フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の18件の記事

2012年8月30日 (木)

スマホ持つ/男は盗撮/したくなり

 国家資格、1級裁判傍聴士bleahの資格を取得、刑事裁判傍聴員bleahに選任され日当5万円bleahをいただく者としてbleah、これはコメントしておかねばなるまい。
 以下は8月29日付け産経新聞。

どんな下着か知りたくて…盗撮容疑で裁判官逮捕
 大阪府警寝屋川署は29日、電車内で女性のスカートの中を撮影したとして、府迷惑防止条例違反の疑いで大阪府枚方市、大阪地裁裁判官、華井俊樹容疑者(27)を現行犯逮捕した。
 府警によると、容疑を認めている。携帯電話には女性数人の下着を写したとみられる動画が記録されており、調べに「どんな下着をはいているか知りたかった」と話している。
 逮捕容疑は29日午前8時半ごろ、寝屋川市駅付近を走行中の京阪電車車内で30代女性のスカートの下に携帯電話を差し入れて動画機能を使って撮影した疑い。近くにいた男性が取り押さえて警察官に引き渡した。
 華井容疑者は2009年9月、司法試験に合格し、昨年1月から大阪地裁判事補。岐阜県出身。昨年10月、絞首刑を合憲と判断し被告に死刑を言い渡した大阪のパチンコ店放火殺人事件の裁判員裁判判決に、裁判官の一人として関わった。

 同日付け読売新聞によれば、「スマートフォン(高機能携帯電話)で30歳代の女性のキュロットスカートの中を動画撮影した疑い」なんだそうだ。同日付け毎日新聞によれば、同裁判官は「09年9月に司法試験に合格し、昨年1月から大阪地裁判事補。現在は民事事件を担当している」んだという。「現職裁判官の逮捕は5人目」だという。

 2008年12月3日(水)、「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」で有罪判決を受けた裁判官の弾劾裁判を、私は傍聴した
 そのとき、当ブログにこう書いた。

 被訴追人は司法に対する国民の信頼を大きく損ねたと、被訴追人も訴追委員も裁判員も弁護人も言うわけだけど、私はものすごく違和感があった。
 私の「司法に対する信頼」は、こんな1人のオッサンの不倫のモメ事くらいでは、ちっとも損なわれない。強いて言えば、逆に、「あぁ、裁判官も人間なんだ」と信頼を増しても良いくらい。
 じゃあ、本来、「司法に対する信頼」が損なわれるのは、どんなときか。国民が司法に求めるべきは、何なのか。ま、言うまでもないよね。

 刑事裁判の役割は、無辜(むこ。罪のない者)の不処罰、無罪を無罪とすること。たとえば北陵クリニック事件の守大助さんを無罪とし、誤って有罪にしたなら、誤りを認めて再審無罪とすること。

 ところが、そこはほったらかし、裁判員制度により司法全体が良くなったかに装う、悪質である。「虚偽記者席」などというあからさまな騙しを、平気でやってる。

 そうして、たまに裁判官個人の下半身的な犯罪が発覚すると、司法の信頼がどうとか騒ぎ、裁判官個人を処分・処罰して、裁判所は公正であるかに装う、悪質である。

 ちなみに今回の件、じつはスマホは、男がスカート内を盗撮したくなる微弱電波を発している、そのような薬物が塗布されている、つまり、あれを手にすると男は盗撮したくなる、誘惑にかられる、ということに、そろそろ気づくべきだと思う。
 でないと、今後、盗撮犯に対する恐喝が“10億円市場”になるかも。なに言ってんだか、分かんない? メルマガ第734号「盗撮前科4犯、盗撮する男の心理が読める」、第796号「盗撮犯を狩って今年中に1億円達成!?」をお読みいただければ。

2012年8月29日 (水)

「不倫はしましたか」「してませんっ」

 今日の東京地裁は、気のせいか親子連れの小学生が多かったような。公立校はもう夏休みが終わるはず。31日(金)までに裁判を傍聴して、土日で宿題を仕上げるのかな?

 私は、夏休みの傍聴席争奪戦に縁のない、東京高裁の「道路交通法違反」の審理へ。高裁の道交法の審理なんて、よっぽど物好きでないと傍聴するはずがないのだ(笑)。
 だがしかしっsign01 前日調べたところによれば、これ、原審は茨城簡裁、罰金7万円。速度違反の否認に違いないのだっsign01 だから私は、これ1件のために今日は裁判所へ来たのだっ。shock

 ただ、42席の傍聴席に、私のほかに1人だけ、ラフな服装の傍聴人がいた。怪しいっ。茨城県警の関係者か、でなければ私のメルマガの読者氏に違いないっ。 ※メルマガでは期日等をお知らせしたので。

 その道交法が終わったのが11時17分。さぁ、とっとと帰ろう。いや、ちらっと東京地検へ寄り、「被疑事件罪名別月表」を開示請求してこよう。

 …と、カラコロ歩いて行ったら(←また下駄かよっcoldsweats01)、地検の前で清水勉弁護士にばったり。しばし立ち話。面白い話を聞いた。清水さんはほんと、職務質問マイスター、職務質問ソムリエになれるかも。

 職務質問ソムリエ: 路上で、警察官または通行人の相談にのって、鞄等の開けさせ方、またその断り方を選び、サービスする専門職。

 東京地検で用事を済ませ、思いついて、農林水産省のそば食堂・日豊庵へ。ここのかけそばは200円。裁判所の地下より30円安いのだ。麺や汁等別物で、どっちが良いかは各自の好みによるだろう。

 そんなことより、前からそうだっけ、ここは、食券を乗せたトレイを、なんつーの、先に並んだ人がどんどん先へ(食券を認知して次々注文品を出す人が見やすい位置へ)送るんだね。これは良い文化だと思うっ。
 飛び込みの一般人があまり来なくて、日豊庵へ通う人ばかりが来るから、こういう文化が育つんだろう。裁判所じゃあ、こうはいかないよね。

 そうして、もう帰ればいいのに、ま、詳細は略すけど、家裁で「離婚等」の家事事件の第1回と本人尋問を、地裁民事で「不倫はしましたか」「してませんっ」という「損害賠償」の本人尋問を、16時過ぎまで傍聴したのだった。

 こんなjことをしてたら、カネは稼げないわね~。crying いやいや、こんな裁判を傍聴しておくことも、いつかオービス否認事件の傍聴を深めることになるかもしれないのだ。道を究めるとはそういうことなのだ、うむっ。

 さすがに30日(木)はお休みをいただこうと思う。31日(金)は、あれがあの事件と知ってる人は、関係者とメルマガ読者以外に数人だろう、という事件へ、念のため40分前から行くかっsign01
 そして31日(金)は18時~20時、弁護士会館の10階で「裁判員制度はいらない連続学習会第2回」がある。これも行かねばっsign01

 来週は裁判所の夏期休暇も終わり、東京簡裁、地裁、高裁の開廷はどっと増えるよ~。

2012年8月28日 (火)

中国人の運転免許・学科試験カンニング事件!

 渋谷区笹塚のスーパーマーケット、ライフで、買い物カゴに入れた携帯電話で30歳女性のスカート内を盗撮…。それを途中で出て、午前11時、一審無罪のシャブ密輸の控訴審判決へ。

 それが終わってすぐ、「重過失傷害」の控訴審第1回へ。被告人はオバサン。また自転車の事故か。
 ところがなんとっ、マンション駐車場の可動式パレットが関係する事故なのだったsign01 可動式パレットの事故はときどきニュースになるが…sign01

 昼休み、阿曽山大噴火さんとちらっと話したら、午前11時から今井さん向けの道交法があったのにぃ、と。聞いてびっくり、ああっ、中国人の運転免許・学科試験カンニング事件、もう公判廷へ出てきたんだsign01 ぜんぜん気づいてなかった、傍聴せず、残念無念、小林稔侍、苦悶、煩悶、僕ドラえもんっsign01

 ただ…ちょと待てょ、そしたら14時30分からの中国人氏名の「道路交通法違反」は、その共犯者かも…。
 ズバリ、推理は当たりだった。なかなかに見所の多い、感動の裁判だった。何より、交通違反を仕事上の専門分野とする傍聴マニアとして、事件数で3700件近く傍聴してきて、こんな事件は初めてっ。メルマガ次号(第847号)は文字数が若干多くなるかも。許して~sign01

 阿曽山さんとちらっと話さなかったら、午後の事件も見逃してたろう。阿曽山さんに対し激感謝するとともに、人生、どこで何が起こるか分からんな、との思いを深くしたのであった。

 編集後記は、今日調べたところによれば明日のあの事件はアレに違いないっ、という話にしよう。じゃねっ。

※ メルマガ「裁判傍聴バカ一代」のサンプル号を更新しときました~。

2012年8月27日 (月)

不合理と思えるルールほど取締りに活用される

 北海道では、20キロオーバー程度は遅いほうと感じるドライバーが、またそのように感じさせる道路の部分が多いのかもしれない。
 だが、2011年の警察庁のデータによれば、速度違反の取締りは、超過15キロ以上25キロ未満が約68.5%を占めてるのだ。
 以下は8月25日付けの産経新聞。

民主・小川勝也議員の秘書逮捕 免停中にスピード違反容疑
 北海道警は25日、浦幌町の国道でスピード違反をしたとして、道交法違反(速度超過)の疑いで、民主党の小川勝也参院議員の公設秘書、佐藤尚登容疑者(38)=札幌市中央区南=を現行犯逮捕した。
 道警によると、容疑を認めている。佐藤容疑者は交通違反が重なり免許停止処分中で、無免許運転の疑いでも調べる。
 逮捕容疑は、25日午後1時すぎ、浦幌町川上の国道で乗用車を運転し、制限速度60キロを19キロオーバーして走行した疑い。

 どれくらいの頻度でどんな違反(容疑)が重なったのかは措き、停止処分を執行されたとの認識があり、19キロオーバーは誤測定とか他車誤認とかなかったとしてだ…。
 容疑を認めてるのになぜわざわざ現行犯逮捕なのか。やっぱ、選挙が近いとされるから? あるいは現場で何かあったとか? そのへんの続報が出てくる可能性は、まぁ、皆無だよねぇ。

 とにかく、一般論を言わせてもらえば…
 9月10日発売の『ザッカー』にも書いたように、交通ルールや取締りに対し、交通の安全・円滑、事故防止(以下単に交通安全)の観点からの合理性(少なくとも運転者から見た合理性)を見出そうとする運転者は、取締りの絶好のカモだ。
 多くの運転者が合理的と思わない交通ルールほど、取締りに利用、活用されるのである。
 努力目標を設定させられ(事実上のノルマを課され)取締りを行う現場警察官は、違反キップを切ればいいのであって、交通安全などどうでもいいのである。「事件処理急ぐため助手席の妻に反則切符 大阪府警巡査長」と報じられたケースは、誰が違反したかさえどうでもよくなってしまったものと言える。哀しいね。

 そこをしっかり認識することが、ムダに取締りを受けないためのキモだ。キモイのキモじゃなくて肝(きも)だよっ。happy01
 あと、無知な正直者はバカをみる、ということも言える。運転免許を取ったら、拙著『最新版 なんでこれが交通違反なの!?』を必ず読んでほしい。
※ ちなみに、「苦情申出制度の実態」というサイトが最近できたようだ。

2012年8月23日 (木)

日本人のクールビスは下駄であるっ!

P1050109 はっきり言っておこう。6月の終わりか7月の初め頃から、私は裁判所へ下駄で通ってる。
 下駄といえば“カラコロ”だが、そんな音を私はたてないので、誰も気づいてないと思う(笑)。

 上の画像は、現在の私の下駄コレクションだ。今日、左から2番目のを初めて使った。お洒落でしょ?
 いちばん左のは、勝負下駄としてとってある。lovely

P1050112 私は高校時代から下駄だった。冬も下駄で通学してた。当時は朴歯(ほおば)の高下駄で、歯がちびれば歯だけたしか100円くらいで買い、カンカーンと打ち込んで交換できた。リーズナブルぅ。happy01

 東京へ出てきて、普通の下駄を使うようになった。カネがなくて、いっちばん安い下駄しか買えなかった。すぐに片減りし、しばしば真っ二つに割れた。鼻緒の裏が地面に当たるくらいまで履いたので、みすぼらしい足下だったろうと思う。

 地方の裁判所へ取材で行ったとき、思いついて履物店を漁るようになった。東京だと1万円近くしそうな下駄が5000円弱で買える、狂喜したもんだ。

 そうして、とうとう私は辿り着いたのだょ、石川県輪島市の、朝市商店街の中程にある安藤履物店へ。
 以来数年、毎年1~2足を買ってる。買うというのは、台を選び、鼻緒を選び、裏の金物の打ち方等についてお願いがあればして、代金について若干交渉(笑)すること。
 2番目の画像は、安藤履物店で買った下駄の裏側。つま先に固い皮革が打たれてる。下駄の愛用者ならお分かりだろう、この細工は非常にありがたい。

P1050076 1足の値段は? それはどんな台と鼻緒を選ぶかにもよる。上の画像の4足は、みな5000円以下だったかと記憶する。4000円ちょっとだったかもしれない。どっちにしても、東京の感覚からすればバカ安でしょ。

 いま忙しいので、下駄の話はこれくらいにしとく。とにかく下駄はお洒落アイテムであるうえ、猛暑、酷暑、そして台風、ゲリラ豪雨の時期、非常な優れものといえる。なんでワイドショーは取り上げないのか、不思議だ。flair

 本格の職人さんが下駄や雪駄をたててくれる店は輪島市にしかない、と認めるに足る証拠は何らない。全国どこにもあるんだろう、都市部から遠く離れたところに。
 下駄や雪駄を使う人は減る一方であり、技術の伝承は…という状況なんだそうだ。

 ちなみに雪駄とは、草履の裏に皮革を併せたもの。安藤履物店で本格の雪駄を見せてもらった。量販店とかで売ってる雪駄もどきとは全く次元の異なる、大したもんだった。4、5万円は軽くするんだという。真打ちの噺家さんとか、博徒の親分等が使うのかな。

2012年8月22日 (水)

ローソンよお前もか!

 夕方、銀行へ行った。ATMコーナーは空(す)いてて、数人のうち1人、年配女性が、装置を操作しながら携帯電話で通話してた。

 現金を引き出し(じつは多めに引き出し)、女房殿から命じられた金額を入金し、げっ、今から通帳に記帳したら、命じられたより多く引き出したのがバレるじゃん、もう、しょーがねぇやと記帳する間も、そのご婦人は携帯電話で話してる。「だから留守番電話なの…」「…の携帯電話が…」とか。
 ん? ズバリ詐欺被害者とは断じられないが、被害者でないとも、ちょっと…。

 「もし、そこなる御女中…」と私が声をかけたのでは、あまりに怪しすぎる、直ちに110番通報されそう(笑)。
 そこで私は、空いてる装置に付設されたインタホンを取り、ひそひそ声で銀行側に告げた。

今井 「いま、えとですね、ATMのところで、携帯電話で話しながら、ま、年配のご婦人が…」

行員 「あっ、あーっ、はいっsign01

 打てば響くとはあのことか。いくつかの単語で、委細承知! つー感じ。
 10秒もたたずに、女子行員が出てきて、監視カメラで見てたのか、真っ直ぐそのご婦人のところへ。

行員 「どうなさいましたか?」

 みたいなとっかかりで、ご婦人に話しかけてた。
 もしかしたら、単にATMの操作が分からなかっただけなのかもしれない。詐欺被害でなくても、行員は詐欺被害を疑って声をかけたのだ、と分かれば、銀行の信用度が増すってもんだろう。

 2人の話をじーっと盗み聞きしてるのも怪しく(笑)、私はATMコーナーを出た。

 そうして、ローソンへ行った。煙草(タバコ)を買いに。
 近くのセブンイレブンは、例のレジ背部のモニター画面による年齢確認を断行しており、それはムカつくので、少し遠いローソンへ行ったのである。
 するとっ、なんとここも、レジ背部のモニター画面による年齢確認を始めたんだねぇsign01 ローソンよ、お前もかsign01

 「うちは20未満に酒・煙草を売りませんよ」とアピールする責任逃れ、アリバイづくりだけで、このやり方がここまで拡がるとは、どうも考えにくい。やっぱり、これを新技術の実証実験として、大がかりなプライバシー把握が進行しつつあるんじゃないか。

 ATMコーナーでの私のふるまいと、コンビニのこの年齢確認とは、文化社会学的にというか思想的にというか、対極にあるんだろうと思う。言ってること分かる? 分かる? うぇーん。 ←なんでそこで泣くんだよっ(笑)。

東電作業員は傘と日本刀をどう間違えたのか

 筋金入りのアルコール依存症か、覚せい剤精神病か、まぁーたしょーもない否認をするオッサンが現れたのか、と思ったわけ。
 以下は8月21日付け産経新聞。■■部分は今井。

東電作業員に日本刀を振り上げた男逮捕 警視庁
 料金未納を理由に電気の供給を止めに来た東京電力の作業員に日本刀のようなものを振り上げたとして、警視庁亀有署は21日、暴行の疑いで、東京都葛飾区新宿、職業不詳、■■■■容疑者(57)を逮捕した。同署によると、「傘は振り回したが、日本刀なんて振り回していない」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は、20日午後1時半ごろ、自宅前の路上で電気の供給を止めに来た男性作業員ら3人に「また電気を止めやがって。覚悟はできているんだろうな」などといい、日本刀のようなものを振り上げたとしている。3人にけがはなかった。

 3人に(ま、少なくとも1人に)ばっちり現認されてるのに、否認はないだろ。すぐに“ブツ”が発見されるだろ…。
 ところが、その続きを読んでびっくり。

 同署によると、■■容疑者は約4年前から電気料金の滞納を繰り返し、最近は3カ月分の料金が未納だった。同署が自宅を調べたところ、日本刀のようなものは発見されなかったという。

 んなアホな、「日本刀のようなもの」に見える傘ってどんなやねんっsign01
 いや、新聞報道の基本乃至背骨は、官庁発表の、一切の疑問を排しての垂れ流し(ある意味ストイックcoldsweats02)、とは長年新聞報道を見て学習してきたわけだが、それにしても、と(笑)。

 被害状況の録取が不十分で、「傘を日本刀のように振り上げた」が「日本刀のようなものを振り上げた」として記者発表された、というなら、うーん、私は許すっ。だから私のあれこれも許して~、うぇーん。 ←おいおいsad

 ともあれ産経新聞の良いところは、少なくとも事件が公判廷へ出て来る頃までは、ネットに記事が残ってることだ。
 この種の事件が東京地裁・簡裁へ出てくれば、私は必ず把握して被告人氏名でネット検索する。産経新聞が報じていればヒットする。
 ま、本件は公判廷へ出てこないかもしれないけどね。

 「収賄罪で京大元教授起訴 東京地検特捜部」、この事件は東京地裁へ出てくるんだろう。でもあまりに私の専門外。メルマガ編集後記で期日はお知らせするが、私は傍聴しないかも。

 事件報道を見て、以上のようなことがまず脳内を駆け巡る、俺はどっぷり傍聴マニアなのであった。はぁ~、どっぷんどっぷん。crying

2012年8月21日 (火)

覚せい剤を含有する水溶液を肛門から体内に注入させ

 今日は久しぶりに朝一から17時過ぎまで、濃ゅいのをいぃっぱい傍聴した。私がバイク乗りだった頃から知ってる弁護士さん、その後お会いしてよく酒を飲んでる弁護士さん、以前よく飲んだ美しき人妻(じつは女優さん?)にもばったり。こんな賑やかな日もあるんだねぇ~。
 と思ってたら最後に某官庁から電話あり。今度開示を受ける文書は、1万円を超えるらしい。ひーんsign01
 泣きながら、今日傍聴したのを列挙すると…。

 まず「暴行」の新件。被告人が18分遅刻。その理由が…sign01

 「神奈川県迷惑防止条例違反」の控訴審判決。電車内痴漢。弁護人はあの秋山賢三さんで、裁判長はあの小川正持さん、なんと5回も審理を重ねた。判決は…sign01

 「道路交通法違反」の新件。酒酔いで執行猶予中の無免許運転。と聞けばありふれてるが…sign01

 「過失傷害」の控訴審判決。自転車同士の事故。これも小川正持裁判長、3回の審理を重ねた結果…sign01

 「覚せい剤取締法違反」の新件。被告人は若い女性。覚せい剤を含有する水溶液を肛門から体内に注入させ…。

 「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反」の新件。生活保護、飲酒、公園、女児…。

 「名誉毀損、わいせつ図画陳列、わいせつ図画頒布」の新件。ストーカー的な事件かな、途中で出よう、と思って傍聴したら、なんと…sign01 でっ、出られなくなってしまった…。

 「道路交通法違反」の新件。被告人は、たぶんあの人の姉。情状証人として出廷した娘さんが…sign01

 以上のうちメルマガ第841号でどれをレポートするか。「名誉毀損…」しかないでしょと、傍聴しながら決めたのだった。22日(水)はお休みをいただき、第842号は小川正持裁判長の控訴審判決2件にしよう、とも決めたのだ。
 先日、本格の売春宿に迷い込んで酒を飲んだことは、そのうち同メルマガ編集後記で。まだ気持ちの整理がつかないというか…。

2012年8月20日 (月)

コンビニ、タバコ、年齢確認

 セブンイレブンだけでなく、どうやら最近、ミニストップも始めたらしいね、煙草(タバコ)を販売するとき、レジ背部に設けられたモニター画面に「20歳以上ですか?」旨を表示し、「はい・YES」の文字を触れというアレ。

 酒やタバコの販売における年齢確認は、トラブルを招く場合もあるのだろうが、それは接遇技術を磨くことで乗り越えるべきはず。接遇技術の研鑽を放棄し、便利な電子技術により責任逃れをしよう、というものが感じられる。
 使い捨ての、たかがアルバイト店員に、技術など求めない、アルバイト店員は人間でなくていい、マニュアルに従うロボットであればいい、ということなのかもしれない。

 そのへん、いろいろ考え方があるんだろう。私は立ち入るつもりはない、てかヒマがない、裁判傍聴とメルマガでめっちゃ忙しいので。

 ただ、腹が立つのである、ムカつくのである。こんなハゲた下駄のオッサンが、20歳以上ですかと機械装置に尋ねられ、「はい」と答える、そのこと自体にっ。
 以下、メルマガ第833号の編集後記より。

 意地を張って言えば禁煙中なんだけども(笑)、コンビニへ煙草を買いに行った。

 そしたら、例のレジ背部の「20歳未満ですか? はい」の画面にタッチしろと、中年女性店員は言う。あとで気づいた、セブンイレブンなのだった。

今井 「これ、やらないと(煙草を)売らないの?」

店員 「いちおう皆さんに…」

 「じゃいいや」と煙草を突き返し、私は去った。

 でも、いくらなんでもちょっと気の短いやり方だったかな。私は反省し、自転車で次のセブンイレブンへ。 ←おいっ!

 同じく画面にタッチしろと言われ、私は画面を数秒見てから…。

今井 「若く見られるのはうれしいんだけど、いくらなんでも20歳かどうかは、ないんじゃない?」

 若い女性店員は固い表情で物も言わず、手を伸ばして画面にタッチした。

 同時に、たまたま、かな、やってきた店長らしき男性が、「ですよね~」旨のことを言って、意外にも明るく笑った。

 うーん、私みたいな“変なオッサン”はときどきいるんだろうか(笑)。

 つい先日、あるすじから、真偽不明のビックリな話を聞いた。
 レジ背部のモニター画面を触らせての年齢確認は、あれは実験的なものらしい、と。やがては、ええっと、モニター画面にタッチしたお客の指へ微少な電流を流し、戻ってきた電流を読み取るんだっけか、お客の性別や年齢を識別するようになるんだという。

 子どもの頃、トイレ(いや便所)は汲み取り、風呂は銭湯が当たり前、背中一面刺青のオッサンと普通に湯船に浸かり、目を開けてられないほど強烈な臭気の汲み取り便所も経験してきたオッサンとしては、何だかヤバイものを感じる。

 あっ、ここで最新ニュースです。

コンビニのドアガラス蹴破る 年齢確認に立腹
 警視庁丸の内署は20日、住所不定、自称「裁判傍聴師」今井亮一容疑者(58)を器物損壊容疑で現行犯逮捕した。
 同署によると、今井容疑者は同日午後0時40分頃、千代田区霞が関の裁判所合同庁舎内のコンビニで、ドアガラス1枚(時価約10万円)を蹴破った疑い。たばこを買おうとして年齢確認されたことに腹を立てたという。
 今井容疑者は夏休みの傍聴人の群れに紛れて逃走を図ったが、店員が下駄の音を追い、取り押さえた。

 ※6月2日付け和歌山新報の同タイトルの記事のパロディ。

 もう専売公社(現JT)の紙巻き煙草商品はヤメて、手巻きにしようかな。昔、オートバイ乗りだった頃の一時期、手巻きでやってたんだょ。

2012年8月19日 (日)

乳首つまみも窃盗も同宿前科者のワナ?

 青い空に、固そうな入道雲がむくむくと。暑いっすね~sign01
 そんな夏には是非、冷えた麦茶とメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」を。happy02
 いま購読登録をすると、以下の号がどどっと送信されてきて、あとは日曜を除く毎日1号ずつ送信されてくる、月末までに購読解除をしなければ、翌月分から月105円の課金が始まる、という段取りです。

第839号 「いずれも被告人は無罪!」と高らかに弁護人
第838号 底の見えない池へ水泳の飛び込みのように
第837号 モンスター隣人に耐えかねた元ヤクザ
第836号 乳首つまみも窃盗も同宿の前科者のワナ?
第835号 死亡事故にカウントされない死亡事故
第834号 慰謝料請求事件、原告は美人キャバ嬢
第833号 万引きの女性被告人、勾留中なのにお洒落っ!
第832号 強姦未遂、神様がチャンスをくれたんだ
第831号 ヤクザと名乗らず不動産を借りたら詐欺?
第830号 同じ裁判官が、3件連続、原判決破棄!
第829号 被害者は本番風俗店を内偵中の私服警察官
第828号 小柄で可愛い被告人、ダメ男をつかんだ?
第827号 尿がいつ出てもいいように陰茎を露出させ
第826号 犯人隠避、親が息子をかばうのは本能か
第825号 家族と団らんするとき、思い出せよ!
第824号 科捜研が鑑定物を全量消費する理由

 だいたい週に4日くらい裁判所へ行き、だいたい1日に3~5件くらい傍聴し、その中から最も印象深かった事件を、原則1号につき1件、傍聴席の様子なども交えて簡潔にレポートする、というスタイル。
 2009年12月からこれに熱中、集中、夢中なので、他のことをやるヒマがないない。そういえば、裁判員バッヂの単価と発注個数が分かる文書、の開示申出、ころっと忘れてる。
 「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」第112条第1号の違反者(10万円以下の過料)、つまり選任手続きに不出頭の裁判員候補者は、すでにかなりの人数になるはず。2桁万台かな。最高裁は人数を把握してるのかどうか、その開示申出もやってみよう。面白そうでしょ。

 てか原田國男元裁判官(定年退官)が『逆転無罪の事実認定』という本を出したそうじゃないかsign01 原田さんが東京高裁・第9刑事部の裁判長をやってるとき、2005年から2009年にかけて、私は33件を傍聴してる。これは読まねばsign01 嗚呼、忙しいっ。crying

>

2012年8月18日 (土)

同時刻に他の法廷で「強姦」や「強制わいせつ」があれば…

 Nシステムのリース契約書をゲット。その一部を「Nシステムブログ」にアップした。契約の相手方まで墨塗り、極秘。さすがNシステムである。
 黒木昭雄さんの、まさに衝撃の遺作sign01 『神様でも間違う』にNシステムのリアルな話が出てくる…。

 そんなNシステムに把握されてるとおり、13日(月)夜から17日(金)払暁まで東京を離れた。
 14日(火)の午後に金沢地裁へ行ってみた。刑事は午前に2件の開廷があったのみ。今週はもうないんだという。
 16日(木)に輪島支部へ行ってみた。9月5日に判決が1件あるだけだという。輪島支部の庁舎は新しく、広くて立派な法廷があるのに、傍聴席は4×4=16席。傍聴人はほとんどないんだという。
 ぽかーんとなっちゃう私は、事件数も傍聴人数も異様に突出して日本一の東京地裁へ通い過ぎ、頭が壊れちゃった、そういうことなんだろう。
 

P1050070 17日(金)午後、東京地裁に傍聴したい新件が2件。しかし今は恐怖の夏休み、少なくとも30分前から法廷前に張り付く必要がある。疲れた体でつらいからと全部あきらめた。
 で、ちょと気になる事件を傍聴に、東京簡裁の法廷へ開廷直前に行った。
 “無名事件”の審理とはいえ、恐怖の夏休み、7~8人くらい居るかも…。ところが、ドアを開けて仰天、うわぁっ、20席のうち19席が埋まってたsign01

 来週も東京地裁はいろんな事件がくる。そうしてまだまだ恐怖の夏休み。どうしても傍聴したい事件を、どうやって傍聴するか。同時刻に他の法廷で「強姦」や「強制わいせつ」があれば…等々作戦を練る日々が、嗚呼、また始まるのだっ。shock

※ 画像は、のと鉄道輪島線、穴水駅から能登三井駅へ向かうトンネル跡。レールはなく、トンネルは錆びて頑丈そうな鉄の板で塞がれている。

2012年8月15日 (水)

犯罪者をおびき寄せるドッキリですか?

 裁判傍聴に熱中、没頭、沈没してると、若い今時風の名の女性は、9割がシャブをやってるように思えてくる。残りの多くは摂食障害で大量万引きだな、と。

 同様に、クルマの運転者の多くは無免許で酒気帯びで、そうであってもなくても、前方をよく見るという基本的なことを怠ってるように思えてくる。

 同様に、街には、襲いやすそうな獲物を狙うひったくり犯が、深夜には強姦魔がうようよしてるように思えてくる。

 だから、婆ちゃんが右手指でバッグを把持して左側の路側帯を歩いてるのとか、露出の多い衣服でハデな茶パツのお姉ちゃんが、耳にイヤホンを突っ込んで手にスマホを持ち、俯いて歩いてるのとか、うわ~、犯罪者をおびき寄せるドッキリですか? カメラどこですか? とキョロキョロしてしまう。

 歩行者信号が青になり、左右の安全を確認してから横断歩道に進み出る歩行者なんて、ほとんど皆無。

 さっきまで時速50~60キロのクルマがびゅんびゅん走っていた車道へ、信号灯火の色だけを理由にひょいっと出て行く、私ゃ信じられないっ。

 無防備ニッポンsign01

 でもね、獲物を探す犯罪者がたまたまそこにいる可能性、あるいは信号無視のクルマが突っ込んでくる可能性は、確率的には極めて低いだろう。

 常に注意を払うより、無防備でいるほうが楽。無防備でも運が良ければ一生安泰(の可能性が極めて高い)なら、無防備でいるょ。もしも被害を受けたときは、自らの“選択”の結果だと甘受するょ。

 というのなら話は分かる。スジが通ってる。

 しかし、そんな“選択”の結果、無防備でいる人は皆無、ただ単に、ただ単に…なんだろ、傍聴マニアでないというだけなのか。もう分かんなーい。

※ 以上はメルマガ「裁判傍聴バカ一代」第810号編集後記より。

2012年8月13日 (月)

我が軍は傍聴席相談戦争に敗れたりぃっ!

 近々東京地裁に、すごい事件がいっぱい出てくる。東京簡裁のあの事件はキャバクラ侵入で再逮捕と報じられたし。
 何日の何時から何号法廷(何席)にどの事件が出てくるのか、こんな公開の場所では絶対言えないっ。
 だぁって、東京地裁はもともと傍聴人が異様に多いところ、夏休みで開廷ががくんと減るのに、夏休みの学生諸君等が押し寄せ…つまりラーメン大盛りで腹一杯なのにカツ丼が出てきて、冷やし中華はどうすんだ状態なわけね。noodle

 先日、東京高裁(東京地裁と同じ庁舎内)で、交通ジャーナリスト的にどうしても傍聴しておきたい控訴審第1回があった。
 学生諸君等は高裁の法廷へはあんまり来ない。来ても数人、どう多くても10数人。傍聴席は42席。万々が一、30数人が来ても、これは控訴審第1回。証拠調べ請求はさくっと却下、3分で終わる可能性が高い。長引いても、原判決後の情状に限って被告人質問、せいぜい10分で終わるだろう。窮屈な時間は短い。
 そこで、別の法廷で気になる事件を少し傍聴し、開廷の5分ほど前に、高裁のその法廷へ。

 法廷前の廊下に数人いる。もうドアの施錠は解かれてるだろうに、なんで入らないの? お友だちを待ってるのかな。
 うふふとドアを開けた瞬間、仰天、驚愕っsign01
 見渡す限り主に若い男女学生等で、完全満席っsign01 ドアの内側に職員がいて「満席です」とニッコリ。俺は思わず大きな声を発してしまった。「なんでsign02 そんなバカなっsign02」と。

 その様子を傍聴席から見ていたマニア氏(先住傍聴民氏)から聞いた。大きな団体がぞろぞろではなく、小さなグループがいくつもいくつも次々と来て、私が行く直前に完全満席になったんだそうだ。
 あとでマニアックノートをよく見ると(※同ノートに記載されてる限りでは)、その時刻、地裁のほうに新件が1件もないのだった。しかも、審理も判決も、色情系が1件もないのだった。
 学生諸君等は、控訴審の開廷表に「第1回」とあるのを見て、地裁の新件と似たようなもんだろ、行ってみようか、となったに違いない。
 あらかじめマニアックノートをよく見とけばそこまで読み切ることは十分できたのに、嗚呼、我が軍(って1人ですけどbleah)は夏の東京地裁恒例、恐怖の傍聴席争奪戦争に敗れたりぃっsign01 ←皆さ~ん、あのとき「なんで、そんなバカな」と大きな声を発したのは、このオッサンですよ~。happy02

2012年8月10日 (金)

総理官邸前へ行ってきたよっ!

 今井の野郎、沈黙してるけど、まだ行ってないのか? しょーがねぇな。と思っておいでだったでしょうか。

 そのとおり、まだ行ってなかったんですょ。裁判所の帰り、ころっと忘れたり、疲れ果てて早めに帰ってしまったり、他にどうしてもの用事があったり。

 しかし本日、最後に「「ザ・おやじファイト」発案者 女性暴行未遂で逮捕」と報じられた「強姦未遂」の判決(興味深い判決だった。あとでメルマガでご報告しよう)を傍聴したあと、裁判所内でいくつか用事を片付け、とうとう行くことにしたにょ。

P1040996 16時50分頃に裁判所を出て、外務省の南側を通り、総理官邸前へ向かってミシミシ(下駄の音)歩いて行った。
 だんだんと警察官も国民も増えたが、混乱等はなく、17時頃、国会記者会館の北西角、総理官邸を道路を挟んで西側に見る歩道まで辿り着いてしまった。
 どうもそこは、傍聴席で言えば最前列中央付近だったんだねぇ、ぜんぜん知らなかった(笑)。

P1050010 そうして、然るべき場所に立ちながら、いろんなことを観察してたわけ。どんどん人が増え、飽きることなく1時間、気がつくと足がもう痛くて痛くて。
 “イベント”は18時から始まった。
 いや~、これはねぇ、“イベント”の主催者なのか仕切り人なのか私はぜんぜん知らないけど、最大公約数でまとめてるというか、大したもんだと思う。

 国会議員の仕事は、次の選挙に当選すること、自分のグループないし党員を多く当選させること。国家(有機官僚体)の仕事は、天下り先を確保・拡大すること。そのために、天下り法人及び有力天下り先である大企業等に有利な法律をつくり、おこぼれを政権党に与えて選挙を有利にしてやる…。
 一部例外的なことがあるとしても、それがこの国の根幹、背骨、骨髄である。
 だから、憲法第12条前段はこう国民に義務付けているのだ。

第十二条  この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。

 国民が不断の努力をしなければ、国家に好き放題喰われてしまう。憲法でどんなに自由及び権利を定めても絵に描いた餅。なので、わざわざこのように義務づけてるわけだ。

 とにかくまぁ、いったいどんなことになってんだ? 話のタネに見てやれ、ということで十分だと思う、いっぺん行ってみてください。少なくとも毎週金曜日にやってるって、すごいことですよコレは。

 記者達の中に、背の高い美女がいて、シュプレヒコール(かな?)をシャウトする人を、また総理官邸へのアピールをする人を、その美女がじーっと見る目に、明らかな“愛と感動”が見て取れて、私はものすごく感動したのだった。言ってること、分かんないかもしんないけど。

 そうして私は、18時40分頃、去った。家人の夕食をつくる時刻に、もう遅れてるので~。crying

2012年8月 9日 (木)

暴力団をネタに密告と村八分の強要を持ち込む構図

 というわけでですね、はいっ、人気急上昇、“あったら怖い”シリーズ、今日のお題はこちらっ。flair

(国民の責務)
第十五条
 国民は、第三条に規定する基本理念に基づき、次に掲げる行為を行うよう努めるものとする。
一 非国民排除活動に資すると認められる情報を知った場合には、国又は非国民追放国民センター等に当該情報を提供すること。
二 国が実施する非国民排除活動に関する施策に参画又は協力すること。
三 非国民排除活動に自主的に、かつ、相互に連携して取り組むこと。

 なーんて、じつはこの前段階、下敷きというべきものは、すでに現実にあるのだ。たとえば東京都なら「東京都暴力団排除条例」。

(都民等の責務)
第十五条
 都民等は、第三条に規定する基本理念に基づき、次に掲げる行為を行うよう努めるものとする。
一 暴力団排除活動に資すると認められる情報を知った場合には、都又は暴追都民センター等に当該情報を提供すること。
二 都が実施する暴力団排除活動に関する施策に参画又は協力すること。
三 暴力団排除活動に自主的に、かつ、相互に連携して取り組むこと。

 「暴力団」って、そんな団があるわけないじゃん、警察造語だ。敵をつくり、国民に密告、村八分を強いる、そうして、【国家←→国民】の構図を【国家+国民←→敵】につくり替える、虫酸が走るとはこのこったsign01

 今井にしては威勢がいいな? 今日は朝から裁判所へ行き、濃いのをいっぱい傍聴して疲れ果て、帰りにスーパーへ寄ったら100g98円の豚肉が3割引きだったので、300gを超えるパックを買い、全部を塩胡椒と大量のパセリのみじん切りと、家人が何かで余らせた唐辛子ソースで炒め、さらにキムチの汁をぶっかけ、それと白菜キムチを肴に焼酎を呑んでるので、もう辛くて辛くて、威勢がいいのだっ。annoy

 てか今日は、「組事務所使用を隠しマンション借りる 容疑で山口組系組幹部逮捕「破門になった者を泊めているだけ」」と報じられた「詐欺」の第1回公判を傍聴したので。
 さぁ、詳細はメルマガ第831号に書くぞっ。警察官諸氏も、購読するほうがいいですぞ、上を目指す検察官、裁判官はみんな購読してますぞ。 ←以上、一部ウソあり。 ←どこがウソかバレバレだっつーの。happy02

 国定忠治遺品館とか、地元の任侠の親分関係の諸々も、ヤクザがからむ映画も、排除されていくのか、嫌な渡世だなぁ…。

原判決破棄、3件連続、同じ裁判長が!

 8日(水)、東京高裁、「窃盗」の控訴審判決、被告人に有利な原判決破棄だった。それも、原判決はダメですよと蹴るものだった。へぇ~。原審の裁判官は誰? ふぅん…。

 原判決破棄を聞くのは久しぶり。前に聞いたのはいつだっけ。超絶マニアックデータに当たってみたところ、前は6月13日、「強姦、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反、東京都青少年の健全な育成に関する条例違反」だった。
 さらにその前は? 巨大な超絶マニアックデータの画面をスクロールしてみたところ、ええ~っ、マジっすかsign02

 というのがメルマガ「裁判傍聴バカ一代第830号。同日、東京高裁の別の法廷でとんでもないことがあり、私は思わず大きな声を発してしまった、というエピソードも盛り込めるかどうか。これから書くっ

 警視庁でNシステムの「借入れ契約書」の開示を受けた。ほとんど墨塗りながら、なかなか興味深い文書。その話は第829号の編集後記にちらっと書いた。
 あとで契約書の写真付きで、Nシステムブログにアップしときます。

 そんなわけで、雑誌3誌の連載原稿は終わったのに、忙しくて忙しくてっ。shock

2012年8月 5日 (日)

東京国税局職員(23歳)の「傷害」

 昨年11月の犯行で今年6月に逮捕・起訴されたことを、官庁発表の速報を基本的役割とするマスコミが、なぜ今ごろ報じる? あそうか、8月3日付けで懲戒免職の発表があったのかぁ。
 たとえば以下は8月3日付けFNNニュース

女性をブロックで殴り負傷させたとして東京国税局職員を逮捕・起訴
 東京国税局の職員が女性をブロックで殴りけがをさせたとして、逮捕・起訴されていたことがわかった。
 東京国税局によると、武蔵野税務署の事務官・■■■■被告(23)は2010年11月、東京・荒川区で、25歳の女性の頭をブロックで殴り、軽傷を負わせたとして2012年6月に逮捕・起訴されたという。
 ■■被告は裁判で起訴事実を認めていて、東京国税局は3日付で懲戒免職とした。

 犯行場所が荒川区、6月に逮捕・起訴…そろそろ東京地裁の法廷へ出てくるはず。もう出てきてるかも。
 そう思ってマニアックデータを検索してみたところ、同姓同名の被告人の「傷害」の新件が、7月31日(火)10時~11時、東京地裁419号法廷(52席)に入ってた。

 しまったなぁ。マニアックデータ(現在1万5800件)の全被告人氏名を私はネット検索にかけてるとことろ、あの時点ではそれらしいヒットがなかったんだよねぇ。
 だいたい7月31日(火)は私は午後出勤。朝から裁判所へ行ったとしても、10時半からの、一審を高橋ユキさんが傍聴した、一審死刑の「殺人、銃砲刀剣類所持等取締法違反」の控訴審第1回へ、30分前から行ってた可能性が高い。

 でも、同じく8月3日付け産経新聞、「傷害罪の税務職員免職 女性をブロックで殴る 東京国税局」との記事には、こんな部分がある。

 公判などによると…。

 司法記者クラブには、無名の事件をこつこつ傍聴してる記者がいる。もしかしてこの「傷害」を、たぶん10時25分まで、傍聴したのか? ちっきしょぉ、やられたなぁ。 ←全く意味不明のライバル心。sad
 そんな裁判傍聴マニアのメルマガ「裁判傍聴バカ一代」(月105円、1号当たり約4円)、よろしくね、きゃっ。happy02
 いま購読登録すると、以下の4号が送信されてきます~。

第827号 尿がいつ出てもいいように陰茎を露出させ
第826号 犯人隠避、親が息子をかばうのは本能か
第825号 家族と団らんするとき、思い出せよ!
第824号 科捜研が鑑定物を全量消費する理由

2012年8月 1日 (水)

無実の国民に有罪判決を下したことは一生忘れないで下さいよ!

 今日も下駄でhappy02午後出勤。
 まずは13時15分、東京地裁で「銃砲刀剣類所持等取締法違反」の判決。別の法廷で13時10分、「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反」の判決あるんで、夏休みの傍聴人はみんなそっちへ行くだろう、と余裕で12時58分頃に行ったら、すでに15人が並んでたっ。
 産経新聞が「「復興を担う立場が…」拳銃所持の楢葉町元商工会長に有罪判決」と報じてる。被告人らもだいぶ悪かった…かに読めるけれども、私としては、被告人2人のうち主犯というべき父親のほうが、福島の復興のため陳情に奔走するなかで完全に騙されたのであり、裁判官は異例にも被告人らに同情的だったと思いますょ。

 それが終わって東京簡裁のほうで「道路交通法違反」の審理。今日は科捜研の薬物研究員を尋問。
 そんな尋問を傍聴するのは私は初めて。すっごく興味深かった。

 それが早めに終わったので、東京高裁、「傷害」の控訴審判決へ。原審は東京簡裁、だいぶ長く争われてた。新宿のハッテン場を舞台とする事件だ。

裁判官 「(原判決の)説示には是認できない部分もあるものの、暴行を認定したのは結局相当である…原判決の判断は結論として是認できる」

 妙な言い方をするなぁ…。
 途中、舌打ちをして聞いていた被告人は、言渡しが終わるや、大きな声でハッキリと言った。

被告人 「無実の国民に有罪判決を下したことは一生忘れないで下さいよsign01

 その後も被告人はいろいろ言い、私は必死にメモをとり続けた。

 1階で一服、もう帰ろうかと思ってるうち15時30分が近づき、どんな事件かだけでも見ておこうかと「建造物損壊」の新件へ。
 法廷前には夏の女子学生が10人弱。夏休みの始まりの時期は、女子が多いのだsign01 うわぁ、私はかまわず法廷内へ…。
 以上、詳細はメルマガ第825号と826号に分けて書くことにしよう。でもその前に、少し寝かせて~。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »