フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 10月の終わり頃、東京地裁の法廷へ出てくるかな | トップページ | 公衆接遇弁償費の返済率、2009年は64.3% »

2012年9月 4日 (火)

これで子どもの違反も取り締まれる!

120904 「自転車もナンバー/都が義務化を検討/危険運転や放置抑止に期待」と9月4日付け朝日新聞。
 キターッsign01 警察の悲願「行政制裁金制度」が、2006年6月1日の放置違反金制度の導入に続き、またゴゴゴと動き始めたぞーッsign01

 今年1月20日発売の『ドライバー』で予言したとおり、自転車ナンバー制度は必ずくるのである。
 自転車ナンバーの最大の目的は、自転車の持ち主(登録者)から迅速簡易にカネ(自転車違反金。私が付けた仮称)を徴収できるようにすること。
 自転車の違反を大々的に取り締まるに当たり、ネックの1つは子どもの違反。そこを、子どもの自転車を父兄の名で登録させることにより、「登録自転車の安全管理を怠った」として、子どもの違反で父兄からカネを徴収できるようになるわけ。

 クルマ、バイクの放置違反金は、現在のところ一応、違反者本人が刑事手続きで争うこともできる。
 しかし自転車違反金は、刑事手続きの扱いを完全に廃止し、完全な形の行政制裁金になるだろう。そうして、クルマ、バイクの違反へ、さらには、現在90%くらい不起訴で終わってる交通人身事故も、行政制裁金に取り込まれていくだろう。
 警察利権は飛躍的に拡大…というか、新たな時代に入るのだっsign01

 記事中、社団法人自転車協会は「都内だけ購入費が上がり、売り上げに影響が出る」などと反発している、とあるけど大丈夫。行政制裁金は全国規模の制度なのです。
 ただし、自転車違反金は都道府県の収入になるだろうところ、自転車利用が少ない自体から「大都市ばっかり儲けてずるいぞ」という反発が出るかも(笑)。

追記: 自転車のナンバー義務化、北朝鮮ではとっくにやってるんだね。「日本は我が国をマネた」とか、北朝鮮のテレビは言うのかなぁ。
 でも、日本のナンバー義務化は、莫大なカネを生む制度のためなんだぞ。北朝鮮こそマネすんじゃねーぞ。 ←威張りつつ情けなく感じるのはなぜ?weep
 

« 10月の終わり頃、東京地裁の法廷へ出てくるかな | トップページ | 公衆接遇弁償費の返済率、2009年は64.3% »

行政制裁金」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月の終わり頃、東京地裁の法廷へ出てくるかな | トップページ | 公衆接遇弁償費の返済率、2009年は64.3% »