フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 続々と法廷へ出てくるモンスター隣人たち | トップページ | 己の愚行が誰かの人生を狂わすことに想像が及ばぬ、高慢な未熟者 »

2012年10月15日 (月)

新発見、新幹線の乗客はチンコを出さない

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」、第887号のタイトルは「新発見、新幹線の乗客はチンコを出さない」。
 記事本文のほうは、東京地裁の「自動車運転過失傷害」。加害者(被告人)はピザ配達中の原付バイク、重傷被害者は大型自動二輪という事件。
 被告人が、ま、ちょっとおかしなことを言ったもんだから、異例な展開になり…という話。

 その号の編集後記で、いわゆる犯罪統計(警察庁)から、「公然わいせつ」と「窃盗」のうち色情ねらい(主に下着ドロか)の、犯行場所別認知件数についてご紹介した。はは~、やっぱその犯罪はそういう場所が多いんだな~、なるほどね~、と。

 列車内での陰茎露出はときどき法廷へ出てくる。新幹線以外の列車内での「公然わいせつ」は合計96件。ところが新幹線内は該当数字なし。bullettrain
 新幹線に乗るのは立派な人ばかり、チンコ出したりしないのか? ※と書いてるうち、メルマガ読者氏から重大情報ありっ。第888号でさっそくsign01

 あと、罪種別で職業別の検挙人員とか、罪種別で年齢別の検挙人員とか、非常に興味深いデータがいっぱいある。事件数で約3800件を傍聴してきた経験とあわせ、雑誌の特集記事とかすぐ書けそう。
 とりあえず、メルマガの編集後記で少しずつご紹介していきまんで、お楽しみに~。

 今日は、「道路交通法違反」の審理(第2回)を1件傍聴するためだけに裁判所へ行った。往復2時間、傍聴1時間。weep でも仕方ない。複数台礫過による死亡事故の、2台目の運転者の事件なのだ。
 しっかしこの事件、おかしい。第1回の傍聴ノートを読み返してみても、被告人が運転する車両が礫過したという、確かな証拠が何もないようなんだね。非常に不可解。ま、詳しくは第888号で。

« 続々と法廷へ出てくるモンスター隣人たち | トップページ | 己の愚行が誰かの人生を狂わすことに想像が及ばぬ、高慢な未熟者 »

刑事/色情犯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続々と法廷へ出てくるモンスター隣人たち | トップページ | 己の愚行が誰かの人生を狂わすことに想像が及ばぬ、高慢な未熟者 »