の小学生ら10人が軽乗用車にはねられ死傷した事故から3カ月。自動車運転過失致死傷と道交法違反(無免許運転)の罪に問われた無職少年(18)が19日、事故後初めて公の場に姿を見せた。この日京都地裁で開かれた初公判で、少年は罪状認否の際に発言の機会が与えられたものの、謝罪の言葉はないまま。遺族と負傷者の家族からは「反省がみられない」と失望の声が聞かれた。
 傍聴席から見えないよう衝立の奥で手錠を外され、被告席に現れた少年は丸刈りで白のポロシャツに青のジーンズ姿。裁判官に一礼したが、検察官席の後ろに着席していた遺族や負傷者家族7人とは目を合わせようとしなかった。
 証言台の前に立った少年は手を後ろに組み、裁判長の質問に「はい」と大きな声で返事。罪状認否では弁護人が用意した文書を手に、「起訴状記載の事実は間違いありません。しかし、日時や場所、速度などについては、弁護人が述べる意見に従います」と棒読みした。
 被告席に座る少年の表情を正面から見据える遺族ら。検察側の冒頭陳述では、事故直後の様子や被害者の負傷程度が詳細に述べられると、目を真っ赤にさせて涙をこらえる人もいた。少年はしきりにまばたきを繰り返したが、30分余りの公判中、一度も表情を変えなかった。

 私は「自動車運転過失致死傷」「危険運転致死傷」の裁判を何百件か傍聴してきたが、法廷で被害者・遺族に頭を下げる被告人のほうが少ない。多くの被告人は“居るところなし”という感じで床を見ている。
 ある被告人の姉が情状証人として出廷。「弟は結局、気が小さいんです」旨証言した。そういうことなんだろうなと思えた。
 事件直後に被害者・遺族に電話したら「会いたくない」「葬儀には来るな」と言われたとか、保健会社から「直接の交渉はヤメてくれ」と言われたとか、それを理由に、被害者・遺族への一切のアプローチを絶ってしまう、というケースが圧倒的に多い。

 しかし裁判は、それでは済まない。交通死傷事件の刑事裁判は、実質的には、被告人を緊張させ、実刑におびえさせ、進んでなかった被害弁償や慰謝の措置をぐんぐん進めさせるための装置、ということができる。そのための“定番の突っ込み”というものがある。
 今後、本件もそうなっていくのか。

 上掲報道で、以下の部分がちょと気になる。

「起訴状記載の事実は間違いありません。しかし、日時や場所、速度などについては、弁護人が述べる意見に従います」

 起訴状には「日時や場所、速度」が簡潔に記載されてる。それを認めながら、「しかし」と続けて弁護人の意見に従うと言う…。
 ほんとにそう言ったなら、市川太志裁判長(数カ月前まで東京地裁・刑事第17部にいた)が、細かく確認したはずなんだが。
 同日付の毎日新聞ではこうなってる。

 少年は「(運転の)日時、場所、速度については弁護人に従います」とも語った。遺族らへの謝罪の言葉などはなかった。弁護側は起訴内容の詳細について認否を留保した。

 日時、場所、速度などの一部または全部について、認めるとも認めないともまだ言えない、その理由は何なんだろう。
 何であれ、そんな要素が出てきて、審理が進むにつれ「あっ、そうだったのか」となり、事件がより深く見えてくる(ことがある)、そこが非裁判員裁判の良いとこだと思う。

 さて来週月曜から、東京地裁の開廷はぐんと減り始める。東京高裁は半分以下だ。そこへ夏休みの学生、生徒諸君、親子連れの皆さんがどどっとやってくる。
 でも、アレがまさかあの事件とは、関係者以外ほとんど誰も知らないはず。ぅふふ。とかこの夏も気味悪く笑う、嗚呼、哀しい傍聴マニア哉、字余り。crying

 故・黒木昭雄さんの小説『神様でも間違う』。帯に「衝撃の遺作」とあるが、ほんとにそのとおり。すごい小説ですわ。Nシステムについてもリアルな話が出てくるsign01

2012年7月19日 (木)

「国民の意見を聞く」というウソ

 何を言ってんだか、と思う。たとえば、以下は7月18日付け読売新聞。

聴取会で中部電課長発言、抗議470件…謝罪
 中部電力は18日、名古屋市で16日に開催された中長期的なエネルギー政策に関する政府主催の意見聴取会で男性課長(46)が発言した内容について、同社のホームページに、「福島第一原子力発電所事故の被災者の方々のお気持ちを傷つけるような不適切な発言があったことに関して、深くお詫わび申し上げます」とした謝罪文を掲載した。
 同社には18日までに電話やメールなどで「電力会社の社員は利害当事者だから、一般国民の意見を聞く場に出るべきではない」などの抗議が約470件あったという。
 同社は「社員の個人的、自主的な参加であるが、指摘は重大であり、真摯しんしに受け止める」とのコメントを出した。

 中部電力の「男性課長」の発言てのは、17日付け同紙にあるこれかな。

 中電の課長は「中部電力社員です。個人として意見を述べたい」とした上で、「福島原発事故では放射能の直接的な影響で死亡した人はいない。5年、10年たっても状況は変わらない」と原発の必要性を訴えた。

 5年、10年たち、疫学的に放射能の影響によるとしか考えられない癌の多発があっても、電力会社は絶対に認めないだろう。徹底的に争い、裁判所は、「癌細胞を子細に検討した結果、被告電力会社のロゴマークが認められない。よって…」とか何とか、被害者・遺族らの訴えを棄却するだろう。
 その確固たる自信が「男性課長」の発言にはっきり見えて、興味深い。

 何を言ってんだか、と私が思うのは、「意見聴取会」があたかも、原発を今後どうするか決めるにあたり国民の声を反映させる手続きであるかに報じてる点だ。
 バカじゃないの? そんなもの、昔から、国(私が思うに有機官僚体とでもいうべき一種の意思)がやりたいことをやるとき、広く国民の声を聞きましたよという形をつくるための装置でしかない。裁判員制度を始めるときだって、その手のヤラセがあった。
 一般国民が「知らなかった!」と怒るのは仕方ないとしても、報道機関が知らないふりを装うのは、悪質だと思う。

 国家戦略室なるもののサイトに、「「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する御意見の募集(パブリックコメント)について」というのがある。締切りは8月12日だそうだ。
 電力会社、原子力村の人たちが、もうがんがん「御意見」を送ってるだろう。
 夏の節電も、
「みんなで節電を頑張った結果、原発ナシでもやっていけることがわかりました」
 となっては大変っsign01 彼らは必死に浪電(浪費の浪)、蕩電(蕩尽の蕩)をやるだろう。

 つーことで、ああっ、もう裁判所へ出かけねばsign01 今日はアレがあるのだ。詳しくはあとでメルマガでっ。

2012年7月16日 (月)

「人命救助して罰金1万8000円」について

 「人命救助して罰金1万8000円」とのブログ記事があると、某女性から教えてもらった。知らなかったょ、ありがとね~。lovely 間もなく、当ブログのコメント欄にも同じ情報が。

 そのブログ記事を拝見する限り、罰金とは考えにくい。放置違反金かなとは思うが、警察官が登場しているらしき点からすると反則金の可能性も。
 3つのカネは、性質も納付等の手続きもぜんぜん違う。拙著『最新版 なんでこれが交通違反なの!?』で詳述したとおりだ。

 ペナルティの対象とされることに不服がある場合、放置違反金なら放置違反金についての、反則金なら反則金についての、定められた法手続きにしたがって争う(主張・立証していく)ことになる。

 ところで、「神奈川県道路交通法施行細則」(公安委員会規則)第1条の2第1項にこういう部分がある。

(4) 法第45条第1項に規定する駐車禁止並びに法第49条の3第2項又は第4項に規定する時間制限駐車区間の規制及び法第49条の4に規定する高齢運転者等専用時間制限駐車区間の規制の対象から除く車両
  政令第13条第1項に規定する自動車で、緊急の用務に使用中のもの
  アに掲げる自動車以外の車両で、防災、急病人の救護等緊急やむを得ない用務に使用中のもの

 しかし、道路交通法第45条第1項は、駐車禁止についての規定なのである。第49条の3、第49条の4は、パーキングメーター・チケットについての規定。
 「1万8000円」というのは、普通車の駐停車禁止違反の金額。公安委員会規則の除外規定には該当しない。

 ただし、人命救助が明らかなら、争いの結果に辿り着く前に、警察のほうで自発的に取締りをナシにすることもあるだろう。放置違反金なら「納付命令はしないことにしました」とか、反則金なら「通告の手続きも検察送致もしません」とか。

 なんにしても、「路上で倒れて歩けなくなっている人を見つけ、車を降りて、その人を助けた」というだけでは、どうにもならないんじゃないかと思う。『最新版 なんでこれが交通違反なの!?』のQuestion128をお読みいただきたい。そこがこの事件のポイントだと思う。ほかQuestion4751なども。

2012年7月14日 (土)

東京地裁にまた恐怖の夏休みがやってくる!

 日本一の法廷数、裁判官数、事件数を誇る東京地裁は、前年と同じなら今年も、7月20日からの20日間と、8月10日からの20日間に分け、夏期休暇をとる。
 弁護士はそれぞれの日程で休暇をとり、裁判官は開廷できるが弁護人はダメ、ということが起こる。
 したがって7月20日から8月30日まで、開廷が半分以下になる。
 加えて、節電で法廷が暑いのなんの。エレベータの運行基数が減り、2分待ちは当たり前、目的階に降りるまで5分かかることすらある。 ※最長でも5分ということでは決してありませんので。
 さらに言えば、東京地裁が通常使う法廷は、傍聴席数が20席と52席と42席であるところ、極端に開廷が少ない日でも、また一般傍聴人が押し寄せそうな事件でも、平気で20席の法廷を使う。隣の52席の法廷が空いてても。

 そこへ、夏休みの学生、生徒諸君、そして親子連れの皆さんがやってくる。東京地裁恒例、恐怖の夏休みが、血みどろ傍聴席争奪戦争が、また始まるのであるっsign01
 我々先住傍聴民は、夏休みの傍聴人が押し寄せそうな法廷を予め推知(すいち)し、知恵の限りを尽くして傍聴席を勝ち取るのであぁるっsign01

 なにバカなこと言ってんだ? ふん、20席の法廷の前に50人が行列をつくり、52席の法廷へ100人が押し寄せる光景をしばしば目にしてくれば、傍聴強迫症にもなろうってもんじゃないかっ。 ←威張れる話じゃねっつーのhappy02

 7月13日(金)は、私としては珍しく「強制わいせつ」を傍聴した、20席の法廷で。被告人が若い国家公務員だったから。これ、「強制わいせつ致傷」の罪名落としだったのかも。
 この日、別の「強制わいせつ」は、すでに満員御礼の法廷(20席)の外に、10人ほどが行列をつくってた。「わいせつ」の4文字には強烈が磁力があるのだ。
 そんな日にどうやって「強制わいせつ」の傍聴席を勝ち取ったかも含め、これからメルマガ第808号に書く…。

2012年7月10日 (火)

違法駐車の駐車監視員を現行犯逮捕しようとした?

 またも違和感ある報道記事。以下、7月10日付け産経新聞。

駐車監視員に言いがかり タクシー運転手の男を逮捕
 埼玉県警熊谷署は9日、公務執行妨害と器物損壊の現行犯で、東京都北区豊島、タクシー運転手、吉田知司容疑者(59)を逮捕した。
 熊谷署の調べによると、吉田容疑者は9日午後1時25分ごろ、熊谷市筑波のJR熊谷駅東口ロータリーで、放置駐車監視員の男性2人に対し、2人が駐車していた軽乗用車も駐車違反だなどと言いがかりをつけ、素手で軽乗用車をたたいた上、2人が乗り込んだ車の前に立ちふさがり、職務を妨害した疑い。
 熊谷署の調べに対し、「以前に成田空港で違反切符を切られ、頭に来ていた」と供述、容疑を認めているという。

 「放置駐車監視員」というのはない。「駐車監視員」である。
 「器物損壊」というが、何をどう損壊したのか明らかでない。

 なにより、駐禁取締りを行う駐車監視員自身や警察官自身は、よぉく駐車違反をやるところ、本件駐車監視員らの駐車が違法でなかったとの言及がない、という違和感。
 世間的には、駐車監視員自身が駐車違反になる場合があるとは毛ほども思っておらず、だから言及しなくてもいいのかな。

 じつは本件駐車監視員らの駐車はバッチリ違法で、しかし駐車監視員も警察官も違法とは露知らず、まずそのタクシーの運転手さんを逮捕してしまい、のちに実況見分をやり、違法と気づき、ヤバイので駐車位置を若干変えて合法とし…ということは、“業界”から漏れ聞こえてくる話からは、十分あり得ることのように思える。

 まぁね、タクシーの運転手さんのほうが、指定禁止場所なら駐車監視員は駐車しても合法と知らなかった、という線も十二分にあり得るけれども。
 え、なに言ってんのか分からない? 拙著『最新版 なんでこれが交通違反なの!?』をお読みください、Question55です~。拙著『交通取締りアウトorセーフ』だと30-31ページです~。happy01

 さてメルマガ、次号のレポートは「強盗致傷等」の控訴審第1回にしようかと。「」の部分は、女性警察官の下着を盗もうとした事件かと思われ、“警察つながり”で傍聴したの。
 被告人(身柄、拘置所)は、最初からどうも様子がおかしく、結審して裁判官らが退廷してから、うわぁっsign03 という事態に…。

 先日、スーパーの見切り品のコーナーに烏龍茶の1リットルパックが59円というのを発見sign01 大喜びで2本買った(笑)。閉店間際のスーパーで4割引や半額のお総菜を漁ることに無上の喜びを感じるのは、私だけじゃないだろう。
 言っときますけど、私のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」はそういうののお得感を遙かに超えてますよっ。初月は無料なんで、ぜひお試しを。
 いま購読登録をすると、まずは以下がどどっと送信されてきます。

第803号 検察官の机に真っ二つに折れたバットが!
第802号 居酒屋でケンカ、目蓋を咬みちぎった!
第801号 3年前の空き巣、遺留した吸い殻から…
第800号 悪いように悪いように組み立てられ
第799号 暴力団幹部から拳銃を取り上げた理由
第798号 大麻発覚を怖れ100キロで赤信号無視!

 そして日曜を除く毎日1本送信され、月末までに登録解除すると無料。スーパーの試食コーナーにトンカツが山盛りみたいなもんですな。あぁ、腹へった。coldsweats01

奈良地裁、視野狭窄で死亡事故、無罪

 9日(月)夜、新宿ロフトプラスワンで「木嶋佳苗とは何者か? なぜ男たちは騙されたのか? 今夜全てを解剖する」というイベントがあり、行ってきたょ。
 開演ぎりぎりになってしまったのは、出かける前にメルマガを1本発行しようと焦ってるところに、電話でコメント依頼があったから。
 イベントは、若めの女性がやけに多かった。少なくとも3分の1 3分の2閉めて 占めてたんじゃないか。内容についてはメルマガ次号で。

 コメント依頼というのは、この判決に関して。以下は7月9日付け日経新聞。

視野狭窄で死亡事故、無罪 奈良地裁判決
 奈良市で2011年、歩行者をはねて死亡させたとして自動車運転過失致死罪に問われた男性(43)に、奈良地裁は9日、無罪判決(求刑禁錮1年8月)を言い渡した。
 弁護側は、難病「網膜色素変性症」で視野狭窄(きょうさく)になっていたのに、病気であることを知らずに運転しており、過失はなかったと主張していた。
 判決理由で今井輝幸裁判官は「事故の原因は視野の欠損によるもの」と認め、過失責任を否定した。言い渡し後「運転免許を更新する際、視野を検査するプロセスが必要かもしれない」との考えも示した。
 検察側は「病気でも注意義務はあった」と主張していた。
 男性は、11年3月21日午後3時55分ごろ、奈良市の国道で軽貨物車を運転中、横断してきた男性(当時69)をはねて死亡させた、として起訴された。〔共同〕

 7月7日付け毎日新聞の記事にこんな部分がある。

 現行犯逮捕されいったん容疑を認めたが、起訴後に「男性が見えなかった」と訴え、同11月に三重県の病院で網膜色素変性症と診断されて、公判で否認に転じた。

 難病に罹患していると露知らなかったことが優に推認できる。被告人に過失(すべき注意義務を怠ること)があったとは到底言えないでしょ。
 検察官は公訴を取り下げるべきだった? いやいや、40年前に建設が決まったダムの、その建設理由が40年経って失われても、いったん決めた以上は遮二無二建設しようとするのと同じく、、検察は有罪へ向かって遮二無二突き進むのだ。
 その体質に何の反省悔悟もない以上、いわゆる可視化は…と思う。

 念のため言っておくと、経歴に「検事」や「最高裁」があるエリート裁判官とかなら、「視野狭窄があっても必要な注意をすれば被害者を発見できた。被告人は必要な注意を怠った」と有罪にしたかも。
 その意味で、必ずしも本件検察官を責めることはできないと思う。

 なんかこの言い方、今井はどっちの味方なんだ、とおっしゃる方もおいでかも。私はどっちの味方でもない。現実をあるがままに見て述べる交通違反マニアで裁判傍聴マニアだ、との思いがますます深まる今日この頃。

 ま、それはともかく、日経新聞の記事のこの部分。

 言い渡し後「運転免許を更新する際、視野を検査するプロセスが必要かもしれない」との考えも示した。

 プロセス…。
 運転免許の更新時、適性検査として目の検査が行われる。要する時間は、長くて5秒かからない。運転免許人口は今年4月末時点で8137万9870人(前年比23万6508人増)。大量迅速処理の、チョー最低限の検査だ。
 そうして、更新事務は警察の天下り法人・交通安全協会に委託されている。

 交通違反・取締りにこだわり続けて約30年、私が見るところ、免許更新制度の1つの大きな目的、別の言い方をすれば制度の存在目的は、安協にカネを落とすこと。
 本件「難病」の患者が「全国で少なくとも約2万5000人」だと知ってあらかじめ手を打つなんてあり得ない。

 車両の運転において目の能力、機能が大事なら、どういうことがなぜ大事なのか明らかにしたうえで、運転に必要なことに絞った検査を、あらかじめ(更新の半年以内とか)眼科医で受けさせ、その合格証を更新申請書に貼付させるとかすべきと思う。
 それはできない話? いやいや、眼科医の協会みたいなものに警察幹部を天下りさせ、更新申請書に貼付する用紙を安協に販売させるとか、やり方はあると思う。
 交通利権と交通安全を両立させ、交通事故のない社会を、である、うん。

2012年7月 8日 (日)

100問ぜんぶそのとおり学科試験に出るんです

 非常に不可解な、というか、嗚呼、やっぱりそうなるのかという報道…。
 「日本語が分からなくても免許試験に合格 カンニング対策は…」と7日付け産経新聞。不可解なのはこの部分。

 警視庁によると、■容疑者の自宅のパソコンからは過去の試験問題や正誤表データ、無線イヤホンなどのカンニング道具8組なども見つかった。■容疑者が、中国人のカンニングを助ける“ビジネス”を展開していたことをうかがわせる証拠の数々だった。

 「過去の試験問題や正誤表データ」では当日の学科試験に合格できない。過去の問題が当日も使われたとしても、それは「当日の試験問題や正誤表データ」である。
 なぜわざわざ「過去の…」とするのか。おそらく警察の誰かが執拗に「過去の…」と冠して話をしたんだろう。「当日の…」という話にしたくない、強いベクトルが感じられる。
 こんなこと、刑事裁判の法廷だったら裁判官はきっと言うよっ。

裁判官 「被告人の供述は不自然、不合理、到底信用できない。その供述態度からも、当日の試験問題が大がかりに漏れていると優に推認することができるというべきである」

 
 じつは私は、当日の試験問題と正解をあらかじめて教わって学科試験に合格したという人から話を聞いたことがある。そのことは7月下旬発売の車雑誌『ザッカー』に書いた(原稿締切は6月中)。一部抜粋すると…。

 私は直ちに信じられなかった。教えてくれた問題の多くがその日たまたま出題されたんじゃない?
「違いますよ! 100問ぜんぶそのとおり学科試験に出るんです。ま、俺の場合、1回目はぜんぶ覚えきれなくて落っこちたんですけどね(笑)」

 2009年「7月2日の「笑っていいとも!」(フジテレビ系)で披露された松浦亜弥のエピソード」は、まぁ穏便にまとめられてるけれども、あの「裏講」も…。

 これらは氷山の一角。試験問題の漏洩により免許をゲットした人は、長年にわたり相当数いるんじゃないか。
 問題漏洩が明らかになれば、「じゃあ不正に免許を取得したのは誰だ。そいつの免許を取り消さねば!」という話になる。もしも、「あの重大事故を起こした者は、問題漏洩のおかげで免許を取得、堂々とハンドルを握っていた」とか判明したら、大問題どころの話じゃない。

 今回、どうやら警察は、問題漏洩については「可能性は低い」で片付け、「カンニング対策もいまやハイテクの時代に」という話、つまり新たな予算獲得の話へとすり替えるつもりらしい。嗚呼、やっぱりそうなるのか。

※ 追記、2012年8月28日、その中国人らの1人の「道路交通法違反」を東京地裁で傍聴したsign01

2012年7月 7日 (土)

決闘罪ニ関スル件

 以下は「明治二十二年法律第三十四号(決闘罪ニ関スル件)」。

第一条  決闘ヲ挑ミタル者又ハ其挑ニ応シタル者ハ六月以上二年以下ノ重禁錮ニ処シ十円以上百円以下ノ罰金ヲ附加ス
第二条  決闘ヲ行ヒタル者ハ二年以上五年以下ノ重禁錮ニ処シ二十円以上二百円以下ノ罰金ヲ附加ス
第三条  決闘ニ依テ人ヲ殺傷シタル者ハ刑法 ノ各本条 ニ照シテ処断ス
第四条  決闘ノ立会ヲ為シ又ハ立会ヲ為スコトヲ約シタル者ハ証人介添人等何等ノ名義ヲ以テスルニ拘ラス一月以上一年以下ノ重禁錮ニ処シ五円以上五十円以下ノ罰金ヲ附加ス
○2 情ヲ知テ決闘ノ場所ヲ貸与シ又ハ供用セシメタル者ハ罰前項ニ同シ
第五条  決闘ノ挑ニ応セサルノ故ヲ以テ人ヲ誹毀シタル者ハ刑法 ニ照シ誹毀ノ罪ヲ以テ論ス
第六条  前数条ニ記載シタル犯罪刑法 ニ照シ其重キモノハ重キニ従テ処断ス

 以下は7月6日付け産経新聞の一部。

「決闘」に備え凶器準備も返り討ちに 容疑の少年8人逮捕
 東京都立川市の路上で5月、少年2人が頭などから血を流して倒れているのが見つかり、一時重体となっていた事件で、警視庁少年事件課は、決闘をするために凶器を準備したとして、凶器準備集合の疑いで、この少年2人と同市と武蔵村山市に住む16、17歳の計8人を逮捕した。

 2010年の「検察統計年報 刑事編」によれば、「決闘罪に関する件」の受理は13件。1件は嫌疑不十分で不起訴。1件は他の検察庁に送致。そして11件は、家庭裁判所に送致。
 決闘でパクられるのは、ほぼぜんぶ(またはぜんぶ)少年法上の少年だってことだ。

 我が身をふり返っても、男子は女子よりよほど不安定。こうした「決闘」をやることだってあるだろう。「法規範を遵守(じゅんしゅ)しましょう」なんてセリフは通用しない。
 それに対し、殺しちゃダメだ、堅気衆に被害をもたらしちゃイカン、と言えるのは、自身もアウトローの大人だけでしょ。

 地元に任侠の親分が、若い衆を束ねてしっかり棲み、にらみを効かす。外国からの出稼ぎ犯罪者にとって、警察以上に怖ろしい存在…。それが健全な社会ってもんじゃないのか。無菌社会を目指すかのような警察庁のやり口は、それこそが社会にとって害悪である。
 多くの裁判を傍聴してきてそう思うんですけど、どうでしょねと、ちょっと前まで長年裁判官だった方に話したことがある。元裁判官氏は同感だと笑い…。

 以下は7月6日付け朝日新聞の一部。

次郎長ゆかりの神社全焼 火遊び少年らに1億円賠償請求
 侠客(きょうかく)の清水次郎長ゆかりの神社の拝殿などが昨年11月、少年3人の火遊びで全焼し、神社側が3人と保護者4人らに再建費などの一部として約1億2千万円の損害賠償を求める訴訟を静岡地裁に起こしたことがわかった。神社側は保護者には監督義務があるとしているが、被告側は「監督責任は果たしていた」などと主張し、争っている。

 嗚呼…。

2012年7月 6日 (金)

レーダ式測定機の遠近設定

 あらま~sign01 栃木県警の警察官諸氏は、拙著『最新版 なんでこれが交通違反なの!?』(草思社)のQuestion18「『レーダー式』で誤測定が起こるとしたら?」を読んでなかったんだね~。
 以下は7月5日付け時事通信。

速度取り締まりで誤測定=レーダー設置でミス-栃木県警
 栃木県警は5日、宇都宮東署が2011年7月から今年5月にかけ速度違反で検挙した約4200件のうち、大半が実際より遅い速度だった可能性があると発表した。県警交通指導課によると、レーダー式速度測定器の設置方法を誤ったことが原因という。
 県警によると、同署交通捜査課はレーダーの投射角度を27度にすべきなのに、0~10度に設置。実際より最高で8%速く測定器に表示されたという。
 検挙されたドライバーが不服を申し立て、調査の過程でミスが明らかになった。県警は約4200件を詳しく調べ直した上で、対応を検討する。(2012/07/05-23:21)

 レーダ式の速度測定機は、アンテナから10.525ギガヘルツの電波を発射し、走行車両(通常は接近してくる車両)に反射して戻ってくる電波を受信。ドップラー効果により、発射電波と受信電波の波長が異なるので、その波長の変化から速度を演算し、細かいことを言えば0.975を乗じて端数を切り捨て、測定値とする。

120706jma230 車両に対して真っ直ぐ測定するのが一番だが、それだと測定直後、車両はアンテナにぶつかってしまう。なので、アンテナは道端に設置し、斜めから測定する。
 そうすると、「コサインエラー」により、測定値は角度分だけ低くなる。27度とか大きな角度で測定するときは、その分のプラス補正をする(装置を「近」にセットする)。5度とか小さな角度で測定するときは、その補正を行わない(「遠」にセットする)。
 画像は日本無線の「JMA-230 レーダ式車両走行速度測定装置 取扱説明書」より。

 「近」にセットしたうえで、小さな角度で(「遠」で)測定すると、プラス補正の分だけ測定値が高くなる。プラスの誤測定が起こる。
 宇都宮東署のネズミ捕りでは、それをやっちゃったんだね。しかし…。

 検挙されたドライバーが不服を申し立て、調査の過程でミスが明らかになった。

 これは非常に不思議な気がする。「不服を申し立て」が手続き的に何を意味するのか不明だが、とにかくまぁ、文句を言ったんだろう。
 でも、そんなもの突っぱねてしまえばいいのだ。「文句があるなら裁判だな」と脅せばいいのだ。万が一、本当に裁判になっても、「間違いなく正しくセットした」と警察官が証言すれば、裁判官は疑わない。

 その「検挙されたドライバー」は、ドライブレコーダーにより自車の走行状況を録画・記録していたうえで、遠近の切り替えが「近」になっているのを撮影したとか? 取締りの警察官はプラス補正について全く無知で、誤ったことを自信をもってとうとうと説明し、全部録音されちゃったとか?
 それにしても、「約4200件を詳しく調べ直」すという事態に、なぜなっちゃったのか。「×年前からずっとこれでやってきたのだ!」と強く説明し、録音されちゃったのかなぁ。

 調べ直した結果、「近」にセットして「遠」を測定したのはごく一部。ほとんどのケースは反則金額にも刑事処分にも行政処分にも影響しなかった。影響した可能性がある数件について、権利回復の措置を…というふうな形で終わるかも。

 団塊世代の大量退職により、ベテラン警察官がいなくなり、現場は…と言われる。警察庁交通局長は、拙著を国費で大量に買い上げ、各都道府県警の交通部門に配布すべし。いやこれマジな話ですよ。lovely  あと、上を目指す裁判官、検察官にはメルマガ「裁判傍聴バカ一代」がお勧めっ、きゃっ。happy02

2012年7月 5日 (木)

キャバ嬢に5億円

 「ストーカー、過去最多ペース 今年1~5月で7841件」と7月5日付け朝日新聞。
 そして以下は3月10日付け産経新聞の一部。

ストーカー事件捜査中に襲撃 父親暴行され重傷  
 かつて交際していた30代の女性の父親(63)をバットで殴り、重傷を負わせたとして、警視庁蒲田署が傷害容疑で、無職、■■■■容疑者(41)=神奈川県茅ケ崎市■■=を逮捕していたことが10日、分かった。■■容疑者は女性にストーカー行為を繰り返しており、被害届を受けた同署は、脅迫容疑で逮捕する方針で捜査を進めていた。

 この第1回公判を7月5日、傍聴してきた。事件名は「傷害、器物損壊」。同時刻から他に一般受けしそうな新件がない、ヤバイぞ、と思ったらそのとおりだったね。
 検察官の机の上に、透明ビニールに包まれたブツ、真っ二つに折れた木製バットがあった…。

 以下は4月11日付け産経新聞の一部。

「キャバ嬢に5億円貢いだ」元経理係長逮捕
文 勤務していた会社の資金を自分の銀行口座に振り込ませてだまし取ったとして、警視庁中央署は11日、電子計算機使用詐欺の疑いで、工業用ゴム販売大手「●●●」(東京都中央区)元経理係長、■■■■容疑者(33)=埼玉県朝霞市■■■■=を逮捕した。
 同署によると、栗田容疑者は同社が平成17年に開設したインターネットバンキングの法人口座の責任者で、同年ごろから192回にわたり計約5億2千万円を詐取したとみられる。「ほとんどをキャバクラ嬢に貢いだ」などと容疑を認めている。

 これも傍聴してきた。
 事件名は「電子計算機使用詐欺」。パッとしないから大丈夫だろう、と20分ちょい前に行ったら、すでに20数人が行列をつくってた。行列はどんどん延び…。
 傍聴人の多くが若い人たちで、手に手に大学ノート。私から見える範囲で似顔絵描きの人が2人いて、ワイドショーでよく見るあの人もいた。そういうことか~。
 日テレNEWS24がさっそくこう報じてる。

5億詐取しキャバ嬢に貢ぐ、起訴内容認める

 あと、今日は、ゴビンダさんを救い出した東京高裁・第4刑事部、小川正持裁判長が「原判決破棄、無罪」をやってのけたとマニア氏から聞いた。お~sign01
 それから約2時間後か、小川裁判長の法廷で、少なくとも「原判決破棄」はありそうなアレを傍聴…。
 さぁ、急ぎメルマガを書かねばっ。でもその前に少し眠らせて~。crying

2012年7月 3日 (火)

福島復興に必死な社長が拳銃を持っていた理由

 15時から東京地裁でこの「銃砲刀剣類所持等取締法違反」の公判があった。
 以下は今年5月15日付け産経新聞。

拳銃所持容疑で、楢葉町商工会会長を逮捕
 拳銃と実弾数発を隠し持っていたとして、警視庁組織犯罪対策5課は、銃刀法違反(加重所持)の現行犯で、福島県楢葉町商工会会長で建設会社「■■興業」社長、■■■(■■■)容疑者(68)=いわき市■■■=を逮捕。同容疑で長男の同社役員、●(●●)容疑者(41)=同=を逮捕した。
 ■■容疑者は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの楢葉町の復興計画を検討する委員会で副委員長も務めていた。同課によると、2人とも容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、12日午後2時25分ごろ、いわき市■■■にある同社事務所で、拳銃1丁と実弾数発を持っていたとしている。
 同課は2人が拳銃を持っているとの情報を得て、同社事務所などを家宅捜索。拳銃などは●容疑者の机の引き出しから見つかったという。同課は入手経路や使途について調べている。
 楢葉町は役場を含む町の大半が福島第1原発から半径20キロ圏内で「警戒区域」に指定され、住民の多くが避難生活を送っている。同町は「非常に驚いている。復興を目指しているときにこういう事態になり、大変残念」と話している。

 拳銃は銃身にスミス&ウェッソンの刻印のある回転弾倉式、38口径。メタルシルバー。適合実包5発。
 そんなものをなぜ持っていたのか。護身用でも趣味でもなく、報道からは想像もつかない、びっくりな、そして可哀想な話なのだった。

検察官 「大きな詐欺に引っかかって、そういうことに座らされるって…」

 急ぎメルマガに書かねば。嗚呼、寝る時間がないっ。

2012年7月 2日 (月)

警察庁長官、バカですか!

 笑えて同時に泣けるのが良いドラマ。これは笑えて同時に底知れず恐くなる…。
 以下7月2日付け産経新聞。

監察指示権の行使必要 不祥事相次ぎ警察庁長官
 警察庁の片桐裕長官は2日、都道府県の公安委員が集まった会議で、公安委が警察に対し直接、不祥事の厳正な調査や再発防止策を求める監察指示権の行使も必要な状況になっているとの認識を示した。
 警察官の不祥事が相次いでいるためで、片桐長官は「むやみに行使すべきものではないが、国民の警察に対する信頼が危ういと感じられる場合には、最後の手段として考えている」と述べた。
 監察指示権は、神奈川県警などの警察不祥事を受け、公安委の管理機能を強化するため、平成12年の警察法改正で新設された。これまでに神奈川、奈良、北海道、福岡の4道県警が指示を受けた。
 片桐長官は公安委が警察を適切に管理するためには、必要な情報が警察側から適切に報告されることが不可欠と指摘し、「警察から情報が上がってこなければ、公安委側からも積極的に報告を促してほしい」と求めた。

 片桐長官、おっもしろいことを言い出す人だなぁ、と思う。
 都道府県の公安委員会は、委員長を含めて原則3人、政令指定都市があるところは5人だっけ。事務局は警察。週に1回の定例会(当然非公開。笑)に出て、「先生、先生」と持ち上げられて警察から報告を受け、押すべきハンコを押す(事務局職員に押させる?)だけの名誉職。
 位置付け的には、原発にとっての安全・保安院のようなもの。そういえば東京電力の元会長・平岩外四さんは、警察の天下り法人・東京都交通安全協会の4億7000万円の所得隠しが発覚したとき、同協会の会長だったんだね。国家公安員会の委員もやってたらしい。

 東京都公安委員会の現在の委員長は、元労働省の女性局長・太田芳枝さん。この人、原発メーカー・日立製作所の社外取締役へも天下ったという。
 こうしてみると、警察と原発は近親関係にあるのかな。

 ともあれ、「不祥事の厳正な調査や再発防止策」について、都道府県の公安委員会がどうとか、あろうことか長官が言い出すって、警察は完全に終わってるなと、現場の警察官諸氏はまた絶望を深めたんじゃなかろうか。
 でも大丈夫、俺がついてるから。 ←あんたに出来るのは“禿げ増し”だけですからっ、残念っsign03

 ネットで何でも拾えると思ったら大間違い、少なくともこの2冊up、警察関係では必読ですよsign01

2012年7月 1日 (日)

レバ刺し安全・保安院

 7月1日から牛の生レバーの提供禁止がスタート、レバ刺し愛好家が大いに落胆していたところ、小宮山洋子厚生労働相は1日の会見で、来年度にはレバ刺しを復活させると発表しました。
 小宮山厚労相によると、復活への道筋はこうです。

 1、特別国会で「生肉基本法」「レバ刺し等規制法」「レバ刺し安全促進税法」を成立させる。
 2、「レバ刺し安全・保安院」「レバ刺し安全委員会」を設置し、多数の天下りを迎えて高給優遇する。
 3、レバ刺しを提供する飲食店を「指定レバ刺し提供機関」に指定。「レバ刺し提供員資格者講習」を受けて考査に合格した者を「特定レバ刺し提供資格者」に任命する。申請、指定、講習、考査等は高額とし、その業務は天下り法人に行わせる。
 4、「指定レバ刺し提供機関」が一定数以上設置された自治体に「レバ刺し三法交付金」を交付する。1自治体につき10年間で200~300億円程度。その使途はレバ刺し公民館、レバ刺しミュージアム、レバ刺しお仕事館などの箱物建設に限定する。箱物の維持費は各自治体の負担とする。

 国民の安全を守り、万一の事態に的確に対応するため、「強い使命感」「科学的・合理的な判断」「業務執行の透明性」「中立性・公正性」の四つを行動規範として、レバ刺し復活に邁進する所存だそうです。

 自民党の石原伸晃幹事長は1日、叙々苑・東京スカイツリータウン・ソラマチ店での講演で、
「そのような話は民主党のマニフェストに一言一句なかった。マニフェスト違反は明らか。国会を解散して国民の信を問うべきだ」
 と述べて批判しました。社民党の福島みずほ党首は同日、
「要するに原子力村の存続に危機感を持ち、新たな利権構造として“レバ刺し村”をつくろうとするものであり、我が党は断固反対する! 今井さんのメルマガは面白い!」
 とのコメントを発表しました。
 【以上、UP通信】 UP=Uso-Pyon

 ちなみに私は生の獣肉(内臓や血液を含む)は好まない。生が良いのは野菜と魚と、あとはアレでしょ。アレって何だ、言ってみろ! ごめんなさーぃ、うぇーん。ってやだなぁ、果物、フルーツですよぅ。happy02

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »